伊藤裕一のチャレンジ@牛久

牛久市に新しい風を!牛久市議会議員伊藤裕一の挑戦。

NEW !
テーマ:
昨日、ひたち野地区の中学校建設に関する説明会に参加してきました。会場は終始穏やかな雰囲気で市民の方から前向きなご意見を頂く事ができました。メモと資料さらに議員向けの全員協議会での説明を総合すると以下のような内容でした。





H29年度 実施設計・通学区域決定(目標)
H30~H31年度 工事
H32年4月 開校
(下根中生徒数予測を元にひたち野うしく小学区で開校したと仮定すると433名14クラス。ピーク予想はH35年度。茨城県内中学は将来的に全学年35人学級となる)

タキイ種苗跡地に全体事業費40億円で建設。木造平屋建て、外壁をガルバリウムで覆う。市場流通材を使うなど高コストになりすぎない配慮。





普通教室の横に計3箇所設けられたワークスペースやドア設置によって将来的な生徒数の増減に対応できるようにする。多目的室にて学年単位の授業や先生の研修を行う。メディアライブラリーは図書室とパソコンルームを兼ね、タブレットの時代になったので常時パソコンを置いてておくことはせず授業の際に出し入れする。特別支援教室3部屋を設置。吹奏楽部向け音楽室2は楽器がぶつかってしまう現状を考慮し余裕のある作りとした。ひたち野西には区民会館が無いので地域活動室を設け地域コミュニティの拠点とする。屋根付広場は災害時には荷物の受け入れ場所とし防災拠点とする。グラウンドは一見小さいように見えるが三中と同じ大きさ。プール授業についてはひたち野うしく小若しくは牛久運動公園で行う。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
本日、3月定例会最終日にあたり、来年度から政務活動費月額「7500円」を「12500円」に改めるための牛久市議会政務活動費の交付に関する条例の一部を改正する条例が上程され全会一致で可決されました。

昨年の人事院勧告に合わせ議員の期末手当を約2万円値上げするための議案について私は市議会で唯一反対し、値上げ分については公職選挙法を考慮のうえ市外の慈善団体に寄付しており、元来は議員報酬等の値上げは市民感情的に如何なものかというスタンスです。

今回の政務活動費値上げについても富山市議会の不正問題などを考慮のうえ、先延ばし、反対できないものかと検討し内々の場で意見表明はしたものの、本件は初当選前の前任期中から提起されてきた問題であり、議員全員で協議のうえ報酬等審議会にはかり値上げを認める答申が示され、議会の総意として本議案が提出された経緯があります。従って今から反対することは自分が提案した議案に自分で反対するに等しく困難と判断し、賛成をするに至りました。

また、政務活動費については現在でも1円からの領収書を添付、情報公開請求による閲覧が定められており調査活動の充実という点から必ずしも値上げは否定されるべきでなく、さらに今回の改正で収支報告書等のネット公開が実現するため透明性向上が期待できます。

以上のような理由から賛成はしたものの、やはりもし世論調査をしたら大多数の方から反対されるのではとの思いは残ります。従って今任期中の自分の政務活動費の値上がり分については返還することも含め検討したいと思います。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年9月に入学した大学院の成績が発表され、今期は下記科目10単位を取得できました。

都市経営基礎第1  都市経営基礎第2  循環型水処理学  空間情報解析  人文社会環境学演習Ⅲ



修士課程の修了要件は30単位と講義の占める比重が学部と比べ少ない一方、新規性を有する修士論文を書くことが大きなハードルとなります。入試時に提出した研究計画書からテーマが大きく変えることになりそうですが所属研究室メンバーのアドバイスを貰いながら形にできればと思います。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
3月25日(土)10時からひたち野うしく小学校体育館にてひたち野地区の中学校建設に関する市民説明会が開催されるとのことです。市民の方はどなたでも参加できるそうなのでよろしければご参加ください。

http://www.city.ushiku.lg.jp/news.php?code=2560

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
伊藤「稀勢の里関の横綱昇進をどのように本市のシティプロモーションにつなげていくか」

市長「稀勢の里関の出身地としてのブランドイメージを強みとし、ホームページ及びソーシャルメディアなどを活用した効果的な情報発信を実施する」

伊藤「昨年6月定例会で小学校3・4年生向け『わたしたちの牛久』に稀勢の里関に登場してもらうことも検討するとの答弁があったが検討状況は」

教育長「平成29年改訂版歴史年表に掲載。差込資料として写真集などを検討中」



伊藤「待機児童の現状は」

保健福祉部長「国基準で111名。前年度は77名。平成29年度入園については45名。
昨年度の8名と比較し37名多い」 

伊藤「3歳未満の子を自宅で有料で預かる保育ママ制度を活用しては」

保健福祉部長「事業実施の問い合わせがない。保育園整備を中心とする計画である」

伊藤「保育ママ募集案内などのPRをしてはどうか」

保健福祉部長「ホームページ掲載など制度の周知をはかる」


                


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
伊藤「共助の役割を重視する市民協働が大きな流れであるが、一般論として、行政の仕事を押し付けるNPOや自治会の下請け化、行政に関心の強い方の意見は集まるが声なき声は聞けないなどの問題に留意する必要がある」



伊藤「レジ袋の形状変更、おくのキャンパスへのスクールバス運行など市の様々な施策は市民や学識経験者らによる審議会等のご理解を頂かなければ進められない。審議会等は今後も重要であるが、審議の活性化、他の手段の活用、スピーディーな意思決定などを考えると、指針を定めあり方の見直しを進めてはどうか。他自治体では、若者・女性の委員登用促進、市職員・市議会議員の委員就任制限、同じ方が複数の委員を兼ねる重複選任制限、任期制限、公募枠の設定義務、設置目的が達成された・一定年数以上開催実績が無い・必要性の著しく低下した審議会等については廃止すべきこと、役割の重複する審議会等については統合することなどを定めている」

