仙谷由人国家戦略担当相と枝野幸男行政刷新担当相は19日、神奈川県海老名市の養護老人ホームを訪れ、経済連携協定(EPA)に基づき来日中の、インドネシア人介護職員と面会した。仙谷氏は介護福祉士の国家資格試験について「コミュニケーションと技術さえしっかりしていれば問題ない」と述べ、ひらがなでの受験を認めるなど柔軟に対応すべきだとの認識を示した。日本はEPAにより、インドネシアとフィリピンから看護師、介護福祉士の候補者を受け入れているが、日本で働き続けるためには、3年以内に国家資格を取得する必要がある。

【関連ニュース】
厚労省調査:インドネシア人看護師候補 患者は好意的評価
EPA看護師:国家試験に3人が合格 狭き門に批判も
介護福祉士候補:インドネシア人の1割、日本語分からない
中国地震:支援に「言葉の壁」 高齢者、標準語案内読めず
インドネシア:日本派遣の看護師ら面接始まる

官房長官との面会、徳之島3町長が拒否(読売新聞)
裸の撮影「虐待ととらえず」=介護老人施設側が会見-宇都宮(時事通信)
衆参同日選「コメントしない」=鳩山首相(時事通信)
<冷え込み>関東中心に冬の寒さ 4月末まで低温傾向続く(毎日新聞)
まるごと富津の海の幸、ご当地グルメ「海堡丼」(産経新聞)
AD