うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06
NEW !
テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(99)
NEW !
テーマ:
うつ病改善に呼吸法が有効な理由

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、うつ病に陥ると自律神経のバランスが乱れる。
その、乱れた自律神経を整えるためにも、リラックス法などで
副交感神経を優位にさせることが有効である。


とお伝えしました。

また、ご存知かも知れませんが、うつ病には呼吸法も有効である。
と言われています。

実はこれも、呼吸によって自律神経の乱れを整えることが
できるため、心身の不調を軽減することが出来る
からです。


ちなみに、これまで自律神経をコントロールすることは出来ない。

と考えられてきましたが、呼吸は唯一 自律神経をある程度
コントロールすることができることが分かってきました。


尚、自律神経は、胃や腸、心臓、臓器、呼吸など、あらゆる活動を
制御していますが、そのほとんどは、自分ではコントロールできません。

しかし、


呼吸だけは意識、無意識ともにコントロールすることが出来ます。

ですから、呼吸を通して 意図的に自律神経をある程度、
コントロールすることが出来るのです。

うつ病改善に呼吸法も効果的である。というのは、そのためです。


活動の神経 ( 交感神経 ) が優位に働いている場合は、呼吸は
早く、浅くなります。


逆に、休息の神経 ( 副交感神経 ) が優位に働いていると、
ゆっくりと、深い呼吸になります。

うつ病や自律神経失調症の時には、交感神経が過剰に働いています。

その、交感神経が過剰に働いているのを鎮め、副交感神経を
優位にさせたい場合には、深く、ゆっくりとした呼吸を行う…

たとえば、有効なうつ病改善の呼吸法の1つに、腹式呼吸があります。

腹式呼吸がなぜ良いのか?といえば、深くゆっくりとした呼吸を
行うからであり、それによって、副交感神経が優位に働くからです。


複式呼吸を行う際のコツ

うつ病改善に呼吸法が有効だと分かった。とはいえ、ただ単に、
複式呼吸を行っていても、あまり効果がありません。

■以下のように、ちょっとしたコツが必要です。■
1.息をゆっくりと鼻から吸いながら、お腹を膨らませる。
2.そして、息を吐く時には、口からゆっくりと吐く。

  息を吐く時間は、だいたい5秒くらいで良いですが、
  慣れない時は、2~3秒でも問題ありません。

  息を吸うよりも、なるべく息を吐く時間を長くするのがコツです。


息を長く吐き出すことが難しい場合には、息を吸う時間と
同じでも問題ありません。

大切なのは、継続していくことであり、徐々に慣れていき、
出来るようになっていくことです。

もし、うつ病に効く呼吸法 ( 腹式呼吸 ) を行う場合は、
上記のようなコツを意識しながら、行ってみて下さい。

このような呼吸法を続けていくことで、自律神経のバランスを
ある程度、整えることが出来るようになります。

そして、以下の動画の内容と合わせて行っていただくと、
より効果を実感しやすいかと思います。

 >> 自律神経の乱れを整え、心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「リラックスする方法:自律神経の反応を使った方法」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
・自律神経の反応を使った、リラックスする方法

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、うつ病になると 自律神経のバランスが乱れ、活動の神経( 交感神経 )
が優位に働き、病院の検査では分からない、心身の不調が現れます。


そのため、うつ病を改善するためには、自律神経のバランスを整え、
休息の神経 ( 副交感神経 ) を優位に働かせることが大切です。

そのためには、心身のともにリラックスさせることも1つの方法です。

それによって、休息の神経が優位にはたらき、心身の不調が軽減されます。

そこで今回は、自律神経の反応を上手く活用したリラックスする方法
お教えしたいと思います。

とても即効性が高い方法であり、道具も一切 必要ないため、
記事を読み終わったら、早速 試してみて下さい。


■自律神経の反応を活用した、リラックスする方法■
1.まず、心が落ち着く静かな場所に移動して下さい。
  ご自宅に、そのような場所がなければ、近くの公園でも良いです。

2.次に、全身の力を だら~んと抜くことができるような
  姿勢をとって下さい。

  椅子にもたれても良いですし、横に寝ても問題ありません。
  とにかく、楽な姿勢がとれるのであれば、何度もかまいません。

3.その姿勢の状態のまま、今までリラックスすることが出来た時の
  情景を思い出して下さい。

  リラックスできたその情景には、何が見えて、何が聞こえますか?

  リラックスしている間、あなたはどこにいましたか?

   このようなリラックスできる情景を思い出すだけでも、
    脳と 身体の緊張がほぐれ、リラックスすることが出来ます。

4.あなたが、今までで最もリラックスできた情景を、思い出し
  続けて下さい。

  あなたが思い描けた情景は、写真でしょうか? 動画でしょうか?
  テレビでしょうか? それとも感覚でしょうか?

5.たとえば、写真であれば、あなたがリラックスできたイメージの
  その写真は、カラー写真でしょうか? それとも、モノクロ写真
  でしょうか?

  動画であれば、その動画は止まっていたでしょうか? それとも
  映画のように動いていたでしょうか?

6.思い描いた写真、動画、間隔が、あなたがリラックスできる
  画像であり、動画であり、情景です。


7.次は、その写真を見ながら、その時の臭い、温かさ、音、感覚を
  思い出してみて下さい。

  暖かいですか?それとも、寒いですか? 涼しい風を感じますか?
  どんな匂いがしますか?

  太陽の日差しが当たっているでしょうか? また、誰かと会話
  しながら歩いたりしているでしょうか?

  音は聞こえるでしょうか?

  たとえば、木々のざわめき、風の音、話し声、鳥のさえずり、
  音楽や 車が走っている音など。

  あなたが詳しく、リアルに思い出すほど、心も体もどんどん
  リラックスしていることを、体感できるはずです。

8.それでは次に、呼吸に意識を向けてみて下さい。

9.自分の呼吸が、いつの間にかゆっくりとした、リラックスした
  落ち着いた呼吸になっていることに、気づかれると思います。

  それは、あなたがリラックスできている証拠です。

  呼吸がゆっくりできるようになってきたら、息を吐くと同時に、
  身体の無駄な力が抜けていくのを、感じてみて下さい。


はい。如何でしたでしょうか?

この、自律神経の反応を活用したリラックス方法は、今すぐ
できなくても、何度かやっていくうちに、簡単にできるように
なってきます。

仕事や人間関係で、嫌なことなどあった時には、どうしても人間は、
嫌なことばかり考えてしまい、余計にストレスを溜めこみます。


そんな時には、今回のリラックスする方法のように、笑えること、
楽しいこと、リラックスできることを思い描いてみて下さい。



■このリラックスする方法で大事なことは、■
5感( 視覚・聴覚・皮膚感覚・嗅覚・味覚 ) で何を感じているか?
を1つ1つイメージしながら、リアルに感じることが大切です。

イメージが苦手な方は、初めは上手くできなくても、繰り返しているうちに
徐々に慣れていくと同時に、リラックスできるようになります。

静かな場所、リラックスできる場所であれば、どこでも出来ますので、
その都度、試していただき、リラックスできれば幸いです。

 >> 自律神経の乱れを整え、心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「うつ病の原因:ストレスへの対策のカギ」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(1)