1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
July 24, 2006

vs東京ヴェルディ1969

テーマ:観戦記
丸2ヶ月近く無更新だったことなど何事もなかったかのように通常再開。

●9人のM山形 0-1 11人の東京V
試合の内容を端的に表す出来事あり。
この試合、わくわくキャンペーンだし、山形新聞に観客動員が減ってると書かれちゃったし、相手ラモスだし、いい試合しそうなカードだし、ということで
新規客4人連行成功(喜)
うち3人はサッカー観戦が全く初めてで、モンテはもとよりサッカーにあまり興味なし。残る1人もJ1の試合を数回見ているけど、モンテは全くノーマーク。…よく来て下さいました。
その人たちの、試合直後の感想。

「あんな○○(ピー)ジャッジの後にあんないい試合見せられて、これじゃモンテが勝つ試合見るまで通うしかねーよ!」

なんと一人は、日曜日にさっそくレプユニ購入したそうだ。
試合前に貸したら「これ13,000円?高っけー!」とか言っていたのだがなあ。
つまりは、そういう試合。

細かいところはもういいや。
とにかく選手たちはよく走った。動いた、守った。そして、諦めずに攻めてくれた。言うことなし。

ところでこの試合、久々に北バックで見ていたのだけれど。
通常はゴール裏から聞こえるコールに、まばらな手拍子と数人の声が上がる程度。
しかし、
シミケンコールだけはとてもアツいのはなぜだ(笑)
相手のCKの時とか、ゴール裏より早くコールが飛び出していたぞ。
…シミケン、山形に家買っちゃえ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 29, 2006

vs新潟戦  【サテライト】

テーマ:観戦記
うーじ!はーら!うじはらゴオーーール♪
が、頭から離れなくなる初サテライト観戦@新潟県新発田市五十公野(いじみの、と読みます)。

新潟サポの人から突然「今日氏原来てますか!?」と、話しかけられて始まった今日の観戦。
「はあ、(昨日の試合も出てないんで)いると思いますけど」
タイミングよく、選手がアップのために登場。
「あ、いますよ、ホラ」
「え!?どれですかどれですか!?うわあーーー!」

氏原を見るために手すりから身を乗り出す多数の新潟サポ、氏原の名前が読み上げられると観客席からわき上がる拍手、氏原が選手交代で出てきたときの大歓声。


あまりの人気っぷりに、正直、あっけに取られておりました。
ここまで惚れられるとは、新潟時代はさぞかし素晴らしい活躍をしたのであろうなあ。

山 形 の サ ポ も  こ の く ら い 惚 れ さ せ て み ろ !


△山形も新潟も0点でスコアレスドロー。
・昨日の水戸戦に続き、なぜか新潟とコール合戦開始。「幸聖元気?」「氏原元気?」「微妙な感じ!」(←新潟サポ、苦笑)。しかし、山形のコールをよく覚えていますね、新潟サポさんは。
・元気かどうか教えてもらえなかったけど、中村幸聖、元気に登場。鈴木健太郎も。
・対して山形のスタメン。ジョンミンと坂井がSBって…えええ?
・つまり、「DFが、足りません。力を貸して下さい」。井原さん、手を貸して(泣)
・GKが桜井(山形)vs野澤(新潟)って…。なんかすごいの来たな、オイ。
・とりあえず、桜井はひたすら「タカバー!マサルー!タカバー!マサルー!…ジョンミーーン!!」って叫びっぱ。
・太田が右SBではなくCB。しかも左右のSBの穴を埋めつつということで、なんだかずっとバタバタしていたのが残念。
・たっかばやし!たっかばやし!!は、マークしている相手にボールが渡った瞬間、奪おうとガンガン絡んでくるところが素晴らしかった。
・今日の勝さんは、普通の勝さんでした。
・祐大朗って、たまに素晴らしいモノの片鱗を見せるよね。
・一瞬だけど。小技しようとしてあっさりボール持ってかれたりしてるけど。
・後半。いよいよ新潟サポ待望の氏原投入。
・新潟サポ、氏原のコールを引き継いだ「なーか、はーら、なかはらゴール♪」
・対して山形サポ「うーじ、はーら、うじはらゴール♪」
・新潟サポ「なーか、はーら、なかはらゴーール♪」
・山形サポ「うーじ、はーら、うじはらゴーール♪…?」
・見れば新潟サポも一緒にウジダンス。新潟と山形のチームを超えたコラボレーション完成。
・一瞬、肝心の試合がおいてけぼりを食らっていた(笑)
・で、その氏原。出てきて、ファーストタッチはすごくいい感じ。新潟時代のウジ到来?
・…3回目のタッチくらいから山形の氏原に戻る…
・めちゃくちゃいいタイミングのヘディングも、きれいに外す。
・ゴール前で混戦になっても、野澤がちゃんと防ぎきるのが憎い。
・一方の山形陣営。ペナルティーエリア内で、新潟のFWとほぼ1対1になりかけた桜井。頭蹴っ飛ばされそうになりながらも、果敢な飛び出しでピンチを防ぐ。
・新潟サポも、桜井が憎かろう。
・基本的にたゆーん、とした試合展開だったけれど、後半途中でハヤトが入ってから一気に動きが変わる。
・右サイドを深く深く切り込んで、ギリギリのラインから的確なクロスをあげるハヤト。はっきり言って別格。
・まあ、そこでも最後に決めきれないのがトップチームとあんまり変わらないところですが…。
・と、いうことで点が入らないまま試合終了。

