うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。


テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 最新記事は、この記事のにあります。

こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(146)

テーマ:
・引き続き、うつ病の薬は今すぐ止めた方が良いのか?お答えします。

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、前回に引き続き、読者さんから頂いたご質問「 うつ病の薬は無理に止めなくても良い? 」 について、更に言及して行きたいと思います。

うつ病の薬の服用に関しては、必ず担当医の方とご相談しながら進めて下さい。

まず、前回では、うつ病の薬の作用や効果についてお伝えしました。

そして、最後には、「 うつ病の薬は無理に今すぐ止めなくても良いこと。なぜならば、長年うつ病の薬を服用し続けている方は、薬を辞めること自体に不安を抱かれるからです。」

このあたり、さらに詳しくお話しして行きたいと思いますので、いま現在うつ病の薬を服用されている方は、お読み頂きたいと思います。


当院にも、薬を服用されながら来院される方もいます。

私自身は、ブログでもうつ病の薬は“苦(く)をすり替えるだけで、根本治療にはならない。対症療法(症状を抑える)にすぎない”なので、うつ病の薬の服用は、オススメしていません。

ただし、だからといって、うつ病の薬はスグに止めた方が良い。という訳ではありません。

特に、長年うつ病の薬を服用されている方が、急にうつ病の薬の服用をやめてしまうと、断薬症状が現れ苦しむことになる可能性もあります。

また、頭痛薬にしても痛みどめもそうなのですが、長年飲み続けていると 薬に依存していることもあり、薬の服用をやめることに不安を抱くこともあるからです。

ですから、うつ病の薬をスグに止めるのではなく、そういった不安を取り除きながら、担当医との相談の上、徐々に薬の量を減らして活きながら、最終的にはうつ病の薬を止めることを目指していくことが賢明だと考えます。

うつ病の薬を止めることへの不安がなくなると、薬を減らすことも、止める方向で進めていくことも楽になってきます。

そう。自然とうつ病の薬への依存心を手放すことができ、かつ、薬も楽に手放すことが出来るようになります。

逆に、これが「うつ病の薬を止めよう!止めよう!」と思うと、かえってプレッシャーとなって止められなくなります。これは、


それによって、イライラやストレスが増え、症状が悪化してしまう可能性もあるため、「 うつ病の薬は無理に今すぐ止めなくても良いこと。まずは、不安をなくすことが先決だ。」ということを理解しておくと良いかと思います。


うつ病の症状は、治ろうとしている状態。

皮膚の湿疹、かゆみ、高熱、風邪症状など、様々な症状が現れます。

一見すると、これらは 「 悪いモノ 」 と思われがちですが、実は、そうではありません。
しかし、一般的には 「 悪いモノ 」 と思われているため、これらの症状を消そうとして薬などが処方されます。

ですが、高熱の時などが分かりやすいかと思いますが、熱を出すことで体内の病原菌をやっつけよう、闘っているため熱が出ているんですね。いわば、自己治癒能力が働いている証拠です。

高熱にしても、うつ病の症状にしても、治ろうとしている状態と言えます。

風邪を引いて熱が出るのも、体の免疫システムが正常に働いている証拠です。

悪いモノを食べてえ下痢を起こすのも、悪いモノを体外に排出しようとしているからです。

このように、症状が現れている。ということは、自分で治そうとしていることなのです。

ですが、現代の医学はうつ病の薬によって、これらの症状を無理やり抑え込んでしまっている状態であり、治す力さえも奪ってしまう可能性もあるのです。

ですから、うつ病の薬を飲んでも思うように回復せず、結果、何年もうつ病の薬を飲み続けている人が多いと、私はそう考えます。

このあたり、かなり大切な部分ですから、次回も詳しくお話しして行きます。
それでは、最後までお読み下さり ありがとうございました。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「【質問】うつ病の薬は無理に止めなくても良い? 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
うつ病の薬は今すぐ止めた方が良いのでしょうか?

こんにちは。かねもと鍼灸整骨院 院長の金本です。

さて、今回はいくつかご質問を頂いた内容のうち、以下のご質問についてお答えして行きたいと思います。

■質問内容■
いま現在、うつ病の薬を飲んでいるのですが、薬はスグに止めた方が良いでしょうか?

