うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06

テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 うつ病治療法の最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(96)

テーマ:
子供のうつ病に親ができるケアのポイント

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、年々増えている 子供のうつ病について
親ができる3つのことについて、お伝えしました。

というのも、大人のうつ病以上に、子供のうつ病は、
早期発見・早期治療が必要不可欠だからです。

子供が大人にサインを送っていながらも、それを大人が
見逃すと、より症状は悪化し、回復にも時間がかかり
時間とお金が膨大にかかる…ということも少なくありません。


そこで、子供のうつ病に親ができるのは、以下の3つ

1.サインに気づくこと
2.サインに気づいたら専門家に相談
3.普段の生活から子供を見守る。という姿勢


これらについて、今から1つ1つザクッと解説して
行きたいと思います。

お子さんのためにも、また、ご自身のためにも今回の記事は
ご一読くださるよう、お願いいたします。


子供のうつ病対策:サインに気づくこと

遺伝や病気的なことが原因でない限り、うつ病になる前には、
必ず子供は何らかのサインを発しています。

たとえば、

 ・今まで好きだった物や趣味、遊びに対して興味がなくなる。
 ・学校に行こうとしなくなる。
 ・朝 起きれなくなった、起きる時間が遅くなった。
 ・訳もなく暴れたり、反抗したりする。
 ・お腹が痛い、眠れないなど、体調の変化が起きる。


などなど、人によって態度に現れたり、体調の変化で
サインを送っています。

親がそれらのサインを見逃さないよう、日ごろから子供の
様子を注意深く観察することが大切です。


子供のうつ病対策:サインに気づいたら専門家に相談

サインに気付いたものの、いずれ収まるだろう…と
油断していると、症状は一気に悪化することもあります。

手遅れになる前に、かかりつけ医や専門家の方に相談し、
可能であれば、一度、受診されることをお勧めします。


子供のうつ病対策:普段の生活から子供を見守る。

先ほどもお伝えした通り、サインに気づく、気づかない。は、
普段から、子供をいかに見ているか、によります。


普段からあまり、子供をきにかけていないと、些細な変化
にも気づけません。

それは イコール うつ病のサインにも気づけない。

ということです。

仮に、子供がうつ病になった場合は、

 ・規則正しい生活、十分な睡眠がとれているか、どうか、
  を見守り サポートする。

 ・規則正しい食生活ができるようサポートする

 ・親が治療の回復に焦ると、子供も不安になるので、
  治療の成果を焦らないこと。

  親が成果を焦らないよう、事前に、病態を理解し、
  うつ病は時間がかかる、良くなったり悪くなったり
  を繰り返しながら回復することを、理解しておくこと。

 ・親御さん自身が、過度に自分を責めたり、夫婦間で
  犯人捜しをしないこと。



急ぎ足でご説明いたしましたが、子供のうつ病に親ができる
ケアのポイントには、上記のことが考えられます。

親御さんも、お子さんも、とても辛く大変な状況だと思いますから、
必ず、専門家の方に相談するなど、第三者の力を借りることを
おすすめ致します。

お子さんのストレスケアだけでなく、親御さんご自身の
ストレスのケアも行ってあげて下さい。


親御さんご自身のストレスが溜まっていると、ついつい
子供に当たったり、怒ったりしてしまい、結果、さらに
子供のストレスが溜まって、暴れたり 反抗する。

それに対して、親御さんはさらにストレスが溜まる…

ということになりますので。どうか、ご自身のストレスのケアも
行うよう 対策を考えてみて欲しいと思います。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「子供のうつ病に親ができる3つのこと。」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
子供のうつ病に親ができることは、以下の3つです。

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、現代社会において、うつ病は大人だけがある病気
ではなく、お子さんにも増えてきている病気です。

特に、子供のうつ病は、大人以上に早期発見・早期治療が
必要
なので、「 何かいつもと様子が違うな… 」 と
思ったら、すぐに専門家に相談することをお勧めします。

「いずれよくなるだろう…」 と思い、ほおっておくと、
どんどん症状が悪化し、回復に時間もお金もかかってしまう
だけなら良いですが、最悪の事態を招くリスクも高くなります。


子供のうつ病に親ができることは、大きく分けると以下の3つです。

1.サインを見逃さない、気づくこと。

2.サインに気付いたら、そのままにせず
  直ぐに専門家に相談すること。

3.食事や睡眠など、日常生活から子供を見守ること。



たとえば、子供のうつ病は、大人であれば抑うつ状態が
強く表れやすいのですが、子供の場合は、イライラや怒り
といった感情面の変化が現れやすいです。

また、「お腹が痛い」「眠れない」といった身体症状も
1つのサインになります。

ただし、身体症状は病気が絡んでいたり、腹痛であっても
食べ物が原因の可能性もありますから、一概に、決めつけず
原因を見極めていくことも大切です。


1つの身体症状を見ていくのではなく、

「 睡眠の乱れ、食事の量や好みの変化 」

など、何らかの変化が複合的に表れているはずなので、
今までと、今とでの違いを 注意深く観察していくことで、
うつ病のサインに気づくことが可能になります。


身体症状が2週間以上続いたら、専門家に相談しましょう。

このような身体症状の変化が、2週間以上続いた場合は、
子供のうつ病の可能性が高いと思われるので、早急に、
小児科などで検査をしてもらいましょう。

それによって、病気によって身体症状が現れているのか、
どうか、がわかります。

もし、病気的なことが原因でない場合は、小児科の先生に
相談するなどして、専門家を紹介してもらうのも1つの方法です。


思春期の時の症状は、

 ・症状は自傷行為
 ・異性への依存
 ・大人への過度な反抗


などの形で現れることもあるので、注意深く観察しながら
子供のうつ病のサインを見逃さないようにしましょう。

次回もまた、親ができる子供のうつ病への対応について
お送りしていきます。

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。


 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「うつ病の睡眠障害:家族にできること。」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(1)