うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。


テーマ:
ストレスを溜めない方法:優先付けを行う

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、これまで、うつ病の再発兆候のサインには、どのような
症状がみられるか? また、再発兆候サイン発見時の家族の対応
について、お送りいたしました。

今回は、再発を予防するためにも、仕事や私生活レベルでの
ストレスを溜めない方法をお伝えしたいと思います。

この、ストレスを溜めない方法は、思考法や心理テクニック的な
ものではなく、もっとシンプルな方法です。


というのも、うつ病に陥る方は基本的に、

「まじめ、几帳面で仕事熱心な特徴」が見られることが多いです。

それらはとても素晴らしいことなのですが、その反面、すべての
物事に対して、全力で取り組んでしまいガチなのです。

そのため、仕事や私生活での優先順位を上手くつけることができず、
迷い、悩み、それらが仕事や私生活に影響を与え、物事が上手く
いかない…
ということは、多々あります。


たとえば、仕事の場面でいえば、
“自分でやるべき仕事”と、“人に任せても良い仕事”があります。

しかし、うつ病に陥りがちな方は、自分でやらなくても良い仕事でも、
他人に任せることができず、すべて自分で背負うとしてしまいます。

それが、どんなに時間がない状況でも、疲労を感じていたり、体調を
崩していても、「 大丈夫 」 と言って、徹夜をしてでも何とか
やり遂げようと、自分を追い込んでしまうのです。

そして、仮にやり遂げたとしても、無理がたたって体調を崩して
ダウンしてしまったり、心身の不調が現れることもあります。


そこで、ストレスを溜めない方法としておススメしているのが、
自分の仕事の内容を紙に書き出し、優先順位をつける。

そして、緊急性と重要性の2つの要素に分類するというもの。


この、ストレスを溜めない方法の例としては、

 1.緊急性も重要性も高い仕事
 2.緊急性は低いけれども、重要性は高い仕事
 3.緊急性は高いけれども、重要性は低い仕事
 4.緊急性も重要性も低い仕事


仕事の内容を書き出し、上記の物に当てはめながら分類していきます。


「1」と「3」のように、緊急性の高い仕事ばかりに時間を割いて
しまうと、「2」のような、重要性の高い仕事をこなすことが
出来なくなります。


重要性の高い仕事は、上司への評価や自分の成長など、スキルアップ
ステップアップへとつなげることが出来なくなります。

忙しいばかりで全く儲からない。といった、自転車操業的な
ところが、これに当たるかと思われます。

緊急性の高い仕事ばかりに追われ、納期や締切に追われ、あくせく
働くものの収入にも、成長にもつながらず、自分自身が消耗し、
最終的には体調を崩してダウンする。

あるいは、うつ病を再発してしまうことも、少なくありません。

それを防ぐためにも、上記のようなストレスを溜めない方法
お伝えした、優先順位をつけて、分類することが必要なのです。


まじめで几帳面、かつ、仕事熱心な方の場合には、どうしても、
緊急性の高い仕事ばかりに目を奪われ、他人に任せても良いのに、
自分で全部を背負い込んでしまう。

そして、忙しいあまりに、重要性の高い仕事への視点がおろそかに
なってしまいガチなのです。

ですので、ご自身の将来のためにも、再発を予防するためにも、
まずは、ストレスを溜めない方法で御伝えした、優先順位付けをする。
4つに分類する。

これらを書き出し、頭の中を一度、整理してみて下さい。

具体的な分類の書き出し方は、次回に詳しく御伝え致します。

今日も最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「うつ病の再発兆候サインと家族の対応」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)