うさ吉のきままダイアリー

お芝居を観たり、おいしいものを食べたり、旅行したり、、、の感想を書き留めておく日記。そんなところ。


テーマ:

3A 上手。


「山吹」

新派みたいな雰囲気ですねぇ。あ、ウソつきました。

いえ、新派は見たことないのでわかりません。が、なんとなく。

途中で気を失ってしまいました。

気付いたら折檻シーンでした。

今月の4つの中で唯一、異界のものが登場しない話なんですね。

なんだかリアルすぎ?

小劇場のほうがあってる芝居だと思います。


「天守物語」

白露で秋草を釣る腰元達の鈴を転がしたような笑い声が楽しく、すーっと客席を美しい者たちの住む異界に誘ってくれますねぇ。

舞台奥一面のスクリーンに映しだされる、刻々と変化していく空がとっても効果的。

玉三郎さんの富姫は気高くて美しく、さすがの貫禄です。

海老君の図書之助も真っ直ぐで凛々しく美しい青年。

心も姿も美しい2人が一目で惹かれあっちゃうのも当然ですねぇぇ。

海老君のセリフはこちらは安定していてよかったです。

そんな美しいもの達が下界の醜い人間達によりピンチを迎えますが

最後は大どんでんでハッピーエンド、気持ちよく劇場を後にしました。



ところで、この日は最後の最後に「大和屋」とかける声が2人ほど。

そしてそれを注意する女性の声(係りの人?)。その声が大向こうと同じくらいの大きさでした。

演出の意図で阻止するのはわかりますが、むしろそのでかい注意の声の方が興冷め。

大向こう禁止ってことを一般のお客さんにも徹底するなら、開演前にあらかじめ注意のアナウンスをするとか張り紙をするとかすればいいのになぁと思いました。それとも既に注意あったのかしらん。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

シカオちゃんの後はお待ちかね!まさよしさんの登場。

今年のテーマは「お江戸」?ってことで、め組の半被に半股引、雪駄のいでたちに纏を担いでの登場。そしてゲンタさんは金太郎の前掛けを、キタローさんは花柄着物を端折って虫取り網を片手に。バックに流れる曲は北島さぶちゃんの「祭り」だったかな?

あほだぁ、まさやん。お江戸ってそういうことかいっ。

そしてその格好のまま赤いエレキギターを抱えて(なんだかみょうちくりんなのがおかしい)歌い出したのは歌謡曲メドレー。

「星振る街角~ダンシング・オールナイト~ギャランドゥ~北酒場」

まさよしさんが歌うと骨太なかんじで昭和歌謡曲もかっこいい(笑) 本人も楽しんでいる様子。

「てやんでぃ」「ちくしょうめぃ」などと言いつつ、自分でも何がやりたいのかよぅわからん、って(笑)。やっぱりあほだなぁ(褒めてるのよ)。

この後はそのままエレキを持って自分の曲を5曲ほど。

最初は「アンジェラ」。間奏のところのエレキはすっごくかっこいいけど、やっぱりアコギで聴きたい1曲。ツアーまでお預けかな。

続いて「琥珀色の向かい風」「妖精といた夏」。のびのある声、他のどんなミュージシャンよりもやっぱりこの声が一番好きだなぁ。

次の「アレルギーの特効薬~WHAT'D I SAY」では客席もノリノリに、最後はニューアルバムからの1曲「晴男」。みんなで楽しめる曲をと書いただけあってまさに会場が一体となって盛り上がった楽しいラストであった。


トリはスキマスイッチ。デビューしてまだ数年だけど大任を仰せつかりましたね。大橋君(アフロじゃないほう)は先輩達が早くお酒を飲みたいだけじゃないか?って言ったけど(笑)

「全力少年」「ボクノート」、新曲「ガラナ」など。。

若いだけあって?ステージいっぱいに使ってのパフォーマンス、ちなみにスキマファンの年齢層も若い。


そして最後の最後は全員登場で福耳の“惑星タイマー”“星のかけらを探しに行こう Again”で盛り上がり花火でクライマックスを迎えた。

6時間という長丁場だったけど終わってしまうとあっという間。全く長い、と感じることなくむしろ短いっ、もっと!という楽しいライヴでした。

欲を言えばミュージシャン同士のセッションとかも見たかったなぁ。


今年で8回目だって。遅ればせながらの参加だけど、また来年も是非!


デルオ、来年は行くわよっっ!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

行ってきました~。何を隠そう(隠してないが) Augusta Camp 初参加。

(Augusta Campってのは Office Augusta に所属するミュージシャン達が集まって1年に1度開催するライヴです。)

前日までずっと雨が続き心配だったけど22日は見事雨も止んで暑すぎず寒すぎずの野外にとってはちょうどよい天気。

シカオちゃんも「雨が止んでよかった、これでまた雨だったら何を言われるか・・・」(彼は雨男と言われている)というようなことを言ってほっとした様子。


オープニング・アクトは新人の2人。

1人目は秦基博。会場に着くのがちょっと遅かったので彼の曲はラスト1曲だけ聴いた。いい声だったし声量もあったし期待大。11月にデビューが決まったようです。

もう1人は長澤知之。以前ネットで彼の曲を視聴したときにはキンキンした声でまるまる1曲は聴けなかったけどナマで聴いたらすっと入ってきた。個性的な声にノスタルジックな曲。たぶん嫌いな人はとにかくダメ、好きな人ははまる、というタイプではないかな。彼はもうすぐ、8月にデビュー。


で、いよいよ本編スタート。

トップバッターはCOIL。彼らの曲は聴いたことがないのであまり乗れない。。。でもって体力温存?で流してしまいあまり印象がない…。ゴメンネ。たぶんライヴ向けのバンドじゃないんだな、きっと(笑)


