うつ病治療法 │ 1日30分でうつを克服する最新治療法

うつ病治療法専門 かねもと鍼灸整骨院です。口コミで広まり 述べ1万人を改善へと導いた うつ病治療法を公開しています。只今、動画にて30分後には心身の不調を軽減させる方法を公開していますので お試し下さい。

うつ病治療法無料体験

うつ病の原因01 うつ病治療法02 うつ病の人への接し方03
職場復帰へのポイント04 適応障害治療法05 目次一覧06
NEW !
テーマ:
うつ病治療法・パニック治療法を動画で公開しています。

 うつ病治療法の最新記事は、この記事のにあります。


こんにちは、金本です。
今日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます!

私どもは、カウンセリングなどの“心”から治療を行うのではなく、
体からアプローチしていく、うつ病治療法を 行なっております。

なぜなら、心と体は繋がっているからです。

そのため、“心”というとても繊細で 難しい部分から治療して
いくのではなく、身体。つまり、改善の変化がとてもわかり易く、
かつ、癒しの効果も得られやすい。

その癒し、改善の変化を体験して頂くことにより 心も癒していく。

その治療理念のもと、うつ病や パニック症といった
一般的には“心の病”と呼ばれる症状の改善に努めております。


ここでは、うつ病治療法・パニック治療法を
動画を用いて お伝えしたいと思います。


動画ですので、見ながらただ真似するだけで自力でできる
と思いますので、ぜひ、実践して欲しいと思います。継続して
実践して頂けるならば、その効果をご体感頂けると確信しています。

それでは早速、うつ病治療法の動画をお伝え致します。


うつ病治療法の動画をお伝えする前に、
まず、とても【重要】なことをお伝えいたします。

というのも、これまでブログでお伝えしてきました通り、

頚部の筋肉の緊張がおきると、頭部の血液や脳脊髄液の流れが
悪くなり、自律神経のバランスが悪くなります。

その結果、セロトニンや ノルアドレナリンなどの、
脳内の神経伝達物質の働きが悪くなると考えています。

うつ病を必ず治すんだ!という意欲を持ちながら、

うつ病治療法を行うと同時に、改善したら、やりたい事、
目的や夢などを イメージしながら取り組まれて下さい。


また、うつ病治療法を実施される前に“注意点”があります。
それは“厳禁動作”です。


真面目、几帳面、凝り性、気を使う性格の方に多いのですが、
肩を上げて 猫背になる事は、いくらうつ病治療法を行っても、
すぐにコリが出来ますので、絶対に避けて下さい。

この「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」がクセになって
いる人は、睡眠中も、この動作になる場合があります。

そのため、いくら寝ても疲れが取れない状態になるのです。

解決策としては、下記のうつ病治療法の動画の方法を
行いながら、起きている時間のクセを治すことです。

そうすることによって、睡眠時に そのクセが出にくくなるのです。
緊張時や寒い時も、この厳禁動作は出やすいと考えています。
(冬季うつの原因と考えています。)

仮に、“厳禁動作”をされない方であったとしても、
今からお伝えするうつ病治療法は、全ての方が行って下さい


とはいえ、「肩を上げて猫背になる“厳禁動作”」と言っても、
イメージが湧かないと思いますので、下記の動画の中で、
その“厳禁動作”をご説明しておりますので、ご覧下さい。

同時に、うつ病治療法もお伝えしておりますので、
まずは、下記の動画で公開している自力でできる うつ病治療法
から取り組まれることを、お勧め致します。


厳禁動作

1分10秒ぐらいから“厳禁動作”の説明をしています。




【日常の姿勢】

背中や腰を丸める姿勢をしている場合は、体の軸が真っ直ぐに
なる姿勢にしましょう。

頭のてっぺんから、ヒモで引っ張られている事を
イメージすると良いでしょう。

理想的な姿勢とは、生理的な前わんがあり、
首と腰が前わんしている姿勢です。

美骨枕や バスタオルを使ってイスに座ると、
キレイな姿勢を保つ事ができます。


この他にも、うつ病治療法を動画で公開しておりますので、
下記の動画の真ん中にある「▼」の矢印のボタンをクリックして
ご覧ください。

音が出ますので 音量を調節して再生ボタンを押して下さい。

うつ病治療法~肩と首の指圧編~▼




うつ病治療法~ストレッチとマッサージ編~▼
こちらは、今までのブログでもお伝えしてきた動画です。




少しでも、上記のうつ病治療法の動画がお役に立てましたら
嬉しく思います。

それでは、今日も最後までご覧下さり ありがとうございました!


