わいわいしよう!

テーマ:
 予告とか、観たい映画とか近況とか、読んだ本の事とか、伝言とか何でも良いので書いてください。
 気楽に足跡残して行ってね。
AD

ターミナル

テーマ:

 ニューヨークに向かう途中に祖国でクーデターが起こり、国籍もパスポートも無効になった男・ナボルスキー(トム・ハンクス)。空港警備局からは入国を認めらず、帰国もできない状態になってしまった。仕方なく彼はターミナル内で暮らし始める。やがて仕事をみつけ、恋をし、仲間が出来、9ヶ月たった。。
 そんな無茶な話がと思ったら、実話で、モデルになった人がいるとか。旅券を盗まれたイランの人がパリのドコール空港に長年住んでいるそうだ。

 主人公のトム・ハンクスは、どこまでいってもトム・ハンクスだった。あのでかい顔とでかい身体で、どこから見てもトム・ハンクスだった。
 何処が困った状況の人物なのか。髪が伸びることも、薄汚れることもなく、やつれることもなく時が過ぎ(?)9ヶ月が1週間ほどにしか感じなかった。片言の英語なのにネイティブな発音が出来ていたり、不自然で。
 恋のお相手も、深い心のつながりがなく結局ただの不倫女だったし。
 空港警備局はドタバタしているが、真実味が全くなく、不自然で。
 全然映画の中に入れなかった。面白くもなく、感動もなく、肩すかしを食った感じ。
 これが、スピルバーグでなければ、こうもがっかりしなかったかも。トム・ハンクスでなければ、また違ったかも。
 私はこんなスピルバーグ映画を観たいのではないのである。
 作っている方は楽しそうだと言う雰囲気は伝わってくるのだが、観る方は…。
 軽~く、面白おかしい映画ではあるが、テレビで充分。レンタルで充分。
 巨大な空港のセットを作って、これ、とは。と思いました。

 期待があった分、がっかりして、辛口に書いてしまったが、観て憤慨のあまりしばらく文章のならなかったのは事実。

角川エンタテインメント
ターミナル DTSスペシャル・エディション<2枚組>


AD