うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

NEW !
テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。

こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(117)
NEW !
テーマ:
うつ病から職場復帰への6つのステップは、次の通りです。

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、今回は、うつ病から職場復帰への6つのステップについてお送り致します。

うつ病の症状が治まり、職場に復帰される場合は、1つ1つのステップを栗化しながら進めていくことで、うつ病の再発を予防することが可能になります。

職場復帰を考えている方、職場復帰をしたものの、再発を繰り返している方は特に、ご覧いただき、参考にして頂けたならば幸いです。

再発すればそれだけ、労力や時間、費用などもかかります。焦る気持ちはとても良く分かりますが、1つ1つステップアップしていくことが 最短距離での回復に繋がります。

まず、うつ病から職場復帰への6つのステップは以下の通りです。
ただし、誰しもがこの通りのステップとは限りません。

■うつ病から職場復帰への6つのステップ■
ステップ1:自室で休息する。
ステップ2:家族との会話を増やしていく。
ステップ3:散歩や 近所で買い物をする。
ステップ4:散歩中の挨拶や、買い物中の会話。
ステップ5:仮想の職場体験を行い慣らしていく。
ステップ6:職場復帰して、少しずつ慣らしていく。

このようなステップを踏みながら、1つ1つ心と体、また、人間関係や職場に対応できる力を身に付ける、または、回復させて行きます。

それでは、うつ病から職場復帰への6つのステップを1つ1つ解説して行きます。

■ステップ1:自室で休息する。

うつ病になった時は、心身ともに疲れ果てている状態であり、かつ、過敏に心が反応し消耗してしまう時期でもあります。

そのため、まずは休職して 心と体を充電させるよう努めます。

この段階では、うつ病と診断されるまでは、思うように眠ることも出来なかったと思いますから、睡眠をとることが大切になってきます。

特に、うつ病の時は自律神経のバランスの乱れから、不眠などの睡眠障害が現れますので、このブログでも公開している 「 首こりをほぐし、自律神経の乱れを整える方法 」 などを行いながら、身体症状の緩和に努めたりします。

 >> 首こりをほぐし、自律神経のバランスを整える動画はコチラ

その他にも、首こりをほぐし、自律神経のバランスを整える方法を公開していますので、試してみて下さい。
身体症状が軽減されれば、自ずと、精神症状も緩和されるのを実感いただけるはずです。


■ステップ2:家族との会話を増やしていく。

身体症状改善できれば、体を通して治っていることを実感できるため、希望も少しずつ湧いてきます。

また、睡眠もとれるようになれば、少しずつうつ気分も和らぎ、不安も軽くなり、家族と接することも出来るようになってきます。

ただし、病気のことや、これからどうするのか? などの将来的なことなどに、いきなり触れるとステップ1に戻る可能性も高いため、まずは、挨拶など短い会話が良いです。

とはいえ、無理して短い会話をしようとするのではなく、あくまでもご家族の方はは、自然に振る舞うことが大切です。

そうしながら、徐々に会話を増やしていくと良いです。


■ステップ3:散歩や 近所で買い物をする。

うつ病が辛い時は、散歩や近所で買い物をする。ということは、かなりハードルが高いことなので、専門家と相談したり、ご本人のその時々の調子を見ながらが前提になります。

なぜならば、一歩外に出ると周りの視線が気になり、それだけでも精神的に消耗してしまうので、


など、ほんの小さな一歩からでも良いかと思います。

そうしながら、家の周囲の散歩から徐々に距離を伸ばしながら、近くのバス停まで行く、駅に行ってみる、コンビニに行ってみる。などしながら、徐々に他の人と 挨拶をするなど、会話も行って行きます。

ここは非常に敏感な部分でもあるので、専門家の方と相談しながら進めて行かれると良いかと思います。

残りの、うつ病から職場復帰への6つのステップにつきましては、長くなりますので次回にお伝え致します。

それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> 自力で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「 うつ病に効果的な運動を行うの3つのポイント 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
うつ病に効果的な運動を行うの3つのポイントとは?

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、今回は、うつ病に効果的な運動を行うの3つのポイントについてお送り致します。

ただ、うつ病の症状がヒドイ時は、体を動かすことさえも難しいため、体を動かせるぐらいまで回復した時に、運動を行われることをお勧め致します。

「 うつ病改善のためにも、運動をやらなければ… 」 と、思い込んだり、無理してやろうとすると、かえって逆効果になります。

毎日できなくても良いですし、1歩前進2歩後退でも良いです。今の自分にできる範囲で1つ1つ、進めていけたら良いかと思います。

尚、うつ病に効果的な運動を行うの3つのポイントは、以下の通りです。

■うつ病に効果的な運動を行うの3つのポイント■
  1. きつい
  2. 楽しい
  3. 続く

うつ病に効果的な運動と言えば、ジョギングや ダンス、エアロビなど、
ある程度 きつさのある運動が効果的です。

汗がじんわりと出るぐらいの運動を、出来る限り続けることが大切だと言われていますが、これは、心臓がドキドキしたり、息がハアハア行ったりするレベルですね。

これは、きつい運動を行った後ほど、爽快な気分になれるからです。

というのも、私たち人間は、喜びがあるから、怒りの感情があります。また、楽しいさを感じるから、恐怖も感じる。表裏一体の感情を持っています。

試験勉強や スポーツなどにおいても、キツイ練習をしてきた、耐え抜いたからこそ、目標を達成した時、合格した時に最高の喜び、幸福感・自信が得られます。

うつ病に効果的な運動においても、それと同じことが言えます。

ただし、周りから強制的に行う運動では、逆効果ですから、自分に興味が持てるもの、好きな運動から行うことをお勧め致します。

ダンスが好きならば、ダンスを。ヨガに興味があるならば、ヨガを…などなど。

ただし、うつ病に効果的な運動を行う際には、注意点があります。それは、


いきなり30分、1時間 体を動かそうとしないこと。です。

真面目の方ほど、医師などから 「 30分ウオーキングして下さい。」 と言われると、初日から30分ウオーキングされようとしがちです。

しかし、いきなり30分も歩こうとすると、普通でもキツイと思いますので、まずは


などなど、今の自分でも出来る小さなことから初めて見てみて下さい。

小さな小さな階段をクリアしていくことで、徐々に、高い階段まで上ることが出来るようになります。

ご自身のその日の体調、運動レベルに合わせて目標を設定し、1つ1つクリアしていきながら、徐々に目標を上げて行くことが大切です。

そして、小さな階段でもクリアできたら、自分自身を褒めてあげて下さい。ご褒美を用意してあげて下さい。

これは、とても重要なことなので、必ず行って欲しいと思います。

自分を褒める。ご褒美をあげる。ということは、非常に重要です。

小さな階段を1つ1つクリアしていけば、うつ病に効果的な運動を20分、30分、1時間~と増やしていき、かつ、継続していくことも出来るようになります。

うつ病の時に運動を行うことは、かなり大変かと思いますが、今のご自身の体調や、運動レベルに合わせて 小さな目標を設定し、取り組んでみて欲しいと思います。

以上、うつ病に効果的な運動を行うの3つのポイントについてお伝えしました。
それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> 自力で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「 うつ病で早寝早起きを成功させる秘訣 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)