2009-07-01 22:37:42

【cfdump】デバッグで便利

テーマ:ColdFusionのタグ
個人的な開発方法は、秀丸エディタを使い、ColdFusionリファレンスを常時開いている状況です。
最近ではEclipceを使う方法もあるようですが、慣れたし軽いので、この方法です。

問題になるのは、やはり変数にどんな値がはいっているか調べること。
ちょっと前にJavaで作業したことありますが、部分的にログを作成し、または画面表示させたりするために面倒なことをしました。

ColdFusionの場合はcfdumpを使うと楽です。
楽なんで、他の言語のデバッグ用にcfdumpと同等のものが欲しいくらいです。


【index.cfm】実行
01: <cfset chk = structNew()>
02:
03: <!--- 配列 --->
04: <cfset chk.ary = arrayNew(1)>
05: <cfset chk.ary[1] = 1>
06: <cfset chk.ary[2] = 2>
07:
08: <!--- 構造体 --->
09: <cfset chk.st = structNew()>
10: <cfset chk.st.country = "Japan">
11: <cfset chk.st.city = "Tokyo">
12:
13: <!--- クエリー --->
14: <cfset chk.qry = QueryNew("a1,a2")>
15: <cfset QueryAddRow(chk.qry)>
16: <cfset QuerySetCell(chk.qry, "a1", "test1")>
17: <cfset QuerySetCell(chk.qry, "a2", "test2")>
18: <cfset QueryAddRow(chk.qry)>
19: <cfset QuerySetCell(chk.qry, "a1", "test3")>
20: <cfset QuerySetCell(chk.qry, "a2", "test4")>
21:
22: <!--- XML --->
23: <cfxml variable="tmp">
24: <world>
25: <country>
26: <name>Japan</name>
27: <city>Tokyo</city>
28: </country>
29: <country>
30: <name>USA</name>
31: <city>New York</city>
32: </country>
33: </world>
34: </cfxml>
35:
36: <cfset chk.xml = xmlParse(tmp)>
37:
38: <cfdump var="#chk#">
39:
40: <cfset a = 11>
41: <cfset b = 22>
42:
43: <cfdump var="#variables#">

色がついてわかりやすいです。
見たくない項目をクリックすると閉じたりできます。

xmlデータの利用として、アマゾンWebサービスを使ったときは便利でした。
どんな階層になっているか具体的なマニュアルというか解説を見つけることはできませんでしたが、
cfdumpによって具体的に知ることができました。

cfdumpタグ。これは便利すぎて手放せないですね。

cfdumpのドキュメントはこちらです(cf7)。



※2016年1月19日、urlをutalab.bizに修正
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

うたらぼさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。