言葉の力

テーマ:

最近、背骨のトレーニングをしていて感じたことなんだけど

背骨のトレーニングというよりも、脊柱のトレーニングという表現のほうがしっくりくる


背骨…という表現だと

背骨(椎骨)一つ一つのイメージを想起してしまうんだが

脊柱だと、背骨全域を連想できるからだ


ということで

脊柱を強くしなやかに、そのうえで歪みのない様態を!

という概念で自身のトレーニングに臨んでいます


すると、不思議なもんでトレーニングのやり方が変わってくる(バージョンアップ)

さらに言うと、トレーニングの成果も上がってくる



ということで

ちょこっと表現(言葉)を変えてみる

そこから、色々なバージョンアップや打開策が見えてくる!なんてこともあるんですねぇ



例えば

悩み事を課題、テーマに変えてみる

神経質を繊細に変えてみる

生真面目を職人気質に変えてみる



なんて具合に否定的で負の印象のある言葉を

肯定的で正の印象のある言葉に置き換えてみる



それだけのことで

打開策が見えたり、より良いものを練り上げていくキッカケになったりする


ということで、言葉の力!



けっこう大きいんですよね

大いに活用しようじゃぁ~ありませんか



ということで本日はこれにて!

AD

セッション

テーマ:

先日は早めに仕事を切り上げて

とあるセッションを受けに行ってきました


分類するとスピリチュアルな分野に入っちゃうんですが、ここの先生は本質的で地に足が付いた人!と把握していたので


「一度、見てもらいたい」


ということで出かけてきました


※私、けっこうスピリチュアル系に詳しいんですよ

けれども、地に足が付いていなかったり本質的なことを目指していない系列は大NG!全然興味ないんですね。結構、その辺は手厳しいんです^^


どうしましょう?

感情で悩んでいる方は多いと思います

先日、教わったことの中で多くの人に役立つのでは?ということを何個かシェアしますね(太っ腹でしょ?)




怒りの感情は・・・

他者への期待が強かったり、失敗を認めない/許さない人ほど出てきやすい

※怒るのが悪い。ダメ!ということではないですよ


具体的に言うと彼女にプレゼントを買った。喜んでくれるはずだ!と彼女に期待している彼氏


だけれどもプレゼントを渡しても、彼女は全然喜ばなかった(残念!)

すると期待を裏切られた彼氏は怒っちゃう!という仕組みです


なので、あんまり他者への期待は大きく持たない方が平静で過ごしやすい。っていうことなんですね



あと、恐怖心

他者、世間からどうみられているか?という気持ちが強かったり(本当は、自分が自分をどんなふうに見ているか?のほうが大事)


他者、世間からの評価を過剰に気にしていると恐怖へ移行しやすくなる(本当は、自分が自分をどう評価しているか?のほうが大事!)




あと羞恥心、高すぎるプライド(タカピーっていう奴ですね^^)

他者との比較ばっかりして、失敗を許さない/認めないと羞恥心やタカピーに繋がってくる

※他者との比較じゃぁ~なく、過去の自分との比較を推奨してました




最後、勘違いで自己評価が高すぎる人・・・

本心本音では分かっているそうです。(自分が大したことないって)…なので、自分に対して嘘つきだったり、本当の実力を見るのが怖いから見ないようにしている弱虫が多い。とのこと




以上、けっこう有用な情報じゃないですか?

ということで本日はこれにて!

AD

年始のご挨拶

テーマ:
今日から仕事始めの人は多いのでは?
当院も本日から営業しております_(._.)_


正月はヌボ~と過ごしつつもトレーニングは休まず続けていました
施術の腕も鈍らないよう妻や両親に施していました^^


ということで、今年もますますの技術向上と効果促進!
そして、自己練磨に励んでいきます


2016年も宜しくお願いいたします_(._.)_
AD

こんにちは

院長の田村です


辛い症状が、思うように改善しなかったり

不快な症状を感じるたんびに、「私はもう治らないのでは?」と


不安な気持ちになり、そもそもの回復力を妨げているケースが

けっこう多いと思います


なので、患者さんにネガティブな感情を手放せるようなワークを指導したりもしています


そして、このワーク...嬉しいことに

けっこう、良い成果が出ているようです


ネガティブな感情に浸る癖がある人

そして、自暴自棄になったり、弱気になってしまう...


そのため症状に対して後ろ向きな態度になってしまう


例えば


「もう治らないんだ!」

「もうどうでもいいんだ!」


などなど...でも、こういう言葉、本当は本音ではないんです


また、なるべくならば

弱気でネガティブな言葉、不平不満愚痴なんかは言わない方が良い


↑↑↑、こんなことも本当は知っているんです


だけれども、なかなかそれが出来ない


そんなことで、お悩みの方に役立てる情報と思います

ぜひ、ご参照ください


ネガティブ感情の解消ワーク


http://www.tamura-seitai.net/sa-bisu3/index.html

理不尽

テーマ:

こんにちは
たむら整体治療室【首と脳幹の施術室】の院長田村です


先日も読書を
「自分のこころのトリセツ」:下園壮太著書

まだ読み終えていませんが
印象的な節を咀嚼していうと

『大人』には、子供の心と大人の心があり
そのバランスが大事!

子供の心は、子供時代に培われたもの

例えば

頑張ればできる!