試合の後、幸聖コールしたり(頭下げてくれた。頑張れよ)、健太郎コールしたり(両手をあげてくれた。びっくりした)、山形の選手が淳さんを囲んでいたりと、トップとはちょっと違う、サテライトならではのほのぼのした光景があって面白かったっす。

つか、サテで3000人以上の動員しちゃう新潟って、やっぱすごいわ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 27, 2006

vs水戸ホーリーホックの仮観戦記

テーマ:ブログ
事故傷は季節の変わり目とか気圧にイヤになるくらい反応します(泣)
「なんとかしてくれ!」と医者に駆け込んで、無理矢理なんとかしてもらって、たどり着いた水戸戦観戦。
反動で今、死にそうな顔色(らしい)ですが、結果は

○山形3(林さんと臼井さんとこのこうへいくん、山形ったらようやく当たりのブラジル人FWをつかんじゃったみたいですよのレアンドロくん)ー0水戸ちゃん

これなら満足です。ひゃっほう♪


じゃ、


明日はサテライトの新潟戦に行きますので。(←馬鹿)


てなわけで、4連勝を肴に酒を飲むこともせず、本日はもう寝ます。
明日も勝ちが見られますよう…に…?
(先週の練見のときのシュート練習シーンを回想)

……
………
プロなら枠にシュート飛ばさんかい!そしたら勝てる!!

ではおやすみなさい。 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 21, 2006

サポーターの休日

テーマ:ブログ
風邪でホーム湘南戦休んだヘタレですこんばんは。
東京戦も行く人任せた、な状態。
3連勝の1/3しか見てないんだなー。うっちーのゴールも見逃したなー。
ま、チームの調子がいいならそれでいいや。

そんな東京戦開催の土曜日。
仕事は休み、モンテはアウェイ。映画でも、と思ったら、見たいのは庄内でやってない。
あ、山形市では上映中か。行くか。
(このあたり、天童まではご近所感覚な庄内サポならではの軽さではなかろうか)
上映は18時半頃の1本しかないのか。まあいいや、その日のうちに帰れるし。
(ナイター試合では時々その日のうちに帰れない庄内サポ以下略)
どうせ山形市まで行くなら、ナナビで東京戦見ようかな→キックオフ14時。
あ、ついでに居残り組の練習も、途中から見ようかな→ラグビー場で9時半~。
そんな感じで、
18時半スタートの映画を見るはずが、家を出たのが
朝  8  時  前  。
どこの国の映画館にいくつもりだ、自分。

で、
居残り組のシュート精度の低さに力が抜けたり、
ナナビのスクリーンで、会場にいる知人サポが映ったのを見て喜んだり、
映画館のある霞城セントラルでモンテの試合予告幕を見てはしゃいだりしてきました。
さらに今朝、
仙台戦のチケ取りに朝からコンビニに駆けつけたら、
サポ仲間とバッティングして大笑い。
7ー11では取れなくなってたんね。あせったよ。

試合観戦がなくても、なんだかモンテにまみれた休日でした。


ちなみに、見た映画は「Catch a Wave」。
予想はしていたけど、あんまりにもストーリー読めすぎの青春映画で感動すらおぼえた(苦笑)
波と海を大スクリーンで見るためだったから、内容はどうでも良かったんだけどね。にしても、だ。
でも、ボードからすっころんで波にす巻きにされる感じを思い出して、思わず体が動いたぞ。
というわけで、自分的には堪能でした。

明日からまた仕事。充分リフレッシュしたし、土曜の水戸戦目指して頑張ろ~。
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 16, 2006

【困ったときは】 vs草津戦 【動物と子供】

テーマ:観戦記
広告界のお約束。
このお約束に寄りかかりつつ、楽しく昨日の試合を振り返ってみようじゃないか、なあ奥さん!

本日の前座試合は、モンテディオ山形チャレンジマッチ@小学生のみなさん。
コート半分ずつを使って、2試合同時に開催。
腹ごしらえしつつ、なにげに見ていたら、対戦カードは
→亀城スポ小vsながいユナイテッド
→琢成スポ小vs西根スポ小
亀城&琢成!めちゃくちゃ庄内の子供たちじゃないか!!
そこから飯そっちのけで観戦開始。いや、やっぱ地元には力入るわ。
特に、亀城小GKの女の子が素晴らしい。ピンチとなれば果敢に飛び出し、シュートを受たれても冷静にコースを見切る。しかし、ゴールキックはほかの子に蹴らせる貫禄。あまりの感動に、勝手につけた名前が「小島ちゃん」@元日本代表。
結局試合は引き分けで、周りの子たちがニコニコしながら下がってくる中、小島ちゃん(仮)だけ悔しさをにじませた固い顔。ちょっと、カッコよすぎね?!
「いいよねえ、小島ちゃん(仮)」
「こっち来たらジュース買ってやるのになあ」
感心しきりの庄内勢。ハタから聞いたら単にあやしい大人たちと思われたのではあるまいか。
小島ちゃん(仮)、庄内からなでしこを目指せ!

