圧力鍋で時短!簡単!うちごはん♪~圧力鍋のお料理教室

圧力鍋研究家が教える!
毎日使える圧力なべde野菜料理。

怖い、難しそう、使いこなせない、
棚の中にしまいっぱなし…。
そんなイメージの圧力なべを
毎日のごはんづくりに活用しませんか?


テーマ:

気が付けば、4月も終わり。 今年ももう1/3が終わったということ!?
きゃー、時間の流れが恐ろしいですー。

この楽しい1泊2日の旅行が、10日も前の話だなんて…(遠い目)



4月の19日~20日にかけて、ふらり一人旅をしてきました。

向かうは、新潟でパンとお料理の教室 mama@cafeを主宰しているasakoさんのところ

神戸の人気スイーツ教室e-styleを主宰している妄想さん(映子さん)
神戸からはるばる新潟まで出張レッスンにお越しになるということで、
参加してきたのです。


なぜ、映子さんが妄想さんと呼ばれているかというと、彼女のブログタイトルが
「妄想shop
」だから。





もともと、asakoさん、映子さんとは、 日本ガス協会が開催する
「親子クッキングコンテスト」の 全国大会に出場したことがきっかけで
仲良くしてもらってます。



ちなみに、3人一緒に出場した第5回親子クッキングコンテストの全国大会では、
asakoさん母娘がグランプリ、
映子さん母娘が準グランプリ、
そして我が家の母子は審査員特別賞をいただきましたー。
なかなか豪華な顔ぶれでしょ





今回のレッスン参加は映子さんには内緒。
asakoさんとサプライズを企んで行ってきました。

映子さんが私の顔を見たときの驚きっぷりと来たら…笑
「ハトが豆鉄砲を食らう」というのは、こういう表情をするんだなーって。
映子さん、びっくりさせてごめんね。

翌日のレッスンに参加予定だったのですが、
せっかくなので前日泊りにして、 前日夜のレッスンで
カメラマン&アシスタントをさせてもらうことに。

asakoさんのサロンはどこを撮っても絵になるー。


雰囲気伝わるかしら?
 
 
  

さあ、生徒さんたちもお越しになって、いよいよレッスンスタートですよー^^
 

基本、顔出ししてない映子さん。
だから、あえてぼかしてます。



映子さんのスイーツは、すべて独学で習得されたもの。

一般的なスイーツ作りのセオリーで縛られない、自由な発想、自由な作り方。

難しいプロ用の言葉は使わず、プロ用の材料も使わず、
ざっくり、アバウトに作っても、 初心者でもおいしくできる!
ということに焦点を当てたレシピ開発をしています。

 

こんなに素敵なタルト!

さぞかし手が込んでるんだろうなーと思うけど、
作りやすいレシピに調整してくれているので、思った以上に簡単で、作りやすい!!!
すぐに作りたくなる!!
(実際、帰ってから2日間で3回焼きました)
 

ちなみに、このタルト「3ナイ・タルトレット」と命名されてます。
3ナイとは… ・綿棒使わない・寝かさない・細かいこと言わない(笑)の3ナイ。
このネーミングセンス、めっちゃ好き(そのうちパクらせてもらおう)

 
タルト型に敷きこむときも、「麺棒使わナイ!」でこんな感じでー、
ひょいひょいっとねー♪




確かに3ナイ。
3ナイにするために、いっぱい研究を重ねてきたんだろうなー。
その過程を考えると、本当に頭が下がる思いです。


例えば、一般的には「粉は必ずふるっておく」とあるけれど、
作るものによってはふるう必要がないものもあること。
実際に粉を振るわずに作ってみて、問題なかったからちゃんと教えてくれる。

一般的には「粉糖を使うのがいい」とされているけど、
用途によって使い分けてもいいし、あるものを使ってもいいこと。
この砂糖を使うと、こんな感じに仕上がるというところまで研究されつくしてます。

一般的には生地は休ませることになってるけど、
休ませなくてもすぐに使える配合にしてあること。

一般的には艶出しにナパージュを使うけれど、
プロ用のナパージュを使わなくても、身近な代用品が使えること。

これって、普通のケーキ教室ではきっと言わないことですよねー。
だって、一般的なセオリーにはないやり方だから。

でも、セオリーでがんじがらめになってたら、
ハードルが高くてなかなか作ろうって思えないけど(私は)、
そのハードルをぐっと低くしてくれたレシピだから、 作ろうって思えるし、
リピートして何度も作りたくなる。
この一品のレシピだけで、いろんなことが感じ取れました。

セオリー通りじゃないことを伝えるのって、すごく勇気がいることだし、
自信がないと言えないこと。
自信をもって言えるレベルになるまで、納得いくまで作りこんだ証拠なんですね。

