うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。


テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。

こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。



【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼



うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(158)  |  リブログ(1)

テーマ:
うつ病は精神科では治せないのか?

・質問:うつ病は精神科では治せないのでしょうか?

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、読者の方から 「 うつ病は精神科では治せないのでしょうか? 」 というご質問が寄せられてきましたので、今回は、その件について考察してみたいと思います。

その方とメールでやり取りしていると、

「 うつ病で精神科に通院しているが、医者が病気を分かってくれていないと思う。」
「 何を言っても、しばらく様子をみましょう…としか言わない。 」
「 すぐに診察が終わってしまい、真剣に見てくれない… 」


などなど、いろいろなお話を聞きます。

うつ病で精神科に受診したものの、


その受診している間の時間が余計にストレス。

となってしまい、かえって症状を悪化させてしまっている…というケースもあるようです。

うつ病で精神科を真っ先に受診される方は、とても多いのですが、一番頼りにしている主治医との信頼関係が築けないこと。

突き放されたような対応を取られることは、絶望感をより一層大きくしてしまいます。

うつ病は精神科では治せない。と言われる人もいますし、私自身も経験から、うつ病で精神科に受診しても薬漬けにされる可能性は高いと考えます( もちろん、中には素晴らしい先生もいらっしゃいますが、本当に少ないのです )。

これは、何の病気にも言えるのですが、やはり それと同じ病気、もしくは、その病気と同じぐらいの痛み、苦しさを経験されたことがある方でないと、分かってもらえない、理解してもらうことは難しいと考えます。

多くの精神科医は、うつ病、あるいは、それに近い苦しみや 痛みを体験したことがなく、文献だけ、机上の空論だけで患者さんを見ようとしているだけ。

なので、心の痛み、うつ病を理解できないのかも知れません。


そのため、「 5分診療 」

と言われるように、マニュアルに沿ったような、そっけない対応、診察をされる。あるいは、そのように患者さんが受け取ってしまうような対応・診察になってしまうのかも知れません。

うつ病に関する書籍は たくさん出ていますが、その多くは、ごくごく一般的な、当たり障りのない うつ病の原因や症状を簡単に説明しているだけです。

これは おそらく、精神医学、心理学の文献ではまだ、正しい症例分析が乗っていないからではないか?と推測されます。

うつ病で苦しんでいるご本人や ご家族の方にとっては、一般的な初期症状などは、目安としては役に立つかも知れません。

しかし、うつ病で苦しむ方にとっては、「 今の自分の症状はどの程度なのか? 」「 病気は良くなっているのか? 」 を知ることが大切です。

ですが、書籍などではそれらを知ることは出来ません。

この先どうなるのか? その不安の中、「 早く仕事に復帰しなければ…」「 自分の将来はどうなるのか? 」など、強いあせりを生みます。

強い焦りは、冷静な判断力を奪い、余計に焦りを生み、不安・恐怖心が増幅し、症状が更に悪化します。

しかし、今の自分の心の状態が分かれば、そこまで焦ることなく、無理をすることなく対処することが出来るようになれます。

不安や恐怖心から、つい無理してしまって回復傾向だったのが、うつ病を再発させてしまった…といったリスクを避けることも出来るはずです。


自分で自分の心を知り、症状を知ること。

それが、うつ病を改善して行く上で非常に重要だと考えます。

なぜならば、うつ病で苦しむ心は、自分の心だからです。

自分の心の中は、自分自身が一番良く分かっているはずなのですが、多くの人はその自分の心、姿を見ようとしないため、思っている以上に自分のことを知りません。

しかし、自分の良い部分も悪い部分も知り、受け入れることで、それだけでも随分と心が楽になります。

医療とは別分野の心理カウンセラーなどの方達が増えている、活躍されているのも、その証拠の1つだと言えるのではないでしょうか?

うつ病で精神科に行っても、この自分を知る、理解する。という術は教えて貰えません。

なぜなら、精神科医の多くはその術を知らないからです。

そのため、うつ病で精神科に受診しても、難しい言葉で病気を説明され、患者さんはイマイチ理解できないまま、心から納得できる診療を受けることなく終えることがほとんどです。

納得できる診察を受けることが出来なければ、うつ病を克服しよう!という意欲もわいてきません。

その意欲を引き出すのも、精神科医の役割だと思うのですが、今はその意欲を引き出す役割は 精神科医以外の方達、たとえば心理カウンセラーの方達がその役割を担っているとも言えます。

自分を知り、自分を理解し、うつ病を克服するぞ!という意欲を引き出す方法を知ることが出来れば、どれだけ楽になることでしょう。

繰り返しになりますが、自分の心は自分が一番知っている、理解しています。

しかし、自分の悪い部分というものは、なかなか見れない、見ようとしないため、自分自身のことが分からず、うつ病に苦しんでいることが多いのです。


精神科医は精神科でこの知識を持っています。

精神科医を全面的に批判しているワケではありません。

精神科医は心の状態の診断や、投薬などの薬の知識・経験、他の措置については専門的な知識を持っているため、それらに関するものであれば、精神科医の先生に相談するのも1つです。

そう。つまり、「うつ病は精神科に行けば治してくれるだろう。」という認識から、「精神科医は心の状態の診断や、投薬などの薬の知識・経験、他の措置については専門的な知識を持っている」という認識に変えると良いかと思います。

