ハウルの動く城

テーマ:

公開して大分たったので、評判が聞こえてくる。
 面白くなかった、つまらない、意味がわからなかった、眠たくなった。そういう声も多い。
 一方では、「もののけ姫」などのようにメッセージ性がなくて、暑苦しくなかった。映画を観て説教される気分にならずにすむ作品をようやく宮崎さんが作ってくれた、と賞賛する意見もある。
 両極ですね。こういうインプレッションは自分で観ないとわからないので、心を空にして素直にスクリーンに向かった。
 
 ハウルは街では心臓を食べてしまう魔法使いだと噂があり恐れられていた。ハウルは街の外、動く城に住んでいる。
 父親の帽子店をついで、静かに暮らしていた18歳のソフィーがハウルに出会った。その直後、ハウルを追っていた荒れ地の魔女の恨みをかって、ソフィーは魔法をかけられて90歳の老婆にされてしまう。
 もう街には住めない。ソフィーはハウルの城を目指し、魔法が解ける手段を知るため住み込んでしまう。
 世の中は戦乱の時代で、魔法使いにも招集がかかっていた。ハウルも、戦争に向かうが…。
 弱虫のハウルは戦うことで己を忘れ、悪魔の姿になり、人間に戻りにくくなる。ソフィーの魔法は解けるのか。幸せはあるのか…。

 優しい話だった。
 ソフィーがめげないで、淡々としているところが魅力。老婆になってもそれなりに生活を楽しんでいる。ソフィーのその明るさに引かれて、ハウルの城に寄ってくるモノたちがいる。みんな本当の自分を、自分の居場所を探しているのだ。そして、ハウルの城で、そんなみんなが家族のように暮らし始める。
 
 戦争を背景に描きながらも、叫ばずに反戦を訴えている。愛が一番。大切な人が一番。
 ほほえましいお話。ソフィーは、女性はたくましい。
 そして、ハウルがカッコイイ! 弱いから美しいものにこだわっていたりして、情けない姿も微笑ましい。惚れますな。
宮崎さんのおっしゃる通り、ラヴ・ストーリーでした。

 老婆のソフィーの姿がくるくる変わって、若くなったり年老いたりするので混乱したが、魔法が解けるとき、それは、愛しい人といるときらしいと推察して観た。ハウルと心が通った瞬間、若くなるのね。。

 声の配役についても、賛否あるが、私は気にならなかった。器用な木村氏がはずすはずもなく、納得できなければ宮崎さんがOKを出す訳もないのだから、安心して観ていられた。本当に違和感はなかった。画面に集中出来た。

 でも、映画が終わった後、劇場では「わかんない」との声が。隣の人は、退屈そうにため息の連続だったし。
 今までのように、観てすぐ判る宮崎アニメと少し違う、問題の一作ですね。


ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ハウルの動く城 特別収録版 1/24second付き
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ハウルの動く城 特別収録版
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ハウルの動く城 + ジブリがいっぱいSPECIALショートショート ツインBOX (初回限定生産)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ジブリがいっぱいSPECIALショートショート
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ハウルの動く城
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ハウルの動く城 1/24second付き
アニメージュ編集部
ロマンアルバム ハウルの動く城
スタジオジブリ
The art of Howl’s movingcastle―ハウルの動く城
ハウルの動く城 2006年度 カレンダー
角川書店
ハウルの動く城 徹底ガイド―ハウルとソフィー ふたりの約束
宮崎 駿
ハウルの動く城
スタジオジブリ
ハウルの動く城―宮崎駿監督作品
ハウルの動く城 2005年度 カレンダー
佐々木 隆
「宮崎アニメ」秘められたメッセージ―『風の谷のナウシカ』から『ハウルの動く城』まで
ハウルの動く城
AD

マイ・ボディガード

テーマ:

 原作はかなり前に書かれた『燃える男』で、残念ながらまだ未読である。話題の本なのでそのうち、と思っている間に先に映画化されてしまった。
 監督のトニー・スコットは20年あまり、その小説を映画化したがっていたそうだ。
 原作と映画の違いはある。時代も変わったので、舞台がイタリアからメキシコにかわっている。
 
 対テロ部隊での仕事を続けてきて、心と体の傷跡を、大量の酒でごまかしていた、クリーシー(デンゼル・ワシントン)は部隊での先輩の紹介で職に就いた。実業家の9歳の娘ピタのボディ・ガードが仕事だ。無愛想なクリーシーを心の底から気に入ったのはピタ。クリーシーも徐々に心を開いて行き、笑える生活を取り戻した。ピタによって新しい命を得たのだ。
 ピタが誘拐された。身代金の受け渡しは失敗した。
 自らも銃弾を受けたが、ピタの死を知らされて、クリーシーは復讐するために立ち上がる。