ジャンルは違っても、本当にすごーくすごーく勉強になったし、 刺激をもらいました。


asakoさんは、生徒さんとの関係性の作り方がステキ。
生徒さんと、まるで友達のように一緒になって楽しんじゃう!
時には恋愛相談に乗ったり、いろいろ話し込んだり、一緒に食事に行ったり。
そんな素敵な関係作り、あこがれるわー♡

しかも、こんなにおいしそうな軽食をささーっと用意してくれて。
このピタパンサンドがまた絶品でした♡

 

asakoさんも映子さんも、教室を開いている部分では大先輩(人生は私の方が先輩だけど)。
先輩としてのお話しをいろいろ聞かせてもらって、
教室あるあるの話もいろいろできて、 とても充実した2日間でした。

うちごはんラボでも、一般的なお料理セオリーに反することを
いろいろとご紹介していますが、
映子さんみたいに、ちゃんと自信をもって伝えられてるかなー?

セオリーに反したやり方をご紹介する時は、いつもドキドキします。
常識を知らないんじゃないかと思われたらどうしようとか、
そんなちっぽけな見栄で(-_-;)


でも、 この方がみなさんにとって、きっと作りやすい。
この手順は省略しても味には影響なし」という部分をしっかりと見分けて、
より作りやすく、よりおいしいレシピを、 自信をもってご紹介できるように

これからもますます頑張っていこうって元気をもらいました。

asakoさん、映子さん。 本当にありがとうー



レッスンの間に撮影した映子さんの写真。
ご本人もとっても気に入ってくれて、ブログやインスタのプロフィールに使ってくれてます。
ありがとー!!!

どんな写真?って思ったら、映子さんのブログへgo!!!
妄想shop(注・ときどきパンケーキ屋です)

 

うちごはんラボ 5月の圧力鍋講座、お申込み受付中です。
今回は、セオリー通りじゃないびっくりレシピも登場しますよー^^

詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。
5月の圧力鍋講座は、お手軽チャーシュー(煮豚)とヘルシー玄米ごはん

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日のこと。 いつものように家の鍵をかけて、近所のスーパーまで買い物に。

お弁当作りが始まった我が家の食材と、教室用の食材。
スーパーの大きな袋4つ分。


{793F3506-1831-46E1-9773-C1ACAD47A2DC}
中には冷蔵品も、アイスも!
パルムがちらりと見えてますね(笑)

さて、家に入って冷蔵庫に入れなくっちゃ!!!




鍵を刺して、回して
 

えっ!!!
鍵が回らないんですけどー。


ウンともスンとも言わない、全然回らない。
ノブを持って、ガチャガチャしてても、びくともしない!


マジで!


どないしょー。
鍵が壊れたんかなー?
それとも私の鍵だけがあかんのかなー?


どうしたらいいん?
鍵屋さん呼ぶ?えーっとベランダの鍵は…閉めてるから無理かー…

とりあえずこの荷物どうする?
管理人さんのお部屋には冷蔵庫ないし…


こうやってる間にもどんどんアイスが溶けていくー。

全部無駄になるのは悲しいので、管理人さんに1本あげて、私も1本食べて



残りは…あー残念。

って考えてたら、ちょうどご近所さんがたまたま通りかかって、
事情を話して預かってもらいました。

これで一安心。

後は鍵をどうするか。


賃貸物件なので、万が一鍵を取り替えるというような状況になった場合は、
オーナーさんの確認が必要なのです。

1)旦那さんに電話して状況を伝え、
2)旦那さんから仲介業者さんに連絡を入れてもらい
3)仲介業者さんから私に電話が入って状況説明
4)仲介業者さんがオーナーさんに確認と同時に、鍵屋さんの手配
5)鍵屋さんが来る

ここまで所要時間3時間。


我が家の鍵は、ディンブルキーというタイプなので、
カンタンには開けられません。
さて、鍵屋さんはどうやって開けるのか!?

興味深々♡

と思ったら、いろいろ説明された後

「特殊工具を使用したりしますので、作業自体はお見せできません。
申し訳ありませんがちょっと外してもらえますか?」


とのこと。
そういえば、テレビの密着番組とかでも、鍵を開けるシーンはモザイクかかってるよなー


なんて考えてたら、


カチャ。


ほんの数分の出来事でした。

すごいね。プロは。


ディンブルキーは精密にできているので、ほこりなどが入ってしまって、
鍵が使えなくなることがまれにあるそうです。
大体7~8年くらいが寿命と考えてくださいねー。とのこと。


こうならないために、予防策を教えてもらいましたよー!
ディンブルキーをお使いの方は、参考にしてくださいね。


 時々、鍵穴を掃除機で吸う。もしくはエアーダスターなどでほこりを吹き飛ばす
 鍵自体をきれいに拭く。くぼみにほこりなどがたまることがあるので、掃除する
 鍵が回りにくい状況、鍵の滑りが悪いときに、市販の「潤滑油」を使わない!
 (オイル分が鍵穴で固まってしまうことがあるそうです)
 鍵が回りにくいときは、ディンブルキー専用の潤滑剤(メーカーごとに専用のものがあるそうです)を使う。

