父が公務員なんですが、今日、職場の講習?というか、内容は知りませんがとりあえず検察官が講師としてお呼ばれしてたらしくって。


父が案内、世話係みたいな役割だったおかげで話す機会に恵まれました。ラッキー!


父と検察官は意気投合した様でまた会う約束とかしてました、ホントにコミュ力高い…。


上司にも可愛がられるタイプみたいで高卒バカ三種ではハイスピード出世みたいです。


まぁ、父の元上司の方ほどではないのですが…。
その方は高卒で局長まで務めてたみたいですし。




話が逸れました…。すみません。



検察官の中でももう50後半で立場は上の方みたいです。
とりあえず、感想…。

頭いいわ〜。小並感。

話してて分かる、すっごく頭良い!
私なんかは見るからにバカそうですからね〜。

東大卒だそうで、在学中に司法試験合格した様です。あれ?この人スゴくね?

父の話だと50人ぐらいの前で講習だったらしいんですが一人ひとり口頭で自己紹介した50人のプロフィール一発で完璧に頭に入れてたりとかしたり、分厚い書類ザーッと目を通しただけで概要をしっかり理解して説明出来てたりとか…父の周りにも東大はポロポロいるがこんなに頭の出来ちゃうんか⁉︎と驚愕していました。


検察官さん曰く司法試験勉強と検察官の仕事が大きかったそうです。


正直、高校、大学1,2年の頃の自分が今の自分を見たら驚愕するぐらい頭の使い方が上手になった。


らしいです。謙遜じゃねーの?マジなの?


司法試験に向けて死ぬほど勉強して、検察官として死ぬほど働くうちに頭の使い方が成熟していった。未だに精度が上がっている実感がある。最近は東大も法学部離れとか言われてるけどむしろ法曹にならない人も体育会やらサークル、ボランティアで就活有利にとか言わずに大学で死ぬほど勉強した方が将来絶対に役に立つとおっしゃってました。笑
そこまでストイックになれる18〜20は少ないでしょうけどねー。


検察官さんの知り合いには公認会計士、司法試験、MBAのトリプルライセンスの人がいるがその人は司法も会計もあまり関係ない職場で働いて年収一億近く稼いでる人もいるし、就職の役に立たないとかコスパがーとか言ってるひまがあるなら公認会計士、司法試験のダブルライセンス在学中に取るつもりで勉強してみるといい。
それだけトレーニング積んで、4年〜6年で取れるほどの頭が出来上がったなら就活なんて悩まなくても向こうからやってくる!そして職場で更に磨きをかけて計10〜15年研鑽を積むとアレ他の奴らより俺頭の使い方が上手いなーと実感できると力説されました。

大事なことは試験に受かることじゃなくて、上手な頭の使い方、その精度を高めること。
それが出来れば周りは型落ちのパソコンでこっちは最新機種なんだから負けるわけがない!

短期的な利益にしか目が向かない短絡的思考の持ち主になると将来破滅する。

中々、ぐさぐさくる方でした。

司法試験かぁ…。
弁護士、検察官とかやれる気がしないんですよね
でもそれに向けて勉強する事で得られるものはでかいのかもしれませんねぇ。
簿記1級持ってるんで公認会計士は取るつもりですがねー。





東大受験生ブログランキング

AD