圧力鍋で時短!簡単!うちごはん♪~圧力鍋のお料理教室

圧力鍋研究家が教える!
毎日使える圧力なべ料理。

怖い、難しそう、使いこなせない、
棚の中にしまいっぱなし…。
そんなイメージの圧力なべを
毎日のごはんづくりに活用しませんか?


テーマ:

 

2017年のスタートです。

 

今年の年賀状は、昨年講座でご紹介したお料理をずらりと並べてみました。
こうやって見ると、改めて圧力鍋の可能性を感じます。

 

今年も、皆様に圧力鍋の楽しさ、簡単さをお伝えできるように、私自身も

いっぱい楽しんでいきます!

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

今年の目標は、やっぱり

 

レシピ本を出すこと!

 

 

まだまだ「難しそう」「なんだか怖いな」という方も多い圧力鍋ですが、

 

「拍子抜けするくらい簡単!」

「衝撃の作り方!」

「簡単すぎて料理した気がしないー!!」

「しゅしゅっとしたら、ほっとくだけー」

 

そんな料理を集めたレシピ集だったら、もっともっとハードルが下がると思うんです。

 

2016年は、スキレットや、バーミキュラが料理のトレンドに入ってたけど、

2017年は、ここに「圧力鍋」が入るように頑張ります!

 

圧力鍋業界、盛り上げちゃいましょー。

 

まだまだこんなもんじゃないんだから!!!

 

 

この夢が実現できるよう、

今年はレシピもどんどん公開していきますね。

 

と、自分自身にも言い聞かせて。

 

 

こんな私ですが、2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

圧力鍋研究家 さいとうあきこ

 

 

 

 

 

圧力鍋をメインに使って作ったおせち料理。

干支デザインのプレミアムモルツと一緒に。

(投稿しようと、写真を撮ったのに、すでに締め切りでした…とほほ)

 
 いつも応援ありがとうございます!
ポチッと押していただけると、うれしくて小躍りします^^


レシピブログに参加中♪

 
 


にほんブログ村


Nadia|さいとうあきこ


 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

あと数時間で、2016年から2017年へのバトンタッチですね。

 

今年も、おせちが出来上がりました。

小さな三段重に、少しずつ詰めました。

 

 

いつも、大みそかのお昼過ぎにはおせち料理をしあげて、

自然光が入る中で、撮影するのがお決まりのパターンです。

 

たくさん作っても残ってしまうので、

少しずつ、少しずつ。

 

image

お重に詰める前のずらりと並べた感じ。

こっちの方が私にとっては「萌え♡」だったりします。

 

作ったのは、

 

(圧力鍋で)
・昆布巻き(鱈子・豚肉)(12/30)
・しいたけの甘煮
・赤ワイン風味のフルーティ黒豆
・チャーシュー
・鶏チャーシューと味玉子(12/28)
・栗きんとん(12/30)
・お煮しめ(さといも・ごぼう・干しシイタケ・れんこん・にんじん・手綱こんにゃく)
・和風ピクルス

 

(フライパンで)
・ぶりの照り焼き
・出し巻きたまご

 

今日作ったのは、7品。

だけど圧力鍋だからラクラクでした。

 

本当に圧力鍋があると、おせちづくりがグーンと楽になって、

ついつい、あれもこれもと作りたくなってしまいます。

お友達と一緒に作って、シェアできると残らなくていいんだけどなー

年末に一日でおせちを仕上げるスペシャル講座もいいかも!

 

なんて、楽しいことを考えると、わくわくしてきます。

 

 

この一年、皆さんにとってどんな一年でしたか?

 

私にとっての2016年は、たくさんの幸せなことがありました。

 

(1~3月)

・息子の高校受験、無事に第一志望校に合格

・フォトコミュニケーション協会のフォトスクールベーシックコースに通う

・フォトスクールでの学びを通して、心を学ぶ

・娘の高校卒業、息子の中学卒業。PTAの仕事も無事に終了

・家族そろって大阪に帰省。久しぶりに岡山のおじいちゃんにも会いに行く

 

(4~6月)

・娘の大学入学・息子の高校入学

・友達に会うために、新潟に一人旅

・息子がクラブ活動で若木骨折。ギプス生活

・圧力鍋上級講座スタート

 

(7~9月)

・フォトコミュニケーション協会のフォトスクール アドバンスコースに進む

・一目ぼれしたマンションに引っ越し。内見から1か月で引っ越しする

・引っ越した家から見える夜景や空の色、富士山や東京タワーの風景に幸せを感じる

・フォトコミュニケーション協会のマンスリーフォトカレッジで圧力鍋料理の講座開催

・尾山台の素敵なサロンで圧力鍋講座を開催

 