仮にできなかった場合でも努力が評価されて褒めてもらえる
頑張れば、『どちらにせよ』良いこと 【ご褒美的なもの】 がある

このような『教育』を受けて育っているケースが多い
この教育を土台に成り立っているのが『子供の心』だ

成人して、大人になると
頑張っても、努力しても報われない。という経験をするようになる

つまり、頑張って努力しても『褒めて』もらえなかったり
『分かりやすい』ご褒美的なものがないことも当たり前にある

そんなとき
『子供の心』しか持ち合わせていないと・・・

いろいろな問題が生じてくるようになる

そんなとき
『理不尽』を受け入れられる 【大人の思考】 ができれば

いろいろな問題や理不尽なことも
『仕方ない』といって受け入れて生きていくことができる

このような大人の思考は
理不尽を経験して育んでいくのだが
※本来は、子供時代にも育むべき

現代社会は、このような機会が激減してしまったため
精神的な疲弊(うつ状態)が急増してしまったのではないか?

という推測話に、かなり共感できました

かなり面白い本ですよ↓↓↓


学校では絶対に教えてくれない 自分のこころのトリセツ/日経BP社
¥1,470
Amazon.co.jp

実は困った人は・・・

テーマ:

こんにちは
たむら整体治療室【首と脳幹の施術室】の院長田村です

さて、先日は

「困った人」にひそむ「うつ」―性格の問題と片づけてしまう前に
下園 壮太著

を読みました

苦手な人に対して、著書のケースを当てはめて
考え、行動に移すことができるのならば

おそらく、人間的な器(器量)が大きくなると思います

また、現在
苦手な人と接する環境にいる人にとっては
自身のストレス度合を、『減らす』こともできるのでは?

と思いました

苦手な人と接する環境にいて
且つ、そのことで悩んでいる人にお勧めの書籍です


「困った人」にひそむ「うつ」―性格の問題と片づけてしまう前に (シリーズCura)/下園 壮太
¥1,365
Amazon.co.jp



糖質ゼロの食生活

テーマ:

ブログの更新が止まっておりましたが

生きています。^^


こんにちは。

たむら整体治療室【首と脳幹の施術室】の院長田村です。


今回は、書籍のご案内です。


とくに、うつ病でお困りの方ご本人。

もしくは、ご家族に読んでいただきたい書籍です。


「うつ」は炭水化物をやめれば薬なしでよくなる/現代書林

¥1,470
Amazon.co.jp

食事から体を治していく。

ということも、とっても大事なことです。


↓健康長寿を望む全ての人達に!

ご飯は半分にして肉でやせる 肉食健康ダイエット/草思社
¥1,365
Amazon.co.jp

院長田村も頑張って取り組んでおります。

こんにちは。

たむら整体治療室【首と脳幹の施術室】の院長田村です。


体から元気にする!


体を元気にしていけば

心理面にも良い影響がでてきます。


心理的に楽になってくると

あなたが抱えているストレスや悩みの問題解決にも近づいていくはずです。


また、それにともない

さらに心理面に良い影響がでてきます。


つまり

体を元気にすることによって


心理面で良い影響がでる→ストレスや悩みの問題解決に近づく→さらに心理面で良い影響がでる


このようなプラスのスパイラルに入ります。


そうすると

治癒率が高まり、どんどん元気になっていく!


このような流れを作っていくことが大事です。


このような流れを作るためにも

まずは、体から元気にしていくことが最も重要なこと

と当院では考えています。

こんにちは。

たむら整体治療室【首と脳幹の施術室】の院長田村です。


食欲は健康のバロメーター


「お腹がすいた」


「美味しいものを食べたい」


という欲求は本能的なものです。


このような本能的な部分が弱くなってきたら、生きていくための力が弱ってきている目安になります。


また


「食欲がない」


ということはずっと緊張していたり、ストレスのせいで自律神経の働きが乱れて

体がキチンとリラックスできていないケースでもあります。


さらに食欲がわかないと

面倒になって食事を抜いたり、栄養の偏った食事内容ですませてしまいがちです。


そうなると、必要な栄養が不足して

ますますストレスに対する抵抗力が弱まってしまいます。


なので、自身の食欲を健康のバロメーターにして

日々を過ごすことが大切なのです。



参考文献:うつかもしれないと思ったら読む本

うつ病の気持ち

テーマ:

こんにちは。

たむら整体治療室【首と脳幹の施術室】の院長田村です。


うつ病の気持ち


うつ病のときは、偏って困ったわがままな性格になりやすいです。


そして


そういう自分にショックを受けるケースが多いそうです。


患 「うつ病のときに子供っぽい性格になるのはなぜですか?」


先 「うつの時はつらいから、無意識に自己中心的な考えになってしまうんです」


周り全体を見渡して

自分の立ち位置を考え判断することができなくなる



自分の考えや気持ちで行動するのが

精一杯になる



結果

行動パターンや考え方が子供っぽくなってしまう



そういう状態になったとき、患者は

「自分はダメなんだ・・・」と責めてしまい


周りは

「急に性格が変わった!!」と驚くことがある。


こういう困った性格は


病気がさせていること

本人も周りの人も充分理解して付き合っていきましょう。



参考文献:うつの先生に会いに行く