2016年9月術後

2016年9月8日
S状結腸の原発巣と腹膜播種を
取り除く手術をした。
9時開始、14時終了。
ICUに1泊。翌日、歩行開始。

10時頃だったか。昨日の医師が来た。
歩行練習のためだ。

無理そうなら午後にしますか?
 
…先延ばししても、どのみち歩かなきゃならない。それなら今でしょ!観念しますよ。

麻酔が効いてるから、手術跡は痛くない。でもベッドから起き上がるのには苦労した。補助されてなんとか起き上がり床に足がつく。立ち上がり、最初の1歩。

2、3M先の壁まで歩き、ベッドに戻る。
なんだかふわふわするのは、内臓が無いぞー…内臓の一部が無くなったからか。

今日の任務は終わった。
そして、ご褒美のように飲水の許可が出た!翌日から_(┐「ε:)_ズコー

歩いたからか、少し頭がスッキリしてきた。その途端、色んな管で繋がれていることに気づく。点滴、腹部のドレーン、尿管、背中に麻酔。

これは、あれだ。


やめろショッカー!ぶっ飛ばすぞ!


改造はされてない。多分。
AD