島根県津和野町選挙管理委員会は26日、25日投開票の同町議選(定数16)で、投票総数が投票者数より1票多かったことを明らかにした。投票所で有権者1人に誤って投票用紙を2枚渡した可能性が高いという。

 町議選は最下位の16位に2候補が並び、公選法に基づきくじ引きで現職の男性候補(61)が当選。落選した新人の男性候補(61)は「選挙が無効の可能性もある」と町選管に説明を求めている。町選管によると、町議選には19人が立候補。投票者数は6451人、開票後に確定した投票総数は6452票だった。最下位の2候補の得票はいずれも248票だった。

 総務省によると、投票総数と投票者数が合わないミスや得票同数のためくじ引きで当落を決める例は年に数件あるが、両方が重なったケースは把握していないという。

 町選管は「ミスがあったのは事実だが、過去の判例から選挙結果は有効と考えている」としている。

雑記帳 周遊自転車で消費拡大 北海道千歳(毎日新聞)
成田足止めの外国人旅行客に、どら焼き差し入れ 茨城空港土産(産経新聞)
羽田空港に「世田谷みやげ」(産経新聞)
神社本庁離脱の規則変更認める=文科省の裁決取り消し-最高裁(時事通信)
ギョーザ中毒で日中警察会議(産経新聞)
AD