うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06

テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 うつ病治療法の最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(99)

テーマ:
うつ病から社会復帰する前に知るべき4つのポイント

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、うつ病から社会復帰する前に知っておくべきこと
として、良くなったからといって、安易に社会復帰させることは、
かえって、再発を招くリスクを高めてしまう。

再発を繰り返さないためにも、まずは、家庭内でできることから、
リハビリを行い、1つ1つステップアップしていくことが大切。


そして、必ず復帰する際は、専門家のサポートを受けることを
オススメする。とお伝えしました。

以下に、うつ病から社会復帰する前に知っておくべき事柄を
まとめておきましたので、ご参考下さい。


うつ病から社会復帰する前に知っておくべき4つのポイント

ポイント1:疲れの蓄積に注意

 社会復帰を視野にいれる段階にくると、普通と変わらない
 ように見えてしまうため、ご本人も、周囲も、気持ちが
 社会復帰しても良いのでは?と、思いガチです。

 それは、長い間の治療など、様々な困難をご本人、
 周囲が乗り越えたからこそ、誰であってもそう思って
 しまうものです。

 だからこそ、注意が必要だ。と、ご自身に言い聞かせて
 欲しいなと思います。

 回復したようにみえても、疲れやすかったり、目に見えない
 疲労の蓄積もあります。

 それによって、不眠になることもありますので、
 疲れがたまってきたな…と思ったら、無理をせずに
 しっかりと休むことも必要です。


ポイント2:調子が悪くなるパターンを把握する

 人によっては、天気が悪いと調子を崩してしまったり、
 特定の何かをすると、調子が悪くなる…
 という人もおられます。

 もし、調子が悪くなったのであれば、何らかの
 パターンがあると思いますので、何をすれば調子を
 崩してしまうのか、知っておくことが大切です。

 わかっていれば、それを予測して回避する、予防する
 ことができますから。


ポイント3:危険なサインを見逃さない

 突然、しゃべれなくなったり、言葉がでない、
 情緒不安定になったりしたら、それは、

 「まだ復帰する段階ではないよ。」

 という危険なサインです。


ポイント4:一緒に家事などを行う

 家事でなければいけない。ということもありませんが、
 最も取りくみやすく、また、ご家族の方と一緒に
 会話をしながらコミュニケーションを図れる。

 家族との信頼関係を構築したり、絆を深めたり
 するのに、手っ取り早いのが家事。ということです。

 一緒に何かを作業していれば、その日、その日の
 ご本人の調子も感じとることもできます。

 また、料理などは、仕事を段取り良くこなせる
 ようになるための、トレーニングとしても
 大変おすすめなので、家事は良いトレーニングになる。

 と私は考えます。


うつ病から社会復帰を目指す段階になったら、上記のような
4つのポイントに注意してみて欲しいと思います。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「 うつ病から社会復帰する前に必要な準備【其の2】」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
うつ病から社会復帰する前に注意すること

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、うつ病から社会復帰させる時には、
しっかりとした準備が必要であること。

もし、「もう随分と良くなったから大丈夫だろう…」
思って、焦って社会復帰をさせると、準備が足りない場合、
再発を繰り返し、再び、休学・休養するハメになる。

そうならない為に、まずは、家事などできることから
1つ1つ行っていくなど、リハビリを行いながら
着実にステップアップを図っていくこと。

その際の接し方や、気を付けるポイントなども交えながら
解説してました。


もう1つ。うつ病から社会復帰する前に、いつ復帰するか?

そのタイミングを見極めることが、必要になります。

このタイミングを見誤ると、せっかく社会復帰しても
再発を起こしてしまいかねません。

このタイミングは、専門家でも見極めることが難しいため、
ご家族だけの判断で決めることは、とても危険です。

うつ病は、状態が良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら
回復していきます。

それらの波が落ち着いてきているのか、どうか。

会話がスムーズにできるようになったのか?など、専門家を
交えながら判断してもらうことを、オススメ致します。


会社に仕事復帰する際には、心理職や ソーシャルワーカーの
方の協力を得ることも大切です。

そのような

 1.心理職や、ソーシャルワーカーの方
 2.会社の上司、人事担当者の方
 3.ご本人


を交えて、無理のない復帰に向けてのプラン、実際に
仕事に復帰するならば、復帰したあとの仕事の内容、
配置換えが可能か、必要かどうか。

初めの内は、半日勤務などは可能か、どうか。
その際、給料などはどうなるのか?

リアルに想像できるレベルで、プランを練っていくことが
とても大切です。


もし、会社を辞めた方が良い場合は、新しい職場を
探す必要がでてきます。

その際、焦ってしまうと回復も遅くなってしまうので、
どうしても焦ったり、不安になったりしてしまうところですが、
どうか、ご家族も、ご本人もゆったり構えて欲しいと思います。

どうしても不安で仕方がない場合は、自助グループや
家族会
などに参加して、先輩たちからアドバイスを頂くのも
とても良い方法だと思います。

あなたの地域、もしくは、近いところで自助グループや
家族会がないか、調べてみることをオススメ致します。

うつ病から社会復帰をお考えの場合、前回や今回の
内容に注意しながら、しっかりとした準備を行い、
無事に、復帰できることを、切に願います。


 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「 うつ病を治したくない…と思わせない接し方 」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)