大阪府阪南市の月決め駐車場で、和泉市のカーペット製造販売会社元社長夫妻の遺体がドラム缶に入れられて見つかった事件で、夫妻が2004年に行方不明となった当時、自宅から採取した血痕や毛髪などの証拠類を大阪府警が紛失していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。
 府警幹部は「容疑者特定に結びつく証拠が含まれていたかは不明だが、捜査に大きな支障はない」としている。
 捜査関係者によると、紛失したのは夫妻宅から採取した毛髪などの証拠の一部で、誰のものかは特定されていない。夫妻の遺体が駐車場で見つかった昨年11月ごろ、遺留品リストを見直した際に紛失が発覚。経緯は不明という。
 元社長浅井建治さん=当時(74)=と妻きよさん=同(73)=は04年12月に行方不明となり、昨年11月、阪南市の駐車場で遺体で発見された。 

<阿久根市長>「不信任出せ」議員を挑発 課長には答弁禁じ(毎日新聞)
JAYWALKの中村容疑者、過去に銃刀法違反も(産経新聞)
目の特徴逃さず 上野の雑踏で手配の男逮捕(産経新聞)
ATM男、強盗殺人罪などで起訴 千葉大女子学生放火殺人(産経新聞)
<東京大>論文に虚偽記載、教授を懲戒処分(毎日新聞)
AD