うさ吉のきままダイアリー

お芝居を観たり、おいしいものを食べたり、旅行したり、、、の感想を書き留めておく日記。そんなところ。


テーマ:

三越友の会に入っている友に誘われ日本橋三越で開催中の「歌舞伎展」 に行ってきました。

以前の勤め先がここら辺だったのだが今はさっぱり寄りつかない所。久しぶりに行ったら三井タワーができてたり(なんのか忘れたが)ビルが潰されていたりやたら工事してたりと、なんだかちょっと変わったなぁ、と思いつつ「木屋」や「タロー書房」は相変わらずあって、日銀やら三井本館の建物はやっぱすごいなぁ、と懐かしい。そして日銀と三越の間の通りが「江戸桜通り」と名づけられたらしく、成田屋の書による石碑がさりげなく建っているのを見てちょっと得した気分になりました。

さて肝心の展示会はというと、歌舞伎の代表的な役々の衣装と扇や刀から今月活躍した猪、お馬ちゃんなどの小道具いろいろを展示。

衣装の方は360度から見られるという趣向で非常に間近で見ることができ普段舞台を見ているだけでは気付かない模様がじっくり見れる。えー揚巻の打掛、伊勢海老の横にあるのは干し柿!?娘道成寺の帯に大根の模様!?みたいな。非常に間近すぎて触りたい衝動に駆られるががまんがまん。決して触っちゃいけませんよ。背中の汗染みやら色褪せやらも見え、実際に使ってる衣装なのねー、と実感。で、誰が着たのかしら??

小道具の方は一瞬にして刺さる矢や萎れる菊のしくみの解説を見てほほぅ。なるほどなるほど。「天一坊大岡政談」に出てくる跳ねる魚は実際に動かしてみることができる。が、これ、生きている魚のように動かすにはなかなか難しそうでした。雨や波、風の音を出す小道具もありました。最後に町駕籠が展示されてて中に座れます。座る場所がかなり狭くって男の人が乗ったらキツそうだけど、みなさん器用に乗ってるのね。

ないとは思ってたがやっぱりなかった吃又の手水鉢。あれ、観る度にどうなってるの??と不思議。あの仕掛けは秘密なのかしらん。

展示品は多くはないけど小道具がいじれてなかなか楽しい「歌舞伎展」でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

             


3階1列目 


仮名手本忠臣蔵 五・六段目  ニザさん、いい勘平でした。姿かたちがきまっててきれい、そして最初は思わぬ金が入ってうきうき帰ってくるのだけど、まさか、もしや、と追い詰められていく様がよくわかりました。「色に耽ったばっかりに」でニザさんの白塗りのきれいなお顔に赤い血がついていっそうきれい、と思いました。そして最後はすこーしだけ微笑んで事切れました。

菊ちゃんのお軽はね、声がよくとおるせいかちょっと強く聞こえちゃうのかな。もうちょっと柔らか味と情がほしいかな、と思いました。特に相手がニザさんだと。それとこの額に紫の布のついた鬘(なんて言うんだっけかな)の菊ちゃんはあんまり好きじゃないのを思い出しました。ので私的にはイマイチ菊に夢中、になれず。

家橘のおかやも今まで見たおかやの中では一番強そうでした。いつも江戸っ子の源六が多い中、上方出身源六(松之助?)がニザさんの芝居の雰囲気にもあってて○。

海老くんの定九郎、白い腕がにょきっと出てきたところから悪いヤツ、ぞくっとさせる。刀を着物で拭いて髪の滴を払うところの下座音楽がとっても効果的。悪人の凄みと美しさがある定九郎でした。


髪結新三  高麗屋の新三が暗いというか言うか重いんだな、最初から最後まで。それに新三ってもっと若いと思うんだけど貫禄ありすぎるというかじじくさいし。お熊ちゃんの高麗蔵はよかったけどちょっとトウが立っているような(失礼)、松也くんあたりのがよかったなぁ。勝奴やら弥太五郎源七やら忠七やら他の配役はよかったんで、惜しいねぇ。これで新三が音羽屋なら・・・もごもご。(その音羽屋は御園座で新三を出している・・・。)


写真は西側売店で買った菊柄のてぬぐい。菊再会記念?で購入。秋ってことで菊柄のてぬぐいがたくさん出てました。もう一つほしいのがあったのだけど・・・来月もあったら買っちゃいそう、な予感。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

葛の葉  魁春の葛の葉は地味目だけどよい葛の葉でした。狐と明かした後、狐言葉や動きがずいぶんあっさりしてるようだったけど、初役のようなので回数を重ねていけばもっとおもしろくなりそうです。山吹色の着物がキツネを連想させてきれい。ところで、見所である曲書きを見て思ったこと、今の時代、普段の生活で筆を使ってものを書くということがほとんどなくなっているけど、やはり歌舞伎役者には書道のたしなみもあってほしい、と思うのは酷であろうか。


寿曽我対面 海老くんの五郎、セリフがちょっとおかしかったりしたけど勢いあって形のきれいな五郎でした。菊ちゃんの十郎、暴走するなよと五郎を抑えてしっかりお兄ちゃんでした。団十郎の工藤はやっぱり若い2人にはかなわない格があって立派でした。


熊谷陣屋 爆睡しました。


お祭り 最後は華やかな一幕。ニザさんの粋な男っぷりを楽しみました。


今月の昼の部は、ケレンのあるもの、歌舞伎の主要な役柄が揃った様式美あふれる一幕、義太夫狂言の時代もの、華やかな舞踊、といろんな芝居があって歌舞伎初心者にはもってこいの狂言立てだったのでは。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

真山青果などの新歌舞伎はかなり苦手なので退屈してしまうのではないかと心配だったのだけど、気を失うこともなく最後まで見てきました。それもこれも吉右衛門のおかげ。見ごたえある舞台でした。それにやっぱり忠臣蔵っておもしろいしね。第三幕でやっと登場した吉右衛門は、堂々として立派、思慮深くってまさにイメージする内蔵助そのものでした。

しかし、休憩入れて約4時間半っつーのは長くって、セリフも膨大で見ているほうもかなり体力必要。最後の大評定 黒書院の間のあたりは集中力が切れちゃって、それと昔歌舞チャで見た「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」はどうだったかなーとかぼーと考えていたら話の流れについていけなくなってちょっと??になってしまった。ばかばか。大事なところなのに。

歌昇の多門伝八郎が天下泰平の世にあってもいまだもののふの道を忘ぬいいお役。芝雀のおりく、出番が短くって残念だけど立派な家老の妻でした。東蔵さん、この方は変化自在な方ですね。貴重なお方です。

ところでこれ、是非ともテレビで放送してほしいのだが。なんで国立劇場の歌舞伎ってNHKで放送してくれないの?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。