うつ病の薬は、副作用もあること。また、症状を抑えるだけの対症療法にすぎないため、皆さんも、出来れば薬を飲みたくない。けれども、症状が辛いら仕方なく薬に頼っている…。というところもあるかと思います。

このご質問に関しまして、個人的な結論から言えば、以下の通りです。



うつ病の薬の目的。

私はお医者さんではありませんので、うつ病の薬の専門的な知識は省きますが、そもそも、うつ病の薬は神経伝達物質のバランスを整えることが目的。だと、言われています。

というのも、医学的には 「 うつ病は脳の神経伝達物質が原因である。」 と考えられているからです。

そう。脳内には感情や間隔に関わる神経があります。

たとえば、各それぞれの神経細胞からは、以下の神経伝達物質が分泌されています。

■主な神経細胞と神経伝達物質■
  • 興奮系の神経細胞:ノルアドレナリン、ドーパミン、アセチルコリン、グルタミン酸などを分泌
  • 抑制系の神経細胞:ギャバなど
  • 調整系の神経細胞:セロトニン

■興奮系の神経細胞■
上記のそれぞれの神経伝達物質がバランスよく分泌されると、私たちは 「 やる気が出たり 」「 元気が出る 」 「 とても気分が良い 」 という状態になります。

逆に、神経伝達物質の分泌が不足すると、やる気が低下したり、気分が沈んだり、活力が失われていきます。

■抑制系の神経細胞■
「 ギャバ 」 という名前をご存知の方も多いかと思いますが、ギャバは脳が興奮し過ぎないよう歯止めをかける、ブレーキの役割を担っています。

それによって、興奮系の神経のバランスを取る バランサーの役割を持っています。

■調整系の神経細胞:■
セロトニンは医学の世界ではよく、「 うつ病はセロトニンの不足が原因だ!」 と言われています。

これらの神経伝達物質のバランスが乱れると、心と体のバランスが崩れ、以下のような症状が現れるようになります。

・何でもないことでもイライラしたり、怒りっぽくなる。
・やる気がなくなる。
・悲しみ、不安や恐怖に苛まれる。

などなど、うつ病の薬は、これらの神経伝達物質のバランスを整える目的で使われています。

実際に、うつ病の薬で症状が緩和されることもあることから、神経伝達物質のバランスが崩れていることも影響しているのでしょう。


しかし、神経伝達物質の乱れがうつ病の原因ではありません。

なぜならば、もし神経伝達物質の乱れがうつ病の原因であるならば、薬を飲めば治っているはずだからです。

確かに、中には薬で治った方もおられるかも知れません。

しかし、現状では何年もうつ病の薬を飲み続けているものの、あまり芳しくない…という人が圧倒的に多いのです。

医学的には、「 神経伝達物質のバランスの乱れがうつ病の原因である。」 と考えているお医者さんも多いです。

ですが、私自身うつ病になった経験から、また自身のうつ病を改善した経験、更には、患者様のうつ病を改善へと導いたことからも、神経伝達物質のバランスの乱れは二次的なことであること。

■それ以前の要因として、■
  • 精神的なストレスからくるもの
  • パソコンや日常の姿勢からくるもの
  • ムチウチなど外傷からくるもの
  • 顎関節のユガミからくるもの
  • 喘息や鼻炎からくるもの
  • 呼吸からくるもの
  • 眼精疲労からくるもの

これらが首こりを招き、首の中を通っている血管や自律神経を圧迫し、結果、神経伝達物質のバランスの乱れを招いている。と考えています。

ですから、うつ病の薬を飲むだけでは、うつ病は本当の意味では改善しない。と見ています。

ちょっと話が長くなってしまいましたので、次回に、「 うつ病の薬は無理に今すぐ止めなくても良いこと。」 その理由を、お伝えして行きたいと思います。

結論から言うと、


詳しくは、次回にお話しします。
それでは、最後までお読み下さり ありがとうございました。

 >> ご家庭で自律神経のバランスを整え心身の不調を軽減する方法
 >> 前回の記事「 うつ病で外出したくない時に読む内容 」

金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)