うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。


テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。

こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。



【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼



うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(154)  |  リブログ(0)

テーマ:
うつ病はストレスと上手に付き合うこと!

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、うつ病はストレスによって引き起こされることが多いです。ストレスと言っても、精神的なストレスだけではありません。


…などなど、現代社会では様々なストレスがあります。

それらのストレスによって、心身の疲労が起こり、結果、うつ病を招きます。

しかし、うつ病はストレスが原因で起こるならば、これらのストレスを上手く取り除き、付き合っていけばうつ病は改善することも可能になります。


うつ病は休むことが一番である理由。

休む=サボる

と日本人はそうとらえがちですが、これは違います。

うつ病は心身の疲労によっても起こるため、うつ病を未然に防ぐには、疲労困憊になる前に休むことで、心身の疲労を回復させることが大切です。


車でさえも、永遠に走り続けることは出来ないのですから、私達人間も 休息は必要です。

とはいえ、会社に勤めている場合は、身体的症状(発熱や風邪症状など)がない限りは、「気分がすぐれない…」という理由だけでは、なかなか休むことは出来ません。

そこで大切なのが、ひどくなる前に未然にストレスを取り除くことです。

うつ病はストレスを未然に取り除くことで、防ぐことが出来るようになりますし、再発を予防することも可能になります。

なので、悪化する前に体からのサインを見逃さず、ストレスを解消して行きましょう。


ストレス耐性は、人によって異なる。

うつ病はストレスを都度解消していくことで予防・再発を防ぐことが出来る。

とはいえ、人それぞれストレス耐性は異なります。

仕事での失敗、失恋、金銭問題…などなど、様々なことが原因で 命を絶ってしまう方もいらっしゃいます。

それは、その方にとっては限界を超えてしまい、周りが見えない、未来が見えなくなってしまったことが要因だと思われます。

人は誰しも、限界を超えると視界が狭くなり、気持ちも焦り、焦れば焦るほど周りも見えなくなります。

なので、「 これ以上はダメだ!」となる前に、普段からストレスを溜めない状態(コップで例えれば、水が溢れそうになるくらい水(ストレス)を溜めないこと)にしておくことが大切です。

コップの水で例えるならば、常に水(ストレス)を半分以下にするなど。

それが、うつ病の予防・再発の予防にも繋がります。

うつ的になると、どうしても「自分はダメだ!」「自分はなんて出来ない人間なんだ!」と追い込んでしまいガチです。

周りから見れば「それは甘えだ!」と思うかも知れません。

しかし、うつ病を経験していれば、それは仕方がないと思いますし、私は「甘くて結構!」だと思います。

なぜならば、そう思い込んでしまうまで追い込まれてしまっている状態なのですから。

人間であれば、誰であろうと追いつめられれば同じような思考に陥るのですから。


ただし、自分を攻めても物事は改善しないこも事実。

そう、うつ病はストレスで起こることが多いですし、先ほどのような自暴自棄な思考にもなりガチです。

しかし、お分かりのように、自暴自棄になってもより悪い方向に向かうだけなのも事実です。

そのため、いっそのこと開き直る勇気も必要ですし、出来ないとしても、開く直ろうとする気持ちも大切です。

では、どうすればうつ病はストレスと上手く付き合えるのか?

ストレスを未然に防ぐためには、どうすれば良いのか?

今からお伝えして行きたいと思います。

その前に、まず、


ストレスは感じやすい人と、感じにくい人がいます。

自分がストレスを感じやすいのか、そうではないのか?を知ることも大切です。

以下に、ストレスを感じやすい人の傾向性を列挙してみますので、チェックしてみて下さい。

■ストレスを感じやすい人の傾向性■
  1. 頑固、自分を守りたい人
  2. 自己主張ができない人、人から頼まれると断れない人
  3. 心配性な人、取り越し苦労が多い人
  4. 優しすぎる人
  5. 生真面目な人
  6. 完璧主義な人

このような傾向性が強い方は、ストレスを感じやすい人と言えます。

他の人ならストレスを感じないことでも、ストレスを感じてしまい、人間関係を気にし過ぎたり、挫折感を感じやすい方が多いです。

しかし、6項目を見て頂くと分かるのですが、仕事においてもとても真面目で、信頼できる方も多いのです。

人を権力で押さえつけることもないですし、物事に対して真摯に取り組むことも多いんですね。

それが出来るのも、「 常に自分が相手からどう思われているか?」が気になるからです。

気になるから、真面目で真摯に物事に取り組むことが出来る。とも言えます。なので、このようなタイプの方は、上手くストレスさえコントロールできるようになれば、会社の中で力を最大限発揮できるタイプでもあると言えるでしょう。

では、このようなストレスを感じやすい人の場合、どのようにすればストレスと上手く付き合うことが出来るのでしょうか?

