うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06

テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 うつ病治療法の最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(96)

テーマ:
うつ病の睡眠障害:家族にできること。

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、うつ病になると規則正しい生活ができなくなり、
重症の場合は、日常生活に支障がでてきます。

そのため、ご家族の方は、以下の3つのポイントについて
サポートしていくことが必要になります。

・休養
・食事
・睡眠


特に、心身ともに疲れ果ててしまった状態の初期の頃は、
休養はとても必要になります。

しかし、うつ病の時は、不安や心配事、睡眠リズムの乱れから
布団の中に入ってもなかなか眠れなかったり、かと思えば
15時間以上も寝すぎてしまったり…など、


うつ病は睡眠障害に陥りやすいのです。

それによって、1日中布団の中で過ごしてしまうことも
あれば、午前中ずっと寝続ける、夜眠れず中途覚醒したり、
いつもよりも早く目覚める早朝覚醒も見られます。

このようにうつ病の睡眠障害に陥ると、症状がさらに
悪化してしまい、昼夜逆転を起こすことも少なくありません。

うつ病の回復期に入ったら、日中は起きて作業や運動を
したりするなど、規則正しい生活
を目指していけるよう、

 ・朝起きたら日光をあびる。
 ・日中は適度な運動をおこなう。
 ・バランスの良い食事をする
 ・お酒の量を控える
 ・大きな決断は後回しにする


など、ご家族の方はサポートするようにしていく
ことが必要です。


特に治療中は、お酒を控えること。

というのも、ストレスが溜まると誰しもお酒の量は
増えるものですが、うつ病の時も同じです。

お酒の量が増え、家族からいろいろ言われ、さらに
ストレスがたまり、お酒に逃げてしまう…

その結果、量が増えてしまい抜け出せなくなる。
という悪循環に嵌ります。

回復期はとくに、甘いものを食べたくなったり、
過食になったり、お酒を飲んでしまう時期ですから、
余計にでもご家族の方は、食事の管理・サポートが
大切になってきます。

うつ病は睡眠障害に陥りやすく、アルコールはさらに、
睡眠障害を助長させてしまいます。

睡眠の質を下げたり、肝臓に負担がかかり休んでいても、
体は消耗し 休んでも休んでも疲れがとれない…


ということにもなります。


薬を服用しているならば、薬の作用が強く表れてしまったり、
逆に、薬の効果が薄くなったりする危険もあります。

ご家族の方は、これらのことに気を付けながら
サポートしていくことが大事になります。

うつ病の睡眠障害が現れている状況下で、休息、睡眠、
食事のサポート、アルコールを控えるようにするなど
とても難しいこともあるかと思います。

サポートをする過程で、もしわからないことや困ったことが
あれば、一人で悩まず、主治医や専門家の方に相談するとよいです。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「うつ病の原因を家族同志で探らない」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
うつ病の原因を家族同志で探らないこととは?

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、よくうつ病の方に言葉をかけるとき、
励ましの言葉は禁句である。と言われるが、なぜ、禁句なのか?
その理由と、必ずしも励ましの言葉は禁句ではないこと。

励ましの言葉を使って良いとき、悪いときをお伝えしました。

このような励ましの言葉以外にも、やってはいけないことがあります。


それが、うつ病の原因を家族同志で探らない。

ということです。

ご家族の中にうつ病に陥った方がいれば、誰々が原因で
うつ病になったのではないか? ●●のせいだ!など、
疑ったり、責めたりしてしまいがちです。

しかし、そういった原因探しをしても、家族関係がどんどん
悪化してしまうばかりで、うつ病が治るわけではありません。

また、うつ病になった原因を、過去にまでさかのぼって
探ることも、かえって後悔の念に苛まれるだけで、
解決にはならないので、避けるべきです。

仮に、うつ病の原因を家族関係にあったとしても、
その原因だけで症状が悪化するわけではありません。

原因と、結果の間にある道程、つまり、悪循環に陥っている
悪い流れによって、うつ病は悪化していきます。


ですので、うつ病の原因を家族同志で探すのではなく、
その悪い流れを断ち切ることが重要になります。


ですから、まず、悪循環を発見することが大事。

たとえば、分かりやすい例でいけば、姑問題を抱えている
人がいると仮定します。

するとお嫁さんは、日頃のうっぷんを晴らすために
お酒を飲んでいるとします。

しかし、お酒はうっぷんを晴らしているように
錯覚させているだけで、飲酒は、根本的なストレス発散
にはなりません。

そのため、次第にお酒の量が増えるだけでなく、
お酒が入ると暴力的になったり、暴言を吐いたりするなど、
どんどん悪循環に嵌っていきます。

その様子をみかねた家族は、お酒を辞めさせようとしたり、
お嫁さんに向かって誹謗中傷を浴びせる。

すると余計に、お嫁さんはストレスを感じ、さらに
お酒の量が増える。

そして、ますます家族もその様子に嫌悪感を抱き、
お嫁さんを攻撃するようになる…

といった、負の無限ループに陥ることになるんですね。


そのため、このような悪循環の流れを変えなければ、
薬物療法やいろいろ治療法を試しても、一時的に症状が
軽くなるだけで、根本解決にはなりません。

たとえ、回復したとしても、再発するのは火を見るより
明らかです。

もし、うつ病の原因を家族関係にあるならば、家族間で
原因(犯人捜し)を探すのではなく、このような

「 悪循環がどこに出来ているのか?」

を探し出し、その流れを変えることが重要になります。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「うつ病への励まし方:○と×」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)