無免許で公用車を運転したとして、神奈川県警相模原南署は1日、道交法違反(無免許運転、速度超過)の疑いで、相模原市役所資源循環推進課主事、関口真佐人容疑者(30)=相模原市南区豊町=を逮捕した。

 同署の調べによると、関口容疑者は昨年11月20日午後3時15分ごろ、同区磯部の市道を無免許の上、法定速度を17キロ上回るスピードで市の公用車の軽ワンボックスカーを運転した疑いが持たれている。

 同署員が関口容疑者に免許の提示を求めると、同居する弟(28)の名前を名乗り、「今日は免許を持っていない」などとうそをついたという。出頭を求めるために先月25日に同署員が関口容疑者宅に電話をしたところ、弟が出て無免許が発覚した。

 相模原市は1日、全国で19番目の政令指定都市に移行し、市役所では式典が行われた。

【関連記事】
公用車を9年間無免許運転 札幌市「チェック不十分」
免停中も不正免許で公用車運転 “副業”で代行運転中に死亡事故
警察官、免許偽造しパトカー運転 広島
「金なくタクシー乗れず」無免許取り調べに無免許運転で出頭
免許失効のまま10日間バスに乗務 宮崎交通、判明後も公表せず

トラブル後も速度20キロ超過 大阪市営地下鉄ずさん運行(産経新聞)
鳩山首相の母が上申書「子を助けるのは当然」(読売新聞)
北への送金「全面停止を」=拉致家族会など訴え(時事通信)
グループホーム、スプリンクラー設置済みは約半数―厚労省集計(医療介護CBニュース)
福岡でも和解勧告=全国2件目-B型肝炎訴訟(時事通信)
AD