スマホ・LINE・アプリで浮気調査 探偵が教える夫の浮気を見破る方法!

スマホ・LINE・アプリを使えば簡単に浮気を見破ることができてしまいます。でも、証拠がなければ逆ギレされてしまうことも。証拠収集から示談交渉の仕方まで浮気、不倫問題の完全解決をサポートします。


テーマ:

人生において、様々な出会いと別れがありますよね。
僕にとって、調査に関わる機器も、出会いと別れの連続です。

思ったより操作方法が難しくて、現場レベルではレスポンスが悪くて使いこなせない…
重さに耐えられず、体がゆがんでしまう…
寒さ、暑さと言った気温差に対応出来ない…

と言った様に、コレいいなと思った機器でも、なんとなく我慢して使い続けたり、時には使うことをやめるという決断をすることもあります。

その中で、あらゆる環境に対応し、様々な歴戦を乗り越えてきた相棒が、僕の愛車でした。

平成17年の初年度登録から12年
走行距離は22万キロを超えました。

ここに至るまで、ハイブリッド車ならではのバッテリー交換があったり、電動スライドドアのモーター故障で手動にしたりと、手を入れつつ乗ってきました。

その昔、個人タクシーの運転手さんにお聞きしたことがあったんです。

「タクシーは何万キロまで乗れるんですか?」と。

そしたら、その運転手さんは、
「50万キロかな~、
メンテナンスをちゃんとしていれば、もっといけるかもしれないよ。」と。

ごっ!五十万キロ・・・

その時、僕はその言葉に衝撃を受け、いつかその高見にたどり着きたいと思ってしまったんですよね。

そして、何台かの車を乗り換え、出会ったのが相棒

ハイブリッドならでは低燃費、そして機器の充電し放題となる100V1,500Wのコンセント
居住性も快適
そして、どこにでも走っている車種

と言うことで、探偵的にはいいとこ取りの車でした。

それに、キャンプ道具やスノーボードなど、季節を問わず積んで歩けたので、現場と現場の空き時間に、ちょっと山へ!なんていう遊びも出来ていました。

そして、今月、車検の期日が刻々と迫ってきた中で、ずっと考えていました。
不調を訴える相棒とどうするべきか。

今まで車検の度に、車屋さんからは、そろそろ乗換をご検討頂いた方が…と、お話をされてきましたが、それでも修理をしながら目指せ50万キロをやってきたわけです。

でも、今回はちょっと違いました。
先月から、同時に数カ所の不調。

それも、いつか壊れますよ。と言われていた重要な箇所。
ついに来たか。

車検と同時に修理をして次の車検まで目指せるかと思いましたが、今回ばかりはどうも相棒の様子がおかしいんです。

なんだか、「もう、ちょっと…休ませてもらえないかな。」と言っているように聞こえたんですよね。

そして、苦渋の決断、今月さようならをします。

沢山の思い出をありがとう。
そして、今まで本当にありがとう。

残りの数日で、一緒に目指したい、そのカウントが222,222km

最後まで頼むよ、相棒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夫婦間のいざこざがあったとき、僕はクライアントさんに「ちゃんと録音をしておきましょうね。」とお伝えしています。

でも、何で録音したらよいかわからない?
録音していることがバレたらどうしよう?
どこで、何を買えばいいの?

と皆さんからご質問を頂きます。

まあ、録音することを相手に言ってしまったら、本心を語ってくることはありませんよね。
なので、コッソリ録音をしましょう、と言うのが前提になるわけです。

では、何で録音するの?
使い古しのスマホでも良いし、今、お使いのスマホでも良いですよね。
でも、通信が出来る状態のスマホだと、メールやLINE、ニュース、電話の着信などによって録音が中断されてしまうかもしれません。
そうならないようにするためには、最初から通信を遮断しておくと良いですね。
機内モードを使えば、通信を遮断できる為、録音に支障を来す通知を避けられます。

それと、スマホを使う場合、気をつけなくちゃいけないのが、録音できる為に必要なバッテリーと記録容量。
これをおろそかにすると、大切な録音が出来ていない!なんてことになりかねません。
なので、事前に確認しておくと良いのですが、お子さんの写真などで容量圧迫!と言う方もいることでしょう。

そんな時は、スマホで録音することは諦めて、ICレコーダーを使われるのがお勧めです。

そこで、お勧めなのが、こちらの超小型ICレコーダー
http://amzn.to/2npyZdP

この商品、今まで使った中で最小
録音時間も96時間までと大容量

小型なので、見つかりにくいと言った特徴もあります。
鞄や筆箱に入れておいてもいいですよね。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京タワーが見えるこの場所で、新しい一歩について打ち合わせ。
久しぶりの三田です。

打ち合わせと言うより、面接。
新しいことを始めることって勇気がいりますよね。

基本、僕は何でもチャレンジするタイプです。
でも、現状維持をして、状況をキープしておきたいという気持ちもあります。

今回は、本来であれば、後者の気持ち。

でも、周りから与えられる環境に柔軟に対応しないといけないこともあります。
今回、一抹の不安を抱えていましたが、新しい一歩を踏み出せそうです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

盗聴発見、盗撮発見と言った調査が、僕の事務所の場合、3月、4月は増える傾向があります。

今まで、盗聴されているかもと思いながら過ごされた方が、新生活はスッキリしたいという想いがあったり、職場を辞める人物がもしかして盗聴をしていた?と不安を感じての調査になることもあります。
そこで、最近僕が行った盗聴発見調査から感じた、盗聴の実態についてお話したいと思います。

■ 盗聴発見って一体どんな方法でするの?