こちらのページも参考になりそうです。



鍵が開かない!という大きなトラブルだったのですが、よかった!という結末でした。

なぜなら
・午前中のうちに家にいないとできない用事を片づけておいた。
・買い物してきた荷物をたまたま通りがかったご近所さんに預かってもらえた
(普段はこの時間いらっしゃらないそうですが、本当に偶然。ラッキーすぎる!)
・なんにもできない時間がぽっかり空いたので、いろいろ考えられた
・鍵のトラブルが昼間で、私だけの時でよかった
・そんなに寒く無い日だったので、外で待つのも苦じゃなかった
・鍵が「開かない」のではなく、「閉まらない」だったら、出かけられなかった
って考えたら、このトラブルもラッキーだったと思えました。



よくよく考えてみるとー
この家に越してきて4年目に入るのですが、
毎年4月くらいに何かが起こる!

1年目       トイレが詰まる。人生初の「ラバーカップ(スッポン)」を購入
2年目       洗濯機のところの水道管が外れて、洗面所が床上浸水状態
           何も触ってないのに、急にブレーカーが落ちる。
3年目       この年は平和だった。気がするけど…
4年目(今年)   鍵が開かない

あー、こわ。


皆さんも急なトラブルにはお気を付けくださいませー。








 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
春休みで、大阪に帰省しております。
メールのお返事等、少しお時間を頂戴しております。
おゆるしくださいませ。


大阪に帰ってきて、実家に行く前に、
16年間暮らしてきた町へ。

よく行ったカフェ。
{5DD347DE-945B-4412-B185-FAD4A3EFD39B}

うさぎとぼく

ゆる~い穏やか~な空気が流れる、
暖かい空間です。

久しぶりに行ったら、マスターから
こんな粋なプレゼント
{AA81922B-67D3-443E-A42E-C4E68F9E55C3}

ラテアートが「おかえり」

なんか嬉しいね。


この後、馴染みのパン屋さん、子どもたちが育った保育所と学童に立ち寄ってから、
実家へと向かいました。

どこに行っても

おかえりー!!
大きくなったねー。元気だった?

小さい頃から見てきてくれた人たちに会えるって、こんなにも心が満たされるんだね。

そして実家へ。
母は相変わらずパワフルで、年々パワーアップしてると思う。
本当にこの人にはかなわない!!
自慢の母です。


そして、父のいる病院へ。、
父は3年前の春に脳梗塞で倒れて、
それ以来、入院してます。
左半身麻痺があるので、思うように体を動かすことができません。

それでも、頭ははっきりしていて、顔を見せたらちゃんとわかってくれました。



今回の帰省には、大きな目的が。
父と母の金婚式、結婚50周年なのです。


家族でお祝いするため、病院の外出許可をもらって、車椅子ごと乗れる介護タクシーを使って、父が家に帰ってきました。


ここに至るまでの母の頑張りは凄かった!


口から食事ができるようにと、
訓練にも気長に付き合い、病院に通い、
父の症状について勉強し、
本当にすごい人です。

その想いが実って、ようやく一時だけでも家に連れて帰ることができました。

母の頑張りのおかげで、娘として金婚式を祝うことができて、私の方が幸せをもらいました。


改めて、お父さん、お母さん。
金婚式おめでとうございます。
2人揃って、この日を迎えてくれて、
娘としてこんなに嬉しいことはありません。
4年前に大阪を離れることになってから、
次の春に父が倒れた時には本当に辛かった。
近くにいたら、いつでも顔を見に行けるのに。
何かあったら駆けつけたり手伝うことだってできるのに。

でも、私たちが幸せに暮らすことが
親孝行になるんですよね。
そう信じたいのです。


父が元気な時は、手をつないだりしなかったけど、
父が倒れてからは、顔を見に行くたびに手を握って話をします。
たくさんは喋れなくても、目で話をしてする。その時間が私にとっても癒しの時間なのです。

父の手。
サラリーマンだったんだけど、料理が趣味で、あっという間に美味しいものを作っちゃう魔法の手。

お父さんの料理好きなところ、受け継いだのかな?

{4DD7BEB0-F297-403C-8EFB-01C84D9DF959}




親孝行しようと思って帰省してしたけど、自分の方がたくさんの幸せをもらいました。
今回、写真を撮りたい!と、カメラを持って帰ったけど、ファインダーを覗きながら、私が1番満たされた気持ちになれました。



子どもたちも大きくなり、
こんな風に揃って帰省することは難しくなるのかなー?

でも、いつまでも私は父と母の娘ですから。

金婚式、おめでとう。
揃ってこの日を迎えてくれて、本当にありがとう。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)