うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06
NEW !
テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 うつ病治療法の最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(99)
NEW !
テーマ:
立ちくらみの原因と予防法をお教えします。

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、これまで、うつ病や 自律神経失調症の症状の方の中には、
不眠症に悩まされている方もいること。その原因と対策法を
ご紹介しました。

今回も、うつ病や自律神経失調症の症状の1つ、
立ちくらみの原因と予防についてお送りしたいと思います。

もしあなたが、立ちくらみで悩まされているならば、今回の記事の
内容がお役に立つかと思います。


立ちくらみの原因を知ることで、予防法も分かる。

よく、椅子から立ち上がろうとしたり、しゃがんでいる態勢から
立ち上がろうとしたとき、くらくらした経験があるかと思います。

特に、うつ病や自律神経失調症の方は、自律神経のバランスが
乱れているため、立ちくらみをよく起こしやすいと言えます。

ヒドイ方は、立ちくらみによって倒れてしまったり、
倒れた時の記憶がない方もいます。

これらの立ちくらみの原因は、自律神経の乱れによる
血管の収縮障害
だと考えられています。


寝ている時、あるいは、座っている時と、立っている時とでは、
頭の位置が違いますよね。

たとえば、座っている時の頭の高さが120cm。
椅子から立ち上がった時の頭の高さが170cmと仮定します。

この場合、座っている時と、立った時の頭の高さは50cmほど
高くなるため、身体は血液を50cmほど、高く持ち上げないと
脳に血液を送ることが出来なくなります。


脳は、血液から送られてくる酸素や栄養素で活動していますから、
血液が不足すると、立ちくらみを起こす原因になります。

通常は、自律神経がうまく働いていれば、自動的に、頭の位置の
高さ分を補うために、血圧を上げて血液を運んでいます。


寝ている時の血圧と、立った時の血圧が違うのは、このためです。

しかし、うつ病や 自律神経失調症の方は、自律神経のバランスが
乱れているため、血圧を上手くコントロールすることが出来ません。

そのため、立ち上がった時に血圧を瞬時に上げることができず、
ジワジワと遅く血圧が上がるため、それによって立ちくらみが
起こりやすくなるわけです。


うつ病や自律神経失調症で起こる立ちくらみは、
低血圧症によって起こる立ちくらみとは違って、

身体の動きによって血圧を瞬時にコントロールする機能が
低下している状態
です。

時々、立ちくらみが起こる程度であれば、問題ありませんが、
もし、頻繁に立ちくらみが起こるようであれば、それは、
自律神経の乱れが原因かもしれません。

もし、自律神経の乱れが原因で起こっているならば、
以下の動画で公開している方法を試してみて下さい。

 >>自律神経のバランスを整える方法を動画で解説


自律神経のバランスを整えることができるため、心身の不調を
軽減することも可能になり、立ちくらみの予防にもなります。

 >>前回の記事「不眠症の原因が不安による場合の対策」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
不眠症の原因が緊張・不安による場合の対処法

こんにちは。金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、うつ病にしろ、自律神経失調症にしろ、多くの方に
見られる症状の1つとして、不眠症が挙げられます。

あなたも、眠りたいのになかなか寝付けない、布団の中に
入っても目が冴えて寝られない…などなど、そのような
悩みをお持ちだと思います。

このような不眠症の原因には、以下のようなことが考えられます。

・自律神経のリズムの乱れ
・緊張や不安によるもの



このうち今回は、「 緊張や不安によるもの 」からくる
不眠症について
、言及していきたいと思います。

尚、不眠症の原因が自律神経の乱れからくるものであれば、
以下の動画の方法で、軽減するケースもありますので、
お試しください。

 >> 自律神経の乱れを改善する方法を動画で解説!


緊張や不安による不眠の2つの要因

不眠症の原因のうち、緊張や不安によるものの要因には、
以下の2つが考えられます。

1.日中に過度な緊張や興奮をしたこと

2.明日や将来について、過度に緊張や興奮、または、
  不安を抱いているとき。


などが考えられます。

布団に入ると、ふとあれこれと考えてしまって、不安や恐怖を
感じてしまい、興奮してしまって眠れない状態。

これは、うつ病や自律神経失調症ではない方も、1度は経験を
されたことがあるかと思います。


不眠症の原因1:日中に過度な緊張や興奮をしたこと

これらは、日中に過度な緊張や興奮しすぎると、その緊張や
興奮が夜になっても続いていることもあるため、いざ布団の
中に入ると、ついそれらの事を考えてしまいガチです。

受験、仕事、経済的なことで、大きなストレスを受けると、
身体や頭は疲れていても、交感神経が優位に働いているため、
身体は活動している状態になります。

そのため、疲れているのに眠れない…ということになるんですね。

これらは、大事な試験を明日に控えた前日や、大事な大会を
控えた前日の日などは、特に経験された方も多いと思います。

しかし、それらを過ぎると、通常の睡眠のリズム、寝つきの良さに
戻るのですが、うつ病や自律神経失調症の時には、心身のバランスが
乱れているため、時間が経過しても なかなか元には戻りません。


不眠症の原因2:将来への不安や恐怖

たとえば、リストラの可能性のある会社に働いている場合、
自分がリストラの対象になっている可能性が高ければ、
不安で不安で 眠ることさえもできないと思います。

逆に、楽しいことで興奮している場合も、同様に起こります。

ディズニーランドが大好きなお子さんの場合、明日 ディズニーに
行くとなったら、楽しみで楽しみで仕方がなくて、興奮して
眠れないような場合を言います。

将来 ( 明日 ) が不安で仕方がない場合、逆に、楽しみの
あまり興奮してしまった場合、

興奮からねかなか寝付けず、朝方になってようやく眠り、
かと思えば、あっという間に朝になっていた…

とか、朝寝坊してしまって遅刻してしまった…

というケースもあるかも知れませんね。


これが、後者、つまり、楽しみで仕方がない場合は、一時的で
済みますが、仕事のこと、経済的な不安や恐怖からくる
不眠であれば、一時的でなく、慢性化する可能性もあります。

ただ、はじめの内であれば、不安、恐怖の問題がクリアすれば、
回復します。

どちらにおいても、寝る時には副交感神経 ( 休息の神経 ) が
優位に働き、心身がリラックス状態となり、眠りにつく。

のが通常ですが、不安や興奮していると、交感神経 ( 活動の神経 )
が優位になり、不眠となります。


もし、あなたの不眠症の原因が、緊張や興奮、不安、恐怖ならば、
以下の方法を行ってみて下さい。

負のストレスが軽減され、不眠も改善する可能性があります。


 【不眠症の原因が、不安や興奮である場合の対処法】

 1.不安、恐怖、緊張している事柄を紙に書き出す。
 2.それら1つ1つに対して、考えうる対策を書き出す。
 3.今できることから、1つ1つ行動に移していく。



そうすることで、不安や恐怖が軽減され、さらには、対策を
行動に移していくことで、問題を1つ1つ解決していくことが
できれば、不眠症も改善されます。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「うつ病は家族の考え方を変えるチャンス」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)