金本 博明


PS:
   現在、延べ1万人( ※2014年1月時点 )の うつ病・パニック障害
   の方を 改善へと導いた、改善率95%の治療法を“完全ノーリスク”
   で あなたもご体験できます。
   >> 詳しくはコチラ
いいね!した人  |  コメント(98)
NEW !
テーマ:
うつ病:自助グループの活用について

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、薬の管理方法について言及して参りましたが、
今回は、うつ病の自助グループの活用についてお送り致します。

うつ病の治療において、休職・休学をしていると
社会から孤立している感じを受けたり、私もそうでしたが、
実際にそのように、感じている方も多いことでしょう。

また、ご家族の方も ご家族の誰かがうつ病に陥ると、
どうしても、友人やお客さんの来客を 避けるように
なってしまい、周りとの関係が希薄になりがちです。

そのため、うつ病ご本人も、ご家族の方も孤立までは
いかなくても、それに近い感じを受けてしまいかねません。

そこで、うつ病の自助グループを活用するなど、外に
助けをどんどん求めていくと、同じ悩みを共有することが
できため、大きな心の支えになる。


ご家族の方の負担が大幅に減るため、ご家族同士の関係も
悪化しにくくなり、うつ病回復に大きな手助けにもなります


うつ病の自助グループの活用

うつ病の治療において、ご本人だけでなく、ご家族の方も
病気に関する悩み、問題を抱え込んでしまいガチです。

それによって負の感情が蓄積し、お互いが口撃しあったり、
それによって、家族間の関係もギクシャクしてしまいかねません。

そのような問題や悩みを、なかなか周りに打ち明けたり、
相談することも難しいと思います。

そこで、外部の組織や、制度を活用する。

それによって、ご家族の心身の負担を軽くすることも
可能になります。

その1つが、うつ病の自助グループの活用です。


これは、うつ病を経験したご本人や ご家族が自主的に
運営している活動で、「家族会」というものもあります。

うつ病の日常的なケアや、悩み、問題などの相談や、
社会復帰に向けてのアドバイスなどをもらうことが出来ます。


どのアドバイスも、実体験から出るアドバイスなので、
参考になったり、悩みや問題の解決のヒントになったりします。

何よりも、悩みを共有することができる、理解してくれる
人たちが集まっているので、心の支えになることが大きな
メリットだと言えるのではないでしょうか?


うつ病治療中は、ご家族の方も孤独感にさいなまれることも
あるかと思いますので、うつ病の自助グループを活用する
ということは、そのような心身の負担を軽くすることも可能です。

やはり、理解してくれる人、悩みを共有することが出来る人、
そのような場があることは、何よりも心の支えになりますし、
希望を持ち続けることが出来ますから。

辛い思い、悩みを抱え込んでしまった時には、一人で、また、
ご家族内だけで抱え込まずに、ぜひ一度、うつ病の自助グループ
または、家族会に参加してみるのも1つの方法です。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「うつ病の薬を管理できません【質問】」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
・ご質問:うつ病の薬を管理できないのですが…

こんにちは、金本です。
本日もご訪問くださり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、うつ病で学校や職場を休むときに
気を付けるべきポイントをお伝えしました。

今回は、時々、ご質問をいただく
「うつ病の薬の管理」についてお送りいたします。

尚、個人的には、うつ病の薬はオススメしません。

なぜならば、薬(く)を楽にするだけであって、
うつ病を治すものではないからです。


また、病院に受信して、一度薬を飲み始めると
依存的になってしまったり、薬の量がどんどん増えていき、
薬漬けになってしまう可能性も高い
からです。


ただし、うつ病か、どうか、は、病院に受信しなければ
分かりません。もしかしたら、その症状は、何らかの
病態が原因かもしれないため、病院で検査を受ける。


ということは、他の病気が関係しているか、どうか、
を知るだけでも価値があります。

とはいえ、ご質問のように、既にうつ病の薬を服薬して
いらっしゃる方も多いでしょう。

そんな場合、処方されたうつ病の薬を指示どおりに
飲み続けたり、服薬管理をすることは難しいことです。

では、どうすれば管理することが出来るのでしょうか?


うつ病の薬を上手に管理するためには…

まず、うつ病で薬を飲んでいる時、薬を飲んだのか、どうか、
分からなくなることは、良くあります。

これは、うつ病の薬でなくても、良くあることでしょう。

そのため、ご本人だけでなく、ご家族の方や周りの方が、
チェック表を作るなどして、確認する必要があります。


また、うつ病の薬には副作用がありますから、ご本人が
「副作用がつらい」と感じたら、ご本人の判断で
薬を飲まない場合もあります。

そんな時は、すぐに主治医に「副作用が辛い」ことなどを
相談するのが得策です。

そこへ無理してご本人に、薬を飲む必要性を説明しようと
すると、余計につらいです。

ご本人も、納得もしずらいでしょうし、何よりも、
「副作用の辛さが分かるのか!」と気分を逆なでしてしまう
可能性もあります。

ですので、うつ病の薬の副作用がつらいときは、すぐに
主治医に相談してください。


うつ病の薬が少しでも効いたならば、

少しでも薬で改善すると、安心や油断から、薬を飲まなく
なったりするときもありますが、薬を急に中断してしまうと
禁断症状が現れることもあります。

既に服用している方は、必ず主治医と相談のうえ判断して
いただくよう、宜しくお願い致します。


そして、薬以外のうつ病を改善する方法などを取り入れながら、
将来的にはうつ病の薬から脱却できるよう、徐々に薬を減らす
方向で主治医と計画的に進めていく。

それらを、ご家族の方もサポートしてあげて行くと良いと思います。


もし、うつ病の症状が身体症状が先で、そのあとに精神症状が
現れたのであれば、
以下の動画の内容が症状の改善に役立つはずです。

 >>30分後には、うつ症状が軽減する方法を動画で解説

 >>前回の記事「うつ病で休む時の注意点【其の2】」


金本 博明
いいね!した人  |  コメント(0)