移り気 reverse side(移転しました)

秋田に住む極普通の大学生がたまに書く日記。既に終了済み。


テーマ:



ジョージアの新作。超微糖。

個人的に、缶コーヒーは甘ったるいものが多すぎるので嫌い。だから大抵は無糖のものを飲むんだけど、無糖でおいしい缶コーヒーって滅多に無いのな。今まで『美味い』と思えた無糖の缶コーヒーなんてルーツぐらいしかない。

とはいえ、たまには砂糖が入ったコーヒーも飲みたいと思う。そういうときは『微糖』を購入しているのだが、微糖でも甘すぎる。いつもブラックを飲んでいるからなのかもしれないけれど、『微糖』と銘打っておきながら、飲んだ感覚は『普通』に感じてしまう。


というモヤモヤ感の中で見つけた今回のコーヒー。

ジョージアは基本的に甘ったるいものが多く、無糖は苦いだけでおいしさゼロ(主観)だったので、極力避けていたのだけれど、この『微糖』は当たりだった。


正に『微糖』。

今までの微糖とは比べ物にならない。『コーヒーメインで、砂糖は隠し味程度に欲しいんだ!』と思っていた俺には直球ストライク。『微糖』が欲しい人は是非。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
『男の料理』とのたまう時は、大概『あらゆるものがてきとーな料理』のことを指すと思う。具体的には材料の分量とか、切り方とか、盛り付け方とか。どこの原住民だよって言いたくなるような適当すぎる切り方だったり。


というわけで! 男の料理!

今日はパスタ。

<材料>
ほうれん草/五把
キャベツ/8分の1
豚肩ロース/200gぐらい
パスタ/150g
卵/中3個
オリーブオイル/適量
塩コショウ/適量

手順
1.鍋で湯を沸かす
2.ざく切りにしたほうれん草を鍋にぶち込む
3.ほうれん草を茹でる間にレンジでざく切りにしたキャベツを温める(2分)

A「何で温めるの?」
B「水をちょっと振ったキャベツをレンジでチンすると温野菜になるんだよ!」
A「へぇー、それはなかなか便利な技だね」
B「温野菜にすると質量も減るからお勧めだよ」
A「でも、かさが全然減ってないね」
B「完全に失敗だね。うろ覚えの知識はろくなことにならないね」
A「最初にここ とか見ておけばよかったね」


4.ほうれん草を取り出し、同じ湯でパスタを茹でる

A「同じ湯を使うの!?」
B「そうさ!これぞ節約術!」



A「ほうれん草を茹でたせいで湯が緑色なんだけど!」
B「……大丈夫だ!」



5.オリーブオイルをしいた後にキャベツ→ほうれん草の順で炒める




A「明らかに量が多すぎるよね」
B「キャベツが予想以上に多かったらしいよ」
A「多かったって思う時点でやめればいいのにね」
B「そこで『男の料理』って免罪符さ!」


6.続いて肉を炒める。たまに塩コショウ。



A「炒める順番ってこれでいいの?」
B「さあ?」
 「でもそこそこいい感じに炒められたからいいんじゃない」


7.溶き卵を投入

A「え!? 卵ってそもそもパスタに合うの?」
B「知らない。カルボナーラ系なら大丈夫そうだけど」
A「でも違うよね」
B「うん」




A・B「あーあ……」
A「単なる野菜炒めじゃない?」
B「そうしようかって考えもあったみたいなんだけどね」



8.いよいよパスタ投入。完成へ



A「野菜炒めにパスタぶち込んだって感じだね」
B「同意」



ちなみに、味は悪くなかった。でもパスタに卵はもう止めよう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

チョコ



チョコ買い過ぎた。1300円ちょっと。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
料理名【サラダっぽいスパゲッティ】

材料
トマト/中2個
ゆで卵/3個
ピーマン/2個
スパゲッティ/ひとり分
塩コショウ/適量
オリーブオイル/適量


手順
1.ゆで卵とトマトをそれっぽい大きさに加工
玉子&トマト



2.思い出したようにピーマンも加工
ピーマン



3.スパゲッティを茹でる
スパゲッティ



4.オリーブオイルで炒める。
ピーマンを最初に炒め、その後絡めるだけで済む残りの食材を混ぜる。
塩コショウで味付け。



<完成>
パスタ


というわけで、スパゲッティの具としてトマトを処分してみた。よく考えたらスパゲッティにホールトマト使うんだから生のトマト使っても良いじゃん。俺ってあったまいいー!