2番手は元ちとせ。

最新のアルバム「ハナダイロ」収録曲をメインに数曲。ステージで自由に舞う姿と笑顔がキュート。

そして明るい曲から一転して「死んだ女の子」。トルコの詩人ナシム・ヒクメットが日本を訪れた際、原爆の惨状を知って作詞し、それに日本を代表する作曲家外山雄三氏が作曲したそうだ。それを広島原爆投下60年の去年、坂本龍一とのコラボで元ちとせが原爆ドームの前で歌った曲だという(詳しい経緯などはここ の日記5/9を参照)。

オリジナルは全く知らず彼女のアルバムで初めて聴いたが、その重い歌詞はとても衝撃的だった。そして昨日のライヴで聴いたこの曲は、歌詞はもとよりちとせちゃんの歌声・表情、坂本龍一のアレンジがぐっと胸に迫ってきて涙が出そうだった。

最後は「青のレクイエム」をしっとりと。ピアノだけの伴奏で彼女のきれいな声がじっくり聴けてよかったな。


続いて杏子。

杏子さん、すみません、トイレタイムに使わせて頂きました。ほんとゴメンナサイ。

なんせ長時間だから仕方ないのよ、許して。

戻ってきて聴いた最後の1曲「幕末ワッショイ」は、バックダンサー共々派手な着物を羽織って歌っていたのが、ちょっと新感線チック?

しかし杏子ねーさんはおいくつなんでしょう。スタイルのよさにびっくり、若いなぁ。


そして予想外に早くシカオちゃんの登場。

「19才」「真夏の夜の夢」「SPIRIT」「奇跡」など全部で7曲?ほど。

初シカオちゃんライヴ、かっこいいっ。楽しいっ。秋から始まるツアーに行ってしまおうかと思ったくらい。

MCもおもしろい。

オーガスタにはヒエラルキーみたいなのがあって頂点はやっぱり杏子さんで、シカオちゃんとまさよしさんはその下で彼女に精神的な面も含めいろいろ面倒をみてもらっている、で、シカオちゃんとまさよしさんもそれぞれ後輩の面倒を見てるんだけど家が近いとかギターを弾くとかで振り分けてシカオちゃんはスキマスイッチを、まさよしさんは野狐禅担当だそうだ。

そしてこのスキマスイッチによく焼肉をおごらされ、1皿4,800円のロースを平気で頼んでしかもそれを焦がすんだっ(`ε´) って愚痴ってましたよ。

でも新人の長澤君と秦君の面倒は今度はスキマが面倒見ていく番だって、そんなことを話していました。

シカオちゃんて面倒見よさそうだな。いい先輩ぽい。

9月リリースの新曲「午後のパレード」も披露してくれたが、、、これから歌いこんでいけばもっといい曲に・・・。本人も「失敗しちゃった」って(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昼の部。3A下手。


「夜叉ヶ池」

お百合さんの春猿さん、きれいでした。玉さんに似てる。たおやかでピュアなお百合さん。

そして白雪姫も春猿さんだったのね。あとで配役を確認してわかりました。澤瀉屋は詳しくないのです。ゴメンナサイ。

それにしてもお百合さんとおひぃさんとでずいぶん雰囲気が違う。お百合さんのが好きだなぁ。おひぃさんはもうちょっと気高いかんじがいいかも。

段治郎さんも高潔な青年で好演。ピュアな2人の最後が哀しい。


「海神別荘」

すごい舞台美術にすごい衣装だー。

海老君のボディラインばっちし見えるあのお姿は海老君ファンにはたまらないだろうなぁ(笑)

そしてマントをぴゅーと翻す姿はさまになっているし椅子にゆったり腰掛ける姿はお美しい。

ですがね、ですがねぇ、セリフがねぇ、嗚呼。

もうね、前半の高い声の時が特にダメみたい、わたしには。

うさぎの耳を閉じてしまいましたわ。セリフが聞こえませぬように。

サメ退治あたりからトーンも下がってちょっと耳を立ててみましたけど。

これはもうね、しょうがないよね、好き嫌い、相性があるから。

播磨屋のセリフが大好きな人もいれば嫌いな人もいるだろうし。

ですから海老君ファンのみなさま、これを読んであんまり目くじら立ててお怒りになってはいけませんわよ(笑)。

あとはね、ハープの人もいっそのこと衣装着ちゃえば?とかあのスクリーン映像は不要じゃない?とかね、いろいろと。そしてこれは歌舞伎座でやらなくても・・・むにゃむにゃ。

来週は夜の部、「天守物語」に期待!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひょーっっ。あの三人の侍がいよいよお江戸に登場ですって。

「J-WAVE LIVE 2000+6」 にご出演ですって。

かなり↑びっくりだー。

もうとっくに一般発売も始まっててそしてLIVEまであと1ヶ月ってーのに。

こんなことってあるのねー。

ま、まさよしさんが8/20に出るってことは最初からわかってたんでしっかりチケは確保済み。ぬかりなし。

しかしこんなに早くまた三人の侍にまみえるとはー。うっれしー。

なにやってくれるのかなー。楽しみ倍増だ。

あと1ヶ月ちょっと、指折り数えて待つでござるよ。

その前に今週末はいよいよAugusata Camp!

天気崩れないといいなー。シカオちゃん、雨降らさないでね。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりにアレンジレッスンの写真でも載せておきましょうか。



夏なお花がたくさんでした。個性的な花材が多かったので今回はカーリー風に(笑)、とまぁ良く言えば斬新に?と意気込んだものの、無難なかんじにまとまっちゃいました。まぁよしってことにしておこう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。