うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06

テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 うつ病治療法の最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(99)

テーマ:
うつ病の回復で最も気を付けること。それは…

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、うつ病の回復期は特に 感情のコントロールが
とても難しく、ご本人が相手を傷つけてしまうこともある。

とお伝えしましたが、うつ病の回復期は 社会復帰へ向けた期待や
不安、気持ちが落ち着いてくることによる油断など、さまざまな
心理的要素から、回復を焦ったりしてしまいガチです。

経済面や 仕事・社会的地位などの面から、早く仕事に復帰したい
その思いが強く表れやすい時期です。

それは、ご家族の方も一緒です。


長期間の治療を経て、やっと規則正しい生活ができるように
なったり、外出ができるようになってくる…

そうすると、ご家族の方としても「早く元の生活に戻ってほしい…」
という思いが、フツフツと出てきます。

しかし、このうつ病の回復期で最も注意しなければならないのが、


ご本人への過度な期待、回復を急かしてしまうこと。

うつ病の回復期においては、ご本人はうつ病になる前の頃の姿と、
あまり変わらないようにも見えてきます。

そのため、ご家族の方はついつい、
「 もう大丈夫なんじゃないの? 」「 仕事に戻れるんじゃない? 」
などなど、不意に言葉をかけてしまいガチです。

ですが、回復しているとはいえ、まだまだ良くなったり、
悪くなったりを繰り返す時期ですから、石橋をたたいて渡る
思いで、慎重になる必要があります。

ご本人にとっても、「 ご家族の期待に応えたい! 」
「迷惑をかけたくない!」などの思いから、いつも以上に
頑張ったり、無理をしてしまう。

あるいは、「早く元の生活に戻らなければ…」という
変なプレッシャーによって、症状が悪化してしまい、結果、
回復が遅れてしまった…
ということも、少なくありません。


うつ病の回復期も、まだまだ良くなったり、悪くなったりを
繰り返しているため、ささいなストレスなどから、症状が
悪化する可能性も高いのです。

ですから、ご家族においては、変に回復を急かさない、
焦らないことが大事です。

また、たとえご本人が 「 そろそろ仕事も出来そうかも 」
と訴えられたとしても、その気持ちを理解し 受け入れて
あげつつも、

「 うんうん、ずいぶん良くなってきたから、仕事に復帰
  する日も近いよね。けど、今は良くなったり、
  悪くなったりを繰り返す時期だから、もう少し様子を
  見た方がいいんじゃないかな? 」


など、ブレーキをかけてあげることが大切です。

うつ病の回復期は、医者でも社会復帰のタイミングを計るのは
非常に難しいため、安易に判断するのは大変に危険です。

ご家族の方は、ご本人の気持ちを尊重し、受け入れつつも、
判断は専門家に任せる
ことを、伝えてあげると良いと思います。

以上、うつ病の回復で最も気を付けることについて
お伝えしました。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「 うつ病は感情コントロールが困難 」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
・回復期のうつ病は感情コントロールが困難

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、うつ病の治療には休養が大事。というのは
分かっていても、いざ、休養のために仕事を休むとなっても、
「 休む=サボっている 」と思うため、なかなか休養できない…

そんな時の、休職中の過ごし方などについてお伝えしました。

また、休暇中、ご家族の方に対して時として、暴言・暴力が
見られる場合があるかも知れません。

そこで今回は、うつ病は感情コントロールが困難であることを
お伝えしたいと思います。


うつ病は感情コントロールができなくなる病気

うつ病の回復過程において、良くなったり、悪くなったり
を繰り返しながら回復していきます。

当然、悪い時にはご家族や恋人、友人に向かって暴言や
暴力を行うこともあるかも知れません。


確かに、うつ病の状態が悪いときには、喜怒哀楽の感情が
表に現れにくく、無表情になることが多いです。

しかし、うつ病の初期の段階や、回復期においては、
職場復帰への不安、回復への焦りから 不安・イライラが募り、
感情がコントロールできなくなることが多くなります。

思春期の頃のように、身体的・精神的にバランスを
とることが難しい、微妙な時期でもあるんですね。

そのため、回復期などのうつ病は感情コントロールができずに、
感情が爆発してしまい、相手を傷つけてしまうこともあります。

それによって、家族や友人、恋人同士の人間関係が
ぎくしゃくしてしまうことも、少なくありません。


暴言・暴力も病気がさせていると受け止める

「私がこうなったのも、あんたのせいだっ!」とか、
「俺なんか、いなくなった方がいいと思っているんだろう!!」

とか、思ってもいないことを言われたり、口撃されたり
することもあるかと思います。

このような時に、言い返しても泥沼になって、症状が悪化し、
より状況は悪い方向へと向かいます。


そのため、非常に難しいところではありますが、

「 これは、病気がさせているんだ。本意ではないんだ。」
「 うつ病が回復すれば、このような言動は無くなるんだ。」


と自分に言い聞かせながら、冷静に対応することが大切です。


予め、

「私がこうなったのも、あんたのせいだっ!」とか、
「俺なんか、いなくなった方がいいと思っているんだろう!!」

と言ってくるかも知れない。と予測しながら対応すると、
受けるダメージやショックも軽減される
と思います。

言葉でいうのは簡単ですが、これは非常につらいです。


言われた時は、ムカッとくると思いますが、応酬する前に、

・うつ病は感情コントロールが難しいこと
・病気がそう言わせているんだ…


ということと、さらに、

「 もし、ここで言い返したり、感情的になったらどうなるだろう… 」

ということを、一度、考えてみて欲しいと思います。


そうはいっても、言われた人はストレスが溜まりますから、
ストレスを発散する時間を作ってあげて下さい。

うつ病ご本人をサポートすることも大切ですが、まずは、
ご自身のメンタルバランスをコントロールしてあげることが大切です。

もし、暴言や暴力がエスカレートした場合、ご家族や友人、恋人など
サポートする側が我慢の限界がきた場合には、家族内や一人で
問題・悩みを抱え込まず、専門家に相談することが大事です。

そこまでではない場合には、前述の思考法で対処していくのも
1つの方法です。

以上、うつ病は感情コントロールが困難であることをお伝えしました。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「 うつ病で休職中の過ごし方【其の二】 」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)