うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06
NEW !
テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(100)
NEW !
テーマ:
・3つ目の不眠症対策をお教えします。

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回での不眠症対策は、太陽の光を浴びることで
乱れた体内時計をリセットすることができる。


また、太陽の光を浴びると 約12~15時間後には、脳に
眠りを促す物質 “メラトニン” が分泌される。
そのため、
眠たくなる。これを、上手く利用することをお伝えしました。

今回は、眠りが浅い人の不眠症対策についてお伝えします。

もしあなたが、眠りが浅いため なかなか疲労がとれない…
寝た感じがしない…とお悩みならば、ご参考下さい。


不眠症対策【其の三】:とくかくたくさん眠る。

不眠症の方は、眠りたくてもなかなか眠れない。だけでなく、
眠りが浅い方がほとんどです。


そのため、仮に夜11時に布団の中に入り、朝6時に起きた
としても、眠りが浅いため 熟睡感が得られません。

しかも、眠りが浅い。ということは、副交感神経があまり働いて
いないため、睡眠時間 7~8時間 とったとしても、なかなか
疲れが取れないのです。

寝ても寝ても 疲れが取れない、症状も改善されない…

このような場合もあるため、眠りが浅い方も以下の2つの
不眠症対策によって、休息の神経が上手く働くように準備を
することが、とても大切
です。

 >>「 不眠症対策【其の1】:光を上手く活用する 」
 >>「 不眠症対策【其の2】:太陽の光を浴びる 」


眠りが浅いことを、補う対策も必要。

上記2つの対策プラス、眠りが浅いことをカバーする対策も
必要になってきます。

といっても、とてもシンプルでして、とにかくたくさん眠る。

これは、仕事の時は難しいですが、休日など たくさん眠ることが
可能な日には、眠たくなくなるまで眠ることも有効です。

眠りが浅い。ということは、睡眠の質が悪いということなので、
上記の対策を行いながら、徐々に改善されるまでの間は、たくさん眠る。
などして、睡眠時間の長さで補うことも有効です。


通常、7時間睡眠で熟睡感を感じる人に比べると、睡眠の質が悪い
人は、個人差はありますが、12~14時間寝て やっと同じぐらいの
レベルになります。

この場合、深く眠ろう、深く眠ろう…とすればするほど、余計に
緊張して眠れなくなるため、「 明日は休みだから、いつもより長く眠ろう… 」
ぐらいに考えると 良いです。

寝よう、寝よう…と思えば思うほど 緊張するので逆効果です。

土日が休みの方は、土日ともに ガッツリ眠ることをオススメ致します。

身体を動かすことが出来る方は、「 不眠症対策 其の二 」 でも
お伝えしましたが、外に散歩に出るなどして 身体を動かすと、
眠りの質も高まります。


ですので、可能であれば 散歩でも良いので、少し歩いてみるなど
軽い運動も良いと思います。


自律神経失調症や うつ病の方に限らず、現代人は睡眠が足りて
いない方がとても多いです。

その分、不眠症対策1・2を行いながら改善させていきながら、
その間は、たくさん眠る。これにより、徐々に不眠を改善へと
導くことも可能になります。

もしあなたが、不眠症に悩まされていらっしゃるならば、
不眠症対策1~3 の内容を、ご参考下さい。

それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
・なぜ、太陽の光を浴びることが不眠症対策になるのか?

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回での不眠症対策は、光を上手く利用して寝る準備
( 副交感神経を優位に働かせ、脳と体をリラックスさせる )
が大切であること。
そして、その方法をお教えしました。

今回はさらに、太陽の光を上手く活用した 不眠症対策
お伝えいたします。

もしあなたが、不眠症にお悩みならば、前回と今回の内容を
お試しいただくだけでも、効果を実感して頂ける
はずです。

それでは早速、太陽の光を上手く利用した不眠症対策を
お教え致しましょう!

太陽の光

不眠症対策2:日中に太陽の光を浴びると体内時計がリセットされる。

前回の不眠症対策は、夜 寝る前までの準備についてお話しましたが、
今回の不眠症対策は、“朝 起きてからの行動” についてです。

特に、自律神経失調症やうつ病の方にとっては、日中に太陽の光を
浴びることは、不眠症対策としても とても大切
です。

なぜならば、日中に太陽の光を浴びると、乱れた体内時計を
リセットすることができ、夜 眠りやすくなるから
です。

そう。目から入る太陽の光刺激が、脳に刺激を与え、脳は “昼間”
だということを察知し、脳も体も覚醒状態になります。


先ほど、日中に太陽の光を浴びると体内時計がリセットされる…

とお話しましたが、実は、太陽の光が目に入ると、約12~15時間後には、
脳に、眠りを促す物質 “メラトニン” というホルモン物質が分泌されます。


私たちが普段、夜ぐっすり眠ることが出来るのは、この眠りを促す物質
“メラトニン” のお蔭なのです。

実際に、朝起きてから 12~15時間後に、眠気が襲ってくきた
ご経験は ありませんか?


お子さんであれば、小学校から帰ってきて、夕飯前後になると
眠気を訴えたり、気が付いたらソファーの上で寝ていたり…

といった光景を目にされたり、ご経験があるかも知れません。

これは、日中 太陽の光を浴びることで、眠りを促す物質 “メラトニン”
が分泌されているからなんです。

しかし、日中に太陽の光を浴びていないと、メラトニンが分泌されにくく、
夜になっても眠気がこなくなってしまうのです。

特に、自律神経失調症や うつ病療養中は、外に出て太陽の光を浴びる
ということが、極端に少なくなるため 不眠に陥りやすいと言えます。

ですから、自律神経失調症や うつ病療養中の方で、不眠症に悩んで
いらっしゃるならば、日中に 太陽の光を浴びる。ということは、
とても効果的な不眠症対策になる。と言えます。


ガラス越しの太陽の光は、効果が薄い。

ただし、屋内で仕事をされる方や、主婦の方は、日中は主に
屋内にいることが多いと思います。

ガラス越しで太陽の光を浴びても、効果が薄いと言われていますので、
朝起きた時に、天気が良い日には 窓を開けて、太陽の光を浴びる。

もしくは、可能であれば 外に出て散歩をしてみる。

お仕事の休憩中に、弁当を買いに 近くのコンビニまで歩いて行く。
会社の周りを ウオーキングしてみる。

などなど、隙間時間を利用して 窓を開けて、あるいは、外に出て
直接 太陽の光を浴びることを、オススメ致します。




これを逆算しながら、ご自身のライフワークに合わせて 日中に
太陽の光を浴びる時間を調整してみて下さい。


「 それによって、今までは 夜になっても眠たくならなかったのに、
自然と眠たくなり、寝つきが良くなった… 」

というように変化してくるはずです。

そして、乱れた自律神経も徐々に改善し、心身の不調の軽減にも
役立ちます。

■不眠症対策のまとめ■
日中起きている時に、太陽の光を浴びる。太陽の光を浴びてから 12~15時間後に、眠りを促す物質 「 メラトニン 」 が分泌される。

12~15時間後に 「 メラトニン 」 が分泌され、眠りを促す。この時間帯を逆算し、ご自身のライフワークに合わせて、太陽の光を浴びる時間を決める。

それによって、夜になると自然と 眠りにつけるようになる。

以上、なぜ、日中太陽の光を浴びることが不眠症対策なるのか?
について解説しました。

それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> 自律神経の乱れを整え、心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「不眠症対策:なかなか眠れない悩みを解決!」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)