うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。


テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。

こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(117)

テーマ:
うつ病に似た病気の1つ、鉄欠乏症

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、前回は、うつ病に似た病気の1つとして 低血糖症をお伝えしましたが、実は、それと同じく、鉄欠乏もまた、うつ病に似た病気の1つとして挙げられます。

というのも、鉄は脳の神経伝達物質の合成にも深く関わっているため、鉄が不足すると、憂うつな気分が現れることもあるのです。

そこで今回は、鉄欠乏とはどのような物なのか? なぜ、うつ病に間違われやすいのか? 深く言及して行きたいと思います。

うつ病の改善に、少しでも参考になりましたら幸いです。


鉄が欠乏すると、様々な精神症状が現れます。

まず、医学的には、鉄が欠乏すると 脳の神経伝達物質にも影響するため、様々な精神症状が現れる。と言われています。

たとえば、


などの症状です。

このような症状は、自律神経失調症や うつ病の症状でも表れるため、うつ病と診断されることもある。と言われます。

そのため、鉄欠乏はうつ病に似た病気の1つと言われているのです。


その他にも、うつ病と似た症状が現れます。たとえば、


が現れるのですが、これらは鉄欠乏による酸素不足によって起こる症状です。

というのも、鉄は酸素を運ぶ役割があります。その酸素を運ぶ鉄が不足すれば、当然、全身に酸素供給が上手くいかなります。そのため、酸素不足、つまり、機能低下をお越し、結果、上記のような症状を招きます。

その他の症状としては、


なども、鉄の不足によって起こりうる症状の1つです。

これらの症状は主に、鉄の不足によってコラーゲンが不足するからだそうです。
というのも、鉄はコラーゲンの再合成にも深くかかわっているからです。

血管の壁もコラーゲンが材料です。そのため、鉄が不足すると、出血やアザが出来やすくなる…なども見られるようになります。

「 シミが出来やすくなった 」 と感じた場合は、鉄欠乏を疑ってみても良いかも知れません。

鉄欠乏症はうつ病と似た病気の1つでもあるので、もし、上記のような症状がみられるならば、血液検査などを受けることで、鉄欠乏症か、どうなのか?が、分かるはずです。

病院に行ってみたら、「 うつ病と診断された 」。としても、実は、違う病気だった…というケースもあるので、病的な原因か、どうか、病院で検査を受けることも大切かと思います。

以上、うつ病に似た病気 「 鉄欠乏症 」 について解説いたしました。
それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> 自力で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「 うつ病に似た病気:低血糖症 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
うつ病に似た病気の1つ、低血糖症について

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、うつ病の症状は 他の症状と似ていることも多々あり、うつ病と診断されても、実は違う病気だった…ということも考えられます。

また、脳の栄養不足から脳の機能低下をおこし、心身の不調が現れることもあります。それによって、うつ病と診断されるケースもあります。

ここでは、そんなうつ病に似た病気について言及して行きたいと思います。


なぜ、低血糖症はうつ病に似た病気なのか?

まず、脳の栄養不足によって起こる心身の不調の1つに、低血糖症があります。

これは、血糖値の調節が上手くいかないことで、安定した血糖値を保つことができないことを、低血糖症と言います。

■低血糖症になると、■
  • イライラや不安感、
  • 集中力の減退、
  • 夜中に目が覚める

などの症状が現れます。

それによって、うつ病や不安障害の診断が下されることもあります。
それぐらい、うつ病の症状とよく似た症状が現れる。と言えます。


血糖値が一定に保たれる仕組み

血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度を示しているのですが、この血糖値はインスリンなどのホルモンによって、一定の濃度を保つことが出来ています。

私たちは食後、正常な場合は、血糖値が大きく上がります。

この時、その血糖値を下げるために膵臓からインスリンが分泌され、血糖値を下げてくれます。

逆に、血糖値の濃度が下がり過ぎると、アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールなどのホルモンが働き、濃度を上げてくれる訳です。


しかし、なぜ、低血糖症になるとうつ病に似た症状が現れるのか?

今からそのことについて、説明して行きたいと思います。

まず、脳はブドウ糖をエネルギー源としており、その消費量は人体の中でも断トツの消費量です。

血糖値が安定していれば、それだけ、そのブドウ糖を安定して脳に供給できることが出来るようになります。

しかし、低血糖症になると、脳にブドウ糖を安定して供給することが出来なくなり、脳の機能低下が起こり うつ病に似た症状が現れるのです。

そのため、うつ病に似た病気としてよく間違われることがあります。

前述の通り、血糖値は食事の後に徐々に上昇し、それを抑えるために今度は、インスリンが分泌され、徐々に元の正常値に戻ります。

3~4時間後には、空腹時の血糖値に戻ると言われています。

そして、空腹時の血糖値よりも下がり過ぎると、低血糖症になります。

正常であれば、ホルモン分泌のお蔭で、空腹時の血糖値よりも下がらないのですが、<span class="text_under">糖質を取り過ぎるなどすると、空腹時の血糖値よりも下がる、低血糖症になります。</span>

その結果、自律神経が乱れ、脳の機能低下も招き、心にも身体にも様々な症状を招くようになります。

それが、自律神経失調症や、うつ病のような症状を招くこともあるのです。

そのため、うつ病と診断されることもあります。

うつ病に似た病気として、このような低血糖種がある。ということを予め知っておくことも大切です。

もし、食事の量は増えていないのに、「最近、なぜか太ってきたな…」と思われたならば、低血糖を疑ってみても良いかも知れません。

低血糖かどうかは、病院の血液検査で分かるので、一度、検査してみてもらっても良いかと思います。


以上、うつ病に似た病気の1つ、低血糖症についてお伝えしました。
それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> 自力で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「 うつ病は脳も関係している理由【其の二】 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)