架空の投資話で現金約9千万円をだまし取ったとして、小杉隆元文相の妻、敬子被告(73)=詐欺罪で起訴=らが逮捕された事件で、警視庁捜査2課は17日、別の詐欺容疑で、敬子被告と元私設秘書の新沼拓郎被告(63)=同=を再逮捕した。同課によると、2人は「お金は返せると思っていた」などと犯意を否認している。

 逮捕容疑は平成18年7月下旬、支援者の会社社長の男性(45)に「パーティー券購入の割当があり、代金を本日期日の小切手で支払っているが、一時的な資金不足が生じて落とせなくなってしまった。近々入金があるので準備ができ次第返する」などと偽り、3千万円の小切手をだまし取ったとしている。

 同課によると、2人は小切手の一部を現金や別の小切手に換え、敬子容疑者の借金返済に充てていた。敬子容疑者の借金は約14億円に膨れあがり、返済に窮していたという。

 同課によると、敬子容疑者は被害者の男性に「事務所の台所は私が預かっている」と説明。その後、事情を知った小杉氏から男性に「お借りしたお金は私が何とかします」と釈明の電話があったという。

【関連記事】
ミス神戸→投資失敗→詐欺容疑 小杉元文相妻の“転落”
小杉元文相の妻ら逮捕 支援者から9000万円詐欺
結婚サイト悪用男、さらに詐取650万円で再逮捕
山内議員元秘書を再逮捕 新たに4千万円詐取容疑
「おまえのために借金」33万円恐喝で男を逮捕
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

口蹄疫 10府県で対策協議会開催(産経新聞)
口蹄疫 拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念(毎日新聞)
東アジア共同体議連が発足=会長に鳩山前首相―民主有志(時事通信)
診療・介護報酬の同時改定に向け全力―日慢協(医療介護CBニュース)
琴光喜関を再聴取へ=賭博関与で警視庁(時事通信)
AD
 会社更生手続き中の日本航空が愛知県営名古屋空港(同県豊山町)に就航する全9路線の廃止を発表した問題で、日航は3日、同県に対し「赤字路線を維持することは困難」と、改めて路線廃止方針を書面で説明した。

 県が提出していた質問書に回答した。日航は廃止基準について「赤字路線を全廃する」としたうえで、「将来の経済成長を前提とした黒字化を見越しての維持は困難」との考え方を示した。【加藤潔】

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎発着の航空券変更など手数料取らず 全日空
デルタ航空:トイレに液体持った中国人 成田に引き返す
雑記帳:成田で日本初「エアポートウエディング」
中部国際空港:ベトナム航空がホーチミン線復活
日本航空:株主優待制度を廃止

首都高で玉突き、7人軽傷=乗用車など6台―東京・江戸川(時事通信)
裁判員裁判 自称「ラインハルト」に実刑(産経新聞)
「淫」「彙」どう教えたら…(産経新聞)
鳩山首相が辞意 議員総会で伝える(J-CASTニュース)
日ハム子会社が不適切表示=業務用水産加工食品で―農水省(時事通信)
AD
 日本相撲協会は2親方の処分などを決めた27日の理事会終了後、陸奥生活指導部長(元大関霧島)らが文部科学省に処分内容などを報告。

 これを受けて文科省の芦立訓競技スポーツ課長は「たまたま表に出た事例について処分しただけで、あまりに協会の主体性が感じられない。他にも同じようなケースはあり得るし、調査が不十分で、処分はまだ完結していないと認識している」とし、維持員席の流通システムの全容を調査し、改めて報告するよう強く求めた。

兵庫県、全生産農家を一斉消毒へ 口蹄疫(産経新聞)
東国原知事「日本の畜産守るため、断腸の思い」(読売新聞)
普天間対応、連立の是非協議=社民が緊急両院懇(時事通信)
埋却地提供「できる限り協力」=口蹄疫で、基地周辺用地―防衛省(時事通信)
米兵の子1人を起訴=路上ロープ傷害事件―東京地検支部(時事通信)
AD