(10~12月)

・圧力鍋協議会の使い方動画8本に出演

・人を撮る楽しさ、人と撮る楽しさに目覚め、新しいカメラを買う

・日曜日の圧力鍋講座スタート

・家のことを放り出して、一人で帰省する

・母の誕生日祝いにと、姉と女3人で温泉一泊旅行に行く

・文化放送ラジオに出演

・一日2回の講座を開催

 

 

仕事の方では、年の初めは受験サポートのため少しのんびりでしたが、

毎月講座を開催し、たくさんの受講生さまとの出会いがありました。

本当にありがとうございました。

 

プライベートでは、フォトコミュニケーション協会で学ぶことで、

たくさんの仲間と一緒に写真を楽しめるようになりました。

 

2017年4月には、仲間と一緒にグループ写真展に出展します!!

フォトコミュニケーション協会 アドバンス卒業生合同写真展のお知らせ

 

 

来年も、圧力鍋の魅力を、

もっと楽しく、もっと簡単に、もっと便利に!をお伝えできるように頑張ります!!!

 

この一年も、本当にありがとうございました。

 

 

皆様にとって、2017年がよりよい年になりますように。

 

 

 

圧力鍋のお料理教室 うちごはんラボ

圧力鍋研究家 さいとうあきこ

 


 いつも応援ありがとうございます!
ポチッと押していただけると、うれしくて小躍りします^^


レシピブログに参加中♪

 
 


にほんブログ村


Nadia|さいとうあきこ


 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

レシピサイトって、たくさんありますが、

写真がきれいで作りやすい、おいしいレシピが満載の

レシピサイト Nadia

 

もう4周年。いや、まだ4周年?というくらいの快進撃です。

今年は、「100万人のお墨付き」というレシピ集も出版されて、

注目度もアップしています。

 

毎年パーティーに参加させていただいておりますが、

たくさんの料理家さんたちに会えるチャンス。

この日のために遠方からいらっしゃる方も多いんですよー。

 

今年の会場は、銀座のおしゃれなレストラン ICONIC(アイコニック)

銀座ですわよー、銀座。

もうキラキラの空間です。

 

 

お料理は、Nadiaスペシャルメニュー。

協賛企業さまの商品を生かした、特別なお料理です。

 

 

うふふ。

いいでしょーこんなにおいしいものをいただいちゃいました。

(なのに、メインのお肉料理を撮影し忘れるという痛恨のミス!)

 

 

たくさんの料理家さんに愛されているNadiaさん

(一緒に参加したお友達と、葛城社長・ワンダーシェフの伊藤社長を囲んで記念写真。
最近のりょうり家さんたちは、本当に美人ぞろいですね。)

 

イケメンが2人いらっしゃいますが、

蝶ネクタイのイケメンが、Nadiaを運営する(株)OCEAN’sの葛城社長。

 

いつも、このパーティーでは、来年に向けて熱い抱負を語ってくれます。

それは、Nadiaさんがどう成長していくかという抱負でもあり、

私たち料理家に対しても、力強い応援のメッセージでもあります。

 

今回のお話しの中では。

 

他に迎合するな。

唯一無二であれ!

 

この言葉が心に響きました。

 

自分が信じた道、自分が進みたい道を突き進めと。

周りに流されずに、自分をしっかり持てと。

その分野で圧倒的な存在になれと。

 

今の自分の心とすごくリンクするメッセージで深く心にとどめたいと思いました。

ありがとうございました。

 

 

パーティーでは、ありがたいことに、マイクでお話しさせていただくチャンスが!

ワンダーシェフさんのプレゼンテーションの中で、短い時間ではありましたが、

あなたと私の圧力魔法鍋(あなわた)」のよさをお話しさせていただきました。

この圧力鍋についてくる料理ブックは、Nadiaさんとタッグを組んで作られてます。

どのお料理もかなり魅力的で、私も一冊もらっっちゃいました♡

 

 

 

年に一度、こうやってたくさんの料理家さんと会えるこの会は、

自分の進む道を改めて見つめなおすよい機会になります。

 

 

 

関西や名古屋、岐阜から参加したお友達も!

(写真前列左から)

小春ちゃん

・私

ヒロコ先生(主井ヒロコ先生)

(後列左から)

ゆきこちゃん

とさかりえちゃん

バリ猫ゆっきーちゃん

ひなちゅんちゃん

 

 

みんなにもまた会えてうれしかったー!!!

 

 

 

私も登録させていただいているレシピサイトNadia。

私のレシピブックはこちらからどうぞ


Nadia|さいとうあきこ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)