圧力鍋で時短!簡単!うちごはん♪~圧力鍋のお料理教室

圧力鍋研究家が教える!
毎日使える圧力なべ料理。

怖い、難しそう、使いこなせない、
棚の中にしまいっぱなし…。
そんなイメージの圧力なべを
毎日のごはんづくりに活用しませんか?


テーマ:
今日は朝から雨。
朝夕の気温も、どんどん低下してますね。
今年は秋の深まりがいつもよりスピーディーに感じます。(私だけ?)

朝夕寒くなってくると、あったかいものが恋しくなりますね。
あったかーい煮込み料理を作るなら、圧力鍋!(←無理やり?)

この冬こそは圧力鍋を活躍させたい!
そんな願いをかなえるなら、ぜひうちごはんラボの圧力鍋講座へどうぞ♪


10月の圧力鍋講座はこんな内容です



一通りのアナウンスが済んだところで、本題。


圧力鍋って、どれも同じ!って思ってませんか?

圧力かけて料理するお鍋だから、どのお鍋で作っても大差なし!なんて思ったら
大間違い!!

メーカーや機種によって、本当に違うんですよー。

今回は、一般的な圧力鍋でよくある「80kpa」の圧力鍋と、
超高圧!と言われるほどの高圧力「140kpa」の圧力鍋で実験してみました。



今回の食材は生落花生

これは塩ゆでして食べるものなのですが、
今回は「おおまさり」という品種で、かなり大き目。
普通の品種よりの1.5倍くらい大きいです。

このラベルの横に、説明書きがありました。

●塩ゆでしてお召し上がりください
●ゆで時間の目安/50分~(ゆで加減はお好みで)

ご、ご、ごじゅっぷーん!!!!

そんなに長い時間、キッチンのコンロを占領されたらえらいこっちゃ!!

(ちなみに、よく見るサイズの落花生でも30分ほどかかります)


でもね、これを圧力鍋でゆでると、めっちゃはやいんです!!

 80kpaの圧力鍋で5分(普通サイズの落花生なら3分)

140kpaの圧力鍋(ワンダーシェフ・オース)で3分
(普通サイズの落花生なら1分)

普通のお鍋と比べたら
ゆで時間は、なんと1/10も短くなるんです!!

だって、50分が5分でOKになるんだったら、手軽でしょ。
(正直、落花生のパッケージにも、圧力鍋での方法を書くべきだと思う。
もしくはスーパーの店頭POPとか。そうしたらもっと落花生に手を伸ばす人が増えるのに~)


この時短効果・省エネ効果を考えたら、
やっぱり圧力鍋ってすごいなーって思いませんか?


ゆであがりの味は、どちらもお豆の食感は「ねっとり~」
濃いめの塩水でゆでているので、塩味もしっかりと入ってます。

高圧(140kpa)でゆでたものの方が、塩味がしっかりついている感じがします。

でも、どっちもおいしい~!!
ゆで落花生があると、止まらなくなりますよー。

もし、生の落花生が手に入ったら、ぜひぜひ圧力鍋でゆでてみてくださいね!

その場合、落花生は「豆類」になりますので、
鍋の容量の1/3を超えないようにご注意くださいね。


ゆで方を簡単に。
 

1)よく洗った落花生と水(1~2カップ)・塩(大さじ1~2)を入れて、
蓋を閉めて、火にかけます。

2)沸騰して圧力がかかったら
1~5分加圧して火を止めるだけ。
・120~146kpa…0~1分
・100~120kpa…2分
・80~100kpa…3分
※大き目の品種「おおまさり」の場合は、加圧時間を2分長くしてください。

3)あとはそのまま余熱でしばらく置いて、圧力が下がったらゆであがり。

詳しくはこちらの記事をどうぞ
旬ですね!生落花生をゆでるなら圧力鍋でしょ!


うちごはんラボの圧力鍋講座では、どこのメーカーをお使いの方にも、
わかりやすく圧力鍋をお伝えしています。

講師は10種類以上の圧力鍋を使い分けているので、ほとんどのメーカーに対応できます。

また、圧力鍋を持ってなくて、これから自分に合った一台を選びたい!という方への
アドバイスも行っております。

ぜひぜひ圧力鍋を持っている方も、持ってない方も、
使いこなせない方も、使い倒している方も、

・圧力鍋の魅力がわかる!
・便利な使い方がわかる!
・レパートリーがぐんぐん増える!

