simatyan2のブログ

流れのままに

NEW !
テーマ:
無法地帯!、これが防衛大、自衛隊、戦争の実態だ

私たちが普段、自衛隊に持つイメージ、それは地震や大雨で被災した
現場で活躍する姿しか思い浮かびません。

あとは政府とネトウヨが撒き散らしている、迫り来る近隣諸国の脅威
から国民を守るために、日夜軍事演習を行っている姿、程度ぐらいで
しょうか。

しかし実態は映画やドラマなどのような綺麗ごととは程遠いところに
あるようです。

たとえば自衛隊の幹部自衛官を養成する教育・訓練施設である、防衛
大学校というのがあります。

3月の卒業シーズンに、帽子を投げるシーンがテレビで放送されたり
してますね。

その防衛大で日夜行われていること、それは見るもおぞましい虐待の
連続だというのです。

今年3月、虐待を受けた入校者が、防衛省と上級生らを相手取って
賠償請求訴訟を福岡地裁に起こしました。

上級生が風俗行きを強要「拒否すると体にアルコールかけて燃やされました」――虐待横行する防衛大学の絶望的な日常
http://www.mynewsjapan.com/reports/2256

訴訟を起こしたAさんが証言する虐待は下記のようなものです。

◇「アイスピックで下級生を刺す」
◇新入生が毎日去っていく
◇「指導」というイジメ
◇部屋をめちゃくちゃにされる
◇4年生のボスが採点する「粗相ポイント」
◇下級生を襲う上級生
◇毎日のように殴る、蹴る
◇療養中に「遺影」の写真送りつける
▲自分が寝過ごした腹いせに、先輩はいきなり殴ってきたという。
▲深夜、全裸で腕立て伏せをさせるという虐待もしばしばあった。



http://www.fastpic.jp/images.php?file=3084635708.jpg

◇「アイスピックで下級生を刺す」

 「上級生の言うことに下級生は絶対服従。どんなに理不尽なこと
  であってでもです。

  卒業式前夜には下級生の報復をおそれてピリピリしています。

  襲撃された卒業生が、アイスピックで反撃し、重傷者が出た事件
  もありました」

筋骨粒々とした体つきのAさんが、静かな口調で話す。

「(平気で下級生を虐待する)こういう人たちが自衛隊の幹部に
なって何十万人の自衛隊を動かす。

活動範囲が海外にどんどん広がっていますよね。

危なくないだろうか、前みたいに軍部が暴走とかしないか、とても
心配です」

全く狂気の沙汰とはこのことです。

しかし自衛隊の虐待はもっと酷いもので証拠写真も大量にあります。

ただ、過去記事で紹介したところアメブロに速攻で削除されてしま
いました。

だからここでは上記以上の虐待については書けませんが、つい先日
京都の陸上自衛隊大久保駐屯地で起きた事件について書いておきます。

部下に熱いラーメンの汁かけられ自信喪失、失踪 20代の幹部自衛官を懲戒免職
http://himasoku.com/archives/51959163.html

部下の隊員2人=いずれも懲戒免職=から熱いラーメンの汁をかけ
られ、同月15日から出勤せず所在不明となり、昨年10月に実家
にいることが確認されるまで欠勤を続けた、という部下が上官を
「いじめた」少し変わった事件のようですね。

こうなると縦社会も規律も何もあったものじゃないです。

多分こうした事件が表ざたになるのは氷山の一角だと思います。

宗教の世界でもそうですが、閉鎖性が高く、正当化する理由が提供
される領域では陰湿ないじめ、いわゆる私刑という「教育、訓練」
が堂々と行われているんでしょうね。

しかしこれは訓練でもなければ規定違反の罰でもない、ただの暴行
なのです。

こうした組織の閉鎖性が人間の病的な部分を呼び起こすわけですが、
社会がこれを「自衛隊だから、軍隊だから」と許すとしたら最大の
問題です。

少し前に慰安婦問題で、「あった」「なかった」と騒いだことがあり
ましたが、閉鎖された組織内で、なおかつ戦争と言う実践の最中
なら、「慰安婦が存在した」ことも「虐殺レイプ」があったことも
何ら不自然では思えなくなってきますね。

家庭内では良き夫が、良き父親が、あるいは恋人が、異常な状況下
で狂ってしまうのが戦争です。

下の画像はシリアの、わずか8年前の写真です。





http://www.fastpic.jp/images.php?file=1826786134.jpg
http://www.fastpic.jp/images.php?file=3228326723.jpg

そして下が8年後、アメリカなどの空爆によって変わり果てた姿です。





http://www.fastpic.jp/images.php?file=0059843953.jpg
http://www.fastpic.jp/images.php?file=6878125239.jpg

歴史も、文化も、街も、人も、全て破壊するのが戦争です。

しかし外敵もさることながら、人は内部の敵(組織の異常性)とも
戦わねばならないのです。

政府の飼い犬ネトウヨは、

「憲法九条が他国の攻撃から守ってくれるのかよ」

などと馬鹿なことを言って煽ります。

そもそも憲法というものは、他国から自国を守るものではなく、

政府から国民を守るための法律なんですね。

それでなくても現政権は国民を縛り付けることこそすれ、外敵から
国民の命を守るつもりなどないのは前の記事で書いたとおりです。

子供が勝手に自衛隊の敷地内に入っても一週間も気がつかず、

中国の軍艦に月3回のペースで領海内に入られ、

実弾と空砲の区別もつかずに75発も発射する体たらくで、

どうやって国民を守ることが出来るんですか?

安倍自民に政治を任せてもうすぐ4年、治安も経済も悪化している
証拠は山ほどあります。
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。