産後うつコラム

親がうつでも子は育つ。
でもやっぱり、できれば母親が笑顔の方がいいよね♪


テーマ:
産後うつになると、
ダメダメ人間」に気づかないうちに、なっていく。

とにかく、普通にできていたことが、
なんだかとっても億劫で、
ハードルが高く感じられて
「私にはできない!」
「ムリ…」
「ダメだ」
と一つ一つ、できなくなっていく。

最初、自分に何が起こっているの?
というのがわからず、戸惑った。

まず、朝、布団から起き上がれなくなった
朝方から目を覚まし、
まだいいか…と布団の中で待機するのだが、
時間になっても起き上がることができない。
胸がぞわぞわと苦しく、心細く、
自分がバラバラになっていくような感じ
で、
自分を束ねなきゃ!と思うのだが、それができない。
たとえば休日の朝の、
「起きたくないなぁ、もっと寝ていたいなぁ」と
ごろごろしている時とは、それは全く違って、
重苦しくつらい気分だった。

やっとのことで、起きると、
顔を洗ったり、髪をとかしたり、着替えたり、
そういう無意識にやってきた朝の一連の行動が、
ひとつづつ引っかかって
億劫でたまらなくなり
これも自分にはっぱをかけて、やっとなんとかできる感じ。
両手両足に重い球がついているようだった。

それから、朝食の準備
ミルクをあたため、カフェオレを作り、
フルーツを切ってヨーグルトを入れ、
パンを焼く。
毎日決まったことで、
とくべつ大変なことは何もない。
それが、息が切れるほど大変に感じられる。
それでも、夫を送り出すため、なんとかこなす。

朝食の準備でさえこうなのだから、
料理なんて、もうハードルが高くて、
冷蔵庫の前に座り込む。
これならできそう、と献立を決めて作業を開始しても、
なんだかうまく手を運べない。
そして、途中で「ムリだ…私にはできない…」と
中断してしまう。

育児でも、そうだった。
赤ちゃんが泣いたら、
おむつを替えたり、ミルクをあげたり、
抱っこしてあげたり、色々やるべきことをやればいいだけなのだが、
「どうして泣いているの?」と途方に暮れて、
ただおろおろして、何も対処できない。

実家にいた頃は、母たちがなんでも私より先に
手を出して、赤ちゃんの世話をしてくれたし、
または、私に指示を出してやるべきことを言ってくれた。

それが、自宅に戻ってからは、
自分でなんでも判断し、決断し、動かなければいけない
それが、とてつもなく大変なことのように感じられ、
「どうしよう…」と悩み、うろたえ、へたりこむ。
実家の母に電話すると、「赤ちゃんと一緒に出ておいで!」と言うので、
支度を始めるが、赤ちゃんをおぶって、電車とバスを乗り継いで、
というのがとても大変で、これまたおろおろして
何時間も行くまでにかかる。

見かねて、母と叔母が毎日のように訪ねてきてくれるようになった。
食事の段取りをしてくれたり、育児の手助けをしてくれたり、
いる間は、話し相手になってくれたりして、
なんとかなる。

でも母たちが帰っていくと、また赤ちゃんと二人きりになるのが
心細くて、苦しくなってくる。

買い物も、苦しかった。
スーパーなんかに行くと、商品や人がたくさんのなか、
歩いて、自分が買うものを選ぶ。それだけで
なんだか息が苦しくなった。

普通の日常生活でさえ、このように大変で、
へろへろになりながらやっとできていたのに、
なにかちょっと違うこと、特別なことをしなくてはならない、となると、
あっぷあっぷして、気が遠くなりそうになった。

出産を機に仕事をやめたので、失業保険の手続きがあったのだが、
職安に行く、というのは、
もうそこへ行く段取りから、無理だと思えた。
見かねて、夫が仕事に行く前に送ってくれたが、
赤ちゃんをおぶって手続きするのに、
泣きそうになってなんとかやった。

運転免許の更新もそうだった。
今から思えば、赤ちゃんを母に預けて、
パッと行ってくれば、なんてことないのに、
それができない。そして期日が迫ってくると、
焦りで「どうしよう…」と途方に暮れる。

出産前は、決して一人で行動できない人間ではなかったはずなのに、
赤ちゃんがひとり増えただけで、
こんなにフットワークが重く、
判断力もなく、身動きが大変になるの?
と不思議でならなかった。

しかも、私には母と叔母という
力強いサポーターが二人もついているのに。
退院してすぐから一人でやっているお母さんもいるのに、
「なんで私にはできないんだろう?」
と思うと、自分が情けなく、ふがいなく、ダメな母親に思われ、
赤ちゃんがふびんで、泣いてばかりいた。

$うつまま日記~産後うつと闘いながらの子育て
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

utsumamaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「産後うつコラム」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。