うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06

テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(118)

テーマ:
うつ病が子供にも急増している背景

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、うつ病は大人だけでなく、子供にも増えてきています。

一昔前であれば、子供がうつ病になることは考えにくかった
かと思います。

が、現代のストレス社会においては、子供もうつ病になる方が
増えてきつつあると言えます。

ではなぜ、うつ病が子供にも増えてきているのでしょうか?

その答えは、“親” あるいは、家庭にあると私は考えます。

なぜならば、仕事などで過度なストレスを抱えれば、そのはけ口が
子供に行く可能性がとても高いから
です。

■子供の心の成長に欠かせない4つの家族機能■
まず、子供の心の成長に欠かせない家族昨日は、以下の4つと
言われています。

  1. 子供が安心できる環境を与えること。
  2. 子供の気持ちを、親が受け止めてあげること。
  3. 子供に生き方の術を教えてあげること。
  4. 子供と真摯に向き合い、教育していくこと。

しかし、ストレス社会と呼ばれる昨今、心の余裕が親にはありません。

心の余裕だけでなく、時間、経済的な余裕も厳しいところが多いのが
現実ではないでしょうか?

そうなると、余計に心の余裕もなくなり、些細な事でも子供に
キツク当たってしまうことは、人間であれば誰でも起こりうる
ことです。

うつ病の子供の原因の根っこをたどっていくと、このような
家族機能が上手く働いていないことも、関係していると言えます。

では、ここで家族機能が機能していないと、子供の心にどのような
影響を与えてしまうのか、1つ1つ、詳しく解説して行きます。

■1.子供が安心できる環境を与えること。■
家庭に安心・安全がないと、子供は居場所がなくなるため、
とても不安を抱き、中には家出をするお子さんもいるでしょう。

こうなると、他人の感情や願望には人一倍敏感になる一方、
自分の感情や願望は分からなくなってしまう傾向にあります。

なぜならば、自分の感情や願望を親によって抑圧されているからです。

しかし、大人になって乗り越えると、他人の痛みや苦しみが分かる
感受性豊かな人間へと成長できます。

■2.子供の気持ちを、親が受け止めてあげること。■
これが出来ていないお子さんは、無理して頑張ったり、我慢したり、
何かトラブルや問題があったとしたら、全部 自分が悪い、自分の
責任だ…と自己嫌悪に陥る傾向にあります。

そして、親が愛情を表現しないため、他人 ( 恋人や友人 ) への
愛情欲求が強くなってしまう傾向にあります。

そうなると、気分の浮き沈みが激しくなることもあり、心的エネルギー
が消耗してしまい、うつ状態になることもあります。

■3.子供に生き方の術を教えてあげること。■
お子さんが大人になるまでに、これが出来ていないと、子供は
上手く生きるコツや術が分からないため、大人になって苦しみ
悩むことになります。

たとえば、

  • 人の忠告を聞かない人間に育ってしまったり、
  • 行動はできるんだけど何も考えていないとか、
  • 他人から見ると明らかに、無謀とも思えるような行動をとってしまったり…
  • 他人の経験を素直に自分の生活、仕事に取り入れることが出来ない…

などなど。

それによって、本来なら避けて通れる失敗を繰り返してしまったり、
それによって、心身のエネルギーが低下し、うつ状態になることも
あります。

■4.子供と真摯に向き合い、教育していくこと。■
これが出来ていない場合、子供の持つ優れた能力を引き出すことが
できなかったり、子ども自身が自分の優れたところがどこなのか?
が分からなくなってしまう傾向にあります。

