うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

NEW !
テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。

こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(123)
NEW !
テーマ:
野菜ジュースは健康に良い…という誤った常識。

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、これまで 低血糖症状には うつ症状を招く危険があるため、糖尿病以外の方も、炭水化物や糖質の取り過ぎには注意する必要がある。とお伝えしてきました。

もう1つ、血糖値を上げない食べ方として覚えておいて欲しいことが、野菜ジュースや果物です。

一見すると、野菜ジュースは健康によさそうに思えますが、摂取方法を誤ると、逆に糖分の過剰摂取に繋がったり、血糖値を急激に上げてしまう危険性もあるのです。

もしあなたが、野菜ジュースは健康に良い。と思っている場合は、今回の内容は読まれておいた方が良いです。


世間一般的には、果物や野菜ジュースは体にいい…

一般的には、果物や野菜ジュースは体に良い。と思われています。

確かに、「 果汁100%、野菜汁100% 」 と表示されていると、誰でも健康に良い。と思ってしまうのも、無理はありません。

しかし、果物や野菜ジュースは健康に悪影響を与えてしまうこともある。ということは、知っておくべきです。

まず、果物ジュースからお話を進めて行きましょう。

果物の中でも、特に甘いものは糖分が多く含まれており、中でも、フラクトースという果糖には注意が必要です。

というのも、フラクトースはインスリンの調節を受けないからです。

インスリンとは、上がった血糖値を下げる働きがあります。


そのため、フラクトースを取り過ぎると、痛風の原因になる尿酸値を上昇させる危険があります。

それによって、内臓脂肪になる中性脂肪を多くつくることになり、結果、メタボを招く原因にもなるのです。

果物や野菜ジュースは健康に良い?には、注意が必要である。ということには、もう1つあります。

それは、食品表示などでは分からない “ブドウ糖” です。

体に良いからと言って、果物や、果物ジュースを飲んでいると、気が付けば糖を過剰に摂取していた…ということにもなりかねません。


■血糖値を上げにくくする効果的な摂取方法■
もし、果物や果物ジュースを飲むのであれば、食後に少量を飲む。または、ヨーグルトに混ぜることで、血糖値は上がりにくくなります。


野菜ジュースは健康に良い。という誤った常識。

野菜ジュースの食品表示などを見ると、食塩・砂糖無添加。と表記されているモノが多いと思います。

しかし、残念ながら 「 砂糖無添加 」 といっても、果糖は含まれているため、あまり変わりません。

ですので、「 野菜ジュースは健康に良いから… 」「 野菜を食べる代わりに… 」 と思って飲んでいると、気が付けば糖を取り過ぎていた…ということも十分あり得ます。

もし、野菜ジュースを飲まれるならば、一気に飲むのではなく、ゆっくり飲む。料理に混ぜて調理する。など、一工夫を加えることが大切です。

このように、果汁・野菜ジュースは健康に良い。と思われがちですが、実は、摂取方法を誤れば、健康を阻害する要因の1つにもなり得るのです。

果汁・野菜ジュースは健康に良いとは限らないこと。上記のことを頭に入れながら、日々の食生活を見直してみて欲しいと思います。

以上、野菜ジュースは健康に良い。は間違い!その理由についてお伝えしました。
それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「 外食で血糖値を上げない食べ方 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
・外食時に血糖値を上げない食べ方をお教えします。

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、低血糖症状には うつ症状を招く危険があります。そのため、糖尿病以外の方も、炭水化物や糖質の取り過ぎには注意する必要があります。

糖尿病の人は、糖尿病食、つまり、糖質の低い食事制限が設けられます。しかしこれは、見方を変えれば健康を保つ・向上させる食事。ともいえます。

そのため、血糖値を上げない食べ方や食品は、糖尿病の方いがにも、ぜひお勧めしたい食べ方と言えます。

もちろん、うつ病の方も糖質などの取り過ぎによる、うつ症状を招かないためにも、血糖値を上げない食べ方は意識しても良いでしょう。

とはいえ、お家では血糖値を上げない食べ方や食品に気を付けることが出来ても、外食時の時には、何を食べたら良いのか? 迷うかと思います。

そこで今回は、外食時での血糖値を上げない食べ方をご紹介したいと思います。


GI値や、カーボカウントの低い料理を選択する。

まず、外食時でも血糖値を上げない食べ方としては、GI値やカーボカウントの低い料理を選択する。ことが大切です。

GI値については、>> コチラの記事をご参考下さい。


とはいえ、同じ炭水化物で麺類といっても、何種類もあります。

うどん、ソバ、パスタ、の中では、最も血糖値が上がりにくいのは、パスタです。

うどんよりも、ソバ、パスタの方が血糖値がゆったりと上がります。

理由としては、パスタは芯が少し残る茹で方にあります。それによって、血糖値は上がりにくいと言われています。

ですので、血糖値を上げない食べ方として、麺類ではうどんよりも、ソバやパスタを選ぶことが賢明です。


ここで、あなたに質問があります。

和食や中華料理と、イタリア料理やフレンチなどは、どちらが血糖値が上がりにくいでしょうか?

答えは、イタリアンやフレンチです ( 料理にもよりますが )

理由は簡単。イタリアンやフレンチは、あまり砂糖を使わないからです。

一方、和食や中華料理は、みりんや砂糖を使う料理が多いのです。

うどんの汁にも、砂糖が使われていることも多いため、和食や中華料理は、意外と糖質を多く摂取しやすいと言えます。


和食は健康的なイメージがありますが、大事なのはその料理がどのような料理なのか?です。

イタリアンでも、フレンチでも同じです。

たとえば、魚料理の定食を頼んだとします。

お魚自体は良いとしても、その他に付いてくる料理を見て行く必要があります。

血糖値を上げない食べ方として、ご飯は炭水化物なので、一番最後に食べたり、量そのものを減らす。あるいは、避ける。

煮物は砂糖が味付けとして加わっているため、避ける。など、そのようなことをちょっと意識するだけでも、随分と違ってきます。


タンパク質を中心に、メニューを選ぶ。

外食時で血糖値を上げない食べ方の1つとして、「 肉・魚・卵 」 などのタンパク質を中心としたメニューを選ぶことも1つの方法です。

ただし、ステーキ料理であれば、「 タレ 」 には砂糖が使われています。

そのため、「 タレ 」 ではなく、「 お塩 」 を付けて食べることがお勧めです。ステーキも同じです。

また、しゃぶしゃぶなどでも、ゴマだれや、ポン酢などいろいろあります。

ここでも、ゴマだれで食べるのではなく、ポン酢に付けて食べるのがお勧めです。

外食時でも、冒頭の血糖値を上げない食べ方の1つ、食べる順番の方法が生きてきますので、必ず目を通しておいて欲しいと思います。

現代社会は、食べたいものがスグ手に入ったり、外食が増える機会も増え、どうしても、糖質を取りガチな食生活になりがちです。

糖質制限は、糖尿病の方に限らず、全てに人たちが健康増進できる食べ方です。

ですので、ご自身の健康を守るためにも、少しでも良いので意識してみると良いかと思います。

以上、外食時に血糖値を上げない食べ方をご紹介しました。
それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「 血糖値を上げない食べ方:其の2 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)