大阪府能勢町野間西山の今養寺で、国の重要文化財で平安時代後期の仏像「木造大日如来坐像」が盗まれていたことが23日、分かった。府警豊能署が窃盗容疑で捜査している。
 同署によると、21日午前10時ごろ、参拝中の男性が、境内にある坐像の鉄製収蔵庫の扉がバールのようなものでこじ開けられているのを発見。寺の関係者に連絡し、共同管理する檀家(だんか)の男性(65)らが同署に通報した。
 寺は普段無人で、檀家の男性は坐像は20日午前にはあったと話しているという。 

【関連ニュース】
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
伊能の象限儀、国宝に=岩崎家を文化財登録へ
市美術館での国宝展示を事実上断念=「県内開催を最優先に」
市長自ら美術館長に=国宝展示で文化庁に許可要請
文化庁、国宝展示に難色=カビ発生の新潟市美術館

<宮城保険金殺人>妻ら5容疑者を殺人罪で起訴(毎日新聞)
水俣病裁判和解成立へ、国や患者会受け入れ方針(読売新聞)
振り込め詐欺「キング」に懲役20年 東京地裁(産経新聞)
ハイチ「抗争や銃声に緊張」=PKO陸自1次隊長ら帰国-成田(時事通信)
住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが-東京(時事通信)
AD