圧力鍋で時短!簡単!うちごはん♪~圧力鍋のお料理教室

圧力鍋研究家が教える!
毎日使える圧力なべde野菜料理。

怖い、難しそう、使いこなせない、
棚の中にしまいっぱなし…。
そんなイメージの圧力なべを
毎日のごはんづくりに活用しませんか?


テーマ:

我が家には今、15台の圧力鍋があります。
自分で買ったものもあれば、お仕事を通じて、ご提供いただいたものもあります。

それぞれの圧力鍋、使い方もそれぞれ。
ふたの閉め方、圧力のセットの仕方、圧力のかかり方がそれぞれ違います。
マニアにはそれが面白くて仕方ないんですけどね~^^
今日の晩ごはんでも、圧力鍋を使ったおかずを作りました。

鶏の手羽元と大根とにんじんをオイスターソース+醤油で煮込みました。
大根もにんじんもとろけるように柔らかく、鶏の手羽元は骨から肉がほろりと外れるくらい。

今回使ったのは、静かに圧力調理ができるスプリング式の圧力鍋。

いつものように材料を入れて、ふたを閉めて加熱スタート!
圧力表示のスプリングが上がって火力を調整して、タイマーセット!!!
うん、これでばっちり^^


と思ってたら、突然「ピー」って音が!!
(※機種により音が鳴るものとならないものがあります)

そのあと、ハンドルのところから、ぽたぽたと水が落ちてきて…

どうやら、安全装置がかかって、ハンドルの近くから上がりすぎた圧力を逃しているようです。


スプリング式というのは、設定された圧力を「超えないように」火力を調整するタイプ。
なので、圧力がかかった後の火力調整が「強すぎる」と、圧力が上がりすぎて
安全装置が作動してしまうことがあります。
今回は、火力調整が強すぎたのねー。反省。


いつも使っているのは、おもり式の圧力鍋が多いです。
おもり式の圧力鍋とスプリング式の圧力鍋では、圧力がかかった後の火力調整に
違いがあります!!

ここをつい、いつもの癖で火力が大きすぎちゃったんでしょうね~。


って、こうやって分析して原因がわかれば、次から気を付けたらいいのですが、
仕組みや構造を知らないままに使うと、いざ安全装置がかかった時に、
何をどうすればいいのか、なぜそうなったのかわからなくて、
ついつい使うのが怖くなっちゃうかもしれませんね。

安全装置が作動しちゃったけど、お料理はちゃんとできてましたー^^

こちら、今日の晩ごはん
・鶏手羽元と大根、ニンジンのオイスターソース煮
・エリンギとレンコンの味噌バター炒め
・にんじんしりしりー(にんじんとツナのたまご炒め)
・トマトだれの冷奴

 



うちごはんラボの圧力鍋講座では、15台の圧力鍋を使った経験から、
お使いの圧力鍋に合わせたアドバイスをさせていただいております。

圧力鍋ってどれも一緒じゃないからこそ、講師がきちんと違いを理解していないと
皆さんに安心してご紹介できません。
そのために、普段からいろんな圧力鍋を使わせていただけることに感謝してます。

圧力鍋、いまいち使いこなせない。なんとなく怖いなーという方も、
きっと圧力鍋が楽しくなる!使いたくなる!そんな講座です。

現在募集中の講座は、こちら。
8月21日(金)のみ、お席に余裕がございます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください


講座に参加するのは無理だけど、圧力鍋をきちんと知りたい!という方は、
無料メール講座をどうぞ♪

これで圧力鍋を使いこなせる!7日間無料メール講座

圧力鍋の基礎知識から便利な使い方まで、
7日間の無料メール講座でお届けします。

以下のURLから必要事項を記載してご登録ください。
コメント欄に一言メッセージをいただけると嬉しいです♪

(パソコン用)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/entryform1.htm

(スマートフォン・携帯の方はコチラ)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/sp/entryform1.htm

正しくご登録が完了いたしましたら、すぐに1通目のメールをお送りする設定になっております。
万が一届かない場合は、以下の問題が考えられますので、ご対応くださいませ。

●ご入力のアドレスが間違っている
再度、正しいアドレスをご入力の上、再登録をお願いいたします。

●携帯、スマホの場合。
以下のページを御参照のうえ、
atsuryokunabep1@88auto.biz からのメールを受信できるように設定をお願いいたします。
http://autobiz.jp/mobile/manual.html





 いつも応援ありがとうございます!
ポチッと押していただけると、うれしくて小躍りします^^

レシピブログに参加中♪
 
 


にほんブログ村


レシピサイト NADIAに登録してます。圧力鍋レシピも掲載しています。

 











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は久しぶりの晴れ間!
たまった洗濯物を片付けて、息子のクラブの試合の応援にレッツゴー!!!

