ネバーランド

テーマ:
 ネバーランド 新作の不振で落ち込んでいた劇作家、ジェームズ・M・バリは、ある日散歩の途中で、4人の子供を持つ未亡人と知り合う。4兄弟のうち三男だけは父の死のトラウマから抜けられず、子供らしい無邪気さとは無縁だった。バリはこの少年の心をほぐすため、夢にあふれた新作の執筆を始める。それが『ピーターパン』

 しかし、現実の世界では、未亡人一家に入り浸るバリに対する心ない噂が広まり、バリの妻や未亡人の母、劇場主の無理解などがバリの住む現実世界を切迫している。

 「ピーター・パン」の物語には「現実逃避」だという非難がつきものだ。

 モデルになったピーター少年は、実はピーター・パンとは正反対。現実に傷つき、子供らしい想像力を捨てざるを得なかった子供だ。だからこそ、バリは彼にこのファンタジーを与えた。


 実話である。ほぼ、真実の映画化だそうだ。

 子供たちの母親、シルビア役のケイト・ウィンスレットとバリの2人の間のストイックな愛情と情感が、古き良き時代の歴史を感じさせる。

 子供の心を持った大人←バリに扮したジョニー・デップの説得力がなければ、きれいごとに見えてしまったかもしれない。繊細で難しい役どころを、見事にこなしている。

 1903年のロンドンを舞台に、ジョニーは息をしていた。

 余情たっぷりのカメラワークに素直に感動してしまう。美しい田園風景だ。そして猥雑な劇場だ。

 ジョニーは、やはりスゴイ。子役もなかなかだが、ジョニー の上手さが映画に厚みを与えている。

 ・・・余韻・・・


アミューズソフトエンタテインメント
ネバーランド
AD

ハイド   今回はネタバレです。


 ニューヨーク、マンハッタン。平和な家族のはずだったのに、母は自ら命をたった。心理学者の父親デビッドは、精神的に傷を負った娘エミリーを連れて郊外の一軒家に引っ越す。エミリーはそこでチャーリーという友人を作るが、チャーリーは誰の目にも見えない。

 デビッドの目から見たエミリーを描いているので、この視点では人格が壊れているのはエミリーに見える。

 まるでトラウマとなって霊感少女になってしまったような描き方では、悪意の根源はエミリーの心に棲みついていると感じる。

 そして、ラストの衝撃のどんでん返しだ。げっ!

  超大物俳優、ロバート・デ・ニーロと名子役ダコダ・ファニングを配し、これかい!

 配役を知ったときは、とても期待した。だが、しかし! やっちゃいましたね。

 確かに驚きのラストだけれど、それをやっちゃあおしまいよ。。無理矢理ひねりを加えて自滅。ホラーにもミステリーにもスリラーにもなりませんて。

 あまりの事に、終わってからしばらく椅子から立てなかった。

 良い役者を使っていて、これか。。もったいない。なんでこういうストーリーにしたんだろう。フツーのミステリーで良かったろうに。

 デビッドがDID(解離性同一性障害)なわけなんだけど、謎はそれ一つきりで、ガックリ。手あかのついた落ちである。どこかで観たってば。ムカッ。

 ダコちゃんが芸達者でかえって浮いて見えた。演出ミスか。監督がおバカか。薄っぺらく見えたよ~。

 

 久々に憤慨の一作。



20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

AD

なにげにうさんくさそう。。H.G.ウェルズの原作を本気でやるなんてね。
超・ド級のB級SFだわ。とっても楽しみ。
今時、ウェルズかよ。。う~ん。。

著者: H・G・ウェルズ, 井上 勇
タイトル: 宇宙戦争
AD
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ナショナル・トレジャー 特別版
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ナショナル・トレジャー 特別版
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ナショナル・トレジャー (UMD Video)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ジェリー・ブラッカイマー Amazon.co.jp ベストセレクションDVDセット

 nasyonaru 人類の歴史の裏で「至高の権力」に受け継がれてきた伝説の秘宝。それが、アメリカ独立戦争中、忽然と消えてしまう。この秘宝の行方を代々探してきたゲイツ家の子孫、歴史学者にして冒険家のベン・ゲイツが、ついに手がかりとなる沈没船を見つける。隠し場所の謎を解くカギが米国独立宣言書の裏面にあると確信、ゲイツは厳重に警備された独立宣言を盗むことに成功する。

 と言うわけで、ニコラス・ケイジがヒーロー役で、暗号の謎を解いたらまた次の謎に挑戦。幾重にも張り巡らされた言葉遊びと、暗号と暗号の間に繰り広げられる派手な逃走と追跡劇が物語を引っぱってゆく。しかし、ディズニー映画の限界、家族で楽しく観る映画は、過激なアクションや描写はない。よって、だんだんと薄っぺらなゲームにつき合わされているような感じになり、感情輸入が出来なくなるのだ。
 今更、手あかのついた1$札のフリーメイソンの秘密もなかろうし。。
 アメリカにテンプル騎士団を持ってくる無理もある。
 見つけた「お宝」が、エジプトからの『盗品』の山、なのも気がそがれる。そんなのが秘宝で良いのか。盗品を見つけて嬉しいのか。。歴史学者が盗品を見つけて金持ちになりたいのか。。つまらん。

『インディ・ジョーンズ』のようなシリーズになるかと思っていたが、限界がすでにあった。歴史の浅いアメリカ本国でやってしまっては無理だったか。
 
 よくも悪くも、ド派手な製作のジェリー・ブラッカイマーの興行師魂、今回は、炸裂せず。う~む。