府中市発の国づくり、街づくり、人づくり

行政マンや議員に新風を!!

改革心のある輩はたくさんいる。

遠慮なくご意見ご要望をお聞かせください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-16 18:34:41

じゅん散歩(テレビ朝日)~府中~

テーマ:府中のグルメ

高田純次による「じゅん散歩」

 

明日

 

1月17日(火)

 

テレビ朝日、9時55分~

 

府中が『じゅん散歩』の舞台となります。

詳細はこちらもご覧ください。(勝手にリンク貼っちゃったけどいいのかな?!)

http://www.tv-asahi.co.jp/junsanpo/

 

高田純次は府中高校卒でもあります。

 

見逃した方はこちらでも見られます。(勝手にリンク貼っちゃったけどいいのかな?!)

http://tver.jp/

 

皆様、是非ご覧ください!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-13 12:35:15

Road to 2019-2020

テーマ:スポーツ

府中市では2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピックパラリンピックの開催に関して、様々な分野で積極的に関わっていきます!!

 

そのキックオフイベントが

 

1月18日(水) 19:00 ~ 20:30

ルミエール府中(入場無料)

 

で開催されます。

詳細はこちらもご参照下さい。

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/bunka/olypararugby/olypala/roadto2019-2020.html

 

お時間のある方、是非ご参集下さい!!!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-04 16:39:40

平成29年がスタート!!

テーマ:政治経済

府中市議会議員の臼井克寿です。(後厄の41歳です。笑)

 

さて、本年府中市では長きにわたり懸案だった府中駅周辺の再開発事業が完結いたします。

三街区あった再開発エリアですが、現在工事中の第一地区の再開発ビルが本年7月にオープンする予定です。楽しみにお待ちいただきたいと思います。

 

しかし、この第一地区の再開発事業完成をもって『府中駅周辺まちづくりが終わり』というわけではありません。むしろ、これからの方が大変かもしれません。

 

再開発ビルの3街区を機能的に連携させて、周辺地域も巻き込んでの相乗効果をもたらすような仕掛けをしていかなくてはなりません。また伊勢丹府中店の撤退報道も多きに気になるところでもあります。

 

府中駅周辺を今以上に活性化させる為の手法として、中心市街地活性化基本計画が策定されております。そしてその計画を確実に遂行する手段の一つとして重要な役割を果たすのが『まちづくり会社』です。『まちづくり会社』のメンバーには民間事業者の方に入ってもらっており、これからは商人としての知恵を存分に生かしていただきたいと思っております。行政が得意としている部分と商人が得意としている部分を融合させて頂くことで、真の市民協働となると確信しております。今後の府中駅周辺の街づくりに期待したいです。

 

また箱ものとしては、新給食センターが2学期供用開始を目指して現在工事が進んでおります。完成すると日本最大規模の給食センターの完成です。大量調理となることにより、様々な課題がはありましたが、議会としては今までも監視をしてきており、多くの改善を促してきました。またこれからも引き続き監視を強め、安全安心な給食の提供が出来るよう努めてまいりたいと思います。

 

個人的な事ではありますが、今年も府中駅伝(5km×5名)に参加します。

お時間のある方、ぜひ市議会チーム(2チームエントリー)の応援をお願いいたします。

<m(__)m>

 

今年一年も皆様にとりまして、実り多き年となりますよう心より祈念申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-21 15:58:01

待機児童ゼロ!?を考える。。。

テーマ:教育

政府も厚労省も・・・

 

またどこぞの議員も

 

待機児童ゼロ!!』

 

と・・・。

 

この『待機児童ゼロ』という響き、聞こえはいいですが、改めて考えてみたいです。

 

私も子育て真っ只中!!

息子が6歳、娘が4歳です。当然、友人知人にも子育て世代は多く、毎年、保育所入所申込時期になると多くの市民相談を受けております。

 

待機児童解消は取り組まなくてはいけないものの一つだとは思いますが、だからと言って、単に保育所を増設すれば果たしてよいのでしょうか?

私なりに考えられる課題を5つ挙げてみました。

 

①保育士の質

現在、行政をはじめ保育運営事業者(社会福祉法人や株式会社)は、保育士確保に躍起になっております。

保育士確保にあたって、ある程度の需給のバランスが取れいていないと、保育士の質が著しく低下することがあります。

本来は採用基準に満たない保育士を採用せざるを得なくなってしまったり、経験の浅い保育士が多くなってしまったりすることがあります。

昨今見受けられる園児の死亡事故やそれに類する事件事故の背景の一端は、こういったところにもあると思います。

 

 

②保育運営事業者の質

社会福祉法人や株式会社はここ数年で一気に保育所を増設している所も多くあります。能力を超えて増設していると思われる事業者も見受けられます。

 

