保育ランドおあふ卒園式

テーマ:

保育ランドおあふ卒園式が行われました。

  

 

 

卒園児達がみんなで書きました。

みんなの力でとっても素敵な飾りができました。

卒園するこの子達とは沢山の思い出があります。

キャンプ、田植え、稲刈り、生活発表会、運動会、クリスマス会。

 

送り出す園児達からお祝いしてもらいます。
そして卒園する子ども達からもプレゼントがあります。

みんなは私の事を”師匠”と呼びます。

キャンプの師匠とし何回か一緒に子ども達とお泊りしました。

今日の理事長挨拶もみんなの”ししょう”として伝えました。

我々が運営を引き継いで4年となります。

この子たちも4年見てきました。本当に子どもの成長ってすごいと思います。

我々も意味のある保育教育の奥深さを知る4年でした。

わたしからのメッセージはみんなに”夢をもってください”という事と自分はできるという事伝えました。「わたしはできる!」って一緒に唱和しました。保護者の方々には”子ども達の夢を応援してください”と伝えました。保護者の皆様も我々を本当に暖かくご理解とご支援を頂きました。ありがとうございました。

今回卒業される先生方にもみんなたくさんの思い出があります。

感謝しかありません。

本当にみんなありがとう。

おとちゃん、ゆずちゃん、さあやちゃん、さらべえ卒園おめでとう!

子ども達が巣立っていく姿がまぶしい素敵な時間でした。

みんなありがとう。

AD

兵庫医療大学が丹波市薬草薬樹公園を拠点としてスタートする「もっと兵庫の薬草を知ろう・広めよう・味わおうプロジェクト」(地域創生拠点形成支援事業)のキックオフ・シンポジウムが開催されました。

薬草料理、薬草入浴剤作り、薬草当てクイズ、大盛況でした。

 

 

 

 

 

午後の講演会は

前田兵庫医療大学副学長、谷口丹波市長、石川兵庫県会議員、ふるさと和田振興会の武田さんのご挨拶

長年薬草を作り続けてこられた、薬草の歴史の生き字引きである山下さんのお話、あいな里山公園園長の高畑さん、ハーブの星川さんのお話は本当に興味深いものでした。

 

 

 

 

大学と地域であるふるさと和田振興会、神戸シルバーカレッジで活動されているNPO法人社会還元センターグループ ”わ”、と連携してスタートする事業です。

丹波市で薬草を生産されている方々や県や市の方々、神戸からしあわせの村、国立あいな里山公園、グループ わの方々をお迎えして3年間の事業がスタートしました。

ひとりではできない、多くの人が力を合わせて薬草をもっと広く知ってもらって、地域を活性化する。

本当に素晴らしいキックオフになりました。

今日参加して頂いた皆様、ここまで準備をしてきた皆さんとうちのメンバー、ありがとう。

これからスタートです。

皆さん、

AD

今年で8回目を迎える「1.17震災祈念コンサート」が開催されました。

兵庫県立文化体育館は神戸市長田区にあります。
地震後の火事で甚大な被害が出た地域です。
当時、この体育館は避難所でした。

ここで毎年このイベントを開催しているのはそんな地域だからです。

 

このコンサートは寺尾仁志率いるヒューマンノートと一般参加シンガーで構成されています。そして今回のスペシャルゲストは大島花子さんです。そう坂本九さんの娘さんです。

 

 

そして兵庫県立長田高等学校吹奏楽部がオープニングを飾ってくれました。

 

ヒューマンノートの歌声はさすがでした。

大島花子さんの歌声も心にしみわたりました。

ご存じのとおり、お父様”坂本九”さんを日航機事故で亡くされた時の事を話され、突然家族を亡くすことがどんなに悲しく忘れる事のできない気持ちを話されました。

そして一般参加シンガーも合わせた350名の歌声は迫力でした。

 

 

最後の震災の歌「しあわせを運べるように」の合唱です。
ヒューマンノート・一般参加シンガー・会場のお客様を合わせた1,000名の歌声は感動でした。涙が止まりませんでした。

この歌は神戸から東北へと歌い継がれ、熊本でも被災地を大変勇気づけました。

今神戸では、この歌を歌う事で震災を知らない子ども達に震災を伝えていく事になっています。


震災祈念コンサートはコンサートだけではなく、震災に思いを寄せる展示もあります。

 

 

皆さん被災地への寄付をされていました。

 

ヒューマンノートの皆さん・一般参加のシンガーの方々の昨年からの練習と実行委員会の我が社社員のメンバーも半年かけて準備してきた苦労が報われました。

 

素晴らしい感動に包まれたコンサートでした。参加された方々の思いはひとりひとり違うかもしれませんが、共に語り合い忘れない事の為にこのコンサートを大切にしていきたいと思います。みんな本当にありがとう。

来年は、皆さん是非ご参加ください。

 

AD