うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。


テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。

こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。



【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼



うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(148)

テーマ:
人間関係に疲れたあなたへ

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、うつ病の要因の1つに人間関係のストレスも挙げられます。特に、職場の人間関係に疲れる方は、とても増えてきています。

そこで、もしあなたが仕事場で「 やりたくないことを、やらされている 」と感じながら仕事をしているならば、その悩みを解決する方法をお教え致します。

仕事のストレスだけでなく、人間関係に疲れた時にこの方法を実践すると、ずいぶんと楽になるはずです。


会社のため、誰かのため → 自分自身のため

まず、多くの方が「 会社のため 」「 家族のため 」「 生活のため 」など「 ●●のため 」など、自分ではなく誰かのために何かをしたい…と考え、行動しています。

しかし、この「 ●●のために 」 を、「 自分自身のため 」 に変えると、仕事や人間関係に疲れる…ということを軽くしてくれます。

もしあなたが 「 ●●のため 」で仕事をしたり、接しているなら、期待通りの反応を得られなかった時など、ひどく落ち込むことがあるかと思います。

「●●さんのために親切心でやってあげたのに、感謝もしてくれない、ありがとう!もない!」

などなど。

どうしても、「 ●●のため 」に行動してしまうと、思った反応が得られない場合、落ち込んだり、傷ついたりしてしまいガチです。

仕事にも人間関係に疲れた原因の1つにもなり得ます。

しかし、それを 「 自分自身のため 」に変える。かつ、自分自身が喜びを感じられるような目標などに変えてあげると、仕事のストレス、人間関係のストレスも、ずいぶんと減らすことが可能になります。


誰かのための目標ではなく、自分が喜ぶ目標を持つ。

「 上司に認められたい! 」「 周りからこう思われたい 」「 上司・周りからの評価を上げたい 」

ではなく、自分自身が喜ぶ目標を持つ。自分自身が喜ぶ目標を立てることで、仕事に疲れた、人間関係に疲れた…というストレスも激減します。

たとえば、「 上司に認められよう! 」として新しい企画を考え、提案するのではなく、自分自身のスキルアップのために、企画力を磨くためにも新しい企画を考え、上司に提案してみる。

結果を出すことばかりにとらわれず、自分自身のスキルを磨くために、自分自身の成長のために企画を考え提案する。

その過程を楽しめるような、自分がワクワクするような企画を立てる。

という風に 「 自分自身のため 」 に変えていくと、仕事や人間関係に疲れた…ということも少なくなるはずです。

自分自身に収集して考え、行動していけば、自ずと結果( 上司の信頼、評価もあがる ) もついてきます。


「 ●●のため 」は責任・義務に囚われやすい点

たとえば、「上司に認められたい!」ということを意識し過ぎてしまうと、余計に失敗を恐れてしまい、自分の自由な発送、アイデアも出にくくなり、無難な仕事に終始してしまいガチです。

そして、どんどんそれがストレスになり、以前は仕事を楽しくしていたのに、いつしか仕事が辛くなってしまいガチです。

しかし、「 自分自身のため 」に仕事をするようになると、楽しく仕事が出来るようになってきます。

もしあなたが、仕事を「 義務や責任でしている 」と感じた場合は、仕事のやり方を見直すチャンス!と捉えてみて下さい。

「 ●●のため 」ではなく、「 自分自身のため 」に変えることで、義務・責任から解放してあげて、自分自身が楽しめる仕事の目標を立てて取り組んでみて下さい。

自分自身が楽しめるならば、より素晴らしいアイデア、企画が湧いてきて、自然と上司、周りの評価も上がり 認められるようになります。

結果、仕事のストレス、人間関係に疲れた…という状態から脱し、生きる意欲、仕事ができる感謝に繋がっていくはずです。

どうしても「仕事が楽しめない」という方は、プライベートで生きがいを見つけると、仕事、人間関係のストレスを軽減させることが出来ます。

ぜひ今日からでも良いので、「他人のため」ではなく「自分自身のため」そこに集中してみて下さい。

きっと、仕事に疲れた…人間関係に疲れた…その状況を変えてくれるはずです。

以上、人間関係に疲れた時に読む内容をお伝えしました。
それでは、最後までお読み下さり ありがとうございました。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「うつ病からの脱出にはコレが大事!」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
うつ病からの脱出するためには、コレが大事です。