うちごはんラボの圧力鍋講座にお越しくださいね。


10月のお料理:圧力鍋で簡単!特別な日の中華おこわ☆

(日程) 
・10月 9日(金) 午前11時~13時30分(満席になりました)
・10月13日(火) 午前11時~13時30分(あと名さま)
・10月14日(水) 午前11時~13時30分(あと1名さま)
・10月21日(水) 午前11時~13時30分(あと名さま)
・10月22日(木) 午前11時~13時30分(満席になりました)
・10月23日(金) 午前11時~13時30分(満席になりました)
・10月27日(火) 午前11時~13時30分(あと名様)→見守り保育付お子様連れOKデー
・10月28日(水) 午前11時~13時30分(あと名さま)

※10/11現在の残席数です。
※先着順で受付させていただきます
※10/27以外は、安全面の理由により、お子様連れでのご参加はご遠慮いただいております
※ご参加は女性限定とさせていただいております



見守り保育付!お子様連れOKデーについて
・お子様連れの場合、お子様一人に付き500円申し受けます。(未就園児対象)
・お子様連れでのお申し込みは、講座開催の1週間前(10/20)で締め切らせていただきます。
・大人だけのご参加も大歓迎です(お子様連れの方へのご理解をお願いいたします)

今まで、小さいお子様がいるから…とあきらめていた方も、
ぜひぜひ、ご参加くださいませ。



<受講料>
単発の場合
5,000円/1回
(※お子様連れでご参加の場合は、5,500円となります)


続けて通いたい方には、お得な「回数券」もご用意します!
(6回連続受講で、圧力鍋の基本料理が身に付きます)

27,000円/6回 (初回使用時より、1年間有効)

いずれも、ご参加時にお支払ください。

キャンセルについてはこちらのページをご覧ください。

※横浜市港北区大倉山のレンタルサロン「こもれびサロン」にて開催しております。
最寄り駅は、東急東横線 「大倉山駅」から、徒歩5分
(詳しくはお申込みの際にご説明いたします)

お申し込みは、
●ご希望の日程
●お名前
(お子様連れでご参加の場合は、お子様の人数と年齢も)
●郵便番号
●ご住所
●お電話番号
●メールアドレス
●参加理由
●圧力鍋をお持ちの場合は、メーカーや商品名

をご記入いただき、
サイドバー下のメールフォームから、または下記アドレスにメールしてください

akimikan2012@gmail.com 


*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  


圧力鍋の目からうろこの情報が満載のメール講座。
無料配信中です!!

これで圧力鍋を使いこなせる!7日間無料メール講座

圧力鍋の基礎知識から便利な使い方まで、
7日間の無料メール講座でお届けします。

以下のURLから必要事項を記載してご登録ください。
コメント欄に一言メッセージをいただけると嬉しいです♪

(パソコン用)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/entryform1.htm

(スマートフォン・携帯の方はコチラ)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/sp/entryform1.htm

正しくご登録が完了いたしましたら、すぐに1通目のメールをお送りする設定になっております。
万が一届かない場合は、以下の問題が考えられますので、ご対応くださいませ。

●ご入力のアドレスが間違っている
再度、正しいアドレスをご入力の上、再登録をお願いいたします。

●携帯、スマホの場合。
以下のページを御参照のうえ、
atsuryokunabep1@88auto.biz からのメールを受信できるように設定をお願いいたします。
http://autobiz.jp/mobile/manual.html





 いつも応援ありがとうございます!
ポチッと押していただけると、うれしくて小躍りします^^

レシピブログに参加中♪
 
 


にほんブログ村


レシピサイト NADIAに登録してます。圧力鍋レシピも掲載しています。

 









いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりの実験記事。

今回は圧力鍋での炊飯実験です。

と言っても、炊飯器がなくて、いつも圧力鍋でごはんを炊いている我が家。
先日のイベントでいただいた、長野県オリジナル米「風さやか」を圧力鍋で炊いたらどうなるか?
それを試してみたくて、うずうずしてました。

 うふふ。2kgもお土産にいただきました!
これは実験してみないと!
 

今は炊飯器でも「圧力炊き」もあるくらい、圧力をかけて炊くとお米が美味しく炊ける!
というイメージ、ありますよね?

