simatyan2のブログ

流れのままに


テーマ:

これが私達を守っている狂気の「国」の正体だ!


下の写真、何だと思います?



http://www.fastpic.jp/images.php?file=1560249256.jpg


銃ですよね。


ピンク色のライフルです。


しかし、これ子供用なんですね。


「マイ・ファースト・ライフル」のキャッチコピーで売られている
子供用ライフルなのです。


もちろん本物の銃ですから殺傷能力はあります。


事実、2013年このライフルで5歳の男児が2歳の妹を誤って
射殺する事故が発生しました。


どこで?


アメリカです。


「初めてのライフル」で妹を射殺、相次ぐ悲劇に揺れる米社会
http://www.afpbb.com/articles/-/2942004


それでも、昨年のクリスマス期間中に購入された銃の数は、ここ数年

の中で最も多い事が判明したのです。


またここ数か月では、アメリカでの武器の売上は急増しているのです。


子供用のライフルなど、値段は1万円程度でスーパーで簡単に買える
そうですね。

http://www.crickett.com/

なぜか?


それは、カリフォルニア州やパリで発生したテロにより、国民の自己
防衛意識が向上したからだといわれています。
http://www.gazonews.top/archives/51685907.html


9.11以降、銃を携帯しやすくなったのが更に緩和されたからです。


おかげで銃器メーカーは大喜びだそうです。


女性も、




http://www.fastpic.jp/images.php?file=2019978477.jpg



http://www.fastpic.jp/images.php?file=9137023665.jpg



家族も、そろって自己防衛ですね。



http://www.fastpic.jp/images.php?file=4373511365.jpg


楽器を持ってるように見えますが、持ってるのは銃です。



http://www.fastpic.jp/images.php?file=6030885668.jpg


つまり誰もが銃を持ってる可能性があるということで、これは考え
ようによってかなり怖いことです。


自分が手放しても、周りに所持してる犯罪者がいると思ったら怖くて
手放せないですよね。


いわば究極の個別自衛権の行使する姿がアメリカの銃社会と言えそう
です。


これが組織的に範囲が広くなると国の軍備増強になり戦争の抑止力

になります。

(本当は武器の所有は抑止力にはならないのですが、ネオコンや

右翼は抑止力のためと言う口実にしています)


しかし個人間でも武器の所持は抑止力にはならないようです。


なぜなら、アメリカ国内での銃での死亡者数は年間31000人に達し
ているからですね。


いじめでも銃は使用され、いじめられっ子の銃乱射事件にまで発展
しています。


自己防衛の枠を飛び越えて、


「やられる前にやれ!」


これがアメリカの発想ですが、裏には武器輸出商人が大もうけを
企んでる背景があり、日本もそれに近づいています


というより、これがアメリカの意向でアホボンが乗せられてるだけ

なんですけどね。




http://www.fastpic.jp/images.php?file=4538077293.png



http://www.fastpic.jp/images.php?file=5660631925.png


今年2月(来月)、国産初のステルス戦闘機開発に向けた試作機、


「先進技術実証機」(別名心神)の初飛行が行われます。




http://www.fastpic.jp/images.php?file=5126130656.jpg
http://www.sankei.com/politics/news/151227/plt1512270014-n1.html


防衛省の発注を受け三菱重工業などが製造しているものですが、

安倍晋三首相の兄である「安倍寛信」が三菱商事の取締役であること

が無関係ではないはずです。


アメリカも日本も武器商人が大儲けする時代ですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(35)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。