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、前回では うつ病は腹式呼吸も効果的である。と伝えましたが、実は、うつ病からの脱出には、もっと大事なことがあります。

それが、潜在意識です。つまり、意識していない 無意識のことです。

ちなみに、普段私たちが意識していることを「 顕在意識 」と言います。

一方、潜在意識というのはとっさに出る思考、たとえば会社に遅刻してしまった場合、上司にとっさに、

「 今日は渋滞していまして… 」とか、仕事で失敗した時に「 これは●●にこうしろ、と言われたから… 」 などと、とっさに口に出してしまうこと。

これは、自分自身を守ろうとして、潜在意識がそうさせているからです。

実は、この潜在意識を見方につけると、うつ病からの脱出にも効果的なのです。

うつ病の時は、自律神経のバランスが乱れ心身の不調が現れるため、体、心、両方から自律神経のバランスを整えていくと、心身の不調も改善します。

そして、その1つに潜在意識を使った方法があるんですね。


潜在意識を味方につければ、うつ病から脱出できる?

脳科学者によると、95%(人によって違いあり)は無意識が支配している。と言われています。

そう。私たちが普段意識していることは、たったの5%しかないのです。

そして、無意識は 私達の思考や言動に大きく影響しています。

たとえば、先ほどのように、何かで失敗した時にとっさに出る言い訳などはがそうです。

思考や 言動は、物事の結果、人生に大きく影響します。

「 試合に負ける… 」「 プレゼン上手くできるだろうか… 」

と思うと、試合に負ける思考に、プレゼンが上手くできない方向に思考が考えてしまいガチになります。

しかし、逆に、前向きに思考・言動を変えていくと、物事が上手く行くことが多いのです。

うつ病からの脱出も、この無意識(潜在意識)を見方につけることで、結果も大きく変わってきます。


潜在意識を見方に付けるには、言葉を変えること。

では、どうやって潜在意識を見方につけ、うつ病から脱出することが出来るのか?

それは、言葉を変える。ということです。

言葉を変えることで、自分にその言葉を投げかけることで、潜在意識を変えていく事が可能になる。と言われています。

では、どうやって言動を変え、うつ病から脱出することが出来るのか?

それは、


鏡などに向かって前向きな言葉を投げかける。

です。

たとえば、「 私は◯◯出来る。」「 私は◯◯だから出来る 」「 私は既に、愛されている 」「 必要とされている。」

などなど、自己を認める、自分が嬉しくなる、自信がつくような言葉を自信に投げかけていきます。

よくスポーツ選手が「 この試合に絶対に勝つぞ!」 など、言葉に出して行っていますが、あれも一種の 潜在意識を見方に付ける方法です。

言葉を投げかける時間は、以下の時間が良いと言われています。

■タイトルはこちら■
  • 朝 起きた時
  • 寝る前
  • 日中うとうとしている時

というのも、このような半分起きている状態であれば、無意識に働きかけやすくなるからだ。と言われ、肯定的な言葉も無意識に刷り込まれやすくなります。

■言葉を変えてうつ病からの脱出法■
1.朝起きた時、寝る前など、鏡(手鏡でも良い)に向かって、自分の目を見ながらなりたい自分、前向きな言葉を投げかける。
2.同じ言葉を紙に書き出す。
3.紙に書き出した物を、トイレなど目につくところに張り出す。

試験中にトイレに紙を張り付ける。のと同じように、こうすることで潜在意識に刷り込まれ、うつ病からの脱出にも効果的になります。

言葉を変えるだけでも、かなり違ってきますので、ぜひ試してみて欲しいと思います。

以上、うつ病からの脱出方法の1つ、言葉を変える、潜在意識を見方に付ける。をお伝えしました。

それでは、最後までお読み下さり ありがとうございました。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「うつ病は腹式呼吸も効果的である理由」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)