富田和明的太鼓日記『その日の気分打!』

太鼓打ち・富田和明の、太鼓と関係あることないことをその日の気分で綴る、和太鼓ドンドコ日記


テーマ:

inu8


イギリス最後の夜(7月8日)は、この芝居を観に行った。

『The Curious Incident of the Dog in the Night-Time(夜中に犬に起こった奇妙な事件)』
https://www.youtube.com/watch?v=O704ld5WQnk


とても長いタイトル。

それだけでも挑戦的なニオイがする。

もちろん未だに、このタイトルを読めない僕だ。


劇場は、Gielgud Theatre(ギールグッド劇場)。

ピッカデリーサーカスとレスタースクエアの中間にある。


ロンドンは演劇の街だ。

たくさんのミュージカル、ドラマ、ダンス、コンサートが毎晩、ロンドンの夜を埋め尽くしている。


チケットは高いものから安いものまであって、

だからこんなに質の高い舞台を、安い値段でも見る事ができる。

僕のような貧乏学生(学生ではないが)には垂涎ものだ。



この芝居は、どんな芝居なのかまったく知識がなかったので、
まずはネットに出ている「あらすじ」を読んで予習した。

そうすると、全編英語でも充分に楽しめる。

もちろん英語が判った方が、何十倍も理解できると思うが‥‥。


演出が素晴らしいと思う。

照明も舞台装置も、もちろん演技もだけれど。


難しいテーマによく取り組んだと思う。

今、日本語訳の原作本を読んでいるが、なかなか一気には読めない。

時間をかけてゆっくりと読んでいる。


この原作があって、あんな舞台が生まれるとは。


これはきっと映画化もされるんだろうな、と思う。

覚えられない長いタイトルはこのままで。

『The Curious Incident of the Dog in the Night-Time(夜中に犬に起こった奇妙な事件)』




inu9

この日(7月8日)、偶然に何かのイベントと重なっていたようだ。

玄関入口に黒山の人だかり。


inu12

開場時間前に次々とスター(らしき人々。僕には判らない)が現れて、写真撮影やインタビューが行われていた。


inu11



inu7



inu6



inu5



inu10



そして開演。


inu13



inu4



inu3

終演後にもロビーで、それらしき人々がインタビューされていた。

結局、いったいこの日に何があったのかは、僕には判らない。



inu2



inu1

こうして、ロンドン最後の一夜が暮れていった。

今度は、いつ行かれるかな~。



※このお芝居を僕に紹介して下さったMasami Knoxさんに感謝いたします。




富田和明的太鼓日記『その日の気分打!』-202020富田和明的2020年日記、毎日配信中!



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
yu1


Hello everyone who was involved in the Wem Taiko Festival.

Now, a perfect summer came on to Japan.
Every day, it is very hot.

Thank you so much for inviting me unexpectedly for two years in a row.

Respect to those who organised an excellent successful festival in this rather small remote town.

I love Taiko, love beating taiko amongst warm hearted people. This makes me very happy.

I hope your festival will go on for a long time from now. I pray for health of all of you. 



Tomida Kazuaki












いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今回のイギリス滞在中、演劇は三本だけ観ることができた。

そのうちの一本『War Horse/ワーホース(戦火の馬)』に、とても感動した。


僕が観たのは、7月1日、ニューロンドンシアター。

その昔、UmojaもCatsも、ここで観た。

そんなに大きな劇場ではなくて、とても観やすくて僕は好きだ。


このワーホース、

スピルバーグ監督の映画を見ていたから、言葉が判らなくてもだいたいの筋書きは判る。


なにより、馬に驚いた。そして他の生き物にも。人間を含めて‥‥。

本物の馬は出て来ない。

馬もカラスもアヒルも、ツバメも、全部人間がやるんだ。


永六輔さんの初舞台は、馬の足役だったと、確か聞いたことがる。

人間が馬になって演じる?


これを聞いた時、写真で見た時、かなり違和感があった。

それが、どうだ?


これは人形劇だということも出来る。


文楽は三人で一体の人形を操る。

ここに出てくる馬も三人で一体を操る。


でも、

これが本当にため息が出るほど、リアル!