と出かけたまでは良かったが、思いっきり場所を間違えて違うところに行ってしまいました…
張り切って電動自転車かっ飛ばしていったのにねー。ごめんよ(;´・ω・)


さて、いつもブログでしつこくメルマガのご登録をお誘いしておりますが、
そのメールマガジンでは、圧力鍋のお役立ち情報をお届けしてます。

そして、そのメールにご質問やご感想をいただくと、

ああー、誰かの役に立ててるんだ!

と、とってもうれしい気持ちになります。

そんな中で、メルマガにいただいたご質問にブログ上でお答えいたします!


(質問)
白米を炊くと灰色に炊き上がり、味はもちもちしてとてもおいしいのですが、
ビジュアルが悪すぎて、せっかくのおいしさも半減してしまいます。

先生のブログを拝見すると、若干色がついている感じもしますが、
でもおいしそう!!

何か、コツがあるのでしょうか?

(回答)
確かに、圧力鍋でごはんを炊くと、灰色っぽく見えることがあります。
これは、お米の芯までしっかりと糊化(アルファ化)された状態です。
お米自体がもちもちして、あまーくて美味しいのですが、
やっぱりビジュアルは気になりますね。

何度も炊いてますが、時々灰色になる時がありますよ。
美味しいけど、やっぱりテンション下がりますよね~。

ちなみに我が家は、基本的には30分以上水につけてから、低圧(75kpa)で炊飯しています。
 
時間がない時は、洗ってすぐに高圧(146kpa)で炊飯することもありますが、
高圧でスピード炊飯すると、色が付きやすいのと、冷めた時に固くなりやすいです。

また、お米の品種によっても炊き上がりに差が出ます。

高いお米は普通に炊いてももっちりと粘りが出ます。
圧力鍋で炊くと、もちもちになり過ぎちゃうこともあるんですよ。

だから、家では、特売のものを買うことが多いです…(^^;

また、少量のお酒やお酢を入れて炊くと、灰色になりにくいですよ。

どのメーカーも、ごはんの炊き方にはこだわりを持ってます。

レシピ集に載っているのは、各メーカーで自信をもっておすすめできる方法なので、
ぜひ一度、レシピ集通りに炊いてみてくださいね。



(質問)
圧力鍋でごはんを炊いてます。
ふっくら美味しく炊けるのはうれしいのですが、鍋に入れたままにしていると、
鍋についた米粒がカピカピになってしまって、もったいないなーと思います。
何かいい方法はありますか?

(回答)
そのお悩み、分かります~!!
うちも、いつも圧力鍋炊飯なので、鍋の周りについたお米がカピカピになっちゃいます。
それを少しでもなくすために、やっていること。



これです!

 炊き上がってごはんをほぐしたら、写真のように鍋肌についたお米をしゃもじで
真ん中に寄せておきます。
温かい内は、するっと鍋肌から外れますよ。

ごはんをよそった後も、また、鍋肌にはくっつかないようにしています。
底の部分は、乾かないので、カピカピ問題にはなりませんよ。

私以外の人がごはんをよそった時に、この状態にしてくれないのが
ちょっと不満ですが…。

本当はおひつに全部移しちゃうのがいいんでしょうね。
木の香りがするいいおひつ、ずっと欲しいなーと思っているのですが、
なかなか手が出ません。


ごはん関連のご質問があったので、まとめて回答させていただきました。
参考になればうれしいです(*^-^*)




最後に、今日の晩ごはん。

 
 ●キャベツ入りメンチカツ・じゃがいもとパプリカの素揚げ
●サニーレタスとちりめんじゃこのサラダ
●(圧力鍋使用)新玉ねぎとかぶのスープ
●(圧力鍋使用)ごはん


息子に食べたいものをしつこく聞いたら、
「洋風・肉系」という返事だったので、メンチカツにしましたよ。
満足してくれたかな?




4月の圧力鍋講座。

「圧力鍋で料理上手(に見えちゃう!)和食♪」をテーマにご紹介しています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

4月は和食。圧力鍋で上品なおいしさの和ごはん、作りましょう!


☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

これで圧力鍋を使いこなせる!7日間無料メール講座

圧力鍋の基礎知識から便利な使い方まで、
7日間の無料メール講座でお届けします。

以下のURLから必要事項を記載してご登録ください。
コメント欄に一言メッセージをいただけると嬉しいです♪

(パソコン用)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/entryform1.htm

(スマートフォン・携帯の方はコチラ)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/sp/entryform1.htm

正しくご登録が完了いたしましたら、すぐに1通目のメールをお送りする設定になっております。
万が一届かない場合は、以下の問題が考えられますので、ご対応くださいませ。

●ご入力のアドレスが間違っている
再度、正しいアドレスをご入力の上、再登録をお願いいたします。

●携帯、スマホの場合。
以下のページを御参照の上、受信できるように設定をお願いいたします。
http://autobiz.jp/mobile/manual.html





いつも応援ありがとうございます!
ポチッと押していただけると、うれしくて小躍りします^^

レシピブログに参加中♪
 
 


にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


10月から今日まで、「圧力鍋のもっちり玄米とカラダ喜ぶ滋味ごはん」の講座を
開催いたしました。おかげ様で、ほぼ満席という状況で、皆様に楽しんでいただくことができました。
ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました!!!


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


さて、圧力鍋講座では、単なる「お料理のご紹介」だけじゃなくて、
圧力鍋の基礎知識もはさみながら、講座を進めています。

その中で大切にしているのは
「安全に使える方法、安心して使える方法をご紹介する」ということ。

まだまだ世間では、なぜだか「圧力鍋は怖い」とか、「圧力鍋=爆発」なんてイメージが
定着しているようで…悲しいな。
(このブログの検索ワードでも、上位に「圧力鍋 爆発」というワードが入ってるという事実)


じゃあ、なんで「怖い」のか?

それは、「どういう仕組みかわからない」
「お鍋がどんな風に作動するのかわからない」
からではないですか?

お料理をする時、どんなふうに作動していくのかわかれば、安心して使えるようになりますよ!

今日は、圧力鍋と仲良くなる秘策をご紹介します!!!



…なんて、自分でハードル上げてるし(^-^;



実はそんな難しいことではなくて、めっちゃ簡単なこと。

それは…初めて使うときに、いきなり料理を作らない!ということ。


圧力鍋によって、圧力のかかり方が違うし、どんな風に作動するか違うんです。
だから、お料理をする前に、どんな風に作動するかを知っておくと安心なんです。

その方法とは。

水(200~250ml)を入れて、加圧してみること。

水を入れてフタを閉めて、火にかけます。

まずどこからか音がしてますか?
蒸気が出てくるところはありますか?
フロートが上がってきましたか?

ご自身の圧力鍋がどんな風に作動するのか、ちゃんとわかってないと
ここらへんで不安になってくるかな~…

そんな時は、「メーカーからのラブレター(=取扱説明書)」を見てください。
圧力がかかるまでの手順がきちんと表示されているはずですよ。

圧力がかかった時、どんな動きをするのか、どんな風に圧力状態を示すのか、
水を入れて加圧してみることで、その一連の動きがよくわかります。

次にどんな動きをするのか。
それがわかっているだけで、実際のお料理の時も安心でしょ。


通販生活さんのお仕事で、いろいろな圧力鍋を使わせていただいた時も、
初めての圧力鍋はやっぱり心配なので、いきなりお料理を始める前に水を入れて
作動確認をしながら取扱説明書を見て、それからお料理にかかりました。
(そうすることで、取扱説明書の記載がわかりやすいかどうかもあわせて確認できるので)


圧力鍋、買ってみたものの怖くて使えない!なんだか心配!という方は、
とりあえず水1カップ入れて、加熱してみてくださいね。

これが圧力鍋と仲良くなる方法。でした。


あっ、写真もないのか!って感じですよねー。
じゃあちょっとだけ。

 来週からは、おせち講座スタートです!!(告知か!!)

レシピの最終確認でローストビーフ作ったけど、やっぱりおいしいです。
特に、ソースが絶品!!

お楽しみに♡


下の2つのバナーをポチっとクリックしていただけると、
大変、大変、うれしゅうございます。

おかげ様で、レシピブログで「お気に入り」に登録してくださった方が、1,000名を超えました!
これからも応援よろしくお願いします。

圧力鍋料理のカテゴリでは、ずっと1位を独走中?

にほんブログ村



レシピサイト NADIAに登録してます。圧力鍋レシピも掲載しています。

 





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)