盗聴発見の方法と言えば、テレビ番組で行っているような、受信機片手に盗聴器を探すという方法。
所謂、無線タイプの盗聴器はハウリングを利用した方法で発見をすることが出来ます。
カラオケボックスでマイクとスピーカーが近かったり、音量が大きいとハウリングしますよね。その要領と同じです。

市販される盗聴器で使われる周波数帯も、下記の3つは特に有名です。
398.605 Aタイプ
399.455 Bタイプ
399.030 Cタイプ

番組を見ていると、この周波数が映ることが度々ありますね。

■ 無線式盗聴器が使われなくなってきている

僕が探偵になった20年前ほどからこの周波数は変わりません。
で、僕自身が使うかというとすでに使わくなっているのが現状です。

僕の場合、室内をモニタリングして会話を傍受する言うよりは、張り込み時に対象者が該当する建物から出るか出ないかを判断するために、使っていました。
ドアの開閉音を聞く、足音を聞く、車のエンジン音を聞く。
音による対象者の監視のためというわけですね。

ですが、盗聴器は先ほどお話ししたように使わなくなってきています。
と言うのも、盗聴器は半径100Mほどしか電波が飛びません。
もちろん、アンテナを伸ばしたり出力を上げれば、距離は届きます。
でも、車からピョーンと伸びているアンテナ付いている車が付近に長時間滞在していたら不審ですよね。
調査してます!というオーラを発することになりかねません。

また、電波が届く範囲が広ろげると言うことは、受信機を持っていて、周波数を特定出来れば誰でも聞いてしまうことが出来てしまいます。
さらに、場所の特定もされる可能性があると言うことです。

なので、それだけリスクがある盗聴器をわざわざ使うことはないのです。

実際に、弊社にご依頼頂く盗聴発見を通して思う事は、こうした無線式の盗聴器を使われる傾向は下がってきているとことです。

■ 従来の盗聴器に変わる新たな手口

では、こう言った盗聴器に変わるもの。
それが、あなたの身近にあるスマホ。

今使っているスマホであれば、電話回線やWi-Fiネットワーク経由で、離れた場所でも外部の人間に電波を拾われず、モニタリングできてしまいます。
また、現在、使われていないスマホも、ボイスレコーダー機能による録音で会話が収集されます。

盗聴器っていうと、あのコンセントタイプを思い起こす方が多いと思いますが、実は身近なそのスマホが盗聴器になっているかもしれません。

ちなみに、弊社の盗聴発見、盗撮発見調査は
従来の無線式、有線式の盗聴発見のみならず、
・スマホやICレコーダーと言った盗聴が可能な機器の発見、回収
・Wi-Fiネットワークを使った無線、有線カメラの発見、回収
・お使いのスマホに挿入されたかもしれない不正監視アプリの発見、削除
・ご自宅、事務所以外にも車両にも対応
・車両の場合は、盗聴器、盗撮カメラの他、GPSの発見調査、回収
・これら現代版の盗聴の手口についての対策方法、防衛方法のアドバイス
・調査費用は21000円~、全国対応しています。

新年度、モヤモヤした不安を感じたまま過ごすより、気持ち新たにスッキリした気分で過ごしませんか?
http://www.c-splash.com/kojin/toutyou.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ストーカー犯罪が、社会問題になっている今、警視庁の取り組みにより、一つの集計がまとまったとニュース記事にありました。

ストーカー治療、受診73件=昨年4~12月、加害者促す-拒否も6割・警察庁集計 全国の警察が昨年4~12月、ストーカーの加害者に治療やカウンセリングを受けるよう働き掛けた結果、受..........≪続きを読む≫ こう言った取り組みはとても良いことだと思います。
 
ストーカー問題は、事件が起きる前に対策をすることが望まれます。
また、ストーカー独特の傾向として、再発が起きやすいと言った実状があるため、ストーカー犯の精神的なケアが重要になります。
 
今回の取り組みによって、“執着や支配欲”と言った感情、気持ちが根底にあることが浮き彫りになったと言われています。
調査に関わる僕らからすると、現場での対象者の様子を見ながら、どうしてここまで時間を使って粘着できるのかなと思う事も度々あります。
 
これが、警視庁の取り組みによって、顕著に表れた“執着や支配欲”
 
ですが、この気持ちが在る以上、犯人は止め時が無く、そもそも自分のその気持ちに気がついていないのかもしれません。
 
 
現在、加害者にこのストーカー治療を促すものの6割が受診拒否とのこと。
今後は、再犯の可能性を減少させるためにも、10割受診となる日が来ればよいと思うのです。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)