総務部長「牛久市男女共同参画推進実施計画で審議会等の女性委員割合30%を目標に掲げ、公募制の導入を推進している。今後は審議会等の実態把握に努め、廃止や統合の可能性も含め調査検討を進める」

伊藤「ボランティア活動などに対して地域の店舗で使えるポイントを付与する地域ポイント制度を導入してはどうか」

経営企画部次長「過去にポイント制を利用した生活介護ボランティアを導入していたが預託時間を保証しきれない状況となり終了させた。地域ポイント制度については細部にわたっての検討が必要で直近での導入予定は難しい」

伊藤「市民が一定額の予算使途を選択できる市民政策提案、1%支援などの制度を導入してはどうか」

経営企画部次長「総合相談室、タウンミーティングなどを通じ積極的な提案をいただけるような関係、仕組みの構築が徐々に出来ている。直ちに予算の伴った市民政策提案実施の必要性は低いものと考える」

伊藤「市民からの提案を受けて実施した事業はどのようなものか」

経営企画部次長「行政区集会所へのAED設置等である」






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
3月6日、一般質問を行いましたのでテーマごとに概要を紹介します。



伊藤「指定管理者選定にあたり限定された応募者資格を定める場合がある。自然観察の森など地域性が問われる場合は分かるが、施設の性質により駐車場などは民間企業含め市民にとって最も良いサービスを提供してくれるところはどこかという観点から、幅広く募集すべきではないか。そこで、NPO等との契約のうち随意契約、応募者が1件のみであったものは何件あり、さらに競争性の確保と質の担保のバランスについてはどのように考えているか」


建設部長「NPO等との業務委託14件はすべて随意契約。2件の指定管理者指定のうち牛久自然観察の森は応募者が1件、市営駐車場・駐輪場には2件の応募があった。月間事業報告書などを通じ質は確保されている」   

伊藤「過大な水道使用が発覚するなど数々の指摘を受けているNPO法人が前市政下の2015年4月から随意契約5年間の契約期間、計6億円近い契約金額で、牛久市体育施設管理業務、小学校プール施設管理業務を受注している。随意契約で5年とした理由、解約・法的手続きを含めた検討状況は」

教育部長「平成18年にプロポーザル方式による選定を行い、2年契約で実績を重ねたことから優秀なスタッフ確保などを考慮し5年契約とした。市内で唯一当該業務を遂行できるNPO法人であり契約の性質又は目的が競争入札に適さないことから随意契約とした。過大な上水道使用についてはご心配をおかけしお詫び申し上げる。法的手続きについては弁護士の判断を踏まえ厳正に対処する」

伊藤「プール管理は果たして同法人にしかできないのか。次期契約更新に向け、今後の契約形態、同NPO法人との再度の契約の可能性について伺う」

教育部長「指定管理者も含め検討する。契約先については対応を見ながら判断する」

伊藤「施設警備などスポット的な仕事を依頼するのが業務委託、イベント企画などを含め施設の運営を全面的に任せるのが指定管理者。牛久市の指定管理者による管理施設はのぞみ園を加えると計3件」

伊藤「チェック機能に注目すれば、指定取り消し、議会の議決などが法律で定められている指定管理者が優れている。龍ヶ崎市では10件の施設が指定管理となっており、中央図書館ではカラオケ事業で知られるS社が受注した結果、サービスが拡充したという。取手市では18件。本市でも業務委託による管理施設や直営施設の一部を指定管理者による管理に切り替えては」

総務部次長「他市町村における同様の施設での制度選択、各施設が目指すべきあり方を検討し、より効果の高い制度の選択を行う」

          




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
報道の通り株式会社エコスとエスカードビル牛久1階フロアへの食料品スーパーマーケット出店に向けた基本合意が成立しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000003-ibaraki-l08

イズミヤ保有床の取得、核となる店舗の決定を機に他フロアについても活用が決まればと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
市内スポーツ施設の管理を行うNPO法人が、ひたち野うしく小プールを利用していた退会者から3年5ヶ月にわたり利用料を過誤徴収していたことが判明しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000007-ibaraki-l08

同NPO法人は前市政下の一昨年に随意契約5年約6億円で牛久運動公園、ひたち野うしく小プールの管理業務を受注しておりますが、NPO法でNPOによる選挙活動は禁止されているにも関わらず牛久市長選挙の際、或いは総合運動公園建設をめぐるつくば市での住民投票の際にメンバーが運動を行ったとされています。昨年12月のつくば市議会は同法人を市内公園の指定管理者としようとする議案を否決、更には牛久運動公園プールでは原因は調査中であるものの過大な水道使用が発覚しており、3月のNPOに関する一般質問の一環で取り上げようとしていた矢先の出来事ですが、果たして同法人が管理を継続することが適当か否か確認して参ります。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先週の二小学区対象のタウンミーティング、昨日の全員協議会にて市長からイズミヤ後継テナントに関し、「食品スーパー2社と交渉中である。今月中にどちらか1社と契約したい」との発言がありました。(公開の場での発言ですので掲載しました)

まだ契約締結に到っていないため予断を許しません。しかし順調にいった場合には、本年夏ごろの開店も可能とのこと。是非、交渉がうまくいくことを望んでいます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000010-ibaraki-l08
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。