 力の入った映画だった。さすが、トニー・スコットが暖めていただけある、入魂の一作だ。
 出だしからショッキングな映像と音楽で、ぐいぐいと画面に引き寄せて行く。キレた映像と激しい音楽。観客を現実から引き離した所で、主役達の登場になる。
 デンゼル・ワシントンは、今回も奥の深い演技を見せてくれた。役柄で雰囲気が変わるのは見事。
 しかし、欠かせないのはピタ役のダコタ・ファニングだ。くもりのない少女の美しい瞳とひたむきな演技の前には、どんな名優もかすんでしまう。
 クリーシーとピタが並ぶ映像の美しさは、監督の腕の見せ所か。
 大切なモノを知り、それを奪われた悲しみ。そして怒り。。泣きました。切ないぞー。
 久々に良い映画を観た。ハードボイルドであった。
 
 あ、ミッキー・ロークが出ているので、探しましょう。変わった顔も覚えましたか?
 クリストファー・ウォーケンが、渋い演技で良かった。

 歳の暮れに来て、傑作に出会った。

 宣伝に「レオン」からどうのってある。何故に他の作品を引き合いに出すのだろうか。大いに不満だ。
 タイトルも、原題のままで良かっただろうに。宣伝の切り口と言い、タイトルの付け方といい、イマイチ映画の内容と合っていない。最近こういう映画が多くって、悲しい。本来の映画の良さを消してしまっている。考えて欲しいものだ。
 昔を言っても切ないが、昔の映画の邦題の付け方、上手いのが多かったね。

 

タイトル: マイ・ボディガード プレミアム・エディション


AD

ソウ

テーマ:

 目が覚めると、地下室のバスルームに鎖で繋がれていたふたりの男。部屋の中央には自殺死体が横たわり、手にすることが出来たのは2本のノコギリ。ノコギリで鎖は切れない、切れるのは足だ。逃げるには相手を殺すこと。それは、生き残りをかけたゲームだった。
 一般人を誘拐し監禁しては殺害するシリアルキラーの、ゲームだった。いったい誰が、そして、ふたりにはどんな関係が。

 旋律の殺人ゲームだった。
この映画の出来には賛否、別れている。たくさんの伏線がちりばめられていて、筋を読み解く事が出来、質の高いミステリの様相を呈しているとか。息苦しくて、暗くて汚い画面で(主に古いバスルームの画面がメイン)不快だった。との意見。
 どう感じるのかは、観なくては判らない。
 引きつける魅力はあった。サイコ・スリラーとして成功した作品であろう。キャラクターの弱さがあり、謎に思う部分を感じたが、サラリとかわすのも、またそれなり。
 足を切ったシーンが不完全、と感じたが海外版ではノーカットであったそうだが、そのへんは見せ方がイマイチ。
 ラストはどんでん返しで終わるので、やられたと思った。
 女性には総じて評判悪いようである。ミステリを好まない人も、苦手なようである。
 だが、絶賛している人も少なくない。
 
 最高か、最悪か、極端な感想になる映画。
 久々に、本格ミステリを味わった感じで、私には楽しめた。全員にオススメをしないが、映画好きなら、観て自分で確かめよう。

 無名の新人監督ジェームズ・ワン。よく出来ました、◎あげる。

 

タイトル: SAW ソウ DTSエディション


AD

キャットウーマン

テーマ:

 これなるキャット・ウーマンはバットマンのサイド・ストーリーである。主人公は『バットマン・リターンズ』でミシェル・ファイファーが演じたキャットウーマン。

 従順でシャイな女性が、巨大な化粧会社の陰謀に巻き込まれて命を落としてしまう。そこに現れたのは不思議な力を持つ猫『ミッドナイト』。彼女の力で主人公は猫の能力を持つ、キャットウーマンとして生き返る。孤高のダークヒロインの誕生である。夜な夜な黒の皮のボンディージファッションで、鞭をうならせ、都会の暗闇を駆け抜けてゆく…。

 主人公はハル・ベリーが奮闘していた。だが、これはもうけ役である。誰だって、この役ならある程度のかっこよさでヒロインになれる。誰でもCGたっぷりで、猫のしなやかな動きを手に入れる事ができるだろう。きっと誰でも良かった。
 誰でも良かったので、恋人役が。。。ハンサムではなかったです。
 悪役にシャロン・ストーンが扮しているが、迫力があったので、これは○。こんな役もやるのだと関心した。

 が、どうしてもB級です。暇があったら時間つぶしに観る映画です。飽きないけれど、感動もなく、後味もありません。これから観る人は、覚悟して観ましょう。
 キャット空中三回転には、沸きました(笑)
 B級映画好きの私にとっても、物足りない感じ。何かが足りない。ハル・ベリーの完璧ボディでも埋まらない何かが。

ワーナー・ホーム・ビデオ
キャットウーマン 特別版