移り気 reverse side(移転しました)

秋田に住む極普通の大学生がたまに書く日記。既に終了済み。


テーマ:
mixiでの「読み逃げ問題」が話題
 ミクシィにおける「読み逃げ」問題が話題を呼んでいる..........≪続きを読む≫
その他ソース:
「私の日記、読み逃げするな!」 日記を読んだらコメントするおきてがmixiに
ミクシィで読み逃げするマイミクにどう思いますか?(発端記事のキャッシュ)


自分の場合は、日記は『王様の耳はロバの耳』という感覚で書いているので閲覧者がどんな人かというのは殆ど気にしていない。テキストサイトもやっているけれど、カウンターは滅多に見ないし、掲示板に書き込みが無くてもなんら問題は無い。このブログだってコメントがつかないことを前提に書いてるし、ペタという機能も殆ど忘れている。

余談だが、この記事を書くときにペタの存在を思い出し、慌てたようにペタを確認したんだけど。広告目当てとか宣伝目当てのブログのペタが多いな。何処もそういうものなのかな。

閑話休題。そんなわけでコメントが無くて普通という文化に育ってしまったので、こういう読み逃げ問題は異文化のようなことに感じてしまう。路上に突っ立って『こういうことがあったんだけどー!』って大声で勝手に語っておきながら『どうして誰も聞いてくれないの!?』と困惑してるような。それぐらい奇妙に感じる。

この件はブログ(mixi)をやってる人がコミュニケーションを大事にしすぎることが原因なんだろうと思う。ブログじゃなくても『カウンターのキリ番を踏み逃げしないでください!』って明言してるサイトは5年ぐらい前にはあったし。

コミュニケーションを大事にすることを悪いとは思わないが、それにばかり固執して、更に相手にもそれを求めるというのは滑稽でしかないと思う。コメントを強制されているのを見たら『じゃあコメントするの面倒だからここのブログ(mixi)とは関係を断ち切ろう』と思われる、と考えられるのだけど。

それとも、【関係を断ち切られる可能性】を考えないような人ばっかりなのかしら。だとしたら精神年齢が低すぎるような。



ちなみに。発端となった記事は、どうやら自作自演だった様子。

ソース:「mixi読み逃げ」の真相は120%自作自演だよ

ただ、『キリ番踏み逃げ禁止』などといった記述が昔からあったので、『読み逃げ禁止』と書いてるmixiもあるだろうと思って書いてみた。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

嘴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。