千葉景子法相は16日の記者会見で、選択的夫婦別姓制を導入する民法改正案に国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が反対していることについて「亀井大臣のご発言は大変重い。ただ、内容について細かい理解をいただいているか必ずしも定かではない」と述べた。引き続き法案提出への理解を求めていく考えを示した発言だ。

 また、これまでも亀井氏に直接説明してきたとした上で「内閣としての方向付けは、そんなに時間がないので最終的に詰めをしていきたい」とも強調した。

【関連記事】
どうなる?選択的夫婦別姓 千葉法相は前向き 亀井担当相は反対
「反対すれば法案提出困難」 外国人参政権と夫婦別姓で亀井氏
夫婦別姓、子供は同じ姓に統一 法相が検討方針示す
千葉法相「首相は夫婦別姓に消極的ではない」
仙谷vs平野、亀井vs千葉…ゴタゴタ友愛内閣

【新・関西笑談】ワイナリーのジャンヌ・ダルク(3)(産経新聞)
<ひき逃げ>ペルー人女性死亡 千葉・成田(毎日新聞)
<少年犯罪>検挙率が6年連続減少(毎日新聞)
参院島根にアナウンサー擁立へ=民主(時事通信)
48歳男を再逮捕=「刺した」関与認める供述-千葉女子大生殺害・県警(時事通信)
AD