ここからようやく本題草津戦。
○2(財前、レアンドろん)ー1
・エスコートキッズは宮野浦スポ小、ボールボーイは庄内ジュニアユース。
・完全に「庄内子どもまつり」開催中(喜)
・後は根本(庄内育ち)の出場だけだったのになあ…
・うっちーはCBでスタメン出場
・この日のマッチデーの選手紹介では「かつてのユーティリティプレーヤーも、左サイドバックにポジションを獲得」と華麗に書かれているわけだが。
・しかも試合後半にはボランチまでやったわけだが。
・ユーティリティ、 健 在 。
・開始1分、モンテディオ、あっさり先せ…
・オフサイドか 
・今日も右サイドは大活躍。
・ウェディングゴール狙ってるんだろーなー。ハヤトいいぞ!自分でやっちまえ!
(・今はほかの誰かに頼める状況じゃないもんな…)
・しかしゴールは意外なところから。木村マコがゴール直前まで粘って上がってPKゲット。
・え?蹴るの財前??
・なんだろう、「PKはカズ、三浦カズ」と同じニオイがする…
・きっちり決めたところまで同じニオイがする…
・後半電池切れしてるところまで同じニオイがする…(泣)
・あ、そうそう、先制直後に同点にされたっけね。
・後半、いいシュートはばんばん打つけど、弾かれたり塞がれたりこぼされたり。
・なんで押し込むだけの所に誰もいないんだーー!
・人がいた!と思ったら草津の選手だし。
・うっかり間違えて押し込んじゃった♪を本気で期待したぞ。
・選手交代、竜太投入。
・そうだよ、こういう押し込む系は竜太だよ!
・そしたら押し込むだけシュートチャンス、がっくり減少(大泣)
・そして奇跡 か 嵐を起こす男、秋葉勝投入。
・入ってすぐボールを追いかけ回し、すかさずいいクロス上げて、レアンドロがゴオーーーール!!
・シュートを外しては、這いつくばって芝を叩いて悔しがっていたレアンドロ。歓喜してユニフォームをまくりあげ…
・ないで下ろす。
・いつだかの黄紙をしっかり学習しているようで何より(笑)
・そんなギリギリな試合の中、やっぱりやってくれたのは庄内人。
・クリアボールがサイドラインを割って、なんと予備ボールを運んでいたボールボーイの頭直撃。
・見事なまでのヘディングを、予想外に披露しちゃってた。
・しかし、痛かったろうなあ…フラついてたし。気を付けろよー、少年。
・少年の見事な時間稼ぎ(?)も功を奏したかそうでないかは別にして、そのまま無事に試合終了。
・そこでもさらにやってくれるのは庄内人。
・スタンドへ挨拶に来た選手たちに、突然握手を求めるボールボーイ続出(笑)
・観客たちに目を向けて、差し出した手に気づかない選手を
・つっつくな(笑)
・そんな少年たちに苦笑しながらも、握手してくれる選手はやはりすごい。

非常にテンションが高いボールボーイ君たちだけど、生の試合や選手に触れる機会なんて早々ないんだろう。知っている人の子どもがジュニアユースに入っているけど、親が観戦に連れて行くことなんてほとんどないんだそうだ。残念だけど、ユースの親全員がモンテ好き、それも天童までホイホイと通いまくるくらい好き、だとは限らないもんな。うっかり(うっかり言うな)子どもさんだけがモンテ好きな場合なんて、生試合なんてほとんど見られないのではあるまいか。
子どもだけで来るには、庄内は、スタジアムからあまりに遠くて、便が悪すぎる。それでもたまに、本屋でRushやハンドブックを食い入るように読んでいる子どもに会う。「どれ、おいちゃんが買ってあげようか」といつものど元まで出かかるけど、このご時世では変質者と思われちゃうよな、そうだよな(泣)

やっぱ、サッカーは楽しいんだよ。夢中になるんだよ。それを見せてくれる選手ってすごいんだよ。
スタジアムは素晴らしい場所だし、生で観戦することは喜びであり、生で観戦できることは幸運なんだよ。

大人(かどーかは知らん)の事情でワケ分からんこともあったけど、全部が全部悪い事しかなかったのか?と思い直したら、当然そんなことはなかった。行ってよかった。

そんな風に思わせてくれた庄内の子どもたちのためにも

ぜひ今年も庄内キャンプにきてくれないかモンテさん(笑)
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。