階段

テーマ:


おはようございます、ゼロワンです。

お盆を過ぎると、暑さの峠も越した感じがしますね♪


そろそろ秋にかけて、色々な取り組みを考えてらっしゃる方も多いと思います。

ゼロワンは今トレードを一旦中止して、PDCAくるくるツールの改良版を作成・開発中です。


近々Ver.1.00あたりが一般で公開できそうな感じです。


ガチトレだけに限らず、色々なロジックでも感覚的にぱっと見、分かるような
データベースになっていますので、今年いっぱいまでには公開できるのではないかなと
思いますので、ぜひ楽しみに期待していてください!


さて、今日のお題ですが・・・。


まずは例え話から。


以前介護の仕事をしていた際に、お年を召した方は、やはり階段はちょっと大変なんですね(汗)

もちろん当たり前っちゃ当たり前なんですけど。

だからといってすぐに文明に頼ってエスカレーターやエレベーターに
乗ってしまうのもどうかと思うのですが・・・。

そういうお話じゃなくて(笑)


じゃあ、お年寄りの方が階段をうまく上がれるようにするにはどうしたら良いでしょうか?












はい、そうです!

階段1段をスロープや、板などで小分けすれば良いんですね!


正解でしたか?


これってFXに限らず、色々なことの問題解決の方法に通ずる考え方なんです。


その1ステップがあなたにとって難しいなら、それを小分けして挑戦してみたらどうでしょうか?


というお話です。


おそらくMTF(マルチタイムフレーム)に関して皆さんPDCAをされていると思いますが

1時間/15分/5分/1分

っていうのが基本だと思いますが、全部やるとけっこう大変ですよね?


特にやり始めは大変だと思います。


厳しいリーダーだと、それくらい出来ないで成功なんて出来るか!

って言う人もいますが、それだと人は育たないと思うんです。


だったら、その中のわかりやすい部分だけ、1分と5分だけで
検証やデモトレードをしてみて、PDCAをしばらく回してみたらどうでしょうか?


これだったら数もこなせるし、結果もすぐ出てわかりやすい。


でも、結局は更に上の15分とか1時間をやらないとダメなんだって言うことにも気づくはずです。


自分のMTFでの検証はある程度終えましたが、基本はWMTFというのをやっています。

???なんだそれ?って思われそうですが・・・。


トップシークレットなのでお教えすることは出来ません。


もしかすると、PDCAツールのVIP版とかで売り出すかもしれませんが、マル秘情報です。

ガチトレでも教えていただいていない自分自身で見つけ出した情報です。



まぁ、そんな話はどうでもいいので(笑)

本題に戻しましょう。


結局はステップを全部やらないとダメなのですが、色々やっていくと
各人それぞれの得意パターンってのがわかってくると思うんですね。


僕の場合ですと強ダイバー+Aです。

というか基本Aです。

一番難しいと言われている・・・。

だから時間がかかりましたが、天底取れます。


師匠が、以前メンバーさんで天底をPRしてくれる人がいないのが残念だと言われていたので、じゃあ僕が!と人柱になったわけですね(笑)


だって、もったいないじゃないですか!

頭も食べられるのに、尻尾も食べられるのに、捨てちゃうんですか??


それって、ブリの頭をそのままゴミに捨てるようなもの・・・。オイオイ(笑)


だからって強ダイバー+Aをオススメはしません。

だって茨の道なので。


だから、師匠はめっちゃ厳しく僕を鍛えてくれたんだと思います。


トレードの結果を見れば、自分は◯パターンばかりやね!

とか他のメンバーさんのトレードを見れば、ああ、クロスαか!

とかわかりますよね?


ただ、ご自身の得意なパターンを繰り返し繰り返し極めていっただけです。


本当それだけですよ?


努力しない人は、やれコネだとか師匠からこっそり何か教えてもらっているとか、仲間同士内輪で秘訣があるとか(笑)


そんなものがあったら一部の人しか成功しないですし、僕なんてめちゃくちゃ理解遅いですし、IQは20くらい
なんじゃないか?ってくらい馬鹿です。

でもめっちゃ努力家なので、ここまでこれたんです。


カメだけどいつの間にかガメラになって空も飛べるようになった!感じでしょうか(笑)
 巷で流行りのアブー君

↓↓

↓↓

 ガメラになって空を飛ぶ!


ということで、なかなかうまくいかないな~??

って思ったら、その問題(壁を)よじ登る際に、どういったチェックポイントがあって
どのように登っていけばいいか?どういった練習をすれば良いか?

自分にはどういった課題を課せばいいか?


そういう考えに落ち着くと思います。



わからなければ、そのことを師匠に問い合わせてみれば良いのではないでしょうかね?


やっぱり先輩メンバーさんも師匠もそうですけど、壁をよじ登って何かを達成してくれたら

「めっちゃ嬉しい!!」

ですよ!


だから、コツコツ頑張っていただきたいです。


それでは、今日はこのへんで(*´艸`*)


今日の歌は僕が大好きだったチェッカーズの歌

時のK-Cityです。

 


いま目の前にある壁は未来への扉かもしれない♪


ゼロワン

AD