うつ病治療法 ~1日30分でうつを克服する最新治療法~

有名人も感嘆したうつ病治療法を公開!実は、うつ病は脳や心の病気ではありません。1日30分で克服できるうつ病治療法をお教え致します。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06

テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(84)

テーマ:
うつ病になりやすい3つの性格

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、読者さんから頂くご質問の1つ、
「うつ病は遺伝するのか?」について言及いたしました。

今回は、うつ病になりやすい3つの性格

1.循環性格
2.執着性格
3.メランコリー親和型性格


について、1つ1つ解説して行きたいと思います。


うつ病になりやすい性格1:循環性格

これは、主に親切で社交的、明るい性格で活動的な人
である一面を持つ一方で、気弱で物静か、悲観的な面も
併せ持つ人のタイプをいいます。

これは、双極性障害の方に多いタイプだと言われています。

しかし、執着性格、メランコリー親和型性格は、
うつ病の人に多く見られる気質であると、言われています。


うつ病になりやすい性格うつ病になりやすい性格2:執着性格

真面目で責任感や正義感が強く、几帳面で仕事熱心な人。

あるいは、思い込みが強く、気分転換がなかなか
うまく出来ない人。

どんなことに対しても、手を抜くことができず、
徹底的にやらなければ、気が済まない人に多い傾向です。

よく、うつ病になりやすい性格でよく言われるのが、
この、執着性格のタイプの人ですよね。


うつ病になりやすい性格3:メランコリー親和型性格

このタイプの方も、真面目で几帳面、秩序を重んじる人。
他人と争いを嫌い、常に円満な関係を好む方です。

先ほどの、執着性格のタイプの方もそうですが、どれも
大切なことであり、仕事をする上で、必要な気質です。

しかし、過剰になりすぎると、たとえば、仕事を断り
たくても、責任感、真面目、円満な関係を好む。

などの性格が仇となって、「NO」と断ることができず、
ストレスを溜めこみやすい一面もあります。

そして、ストレスを溜めこみ過ぎると、感情が爆発したり、
自律神経失調症になったり、うつ病などの精神的な症状が
あらわれることもあります。


うつ病になりやすい性格には、このような3つのタイプが
ありますが、うつ病は、いろんな要因が絡み合って起こる
ものですから、一概に、決めつけることは出来ません。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「うつ病は遺伝するのか?その回答」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
うつ病は遺伝するのか?

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、うつ病と間違いやすい病気の1つ
慢性疲労症候群の症状について、お伝えしました。

今回は、読者さんから寄せられるご質問の1つ
「 うつ病は遺伝するのか? 」について、お送りします。

まず、結論から言えば、うつ病はいろんな要因が絡み合って
起こりうることですから、うつ病の要因の1つに遺伝も
考えられますが、遺伝だけが要因ではありません。


うつ病は遺伝以外にも、以下のような要因がある。

これまで うつ病の方を見ていると、うつ病になる「要因」は、
以下の7つが考えられます。

1.精神的なストレスからくるもの
2.パソコンや日常の姿勢からくるもの
3.ムチウチなど外傷からくるもの
4.顎関節のユガミからくるもの
5.喘息や鼻炎からくるもの
6.呼吸からくるもの
7.眼精疲労からくるもの



ただし、うつ病は遺伝するか、どうか、については、たとえば、
一卵性双生児の一人がうつ病になった場合、もう一人も
うつ病になる確率は、50%~70%だと言われています。

これは、あくまでも一卵性双生児において言われている
割合ですから、うつ病は遺伝するのか、どうか、といえば、
少なくとも、残りの30%~50%は遺伝は関係しない。

とも言えます。

また、現代社会において、うつ病はどんどん増えてきている
背景から見ても、うつ病は遺伝だけでなく、ご本人を取り巻く
家庭環境、職場の環境、元々の性格、年齢…

などなど、あらゆる要因が複雑に絡み合ってうつ病を発症して
いると考えられています。


私たちは、このような複雑な要因が絡み合ったことによって、
首の歪みを生み、首の中を走っている自律神経を圧迫させ、
自律神経のバランスを崩したり、

首の中を通っている血管をも圧迫させ、脳への血流を悪化させ、
脳の機能低下を招いていると考えています。

特に、身体症状が続き、精神症状が現れたケースのうつ病は、
首の歪みによって 引き起こされていることが、分かっています。

これらは、脳神経外科の世界的権威、松井考嘉Dr(まつい たかよし)
も同じことを言われています。



うつ病は遺伝以外にも、気質的・性格的なモノもある。

うつ病は以前から、循環性格、執着性格、メランコリー親和型性格

この3つがうつ病になりやすいと言われてきました。

詳しくは、次回にお伝えしますが、真面目な人、完璧主義な人、
責任感の強い人、後ろ向きに考える人、頼まれたことを断れない人
などなど、このような人がなりやすいと言われています。

これらも勿論、要因の1つだと考えられます。

なぜならば、どれもストレスを溜めこみやすいタイプだからです。


ただし、だからといって、上記の気質的・性格的なタイプだから
うつ病になりやすいか、というと、そうでもありません。

もし、上記が絶対的な要因であるならば、そのタイプの人が
みんながみんな、うつ病になってしまうからです。

しかし、実際にはうつ病になっている人もいれば、うつ病に
なっていない人もいるのも事実です。

ですので、うつ病は遺伝も関係する、というのと同じように、
うつ病を発症する要因の1つ
だと考えます。

次回は、うつ病になりやすい気質的・性格的なことについて
考えていってみたいと思います。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「慢性疲労症候群の症状:うつ病と間違えやすい病気」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)