で。食した感想。

食べられないほどまずいわけじゃないが、お勧めしない。

というのも、トマトには若干の酸味がある。スパゲッティの具というものは基本的に甘いものが多いので、トマトの酸っぱさがより際立って非常に不快なのだ。

ちなみに今回の料理には『具が大きすぎ』とか『玉子がフライパンに多量にこびりつく』とかそういう問題点もあった。いずれにせよ、この料理は失敗作だろう。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
現在深夜2時。空腹感は極限付近まで来ている。

今、猛烈にご飯が食べたい。ただのご飯ではなく、定食が食べたい。欲を言えば焼き魚定食が食べたい。
さらに欲を言えば実家の食事が食べたい。


焼きたての秋刀魚が食べたい。

白くて四角い皿にのせ、醤油をかけ、上から大根おろしを少々。
醤油をかけて温度を多少下げてもジュウジュウと音がする状態で食べたい。

もちろん白米と一緒に。白米は当然のように炊き立て。
茶碗から多少盛り上がる程度。

味噌汁も忘れられない。
実家が赤味噌だったせいで、自分も赤味噌の味噌汁が当然と思っているが。
赤か白か、こしか粒かはともかく。
暖かい味噌汁。具は何でもいい。ワカメであればなおいい。豆腐が入っていれば皿に嬉しい。


おひたしも食べたい。漬物でもいい。メインだけではなく、サブのおかずも欲しいのだ。
ほうれん草のおひたしだと嬉しい。
漬物だったらきゅうりの漬物が嬉しい。
要は野菜が欲しいのだ。しかしキャベツはダメだ。あいつは焼き魚にあわない。
キャベツは肉料理にとっておけ。



秋刀魚。
白米。
味噌汁。
おひたし。


この4品揃った定食が今猛烈に食べたいのだ。


現在の時刻は深夜2時。

朝が待ち遠しい。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
Hi-C

これは懐かしい。 ビンだってのも懐かしいけれど、そもそも『Hi-C』ていうのが懐かしい。こちらで『Hi-C』の解説 をしてるんだが、どうやらQooの発売とともに販売停止となったらしい。


確か俺の小学校の頃はまだ売ってた気がするんだが。もちろんビンじゃなくて缶タイプだが。ラジオ体操の帰りとかに近所の自販機で購入して、飲みながら帰った記憶がある。



そんなわけでノスタルジックな思いに魅せられてウッカリ購入。200mlで100円。安いのか高いのか分からないが、重量の割りに内容量が少ない。ビンの製品は器が重いせいか。



栓抜きで開けるときにウッカリ中身を少しこぼしてしまったのは秘密。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
コーヒー

まずいと評判の炭酸コーヒーを発見したので、思わず購入。ネスカフェの『スパーリング・カフェ』っていう商品らしい。



いやー、その発言をしっかりと信じておくべきだった。


コーラの甘み成分を少なめにして、コーヒー成分を加えた感じ。コーラとコーヒーのダメコラボレーション。まったく違う二つを合成させた場合、いい味になる場合もある(例:イチゴ大福)が、ダメな場合もあるわけで。


俺は『コーヒーはブラック派』なので、多少甘めのコーヒーというのはあまり好きではない。しかし、これは予想の斜め上を行った。サークルの先輩はこれを旨いと言っていたが、理解しかねる。




さらに理解しかねるのは、調子に乗ってこのコーヒーを3本も買った自分だ。おまけにカカオ99%まで購入。あれ? 罰ゲーム?