馬の声にも驚いた。

それだけでも、痺れる。


演劇の力、創造の力をまざまざと見せつけてくれる。





これが東京でも、今月30日から始まる。来月24日まで。

war
http://theatre-orb.com/lineup/14_horse/top.html







富田和明的太鼓日記『その日の気分打!』-202020富田和明的2020年日記、毎日配信中!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
zi1



zi12



zi13



zi14



zi15



zi16
Photo/Po San


世界一の自転車レース『ル・トゥール・ド・フランス』が今月7日、イギリスのフィニッシュを迎えました。
日本人にはあまり馴染みがありませんが、やはりこちらではすごい人気でした。

一緒に住んでいるポーさんに連れられて、7日、観戦に行って来ました。

バッキンガム宮殿前のゴールはあまりに人が多くて見るには難しいと、ロンドン郊外の別の場所で待つ事1時間半。

テレビで観ていたほうがよく見えるのに、それでも直接観たいという人が、こんなにいるのかとビックリ。

僕は待っている1時間半の、半分くらいは道ばたで座って寝てしまいました。
一緒に行ったポーさんは、友だちやら、その場で知り合った友だちと、待ちきれない様子でずっと喋りっぱなし。

選手がやってきて、目の前を通り過ぎるのに、わずか1分か2分くらいか?

アッと言う間に終わりましたが、それでも人々は興奮覚めやらず。
僕はどこが面白いのかさっぱり判りませんでしたが、小さい子供からお年寄りまで、興奮させてお祭り騒ぎになっていることは充分、この目で確かめました。

100年以上の歴史がそうさせたのでしょうね。
それに僕も自転車に乗りたくなった。
日本には自転車専用道路は数えるほどしかないけれど‥‥。



このレースは、まだ終わっていません。
只今進行中です。

http://www.letour.fr/le-tour/2014/

7月27日、パリのシャンゼリゼでフィニッシュ予定です。






富田和明的太鼓日記『その日の気分打!』-202020富田和明的2020年日記、毎日配信中!



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
いや~、暑いです。

室内35度の部屋にてこれを書いています。

イギリスは、今、快適な気候でした。

20~24度?

天候はすぐに変化しますが、基本的にとても過ごしやすいと思いました。

日本は、夏!

写真を見て、涼んでいただければと思います。


朝の散歩コースで撮影したものです。

朝は主に、アレクサンドラ公園を歩いていました。



ronp1



ronp12



ronp15



ronp16



ronp17



ronp110



ronp111



ronp112



ronp19



ronp13








富田和明的太鼓日記『その日の気分打!』-202020富田和明的2020年日記、毎日配信中!




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ui12



ui8



lon

ロンドンから、列車を乗り継ぎ、知人の車に便乗もさせて頂き、行きは9時間半、帰りは5時間半

エクスター郊外にあるシールへイン・Hannahsという会場で行われた。




ui3



ui1



ui2





ui4





ui5




ui6




ui7




uki




ロンドンに戻って、お疲れさま~。

ui8








富田和明的太鼓日記『その日の気分打!』-202020富田和明的2020年日記、毎日配信中!





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
mi72

もう何年振りに叩いたかわからないくらい、久しぶりに三宅ソロを舞台で叩いた。

イギリス・エクスター郊外で開かれたUK Taiko Festivalにて、

太鼓ミンタイム・Taiko Meantime(ロンドンを拠点に活動する太鼓チーム)の三宅演奏に飛び入り出演。

7月5日(金)夜公演にて/撮影・平田 真弓



mi72
© mayumi fotostudio/Mayumi Hirata






富田和明的太鼓日記『その日の気分打!』-202020富田和明的2020年日記、毎日配信中!




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ウェムとエクスター、二つの太鼓フェスティバルに参加して、

他にロンドンで個人レッスンと、ワークショップ「太鼓アイランドロンドン」を開催しました。



uk3


二週間の滞在中、ずっと忙しかった。


uk1


ロンドンで時間が空けば、観劇にも行っていたので。

今回は三本しか見る事は出来ませんでしたが、War Horse(戦火の馬)、THRILLER Live(スリラー・ライブ)、

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time(夜中に犬に起こった奇妙な事件)、を観ました。

スリラー以外の二本はとても素晴らしかった。スリラーは期待はずれ。


uk2


おいおいイギリス日記2014も、一部公表いたします。

早く読みたい方は、ぜひ『2020年日記』をご覧下さい。


Tomida Mail Magazine『2020年日記』は300号を越えたので、記念に301号は見本で公表しています。

http://www.tomida-net.com/tmm2020.html


二週間かかってやっと時差ボケが治っていたのに、また今日から時差ボケ開始。


それに、ジトジト暑い日本ですね~。

清々しい天候のイギリスから、蒸し暑いアジアにやって来た。


また日本での生活です。


皆様、どうぞお付き合い下さい。


よろしくお願いいたします。




富田和明的太鼓日記『その日の気分打!』-202020富田和明的2020年日記、毎日配信中!





いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。