なので、精神科医はうつ病の症状を 薬などで緩和することはできますが、心の傷を完全に治してくれることは困難です。

うつ病で精神科医に受診しても、うつになった問題を解決するためのサポートはしてくれるでしょう。

良いお医者さんに出会えたならば、家族や職場の方達に指導をしてくれると思います。

でも、どんなに有名な精神科医であっても、あなた自身が抱えた心の問題を解決してくれることは出来ません。

それは、私達 治療家にも同じことが言えます。

体、心、その2つの側面からアプローチして症状が良くなったとしても、最後は周囲のサポートを受けながら、支えてもらいながら自分自身が解決していくしかないのです。

私達の治療院にも、口コミから泊まり込みで治療を受けにこられる方もいらっしゃいます。

ご自宅でうつ病を改善へと導くプログラム( DVD )もご提供しておりますが、それらを手にして実行されるのも、ご本人( もちろん、ご家族のサポートもありますが )の力なのです。

ご本人が強く拒否されれば、私たちの治療院に足を運ばれることも、プログラムを手にされることさえないのですから…。

では、どうすれば自分で自分の状態が分かるのか? 次回からは、その方法をお教えして行きたいと思います。

以上、なぜ うつ病は精神科では治せないのか? その質問について回答いたしました。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「 うつ病のメリット:逆転の発想で克服!【其の二】 」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うつ病のメリット:乗り越えた先に待つ大きな力

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、前回に引き続き、うつ病のメリットに焦点を当ててみたいと思います。一見、デメリットばかりに思いガチですが、実は、うつ病は 自分を変える、人生を大きく変えるチャンスでもある。そのための試練でもあると考えます。

うつ病を乗り越えたとき、途方もない大きな力をもたらしてくれるのもまた、うつ病のメリットです。

うつ病に限らず、何でも大きな試練を乗り越えた時には、今までの自分とは違う大きな力、結果も付いてきますが、うつ病にも同じことが言えるのです。

たとえば、うつ病が軽くなってきたとき、経験があるかも知れませんが、高揚した気分を味わったことがあるかと思います。


などなど、さまざまな高揚感を感じることがありますが、それらの感情がまた、あなたの今後の人生を力強く支えてくれます。

特に、うつ病を克服した後には、前回の記事のうつ病のメリットだけでなく、

■うつ病のメリット■
新しい事業やサービスを考える。アイデアが閃く。
仕事を活性化し、よい商品やマーケティングを考える。
効率の良い仕事の仕組みづくりや、流れを考え生産性を上げる。

などなど、それらの考える意欲も湧きあがり、今まで以上に仕事が上手く行ったり、これが自分の使命だ!と思えるような仕事に巡り会えることもあります。

うつ病を克服した人で、カウンセラーになる方もいらっしゃいますが、使命感を持って取り組んでいる方が多いのがそうです。

あなたが クリエイティブな仕事をされているのであれば、気分が高揚した時に、うつ病から解放された時だからこそできる作品、そのような状態でないと作れない物も多々あるでしょう。

WEBサイト制作、デザイン、音楽、絵画…などなど、様々なクリエイティブな仕事に通じることだと思います。

自分自身が辛い経験、苦しい心の苦悩を乗り越え、と言い放たれた時の喜びを体験していればいるほど、人の心に響く作品もできるのではないでしょうか?


良いことばかりではありません。

とはいえ、うつ病を克服した後でも、良い状態もあれば、悪い状態がある時も人間のリズムと言えます。

上記のような うつ病のメリットが、24時間365日持続するわけではありません。

ご存知の通り、うつ病は一気に完治するわけではなく、良い時と悪い時を繰り返しながら、徐々に回復していくモノです。

良い状態が続いた時には、嫌な状態がくることもあるでしょう。

このような時、どうしても焦りガチになりますが、焦る必要はありません。

そのような時こそ、「 良い時もあれば悪い時もある。それがリズムなんだ。人間なんだ。回復に向かっている証拠なんだ。」自分自身に言葉を投げかけてみて下さい。

そうすると、乱れた感情も徐々に落ち着きを取り戻してくるはずです。

うつ病に限らず、人間には良い状態と、悪い状態が訪れてきます。その繰り返しがあるからこそ、人は何らかの価値ある物を生み出せる、また、それがあるからこそ、回復につながるキッカケを掴めるのではないか? より成長できるのではないか?

と私は経験からも、そう思います。

それらを体験から知ることが出来ると、うつ病を心から受け入れることが出来るため、克服への道を一気に手繰り寄せることも可能になります。

うつ病はデメリットばかりに思いガチです( 心に余裕がなくなるため 良いことを考える余裕もありません )。

しかし、このようにうつ病にはメリットもあることを、ぜひ頭の片隅にでも知っておいて欲しいと思います。

その上で、何らかの体験をした時に、本当にうつ病にはメリットもあるんだ!こんなことも出来るんだ!成長したな…自分。と思える時が必ず来ます。


うつ病を経験した人にしかできないこともある。

うつ病のメリットには、

●普通の人生を歩んできた人には思いつかないような斬新な企画・想像力
が身に付きます。

その背景には、うつ病という周りには理解できない心の辛さ、苦悩。それを体験し、乗り越えた時の喜びを体験したからこそ身に付いたもの。

うつ病を乗り越えた人にしかできない仕事、能力もあることをぜひとも知って欲しいと思います。

次回は、なぜうつ病はメンタルクリニックに通っても治らないのか? について言及してみたいと思います。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「 うつ病はメリットだらけ?逆転の発想で克服! 」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)