うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06
NEW !
テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(108)
NEW !
テーマ:
・私たちの周りには、自律神経が乱れる原因で溢れています。

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、足踏みを行うだけで冷えを改善する方法
ご紹介しましたが、今回は、自律神経の乱れの原因について
お送りしたいと思います。

というのも、現代社会には、自律神経の乱れの原因になる
誘発させる要素で溢れているからです。


自律神経が乱れると、心身の不調が現れ、それらが悪化すると、
“うつ病へと症状が悪化” していきます。


故に、うつ病と自律神経失調症の症状は似ていると言えます。

逆に、自律神経のバランスを整えることができれば、うつ病や
自律神経失調症の症状を改善することも可能
と言えます。

現代社会は、自律神経の乱れの原因で溢れており、それによって、
自律神経失調症や、うつ病に悩む方が増えています。


身の回りには、自律神経が乱れる原因がたくさん。

私たちの体は、春夏秋冬の季節でも、たとえば体温であれば、
体温を一定に保とうとする働きがあります。

これらは、活動の神経「交感神経」と、休息の副「交感神経」の
2つがバランスを取りながら、365日24時間休まずに働きながら、
健康を保っているのです。

しかし、不規則な生活や睡眠不足、ストレスなどによって
交感神経が優位になっている状態が続くと、体がそれに
慣れてしまい、交感神経と副交感神経の切り替えが上手く
いかなくなってきます。

それによって自律神経の働きが乱れ、心身の不調が現れて
しまうのです。



また、今はパソコンやスマホ、タブレット端末といった
インターネットが普及し、とても便利になりましたが、
その反面、便利なあまり、不規則な生活習慣にも陥りやすく、

かつ、人と人とのコミュニケーションにも悪影響を与えて
いることは、あなたも、ニュースなどでもご存知の通りです。

それによって、夜型の生活になったり、食事が不規則になったり、
忙しすぎてなかなか休みが取れなかったり、パソコンなどを
長時間使うあまり、体をあまり動かさない…

などなど、自律神経の乱れの原因となったり、健康を損なう
習慣が、私たちの周りでもどんどん増えています。

そして、これらの多くはどれも、緊張の神経 交感神経を
優位にさせる要素ばかり
なんですね、


副交感神経が過剰に働き過ぎると、惰性な生活になる可能性…

便利になればなるほど、私たちの体は血流が悪くなり、
自律神経が乱れ、体を冷やしてしまったり、心身の不調を
招いてしまう原因に溢れている
と言えます。

もちろん、交感神経だけでなく、副交感神経にとっても
よくない環境
とも言えます。

というのも、今の現代社会はストレス社会、過当競争社会
でもあり、また、なかなか休めない、有給休暇を取りにくい環境
でもあるため、働き過ぎの方、頑張り過ぎの方が増えています。



普段、働き過ぎたり、頑張り過ぎたり、ストレスが多いと
どうなるか?


というと、その反動で、休みの日はだらだらと過ごしてしまったり、
寝すぎてしまったり、甘いモノや 脂っこいモノを食べすぎて
しまうなど、副交感神経が過剰に働き過ぎる状況に陥りやすいのです。


■副交感神経が過剰に働き過ぎると、■
・なぜか体がだるい…と感じたり、
・体を動かそうにも、体が鉛のように重く感じたり、
・なぜか、やる気がでない…

といった状況を招いてしまうのです。


このように、現代社会は自律神経が乱れる原因で溢れかえっている。
といっても過言ではないでしょう。

交感神経が優位になりすぎると、心身の不調を招きますが、
逆に、副交感神経が優位になり過ぎるのもまた、健康とっても
良くありません。

普段の生活において、自律神経のバランスを整える習慣を
身に付けることは、健康を維持するため、また、健康増進の
ためにおいても、とても大切
なのです。

以下では、ご自宅で 乱れた自律神経のバランスを整え、
心身の不調を軽減する方法を、動画で公開
しています。

うつ病の症状でお悩みの方で、やる気がでない、体が重い、
体がだるい…と感じる方は、お試し下さい。

それらの症状が、大なり小なり 軽減されるかと思います。

 >> 自律神経の乱れを整え、心身の不調を軽減する方法


以上、私たちの周りには、自律神経が乱れる原因で溢れている。
というテーマでお送り致しました。

それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >>前回の記事「腰の冷え・お腹の冷えを一気に温める方法」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
・ご家庭にある道具を使って、腰の冷え・お腹の冷えを
 一気に温める方法をご紹介致します。

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、体の冷えを解消する方法の1つ「足踏み法」
ご紹介いたしましたが、今回は、腰の冷え・お腹の冷えを一気に
温めることができる方法
をご紹介致します。

どのご家庭にも必ずある、ある物を使うことで、お腹の冷えや
腰の冷えを短時間で温めることが可能
になります。


腰の冷え・お腹の冷えを一気に温める道具とは?

それは、「 ドライヤー 」です。

ただし、ドライヤーの熱風を当てるには ポイントがあります。
そのポイントに熱風を当てなければ、改善効果も薄いです。

今からその、ドライヤーを使って、腰の冷え・お腹の冷えを
一気に温める方法を、お教え致しましょう!

まず、ドライヤーの熱風が分散しないようと、10cmぐらい
離して、一か所に集中して温めていきます。


この際、近づ過ぎたり、長時間 ドライヤーを当てすぎると、
ヤケドの恐れがありますので、熱い!と感じたら、すぐに
ストップしてください。

■腰の冷え・お腹の冷えを一気に温める方法■
1.衣類は着たままで問題ありません。まずは、
  うなじから背中に向かって、ドライヤーで温めます。

2.腰の冷え、体全体が冷えている場合は、ズボンの
  ポケットのあるあたりを、ドライヤーで温めます。

3.冷えによって疲れがなかなか取れない時や、
  血圧が上がったときには、耳にドライヤーをあてて
  温めてあげて下さい。

  耳にはツボがありますので、そのツボをドライヤーで
  温めてあげることで、刺激します。

  ツボの正確な位置は分からなくても、耳に当てるだけで
  十分刺激できますから、問題ありません。


直接お肌に当てる時には、ヤケドに十分ご注意ください。

また、ドライヤーの熱風を直接お肌に当てると、肌は乾燥して
しまいますので、ドライヤーで肌を温めたあとは、スキンケアで
お肌を守ってあげて下さい。

以上、ドライヤーを使った、腰の冷えやお腹の冷えを短時間で
温める方法をご紹介いたしました。

ドライヤーはどのご家庭にもあるものなので、今晩でも早速、
お試し下さい。

 必ず皮膚から10cmくらい離して、熱いと感じたらすぐに
  辞めて下さい。

それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> 自律神経の乱れを整え、心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「冷え解消に効果的な「足踏み法」」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)