2012年09月08日(土)

滋賀 湖北のおいしいもの とりやさいみそ 初回の悲劇。

テーマ:滋賀のおすすめ
$シンガー・ソングライター 蜂谷 清香 ~ みちびかれるままに ITS ALL MEANT TO BE~-とりやさいみそ
2年前の冬だったか、ある歌の生徒さんから、
「先生、ちゃんとお食事とってますか?」といただいたのが、びわこ食品の「とりやさいみそ」。

たぶん前の週にでも、私が忙しくてきちんと料理してる時間がない、
料理してる時間がもったいないという話をしたのを覚えていて、
心配してくださったのだろう。
有り難いこと。

それにしても、「とりやさいみそ」。
近江八幡出身の私は聞いたことが無い。
湖北では有名で、お土産ものにもするらしい。

「これね、お野菜入れて炊くだけで、とってもおいしいんです」と。
なんだかずっしり重い。
きちんとした箱入りで、たしかにお土産っぽい。

その日も夜遅くに帰り、
あー、おなかすいた。何か食べるものないかしらと冷蔵庫を物色。
キャベツを発見。

そうだ!生徒さんから
「野菜を入れて炊くだけでおいしい」という何かをいただいたんだっけ。

「スタミナ食」と書いてある。これはいいぞ。
おなかのすいた私は大急ぎで箱をあけ、
プラスチック容器の中、
さらにビニールの袋入りの「とりやさいみそ」を取り出す。

そこで大きな勘違い。
「野菜を入れて炊くだけでおいしい」を、
1回分のレトルト食品みたいなものと勘違いしてしまった!!

小さな説明書きが入っていたのにも気づかずに・・・。

おなべにキャベツ適量と
そして、「とりやさいみそ」を
一袋、全部入れるいきおいで、にゅるにゅるっと入れ始めた。

「とりやさいみそ」をご存知の方にはびっくりの行為でしょう。
とほほ・・・ばかな私。 (;^_^A

途中で、

「どんな味だろ?」とふと気になり、
ちょびっとなめてみた。

「ぎょえー!!からい!!えー?こんなにからいものなの?」
(/TДT)/

今更、キャベツの上に一回出したものをもとにもどすわけにもいかない。
全部入れるいきおいだったが、
こんな辛いものなら、非常にまずい。

とりあえずそこでストップ。
3分の1箱くらい入れてしまっただろうか。

それから炊いて食べてみた。

「からい・・・」(T▽T;)
「とりやさいみそ」って辛いものなのね。
・・・そう思いながら。

ようやく落ち着いて、箱をもう一度見ると、説明書きが出て来た。
ぽろりと。

どうやらレトルト食品ではなく、普通のお味噌のように使うもので、
つまり、1回の分量も、普通のお味噌ぐらい入れるもの。

「野菜を入れて炊くだけでおいしい」と言って下さったのは、
いろんな出汁が入っているから、
だしを入れなくても、野菜だけを炊いてもおいしいですよ、と
まさにその言葉どおり。

おおー。 私の大きな勘違い。(T▽T;)

辛くて食べられない。

結局、このめーっちゃ濃いなべを、
うすめてうすめて(それでも濃いめで)、
野菜入れたりごはん入れたり、
3度3度の食事にいただいて、
5日ほどかけて、やっとなくなった。

うう。。゚(T^T)゚。 もったいない食べ方した。

後日、その味も忘れかけたころ、
あらためて、「適量」で野菜を炊いて食べてみた。

すんごくおいしい! (≧▽≦)
なんと!

この味は・・・、きっとラーメンにもあうに違いない!と思って、
市販のインスタント麺を炊いてみた。

これまためちゃおいしい!o(^▽^)o

てなわけで、自分の早とちりから、はじめはエライ目に合ってしまったものの、
すっかり「とりやさいみそ」が好きになった私。

滋賀県の、湖北名物「とりやさいみそ」。
インスタント食品ではありません。
分量は、ほどほどに。

なんと、こちらで通販でもお求めいただけるとのこと。
私は決してびわこ食品さんのまわしものではありませんが。

あー、思い出したらまた食べたくなってきた。

ペタしてね読者登録してね
PR

[PR]気になるキーワード