また運営費の多くは国・都・市からの補助金、つまり税金ですが適切に使用していない事業者が摘発される事件も起きております。

つまり『保育』を『営利目的』の事業としてしまっているのです。

①同様に、事件事故の背景にはこのような問題があると思います。

株式会社でもしっかりと保育事業を行っているところは多くありますので、誤解せずに…。

 

 

③保育所整備には莫大な補助金(税金)が投入されている

保育士の給料や施設概要、定員や年齢度に応じて、複雑な計算があるので、あくまでも標準的な金額を示します。

 

0歳 210,000円

1歳 135,000円

2歳 135,000円

3歳 78,000円

4歳 69,000円

5歳 69,000円

 

園児一人あたりの一か月の補助金です。

この金額を高いと感じるか安いと感じるかは皆様それぞれだと思いますが、私は正直、多くの税金が投入されているんだなぁ・・・と感じています。

今日放映されていたTBSのひるおびの出演者も一様に金額の高さに驚いていました。

この金額はあくまでも標準的な金額でして、多少の多寡はありますが、概算としてとらえていただいて結構な数字でして、原資は国民から頂いた税金となっております。

このほか保育施設を建設する際も多くは税金が投入されております。

東京都や府中市は独自にさらに補助金を充てて、そこに保護者が支払う利用料(保育料)が加わり、保育所は運営されているわけです。

 

ちなみに保護者が支払う保育料は府中市では収入に応じて、

『0円~73,600円』です。

 

つまり待機児童解消には莫大な税投入が必要であると言う事です。

 

 

④本当にその世帯は保育所を必要としているのか?!

これが厄介です。

『保育所に子どもが入れたら仕事をしたいです。』

これを本気で言っていて、実行されている方が多くいるのはわかっています。

しかし、これを免罪符として、ず~っと求職中や週1、2回程度数時間程度の仕事しかしていない人が多くいるのも事実です。

このような世帯のために、皆様の大切な税金が多く投入されたり、本来保育を必要としている世帯の方が待機児童となってしまうこともあります。

 

⑤0歳とか1歳は、可能なら家庭で育てたい。。。

これは何かデータがあるとかではなく、私の感覚的なものですが、色々なママさんと話していると、

『会社の規定で育休が〇か月しか取れない・・・』

『△年〇月までに復職しないと退職させられてしまう・・・』

という切実な声を聴きます。

本当はもう少し子どもと一緒にいたいのに、会社の制度がそれを許さない…というものです。

つまり産休・育休と復職の法整備の問題です。

恐らくですが…多くのママさんは、仮に安心して育休が取れて、その後に職場への復職がしっかりと保証されるのであれば、我が子を0歳から保育所に預けなくても良いと考える方が多くいると思います。

ある程度の年齢までは子どもとたっぷり、ゆっくりと過ごしたい、こんな風に考えているママさんもたくさんいると思います。

 

 

以上の①~⑤までのことを総合的に考えてみると

保育所整備を行って、ある程度の待機児童解消は必要だが、同時に、出産・育児休暇や復職に関しての法整備を充実させていくことが必要であると感じています。

 

産休育休後に安心して復帰して働きたいママのためにも・・・

子どもたちが安全安心に保育所に通園するためにも・・・

皆さんの大切な税金を有効に使うためにも・・・

 

待機児童解消に向けて、単に保育所を増設すれば解決!!ではないと言う事を少しでもご理解いただければと思います。

 

私の待機児童解消に関する思い…最後までご覧いただきましてありがとうございます。

<m(__)m>

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-08 16:43:08

分倍河原駅周辺の街づくりについて

テーマ:政治経済

一昨日の府中市議会一般質問にて表記の件、

 

『分倍河原駅周辺の街づくりについて』

 

を一般質問としてとりあげた。

 

この件は一昨年、昨年と経年的に取り上げており、課題解決には長期間要すると思うが、必ずや成し遂げなくてはならない重要課題であると私自身思っている。

 

今年一月の高野市長二期目の選挙においては、初めて公約としても掲げてくれた。

 

 

そして昨年から今年にかけて、大変大きな動きがあった。

 

それはJR東日本本社と東京都が府中市行政と同じテーブルに立つこととなった。

 

駅舎改良を含めて、駅周辺整備においては一歩も二歩も前進したと言える。

府中市担当課の尽力には、改めて頭が下がる。

(この手の交渉は、担当職員の力量で早くも遅くも、また前進も後進もします。)

 

 

今回の私からの提案は分倍河原駅周辺の街づくりにおいては、

『立地適正化計画』

を活用した街づくりを進めてほしいという主旨。

国土交通省が推進する『立地適正化計画』についてはこちらをご覧いただきたい。

http://www.mlit.go.jp/en/toshi/city_plan/compactcity_network.html

 

旧来型の再開発や区画整理ではなく、今後の人口減社会、超高齢化社会などもしっかりと見据えた街づくりの推進をしていかなくてはならない。

 

 

引き続き、経年的に取り上げていき、ご報告をしていく。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み