でも、どんなお米でも圧力鍋で炊OKというワケではないんですよ。
普通に炊いても「もっちり感」が強いお米は、圧力鍋で炊くともちもちになりすぎることが。

だからこそ、風さやかと圧力鍋の相性がとっても気になっていたのです。

せっかくいただいたお米、おいしく食べたいですからね。


さて、ここで圧力鍋で炊飯するときの基礎知識。

圧力鍋で炊飯する方法は、取扱説明書(またはレシピ集)に記載されていますが、
メーカーや商品により少し違いがあります。

A:洗ったお米を30分程度水につけてから炊き上げる方法
B:お米を洗ったら、水煮浸ける時間を取らず、すぐに炊く方法

2日に分けて、A・Bそれぞれの方法で「風さやか」を炊いてみました。


 お米を洗って水加減するところまでは同じ。
水はお米1合に対して、1カップ(200ml)で調整しています。
(この水加減は、お米によって若干調整が必要になる場合があります)


まずはこのまま30分置いてから、炊き上げました。
この圧力鍋は高圧(146kpa)と低圧(75kpa)を切り替えできるタイプ。
水につけたお米から炊く場合は、いつも低圧を使っています。

フタを閉めて火にかけ、沸騰して圧力がかかったら1分~5分程度加圧します。
※加圧時間は、圧力鍋によって異なります
加圧時間が終わったら火を止めて、そのまま余熱で10分程度蒸らします。
圧力が下がったらふたを開けます。

 
つやつや、ふっくらとした炊き上がり。
口に入れると、粘り気はあるのに、一粒ひとつぶの存在感を感じる食感。

 

この日はイワシのフライと合わせていただきました。
お米のつやつやな感じを撮るのは難しーい!!!



翌日。

 お米を洗って水加減。
ここまでは同じ。
今度はこのままフタを閉めて、高圧のオモリで炊いていきます。

沸騰して圧力がかかったら1~3分間加圧して火を止めます。
※加圧時間は、圧力鍋によって異なります

炊き上がりはこんな感じ。

 
 同じ水加減で炊いたのに、炊きあがりの表面がちょっと水っぽい感じ。
炊きあがりの色が若干濃いように感じます。

食べてみると…芯があるわけではないのですが、ちょっと固いように感じます。
粒つぶがしっかりしているような印象です。
炊きたてのうちはおいしいのですが、こちらは冷めると固くなりました。

 この日はキムチ入り納豆と酒かす入りの豚汁という手抜きメニューでした。
(あと前日の残り物のポテサラもあったけど)


風さやか、圧力鍋でもおいしく炊けますね!
芯も残らず、もちもちになりすぎることもなく、おいしく炊き上がりました。

炊きあがりのツヤツヤ感はフタを開けた瞬間、感動ものです!!

2合のお米なら、圧力鍋を使うとわずか20分程度で炊きあがってしまうので、
とってもスピーディーですよ!


いつものお米も、圧力鍋で炊いてみるとまた違うおいしさに出会えるかも。
興味があればぜひ一度挑戦してみてくださいね。



個人的にはちゃんと水につけてから低圧で炊き上げる方が美味しいと感じましたが、
圧力鍋によっては水つけ時間なしで炊く方法をおすすめしているものもあります。

きっと取扱説明書には、それぞれの圧力鍋で一番おいしい炊き方が載っているはず!
まずは取扱説明書に書いてある通りに炊いてみることをお勧めします。
(一口に圧力鍋って言っても、どれも同じではなくて、どれも個性的なんです!
参考記事:圧力鍋の選び方(作動圧力編)



もっと詳しく圧力鍋を知りたい!という方は、ぜひメールマガジンにご登録ください!

これで圧力鍋を使いこなせる!7日間無料メール講座

圧力鍋の基礎知識から便利な使い方まで、
7日間の無料メール講座でお届けします。

以下のURLから必要事項を記載してご登録ください。
コメント欄に一言メッセージをいただけると嬉しいです♪

(パソコン用)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/entryform1.htm

(スマートフォン・携帯の方はコチラ)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/sp/entryform1.htm

正しくご登録が完了いたしましたら、すぐに1通目のメールをお送りする設定になっております。
万が一届かない場合は、以下の問題が考えられますので、ご対応くださいませ。

●ご入力のアドレスが間違っている
再度、正しいアドレスをご入力の上、再登録をお願いいたします。

●携帯、スマホの場合。
以下のページを御参照の上、受信できるように設定をお願いいたします。
http://autobiz.jp/mobile/manual.html





 いつも応援ありがとうございます!
ポチッと押していただけると、うれしくて小躍りします^^

レシピブログに参加中♪
 
 


にほんブログ村



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月30日のNHKあさイチで、圧力鍋で作るカスタードプリンをご紹介しました。
早速作ってくださった方もたくさん!「作ったよー!おいしかったー!」の声がとってもとっても嬉しいです♡ありがとうございまーす!!