===追記===

飲み終えた。ここで注意して欲しいのが、『飲めないほどまずいわけじゃない』ということ。飲もうと思えば飲める。だが、積極的に飲もうとは思わない。


飲んでるうちに甘いのか苦いのか分からなくなってきた。なんて中途半端な味だ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

俺は学食で食事を済ませることが多い。今日も学食で夕食を取った。


学食ではメニューを単品で注文するシステムになっている。サラダならサラダ単品、野菜炒めなら野菜炒め単品というように。お盆に好きなメニューを幾つか載せて、まとめてレジで会計。システム的にはパン屋に類似してると思う。


メニューにはあらかじめ盛り付けられたタイプと頼むとその場で盛り付けてくれるタイプがある。分割できる単品(サラダとかコロッケとか)が前者、でかい入れ物に入れてお玉で盛り付けるもの(麻婆豆腐とか)が後者に多い。



さて。今日は夕食を学食でとったのだが、欲しかった四宝菜が並んでる前の人で終わってしまった。しかし値札を下げただけで、アルマイトの容器にはまだ二食分ほど残っている。


四宝菜大丈夫っすか?

『はい、わかりました』



案外言ってみるもんである。アルマイトの容器からちゃんと盛り付けてくれた。しかし、少し盛りすぎな気がするのだが。


『あ、すいません。ちょっと大盛りになっちゃいましたけど……』




shihousai


盛り過ぎ。



ちょっと水分があるタイプのメニューでこれはなんだ。表面張力に挑戦してるのか。大丈夫ですとは言ったものの、座席に運ぶだけでも危ない。サービス過剰もいいところだ。



もちろんこのあとスタッフが美味しくいただきました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
スパゲッティ

料理名【ベーコンとほうれん草のスパゲッティ】


この料理は『がんばれ自炊くん! ビギナー編』の38ページに収録されてるものをそのまま作ったもの。レシピは立ち読みでもいいので、そちらを参照して欲しい。


ちなみに、ネットで記事の原文を発見したので、ここに貼っておく。




結論から言えば、簡単且つ上手い。味付けに失敗してしまったので若干しょっぱい感じはあったが、それを除けば(つまり正常に作れば)手軽で上手い。


スパゲッティを作るということ自体今回初めてでちょっと緊張したが、一度作ってしまえばなんてことない。適量を手でつかんで大量の湯の中にぶち込めばいいだけのこと。




一番困ったのがほうれん草。料理自体にあまり慣れていないため、野菜は全般的に食える部分と食えない部分の違いが分からないのだ。キャベツも芯というものが分からないし、タマネギにいたっては何処まで剥けばいいのか分からない。


とりあえず今回はスーパーで買ったやつを水洗いしてそのまんま茹でたのだが。未だに良かったのかどうか分からない。食べることができたからよしとするか。



料理その1


今回唯一の失敗と言えば段取りが悪かったことだろうか。画像を見てのとおり、主な作業は


『スパゲッティを炒める』

『ほうれん草を茹でる』

『ベーコンを炒める』


の3つ。単純な作業だが、段取り良くちゃっちゃと作らなければいけない。それが出来ず、うっかりとベーコンを炭化させてしまった。それが右の画像。


ほうれん草を炒め始める直前に気づき、仕方なく炭化したベーコンを隔離して新たにベーコンを投入。ベーコンとほうれん草じゃ炒める時間が違うのに。まぁ、食べることが出来ればそれで良いや。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ジャワちょっと前に紅茶の話を続けてたのだが、今日で最後。今回はコメントで紹介されてたジャワティーのストレート。


感想は、この紅茶だったら飲める。っつーか、旨い。




やっぱり茶に砂糖を混ぜるってのはどうかと思うんだ。コーヒーといい、紅茶といい、砂糖とミルクを混ぜて甘ったるくして。偏見だが、全部女性の所業のような気がする。


なぜ本来の味を楽しもうとしないのか。加えて楽しむ味もあるが、過剰に砂糖を加えたりしてる時点で、本来の味を楽しもうという感覚が無いのかと。



苦いと言われてる茶道のお茶。茶の湯とでもいいのだろうか。あれを飲んだことがあるのだが、苦いことは確かなのだがそれでも奥底から茶本来の味が襲ってくる。襲ってくるという表現はまずいか。



とにもかくにも俺が言いたいのは、



調味料を過剰に入れずに本来の味を楽しめバカヤロー



ってことだ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。