うつ病支援アドバイザー 川田泰輔のブログ

家族がうつ病になったら、あなたは誰に相談しますか?
うつ病,メンタルヘルス,患者への接し方などのノウハウをお伝えします。

【 家族のうつ病相談室in旭川 】 開催情報

家族のうつ病相談室は、毎月、第2火曜日に定期開催しています。

次回の予約可能な「家族のうつ病相談室in旭川」は、2017年11月14日(火)午後7時からです。

お申込みは、こちらから→ http://ws.formzu.net/dist/S60895377/

テーマ:

今年6月の出版以来、お申込みが殺到してしまい、一時運営方法を変更していました。

今月から以前のやり方に戻せる見込みがつきましたので、今後は、これまでどおり、

 

【 毎月第2火曜日の19:00から 】

 

「家族のうつ病相談室」を定期的に開催していきたいと思います。

 

詳しくは、次のとおりです。

 

 

■「家族のうつ病相談室」の基本ルール

 

1.目的

 (1)「うつ病患者を支える人」を支えるため

 (2)うつ病患者を支える人がうつ病になってしまうのを防ぐため

 (3)妻がうつ病になって困っていた私を支えてくれた人への恩返し

 

2.料金

 (1)相談の対価は、無料です

 (2)でも、会場費や交通費などの実費の負担はお願いします

 (3)実費の負担をお願いしないと、継続できないからです

 

3.対象

 (1)うつ病患者の家族の方

 (2)同居家族でなくても、うつ病患者を支えている方

 (3)悩み苦しんでいる方

 (4)上記(1)の方は先着順で決定します

 (5)上記(2)の方は1週間前に締め切り、その回に(1)の方の申込みがない場合に限り、(2)の枠の中で先着順で決定します

 (6)上記(3)の方は1週間前に締め切り、その回に(1)・(2)の方の申込みがない場合に限り、(3)の枠の中で先着順で決定します

 

4.方法

 (1)面談(北海道JR旭川駅前のカフェなど)

 (2)ライン(ビデオ通話)

 (3)ZOOM(ビデオ通話)

 (4)スカイプ(ビデオ通話)

 (5)その他、ビデオ通話可能なネットツールは、応相談

 (6)音声のみによる相談は受付できません

 (7)メールなどテキストでの相談には回答できません

 

5.突発的なキャンセル

(1)相談の10分前など、直前になってキャンセルする場合があります

(2)キャンセルの場合は、可能な限り早期に相談対応します

(3)患者が自殺をほのめかしているなど、著しく緊急を要する相談であってもキャンセルせざるを得ない場合がありますので、その旨をご了承いただける方のみ、お申込みください

 

6.免責事項

(1)当方は医療従事者ではないので、「治療」はできません

(2)治療ではないので、患者の治癒・快復にはつながりません

(3)患者の同居家族、職場の同僚、患者本人など、相談者の方の属性に合わせて、回答内容を変えているので、属性を偽って相談された場合には、病状や症状が改善しないばかりか、悪化することもあります

(4)抗うつ薬等の薬に関することにはお答えできません

(5)どの病院のどの先生が良いかということにはお答えできません

(6)この相談によって、患者さんの病状が良くなるということは期待できません

(7)この相談によって、相談者の方の悩みやストレスが軽減されないこともあります

(8)この相談で、何も効果がないこともありますし、逆に悪化することもあります

(9)このサービスは、何の予告もなく中断、廃止される場合があります

(10)上記(1)~(9)をご了承いただける方のみ、お申し込みください

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。すっかりご無沙汰してしまいました。


さて、

6月9日に2冊めの著書、『家族が治すうつ病』を出版しました。
この出版を記念し、7月30日(日)午後2時から、
くまざわ書店アリオ札幌店さんで、
出版記念セミナーを開催する運びとなりました。

セミナーの内容は、
うつ病患者の家族の方に向けたお話です。
メインは、【うつ病家族の困りごとトップスリー徹底解説】というもので、
(1)薬の副作用、
(2)患者との接し方、
(3)職場復帰
について、わかりやすくお話します。
参加は無料で、本を買う義務などもないので、お気軽に参加していただけると思います。

セミナーの詳細はこちらをご参照願います。

★サイト
 http://bit.ly/2rmBGx8

★フェイスブックイベントページ
 https://www.facebook.com/events/247651582393717/



うつ病相談専門カウンセラー 川田泰輔
 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月1日(土) 14:00~15:30 に、

ジュンク書店旭川店5階ギャラリーにて、

 

私の新刊本 『家族が治すうつ病』の

出版記念セミナーを開催する運びとなりました。

 

定員は20名程度の規模で小さく開催して、

参加者の方と、少しお話ができるような

肩肘張らない、ゆったりとした感じで

開催しようと考えています。

 

近日中に、お申込みの受付を開始したいと思っています。

それまで、もう少しお待ち下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、北海道朝刊(旭川版)で

私たち、「うつ病家族サポートセンター」の

紹介記事が掲載されました。

 

特に2冊めの書籍をご紹介頂きました。

 

きれいな写真付きで掲載されたので、

とてもうれしいです。

 

この記事の関係で

初めて、このブログを見たという方は、

こちらのウェブサイトも合わせて御覧ください。

https://www.utu-sapo.jp/

 

このサイトには、連絡用のメールフォームや、

【家族のうつ病相談室】の申込みフォームなどもあります。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「 うつ病に関する書籍は、とても数が多いので、

  どの本を読めば良いのか、わかりません。 」

 

とのお話をいただくことがあります。

 

どのジャンルもそうだと思いますが、

うつ病関連書籍にも良書といわれるものがあると思います。

 

その中でも、特に、

私たち、【 うつ病患者の家族 】にとっての良書といえば、

次の3つかと思います(私見) 

 

1.『家族力がうつから救う』(山口律子著、宝島社文庫)

 

2.『ツレがうつになりまして。』(細川 貂々著、幻冬舎文庫)

 

3.『「うつ」を治す』(大野裕著、PHP新書)

 

1は、このブログでも何十回とご紹介済みです。

 

2は、いわずとしれた、映画化までされている有名なもの。

 

3が、今回、ご紹介したい本でして、非常にオーソドックスで、

専門家ではない人でも、苦労なく読めるものです。

 

大野先生の文章は、落ち着いた感じで、不安を煽ったりすることもないので

個人的には、とても読んでいて安心する感じがします。

根底にうつ病患者への愛情があるからでしょうか。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。