うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06
NEW !
テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(99)
NEW !
テーマ:
・なぜ、うつ病にカフェインが良くないのか?

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、うつ病にはセロトニンを増やすことが良い
その理由についてお伝えしましたが、ご存知の方も多いと思います。

同時に、うつ病にはカフェインも良くないことも承知の事実です。

ではなぜ、カフェインが良くないのか?

まだご存知でない方のためにも、その理由について解説して
行きたいと思います。

既に、うつ病にカフェインが良くないその理由をご存知の方は、
スルーして下さい。


結論からいうと、カフェインは交感神経を優位にさせるから。


なぜ、うつ病にはカフェインが良くないのか?

というと、カフェインは活動の神経 ( 交感神経 ) を
無理やりに働かせてしまう働きがあるから
です。

朝 起きた時に、コーヒーなどを飲むと、コーヒーに含まれる
カフェインが、交感神経を刺激し 優位にさせるからです。

それによって、頭と体が活動モードに切り替わります。

しかし、飲み過ぎると逆に、自律神経失調症のような症状が現れ、
特に、不眠や心臓がドキドキする…、胃腸の機能低下、頭痛などが
起こりやすくなると言われています。

自律神経失調症や うつ病の方は、特に、常に 交感神経が優位に
働いている状態ですから、そこへカフェインをとると、余計に
交感神経を刺激し、心身の不調が現れる、または、悪化しやすくなります。

そのため、自律神経失調症や うつ病はカフェインの摂取を
控えるようすすめられます。


もう1つ、カフェインの摂取を避けるべき理由


それは、偽りのエネルギーを出すからです。

通常、私たちは100%のエネルギーを使い切らないよう、
セーブするように出来ています。

ちょうど、車がガス欠にならないように、警告灯が点滅する状態。

警告灯が点滅するぐらいのエネルギーまでしか使わないように、
セーブするようになっています。

100%使いきると、ガス欠になってしまう、つまり、ダウンして
しまって行動できなくなるからです。


しかし、カフェインを摂取すると、交感神経を過剰に刺激してしまい、
元気がないのに、元気があるように錯覚し、残りのエネルギーをも
使って行動しようとします。


自律神経失調症やうつ病の時は、もともとのエネルギー自体も
少ない状態ですから、カフェインを摂取すると、より多くの
エネルギーを使ってしまうことになり、その結果、

免疫力、治癒力、調整力などに使うエネルギーがさらに少なくなる。

つまり、免疫力、治癒力、調整力などが低下します。

これは、自律神経失調症や うつ病の方だけでなく、健康な方にも
同じようなことが言えます。


健康な方も、カフェインを過剰に摂取すると、


不整脈、不眠症、胃腸の機能障害などの症状が表れることもあります。

このような理由から、特に自律神経失調症や、うつ病はカフェイン
摂取を避けるように言われているんですね。

■カフェインは、コーヒー以外にも、■
・紅茶、緑茶、コーラ類、栄養ドリンク剤、風邪薬

などに含まれていますから、必ず飲む前には、カフェインが
入っていないか、どうか、成分表などを確認してください。


とても大事な部分でもありますので、次回もまた、カフェインに
ついて言及して行きます。

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> 自律神経の乱れを整え、心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「うつ病に良い食べ物は「オメガ3」」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
うつ病に良い食べ物は「オメガ3」

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、うつ病はセロトニンを増やすと効果的と
お伝えしましたが、実は、セロトニンは、トリプトファン
というアミノ酸が含まれている 「 たんぱく質 」 が原料です。

そして、トリプトファンがたくさん含まれている食品は、大豆食品です。

そのため、セロトニンを働かせるためには、トリプトファンを
多く含む大豆食品をとることも、うつ病に良い食べ物の1つ。

と言えるでしょう。

その他にも、うつ病に良い食べ物があります。

それが、副交感神経を優位に働かせる 「 オメガ3 」 です。


オメガ3は“油”であり、αリノレン酸と呼ばれています。

この、うつ病に良い食べ物の1つ、オメガ3は、主に脳の
神経細胞を正常化させる働きがある。
と言われていおり、
うつ病にも効果があると言われています。

ちなみに、このαリノレン酸は、サバやイワシなどの青魚や、
亜麻仁油などに含まれています。


■オメガ3・オメガ6を多く含む食品■
・オメガ3:サバ、アジ、イワシ、タラ、亜麻仁油、シソ油
 (αリノレン酸)

・オメガ6:牛肉、豚肉、サラダ油、バター
 ( リノール酸・γリノレン酸 )


αリノレン酸は、ご存知の方も多いかと思いますが、人間の
体内に入ると、以下の物質に変化します。

DHA ( ドコサヘキサ酸 )EPA ( エイコサペンタン酸 )

これらの物質の働き:
 血管拡張、血流増進、心拍減少、神経細胞の機能の正常化など。

このような働きが期待できるため、DHAや EPAなどの
サプリメントもよく出回っています。


サプリメントと、食品からの摂取はどちらが良いのか?

「 オメガ3が、うつ病に良い食べ物の1つなのはわかった。
じゃあ、DHAや EPAを含むサプリメントを摂取すれば良いね。」


と思われるかも知れませんが、個人的には、サプリメントよりも、
食品から摂取する方が、吸収率は高い
と言えます。

なぜならば、人間の体は食べ物を消化しながら 栄養素を
吸収するから
です。

それに、サプリメントに頼っていると、人間の消化吸収力が
衰えてしまう可能性も高いため、できる限り 自然の食品から
摂取されることを、オススメ致します。


もし、魚などから摂取される場合は、妊婦の方は、マグロよりも、
アジなどをオススメ致します。


理由は、水銀の含有量です。

また、お腹の中に赤ちゃんがいる場合は、胎児の脳は多くの
αリノレン酸を必要とするため、積極的にαリノレン酸を
とることをオススメ致します。

なぜならば、母体に十分なαリノレン酸の蓄えがなければ、
妊婦さんご自身が、うつ状態になりやすくなるから
です。

産後うつを予防するためにも、また、胎児の脳の成長のためにも、
αリノレン酸を多めにとることをオススメ致します。

うつ病に良い食べ物、オメガ3が良いと言われるのは、
このような理由からですね。


妊娠中の方は、胎児の脳の成長のためにも、また、ご自身の
産後うつを予防するためにも、うつ病に良い食べ物の1つ、
αリノレン酸を、食品からとるように心がけてみて下さい。

どうしても食品からの摂取が難しい場合は、サプリメントを
利用されても良いかと思います。

食品とサプリメントを上手に併用しながら、摂取されて下さい。

少しでも今回の内容が、お役に立てましたら幸いです。
今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 >> 自律神経の乱れを整え、心身の不調を軽減する方法
 >>前回の記事「うつ病はセロトニンを増やすと効果的」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)