次回から、更に詳しくお伝えして行きたいと思います。

以上、うつ病はストレスと上手く付き合うことで改善できる!についてお伝えしました。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「 うつを経験すると人生の目的が見いだせる訳」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うつを経験した人の多くは、強い人になっている

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、私もそうなのですが、うつを経験すると人生の目的、生きる意味を見つけることが出来るようになります。

これは、うつ病を克服した方たちの多くが経験していることなので、私だけではありません。

うつを経験し乗り越えると、うつ病になる前の自分よりも心の強さ、人への思いやり、優しさが身につきます。

昔の人は、「買ってでも苦労しなさい。」と言われますが、まさにその通りで、人は苦を経験して初めて痛み、苦しみを知る。そして、相手の苦しみや痛みも知ることが出来るのだと経験からもそう感じます。

誰もが辛く、苦しい経験はしたくないものですが、何らかの資格試験や 受験、勉強、スポーツ、仕事…など、苦労を乗り越えた先に結果が付いてきます。

苦労が大きければ大きいほど、試練を乗り越えた時の幸福感、充実感、満足感なども比例して大きくなります。受験に受かったとき、うれし涙を流す学生がよくいますが、まさにそれと同じですよね。

うつ病もそれらと同じで、うつを経験し、その苦しさ、辛さが大きいからこそ、乗り越えたときに自分自身も大きく成長することが出来ています。


うつ病のときは、

「 なんで私だけがこんな辛い目にあわなければならないのか… 」

など、マイナスなことばかりしか考えられませんし、大きなプラスの出来事が未来に待っている…などとは、到底思えないかも知れません。

しかし、うつを経験し、乗り越えてきた人たちは皆、強いプラスの結果を残してくれているのです。

たとえば、うつ病に悩んでいた方たちが、うつ病を乗り越え、「カウンセラーになりたい!」「心理学を学びたい!」「それが自分の役割じゃないか!」と生きがいを見付け、人生を謳歌する。その道を歩んでいる方も良く見受けられたことあるかと思います。


などなど、うつを経験し、人生の悩みを苦しんで乗り越えたからこそ、人生の真の目的・目標を見付けることができ、それに向う強い情熱を燃やすことが出来るのです。

私自身は カウンセラーではありませんが、鍼灸整骨院を営むモノとして「 心と体は繋がっている。」のであれば、体からもアプローチできれば心も軽くなるのではないか? 体からアプローチしていった方が、心へのアプローチも簡単になるのではないか?と考え、現在は、うつ病治療を 体と心の両面からアプローチしています。

うつを経験した人にしか分かりませんが、本当に辛く、苦しいモノです。

しかし だからこそ、そこを乗り越えたときに初めて、人に教えたり、指導したり、治療したり、介護する時に、相手の気持ちに立って伝えることが出来る。そして、一緒にその相手の方と改善というゴールに歩んでいけるのだと感じます。

うつを経験したとき、そこから得られる貴重な体験は、その人の人生にとんでもない価値を与えてくれます。


うつを経験し乗り越えると、これらが分かるようになります。


だからこそ、うつを経験してきた人には、相手の心の気持ちを分かち合い、少しでも背負ってあげることが出来るのです。

うつ病のカウンセラーは沢山いますが、以下の二人のカウンセラーがいたら、あなたはどちらのカウンセリングを受けたいと思われますか?

  • うつ病を経験してきた人、もしくは、うつ病でなくても、同じぐらいの、それ以上の辛く苦しい経験をされてきた方
  • そこまでの辛い経験をしてきていない、本や教科書、学校などで勉強してカウンセラーになった方

私なら、迷うことなく前者の方を選びます。

うつ病を経験し、それらを乗り越えてきた人には、人の心の中にある重い課題も見抜くことが出来るようになります。

●何が問題で、どうして心が重いのか?そのように考えてしまうのか?

苦難を乗り越えてきていない人には、到底見抜けないことも、見抜くことが出来るようになります。周りから見れば、一種の特殊能力と呼べるホドまでに。

苦しいうつを克服する過程で、そのような普通の人には見えない能力までもが備わるのです。

うつ病で苦しんでいる方は、そのような素質を持っている。また、そのような素質を持っているからこそ、「うつ病」という大きな人生の試練を与えられているのだと経験からもそう実感しています。

そして、その試練は乗り越えられる人にしか訪れない。と言われますが、私もそう思います。

うつを経験し、自分が苦しんだから、悩みに悩み苦しんだから、だから人を救いたい!と思うことが出来、それを実現しようと情熱を、命を燃やすことが出来るのです…

きっと、今以上に心も体も強くなれるはずですから。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法

 >> 前回の記事「 うつを経験した人は強くなる人が多い訳」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)