-ももふく的朝ごはんの記録-

インスタグラムから直接飛ばして貼ってます。見難いかと思います。スミマセン。コメントありがとうございます。お返事ほぼできてません。重ね重ねスミマセン。


テーマ:
◆ A型看板の作り方

ごきげんよう。ももふく田辺てす。
暑いですね。すっかり夏。ちがう?でも、梅雨明けはすぐそこ、と思います。
さて炎天下の下、ワタクシ、看板作りに励んでおります。
手作り看板。
せっかくなので「木製看板は、こんな感じにつくるのだぞ」という手順を書いておくことにいたしました。たまに、聴かれるので。

作家もの和食器の店 小田急線・JR 町田駅徒歩10分 -うつわももふく- 手作り看板日記。
まず、材料を用意します。
全てホームセンターで揃います。
まず板材。
幅90×厚み20又は15×長さ1000×(ミリ)を4本、幅140×厚み20又は15×長さ900(ミリ)という、杉材かパイン材の板を5枚、用意。そして900ミリの板は、半分にカット、450ミリしてもらう。

作家もの和食器の店 小田急線・JR 町田駅徒歩10分 -うつわももふく- それから、スクリュー釘、蝶番、あおり止め、板に塗る塗料(オイルステン)、刷毛、塗料用のバケツを用意。
以上が材料。

作家もの和食器の店 小田急線・JR 町田駅徒歩10分 -うつわももふく- 買ってきた木材に、塗料を塗る。
天気のよい日に2度塗りが基本。
塗るときは、汚れてもよい格好+ゴム手袋でどうぞ。意外と塗料は飛び散ります。
あぁ、塗装をする材木は、少し表面が荒れているタイプがおすすめです。そのほうが塗料の乗りがよいです。
今回、つるつるのものをそのまま塗ってしまったので、失敗だぁ・・・。
つるつるの場合は、サンドペーパーで、表面を少し荒らしてから塗装するほうがよいですね。
さて、オイルステンは木目を生かした着色ができる塗料です。安いのは「キシラデコール」。「オスモ」とか「リボス」は植物性で塗りもよいけれども、高いので、外用看板程度なら「キシラデコール」で十分。
が、もしウッドデッキなどを塗る場合は「リボス」の「タヤエクステリア」がおすすめです。発色がよく、塗りも美しくできますですよ。
塗ったらとりあえず、しっかり乾燥させます。
次回、組み立て。
明日以降につづく。

お知らせ。
お待たせしました。非常に評判のよい、中川政七商店の「花ふきん」再入荷しています。今回はめずらしく色のあるものも取り寄せてみました。贈り物にもどうぞ~。


陶芸家の作る和食器の店 -うつわももふく-
小田急線町田駅西口より徒歩10分
JR町田駅北口より徒歩8分
営業時間:12時~19時
日・月・祝 休
店への道順
最新入荷情報
ももふくオンラインショップ

お問い合わせは
お電話 042(727)7607
営業時間 12時~19時
メールでのお問い合わせ

〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14-101




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ももふくさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。