うちのプリンは基本的に
・たまご
・牛乳
・砂糖
(・バニラオイル)

だけで作ります。

生クリームを入れたり、卵黄を増やしたりすると、もっともっと濃厚でお店で売ってるような味になるのですが、生クリームや卵白が中途半端に残っちゃうのは嫌なので(わがままかしら?)
冷蔵庫にある材料だけでできることを基本にしてます。
だから、思い立ったらすぐにできますよー!!

基本のカスタードプリンのレシピはこちらの記事でご覧ください
手作りプリンは圧力鍋にお任せ☆NHKあさイチ「スゴ技Q」


でも、一口にプリンと言っても、食感の好みは人それぞれ。
しっかりタイプが好きな方、もーーっととろとろが好きな方。
お好みの食感を見つけてもらおうということで、実験してみましたよ♪
 

もうお分かりですよね?
たまごと牛乳の比率を変えたのです。


同じ容器で作ったので、牛乳の量で出来上がりの分量が異なります。
 
すべて卵は同じ分量。違うのは牛乳と砂糖の分量だけ。


これでどのくらい食感が違うのか。
写真で伝わるかなー?



 (A) たまご1個・牛乳75ml・砂糖15~20g

 しっかりと固めの仕上がり。たまごの味がしっかりと感じられます。美味しいたまごが手に入ったら、この比率がおすすめ!


(B)たまご1個・牛乳100ml・砂糖20~25g

 Aに比べると少しなめらかさが出てきました。お皿にひっくり返して盛り付けるプリンなら、この固さがぎりぎりかな?



(C)たまご1個・牛乳150ml・砂糖30g

 
 うちの定番は、このやわらかさ。
とろとろまではいかないけど、なめらか~♪な食感が楽しめます。あさイチでご紹介したのも、この配合です。


(D)たまご1個・牛乳200ml・砂糖40g

 とろとろりーんななめらかプリン。まさに「とろけるプリン」です。
このとろとろ感も捨てがたい!!冷蔵庫に牛乳が余ってる!!なんて時は、このくらいやわらかくして、牛乳を消費してます(笑)

「このプリンは『飲み物』です(by娘)」ってくらい、とろとろーんです。





カラメルソースは、食べる時にかけてもいいし、蒸す前に入れてもOKです。
プリン液を流し込んだ後、カラメルソースを上から入れても、比重で底にたまってくれますよ。
もちろん、容器にカラメルソースを注いでおいて、その上からプリン液を流しても大丈夫です。
カラメルソース以外にも、メープルシロップをかけてもおいしいですよ♪



今回はすべて牛乳で作ってますが、濃厚なプリンがお好きな方は、牛乳の一部を生クリームに変えてもおいしいですよ。その場合、蒸しあがった時に上にクリームの層が浮いて、勝手に2層プリンになってくれますよ。



ここで、圧力鍋でプリンを蒸す時のポイント

☆蒸し水は1~2カップ。蒸し台を置いて、容器を並べてください。蒸し台がない場合は、鍋の底だけにきれいなフキンを敷いてください。この時、フキンがすべての水分を吸ってしまわないよう、蒸し水の量を多め(2カップ)にしてください

☆容器の上には、アルミホイルでしっかりと蓋をしてください。ふわっとのせただけだと、アルミホイルが蒸気の通り道を妨げてしまう危険性がありますので、容器に沿わせてしっかりと蓋をしてください。

☆圧力がかかったことを確認したら、すぐに火を止めてください。圧力がかかったことを知らせる方法は鍋によって異なります。圧力切り替えがある場合は、高圧でやってみてください。

☆プリン液を入れる容器の材質や分量、圧力鍋の種類や状態、熱源の種類等、条件によっては仕上がりに差が出ることがあります。何度か作って、ご自身の圧力鍋にベストの方法を見つけてくださいね。


 
 
レシピサイト NADIAに登録してます。圧力鍋レシピもちょこっと掲載しています。
あさイチプリンも掲載しています。

 



ランキング参加中。
よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。





にほんブログ村

 

 

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)