子供の教育とは、親がお手本となり、子供の優れた能力を引き出したり、
気づかせてあげることですが、

  • 一方的に命令したり、言うことを聞かないと罰を与える…

という育て方をしていると、子供は恐怖感が強くなり、それ以外の
感情が鈍くなったり、自分で考え、行動することができにくくなります。

そのため、上司や先生から言われた内容のことしかできなくなり、
臨機応変に対応することが苦手になりやすくなります。

先生や上司から言われたことは必至で努力して、期待に応えようと
しますが、自分の願望はそこにはない。

また、相手に過剰に適応しようと、無理して頑張ってしまい、
心身のエネルギーを必要以上に消耗しやすく、結果、うつ状態、
あるいは、うつ病を招くこともあります。

うつ病に子供が増えている背景には、このような家庭の環境も
大なり、小なり、関係していることは間違いない
と言えます。

とても大事な部分ですので、次回も、上記4つの家族機能について
1つ1つ詳しく解説して行きたいと思います。

それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> 自律神経の乱れを整え、心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「 なぜ、低血糖になるとうつ状態になるのか? 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
低血糖になるとうつ状態になる理由

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では ナイアシンが欠乏するとうつ状態を招く
その理由についてお伝えしましたが、実は、低血糖でもうつ状態
を招くことがある
のです。

低血糖はご存知の通り、血液中のブドウ糖濃度が正常値よりも
高い数値の状態が続く病気のことを言います。

そして、この血糖値が高い状態が続くとさまざまな病気を
引き起こしてしまうため、薬物療法で血糖値を下げる治療が
行われます。

ただし、血糖値が下がり過ぎると今度は、脳のエネルギー源
でもある糖が大きく減少してしまい、脳がエネルギー不足になり、
意識障害を起こし、命の危険が生じます。

その他にも、低血糖はうつ状態を招くことも知られています。

たとえば、無気力なのに急に興奮したり、眠らなくても
休みなく活動したりするなど。

さらには、体が鉛のように重く感じるなどの、疲労感やダルさ、
思考力て低下し、意欲もなくなる…という症状も引き起こすのです。

ですから、仮に、うつかな?と思ったとしても、実は、そのうつ状態は、
栄養が足りなかったり、低血糖などが原因であることもある
のです。

しかし、なぜ、低血糖がうつ状態などを招くのか?

その理由を、今から解説して行きたいと思います。


脳は、常にブドウ糖を必要としている。

血液中のブドウ糖は、脳だけでなく全身の細胞のエネルギー源
でもあります。

そのため、ブドウ糖を使って減ると、ブドウ糖をつくるホルモン
が分泌され、血液中のブドウ糖濃度を一定に保とうとします。

ただし、脳はブドウ糖を必要な分だけ使って、今必要でない
ブドウ糖は貯めておく…ということができないため、常に、
糖を必要とします。

しかし、もし仮に、ブドウ糖が足りなくなった場合、どうなるか?


というと、ブドウ糖を作って血統を増やすホルモンの分泌を
促すように指示を出します。


血糖を増やすホルモンはいくつかありますが、その1つに
アドレナリンの代謝があります。

それによって血糖は増えるわけですが、同時に、アドレナリンの
代謝によって、


などの症状も現れるのです。

このように、低血糖はうつ状態などの症状を引き起こすことも
見られるのです。

ですので、もし仮に 「 うつかな? 」 と思ったとしても、
栄養や 低血糖症状の可能性もありますので、うつだと決めつけずに
まずは病院で検査をしてもらう。

そして、栄養素の欠乏や 低血糖などが起こっていないか、どうか、
を調べることも大切
だと考えます。


「 病院に受診したら、薬漬けにされてしまうから病院に行かない方が良い。」

と言われる方もいらっしゃいます。

個人的にも、うつ病の治療において、薬物療法をメインとした治療は
お勧めしていません。


ですから、そのように言われるお気持ちも、痛いほど分かります。

しかし、栄養素の欠乏や 低血糖でうつ状態を招くこともあるのも事実です。

それらを調べるためにも、明確にするためにも、病院で検査を
受けるだけでも価値があるのではないか?と、私は考えます。

以上、低血糖になるとうつ状態になる理由についてお伝えしました。
次回は、ストレス消耗性うつ病について言及して行きます。

それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> 自律神経の乱れを整え、心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「 ナイアシンが欠乏するとうつ状態を招く! 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)