うさ吉のきままダイアリー

お芝居を観たり、おいしいものを食べたり、旅行したり、、、の感想を書き留めておく日記。そんなところ。


テーマ:

本当は2日目に観劇したのにさぼりにさぼって後回しにしていたが、先代萩、というか竹の間がよかったのでなんとか一言書いておこう。でないとすぐ忘れちゃうから。


今月は昼の部を3B席、夜はイマイチ見る気がしなかったので舞踊のみを幕見。


伽羅先代萩 2004年3月の菊五郎の政岡も見ているはずなのに全く覚えておらず。もちろん竹の間も見ているはずなのだが今回はじめて見るような新鮮なおもしろさ。菊五郎の政岡はこの人のあっさりした芸風のせいか自己主張が強くないと言うか控えめな印象、しかし常に目は鶴千代に向かっていて情愛があり母性を感じる。対する仁左衛門の八汐は憎憎しくも愛嬌があって傑作。2人の芸風の違いが良い方向に働いててこの竹の間、かなりおもしろい。三津五郎の沖の井、秀調の松島がグッジョブな良い奴等。三津五郎の女形はめずらしいけど色気があっていいね、他でももっと見てみたいな。御殿になってからの八汐はほんとひどいよ、あんた。最後政岡に敵を討たれてもしょうがないね、という冷酷な女であった。そして千松が八汐にぐりぐりやられてるところを堪えてじっと見ている政岡の目がね、今すぐ八汐を突き飛ばして千松を抱きしめたい、というような目に見えうるっときた。ほんとは顔色一つ変えないってのが本当だから違うのかもしれないけど、菊五郎の目って色気があるというか潤んでるんだよね、だからそう見えたのかな。

床下の男之助は富十郎、2日目のせいかセリフに微妙な間が、でもさすがな男之助。団十郎の仁木は3Bからはほとんど見えず。しかし揚幕に近づくにつれ定式幕に映る影がだんだん大きくぼやけてってそれだけで不気味さが出てた、歌舞伎の演出ってすごいね、と改めて思った。

対決・刃傷は、、、仁左衛門が登場するまでに意識が遠くなり、長い虎の講釈に気を失った。しかし最後、手負いの外記にひとさし舞えって、助かるものも助からないジャン、早く手当てしてあげよぅよ、という突っ込みはなしか。


この日の大向こうはうへぇ、なものが多かった。竹の間の政岡の引っ込みでおばちゃんが「政岡がんばれー!!」、御殿だったかで「オニ松嶋!」って。がっくりしちゃうね。


源太・願人坊主 相変わらず舞踊はよくわからないけど三津五郎の踊りは眠くならない。


雛助狂乱 舞踊としておもしろいのかというと決してYesと言えない気がするが、久しぶりに巳紗鳳さんのお声も聞けたのでよし。

五条橋 鷹之資くん、お父さんと息ぴったり(というか富十郎があわせてるのか)、きっちりお行儀よい踊りでさすが富十郎の息子。将来有望です。

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

行ってきました、2days。

いや~、楽しかった。オープニングの3人のセッションにわくわくし、「陽気なゴースト」でキタローさんえらいトロンボーンうまくなったなとびっくりし(実は裏で村田陽一氏が吹いてて途中から登場)、「星に願いを」「メヌエット」で12弦ギターの美しい音色にうっとりし、「Super Suspicion」のエレキにしびれ、あんなにしょーもない話をしてたのにすっと「8月のクリスマス」の世界にもって行くまさよしのすごさに唸り、「ビー玉望遠鏡~低気圧ボーイ」のゲンタさんが小道具で生み出す波の音のうまさに感心し、「パンを焼く」「Fat Mama」のパワフルな歌とエレキにヒートアップし、アフリカン度合いが更にパワーアップした「長男」に驚き、「アンジェラ」の骨太で色気のあるな歌声にときめき、「月明かりに照らされて」のスライドギターのかっこよさはこの上なく、ラストの「バス停」でやっぱりまさよしサイコーと思ったのでした。

ツアー2日目の神奈川県民ホールの時よりもリラックスしてて「8月のクリスマス」「未完成」「全部、君だった」あたり、とっても丁寧に歌ってるかんじよかったです。いや、全てが良くなってる、進化してる、そんな気がしました。


18日は2階前列下手、19日は1階24列下手。場所のせいなのか?18日はちょっとドラムの音が前に出すぎ?ヴォーカルが聞き取りにくいなと感じた曲もあったけど、19日はそんなこともなくまさよしの歌声がよっく聞こえとってもとってもとってもよかったです。


セットリスト

1.NAVEL

2.陽気なゴースト

3.long yesterday

4.(18日)星に願いを (19日)メヌエット

5.十六夜

6.(18日)ステレオ (19日)Super Suspicion

7.8月のクリスマス

8.(18日)English man in NY(Sting) (19日)Sweet Memories(松田聖子)

