移り気 reverse side(移転しました)

秋田に住む極普通の大学生がたまに書く日記。既に終了済み。


テーマ:
本サイトでノートに関することを書いたので、こっちでも書く。以下本サイトでのノートに関する記述。


現在使ってるノートは Campus のルーズリーフ。『罫線ノート』→『ルーズリーフ』→『A6サイズの無地メモ帳』→『ルーズリーフ』と変遷してきた。使い勝手としてはA6サイズのメモ帳が一番だったのだけれど、保存・整理が凄まじく面倒で、ルーズリーフに書き直すことを考えると二度手間になってしまう。というわけで無精者の自分にはルーズリーフが一番だった。

科目別にノートを作るのも良いんだけれど、必修以外の科目は15回の講義だけで終わり、尚且つ1回の講義のノートは1枚で済んでしまうので、結果的に15枚しか使わなかった中途半端なノートが量産される羽目になる。そもそも、ノートを忘れたときの対処法が困る。しかしルーズリーフの場合はノート1冊の容量が可変可能(通常、ノートは30枚/冊)だし、ルーズリーフさえ持ってきていればノートを忘れたときにも対処可能。つーわけで、ルーズリーフ最高。


大学に入ってからノートに関する考え方が大分変わった気がする。というのも、大学の授業というのは高校までとは大分違うから。

高校では、そもそも『問題集&テスト』というのがあって、それを説くための授業。大学では教科書を分かりやすく噛み砕いた授業。つまり到達目標がぜんぜん違う。高校が『模試で高得点を取る』が目標だけれど、大学は『教科書を全部理解する』というのが目標。理解したかどうかを確かめるのがテスト。

高校と大学では教え方も違う。というか、大学に入ると教員ごとに教え方が違う。パワーポイント使いまくりの教授も居れば、今時OHPを中心にやったり。全然黒板を使わずに演説だけして帰っていく教授も居たりする。




というわけで画像。左がルーズリーフ、右がメモ帳。

大学の授業は教授によって違いすぎるので、なかなか書き方が定まらん。高校ならば国・数・英・歴・社・化・物・生の8教科程度で納まるんだけれ、大学は1年の前半だけで15教科ぐらい存在する。だからなるべく臨機応変に対応できるようなノートにしていかないといけない。

というわけでノートのサイズが可変可能なルーズリーフとメモ帳を使うのは理に適ってる。たぶん。メモ帳のほうは大学で買った無地のもの。だいたい200枚。授業によって書く量が変わるので非常に使いやすかった。自分は工学系なので数式をよく使うのだけど、罫線が無いと数式が書きやすい。

とはいえ、保存性を考えると、穴もあいてないメモ帳はちと使いにくい。結局授業を終えた後にメモ帳の内容をルーズリーフまたはノートに写すという作業が必要なのだけれど、無精者の自分にはすごく面倒だった。テストは乗り越えられたものの、結果的に未整理のメモ帳が5冊ほど残った。非常にまずい。メモ帳の状態じゃなくて、科目ごとにバラバラに分解したからタチが悪い。

というわけで二度手間になることを面倒くさがってルーズリーフに戻った。数式を書くためには無地のルーズリーフがいいんだけれど、数式以外の文章がグダグダになるので罫線に戻った。バランスよく書ければ良いんだけれど、落ち着いてるときはともかく、イライラしてたりすると文字が傾いたりする。それを考えるとやっぱり罫線が良い。

いまの状態になるまで紆余曲折あったわけだけど、個人的には無駄ではなかったと思う。何となくルーズリーフを使うのと紆余曲折合ってからでは違うだろうし。

ちなみに罫線の幅は6mm。0.3のシャーペンにはこれが一番良い。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

嘴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。