うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。


テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。

こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。



【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼



うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(157)  |  リブログ(2)

テーマ:
うつ病のメリットに焦点を当ててみます。

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、うつ病というと デメリットだらけに思いガチですが(実際、闘病中は 苦痛のあまり メリットと思える余裕はありませんが)、実は、克服したあとも考えると、メリットだらけなのです。

今回は、そのうつ病のメリットに焦点を当てることで、少しでも暗いトンネルの中に光が差し込む。そのキッカケになれれば幸いです。


うつ病のメリットをざくっと挙げてみます。

まず、うつ病はこれまでの向き合えなかった自分と向き合い、良いも悪いも全てを直視し、受け入れ、悪い部分を改善していく心の修行でもあります。

そのため、うつ病の時は誰もが、以下のことを自問自答します。


そのような自問自答を繰り返しながら、自分自身と向き合い答えを見つけていこうとします。

うつで苦しむ中で、自分自身と向き合う。向き合わざるを得ない。

それによって、


普通に暮らしていたら、まず向き合わないような事を、うつ病の間は向き合うようになり、現実を直視し 戦わなければなりません。

これは、心の修行をしているようなモノです。

■結果、うつ病のメリット■
●人の痛みや苦しみが分かる。
●人の悩みを見抜くことが出来る。
●心をいたわり、心を教える力が身に付く

このような、普通に暮らしていれば、まずもって身に付かない能力が身に付くようになります。

私はこれが、最もうつ病のメリットであり、何物にも代えがたい財産になると経験からもそう思います。


今、うつ病で非常に苦しい想いをされている最中は、このようなポジティブに受け止めることは出来ません。

しかし、少しでも体調が良い時には、自分の心と向き合い、メリットの面にも目を向けてみてみて下さい。

そして、少しずつうつ病を受け止めることが出来るようになってくると、あなたの心も少しずつ回復していくと同時に、心も強くなっているはずです。

心が強くなる。という言い方よりも、物事の見方や 考え方が変わるので、ストレスに感じない、ストレスを感じてもスグにリセットできる。が正しい表現に近いかなと思います。

■うつ病になったことで変わる物事の考え方■
1.人の本当の心が分かった。
2.人の心の優しさが分かった。
3.人の見ぬき方が分かるようになった。
4.人へのかかわり方が分かるようになった。

などなど、このようなうつ病はメリットも大きく、うつ病になった経験があるからこそ、人の痛みや苦しみ、悩みも分かる。

そういった、人の痛みが分かる人の言葉だからこそ、相手の心の奥深くに突き刺さり、相手も行動することが出来るのではないでしょうか?

うつ病になった方に、カウンセラーになる方が多いのは、そのような事もあると思います。

人に教えたり、人を指導したり、介護したり、人と接するビジネスの現場でも、うつ病の体験は非常に役立ちます。

あなたのうつ病の経験が、社内でのコミュニケーション作りの力にもなるでしょう。


その言葉が上っ面の言葉なのか?見抜けるようになる。

うつ病になる。その辛い体験を乗り越えると、今度は、相手の心も今まで以上によく分かるようになってきます。

たとえば、心からあなたの事を思って言ってくれているのかどうか? それとも、口先だけで言っているのか?

逆に、分かり過ぎて傷ついてしまうかも知れませんが、それぐらい、相手の心が見抜けるようになってきます。

それぐらい、うつ病の体験は、あなたにとって沢山のメリットを与えてくれるようになります。


ビジネスの現場でも大きく役に立つ。


なども、知識ではなく体験からも分かっているため、ビジネスの現場でも冷静に対処できるだけでなく、周りの人たちにその方法を教えることも出来ます。

クレーム対応や、メールの対応などなど。

仕事やビジネスでも欠かせない能力「 洞察力 」「 分析力 」「 問題の解決法 」これらが大きく身に付くのも、うつ病のメリットの1つだと思います。

うつ病と戦っている最中は、なかなか物事を前向きにとらえることは難しいですが、状態が少しでも良くなった時に、今のうつの辛い体験を前向きに捉えることが出来るようになると、「 変わった自分、違う自分 」 が見つかるはずです。

「 焦り 」「 辛さ 」 これらが少しでも遠のき、心が楽になってくるはずです。

今回の内容が、少しでもその役に立てましたら、これほど嬉しいことはありません。

次回もまた、うつ病のメリットに焦点を当てて 書き綴ってみたいと思います。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「 うつ病で会社を辞める…それで良いのでしょうか? 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
・質問:うつ病で会社を辞めるのですが、どう思われますか?

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、私の元に、以下のようなご相談が寄せられてきましたので、今回はこの件について考察してみたいと思います。


うつ病を引き起こす要因の1つに 「 精神的なストレス 」 があります。

これは主に、恋愛や職場の人間関係、大切な人との死別などあります。

その中でも特に、会社や仕事仲間との人間関係で 「 もうイヤだ!」 と思ったりする、精神的なストレスは多いのではないでしょうか?