9.未完成

10.ADDRESS

11.ビー玉望遠鏡~低気圧ボーイがちらり

12.全部、君だった

13.中華料理

14.道化者のチャーリー

15.パンを焼く

16.Fat Mama

17.長男

18.アンジェラ

19.晴男

アンコール

20.セロリ

21.月明かりに照らされて

22.バス停

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

1階9列目 やや上手より


番町皿屋敷 何度か見ているはずだが最初から最後まで見たのは今回はじめてかも。話自体が好きではないので今までは、、、寝ちゃってました。でも今回はがんばって見た。播磨が次々と皿を割っていくのが恐かったぁ。最後はもう喧嘩と酒に溺れ荒んで堕ちてゆく人生しかこの男には残ってないんだろうなと思った。松緑が一本気な男を好演。松也がおとなっぽくなってきれいだったのに驚いた。


勧進帳 菊初役の富樫、期待以上の出来に満足。山伏問答では海老弁慶にちょっと押され気味だったけど富樫のお姿がとっても素敵だったのでよし(菊バカ)。海老蔵となって2回目の弁慶、松竹座の時は見ているこちらが手に汗握った記憶があるが今回は余裕すら感じて安心して見ていられた。ただ中盤気の抜けたようなセリフと感情過多というか表情を作りすぎるのが気になった。逆に菊は感情が表に出にくいところがありそれが難だったりするが。四天王が揃っていていい。吉弁慶にもこれくらいの四天王つけてあげてください。


弁天小僧 お嬢さまの菊が美しいことは今更言うまでもないが艶っぽく色気が加わってさらにきれい。芝居のおもしろさ間の良さはそら親父様には敵わないが男と見顕してからの少年の持つ特有の美しさ妖しさはこの若さならでは。菊之助って男が女に化けてるっていう芝居の世界と現実が重なるおもしろさは菊バカにはたまらない。菊之助が菊之助でほんとに良かった。兄貴分の南郷が菊や菊やと呼びかけるのも実際少し年上の松緑と重なってておもしろい。松緑の南郷も菊と息が合ってて良い。これからもこのコンビで見て行きたいな。


以上、菊バカ全開の感想でした。しかし今までになく松緑に目覚めた月でもありました。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

1階9列目 上手より


時今也桔梗旗揚 なにげに楽しみにしていた一幕。松緑は科白をはっきり言おうとしているせいかテンポが悪い。それと最初から目つきが険しいので花道引っ込みで謀反を決意するとっころがあまり際立たない気がする。しかし初役で教わったとおりに一つひとつを丁寧に演じていて好感が持てる舞台だった。松緑の動きにちらちらと教えている人(吉右衛門)の姿が見えるのはこちらの気のせいかな。

船弁慶 菊之助の凛とした良く透る声が能から題材をとった松羽目ものに良く合うなぁと思いながら見た。写真や映像でしか見たことがないが梅幸に似てるなぁとも。時折見せる表情に哀切を感じる。後ジテの知盛は迫力は少し物足りないがしかし舞と捉えれば美しかった。薙刀を担いでまわりながらうまく鳥屋に入っていくなぁと感心。しかし藍隈でも端正で美しいお顔であったよ。

四の切 問題の狐忠信、高音の声がすでにかすれて出ていなかった。そのせいか噂の猿之助の口マネとやらが薄らいでいてよかったのかもしれない。動きや性根を教わったとしてもセリフ廻しまでを真似る必要はなく、自分にふさわしい声で表現すれば良いのにと思う。それと親を思う心情は出ているがちょっとなよなよ狐でそれもどうかと思う。しかし猿之助の四の切は狐忠信から本物の忠信の早変わりとかすっぽんから登場して宙乗りだとか客を喜ばせる演出でそれは楽しい、はじめて見ました。でも初役の四の切、できたら菊五郎型でやったほうがよかったのでは。


寺嶋しのぶさんが外国のお連れの方と船弁慶から観劇されてました。細かったー、スタイルよかったー。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
秦基博
シンクロ

今年のオーキャンのオープニングアクトで登場した秦基博、その時聞いた歌声がとっても良かったので彼のデビューを密かに楽しみにしていました。

で、11/8にとうとうデビュー。オメデトウ。

さっそく買って聴きました。

うん、やっぱいいよ。

とにかく声が魅力的。少しざらついてて乾いた声というのかな。のびのある歌声もいい。メロディーもいいよ。

ここ で視聴できます。

カップリング曲も○です。


不動のNo.1はもちろん山崎まさよしだけど、秦君もこっそり(なぜこっそり?)応援してるんでいい曲作ってね、期待してます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。