健康作りや高齢者支援の場として、お寺が注目を集めている。古くから「よろず人生相談」の窓口となってきた寺院だが、最近では若者を中心に宗教離れが進み、檀家(だんか)も減少。気軽に寺に立ち寄ることは少なくなってきている。「生きている間に寺に親しんでもらいたい」という取り組みは「お寺離れ」を食い止められるか。(道丸摩耶)

 ◆友引の日だけ

 今月3日、東京都新宿区の「長善寺」(通称・笹寺)のホールに、60代の女性を中心に男女約20人が集まった。この日開かれたのは、元バレーボール日本代表の三屋裕子さんらが指導する「健康寺子屋」(3カ月1万2千円)だ。ストレッチを中心に約2時間体を動かし、汗をかく。

 以前から「医療費が増え続ける中、認知症や寝たきりを防ぐ健康作りを地域で行いたいと考えていた」という三屋さんだが、民間施設は費用が高く、公共施設はどこも順番待ちだった。そんなとき思い浮かんだのがお寺だった。

 幼いころ、寺や神社の境内に行けば誰か遊び相手がいた。みんなが自然に集まる場所が寺だったのだ。

 「四国八十八カ所や熊野古道など、寺院は昔から、人々の健康長寿のエクササイズの場になっていた」と三屋さん。健康寺子屋の生徒は、近所の人や檀家などさまざま。参加者の一人、横浜市の森田當子さん(72)も同寺の檀家。「以前からヨガを習っていたが、夫の看護で腰が曲がってしまい、ここに通い始めた」と話す。

 月3、4回開かれる寺子屋だが、「お寺なので急にお葬式が入ることがある。確実に借りられるのは友引の午前中だけ」(三屋さん)と、曜日が固定できないのが悩み。しかし、開始2年で参加者は増えている。

 ◆生活相談サービスも

 「お寺を身近に感じてほしい」。そんな願いから独居高齢者や独身女性の仏事・生活相談を受けるサービスを始めた寺もある。「専修寺関東別院」(大田区)だ。

 同寺では今月から、独居高齢者を支援するNPO法人「人と人をつなぐ会」(新宿区)と提携。僧侶10人が人間関係や仏事などの相談を受けるフリーダイヤル(0120・409・801)を開設した。自殺企図者や孤独に悩む人の相談にも乗るという。

 「寺といえば墓、というイメージを払拭(ふっしょく)させたい。生きている間にどのように寺とつながってもらえるかを考えたい」と語るのは、同寺の広報担当、葬送コンサルタントの下村貢司さん。下村さんによると、料理教室や朗読の会などお寺の活用ジャンルは増えている。

 近所の寺院が地域の交流拠点となる日は近いかもしれない。

           ◇

 ■葬儀も戒名もいらない?

 寺といえば「墓」「葬式」というイメージが強いが、その葬式についても「自分の葬儀はやらなくてよい」と考えている既婚女性が約4割いることが、リビングくらしHOW研究所の調査で分かった。

 調査は2月中旬、既婚女性1346人を対象にインターネットで行われた。

 その結果、自分の葬儀について、「どちらかといえばやらなくてもよい」と答えたのは37・9%。さらに、72・2%が「戒名はいらない」と回答。「葬儀はやるべき」と答えた人でも、戒名については「いらない」が6割近くに上った。

通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕(産経新聞)
藤原竜也さん「井上さんの遺志引き継ぎ頑張る」(読売新聞)
財務副大臣「あれもこれもは…」公約の修正示唆(読売新聞)
“KARAOKE”発明者のリストに12人(産経新聞)
AD