そのような精神的なストレスを長期間抱え続けると、自律神経のバランスも乱れ、心身の不調が現れはじめてきます。

心身の不調は 「 体からの警告のサイン 」 なので、それらのサインを無視して我慢し続けると、自律神経失調症を引き起こしたり、さらに限界が超えたとき、うつ病になることもあります。

うつ病になる前の段階で、「 もうイヤだ!」となっている状況で、気持ちはどん底。仕事へのやる気も低下し、何よりも 職場に行くのが、職場に言って顔を見るのがイヤですよね…。

そのような状況なので、


原因が分かったところで解決策が浮かばない…

気持ちが沈んでいるワケですから、良い解決策も思いつきにくいため 「 アレもだめ。コレもだめだ… 」 と、負の連鎖に陥りやすくなります。

よく本などでも、「 どん底のどん底に落ちた時、初めて光明が見える 」 と見たことがありますが、そんなに簡単に光明は見えてこない。というのが、本音です。

もし仮に、落ちるところまで落ちた時に、自然と光明が見えてくるのであれば、これだけの方がうつ病で苦しんでいないのではないでしょうか?

では、どうすれば良いのでしょうか?

うつ病で会社を辞める。と、問題は解決するのでしょうか?

今から考察して行きたいと思います。

もしあなたも、「 うつ病で会社を辞める方向で考えている 」 場合は、ご一読いただけると何かしらのヒントが得られれば幸いです。


管理職は特に、板挟みになりやすくストレスを溜めこみやすい。

仕事のストレスとして代表的ななのが、職場の人間関係のストレスです。

特に、管理職の方は上司と部下の板挟みにあい、ストレスを抱え、うつになる方も多いので、うつ病で会社を辞める方向で考える方も少なくありません…。

とはいえ、お子さんがいらっしゃるならば、良い年齢でもあるため、ご家庭のことも考えると簡単に仕事を辞めるわけにはいきません。

しかし、会社では、部下も管理しなければならないし、上手く管理できない場合は、上司からも注意される。

そんな時に、「 自分は本当に何をしたいのか? 」 と思い悩むことも多いです。

そして、会社を辞めたいと思うのは至極当然だと思います。

では、会社を辞めたい。


答えが出ずに悩んでいる方も多いかと思います。

結論から言えば、単に 「 もう嫌だ! 」 と思って辞めるだけの場合は、あまり変わらないことが多いと言えます。

(もちろん、根本原因のストレスがハッキリしているならば、辞めることでうつ病が治り、薬も必要なくなる可能性は高いです。)

もし、会社を辞める、うつ病で会社を辞める方向で考えている…場合、同じ辞めるにしても、以下の部分を自問自答してみて欲しいと思います。

それから結論を出してみても遅くはないと思います。

■会社を辞める前に再考すべきこと■
  • 自分は本当に何をしたいのか?
  • 今働いている会社では、それが実現できるのか?
  • もし出来ないのであれば、実現できる方法はないのか?

それらを自問自答して、それから辞めるか、どうかの結論を出してみても良いのではないかな。と、個人的にはそう思います。


うつ病で会社を辞める。その後のストレスはかかる。

ただ、うつ病を治すため。だけを考えると、あまりにも心身共に負荷がかかり過ぎるようであれば、スッパリ会社を辞めることもありだと思います。

退職することで、気持ちもスッキリしたと同時に、心身の不調も軽くなり うつ病が改善するケースもあります。

とはいえ、その後に控える 就職活動のストレスもかなりのモノです。

会社がイヤで辞める。うつ病で会社を辞める。は、1つの対策かも知れませんが、同じ辞める。のであれば、その後の就職もある程度 考えた上で辞めるのも良いかと思います。

ここの問題は、本当にデリケートな部分なので、一概に、うつ病で会社を辞めることが正解だった。

という人もいらっしゃれば、辞めないで「 しばらく休養する。あるいは、配置転換してもらう。」その形を取って、うつ病も改善し、仕事も以前のように出来るようになった…という方もいらっしゃいます。

ここは、本当にケースバイケースなので、これが良い、正解だ。とは言えない部分です。

なので、お医者さんでも 「 会社を辞めなさい 」 と断定した言い方は言えないのです。

しかし、職場の人間関係のストレスがうつ病を招いた根本原因の場合、うつ病で会社を辞めることで治る可能性は高いです。

根本原因である職場のストレスから解放されるワケですから、抗不安薬も抗うつ薬も必要なくなります。

うつ病で会社を辞める場合、そのストレスの原因がハッキリしているならば( 例えば、上司との確執がある、仕事に対する不満・待遇 ) など、我慢の限界を超えており、かつ、会社も対応してもらえない。

という場合は、思い切って辞めることも1つの選択肢です。

年齢的な物もありますが、やり直しはいくらでもききますから。

どちらにしても、うつ病で会社を辞める場合は、上記の問いを自問自答した上で決断されることをお勧めいたします。

人生を左右する大きな決断になりますから、とても難しい問題ではありますが、少しでもご参考になりましたら幸いです。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「 うつ病を未然に防ぐ!ストレスチェックリスト」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)