10:41(5:11)

高天原峠から樹林帯を下って行くと、突然目の前が開けた。

何という解放感だろうか。背負った荷物の重さを忘れてしまいそうだ!

 

こうなるとカナディアンロッキーのバンフへ行きたいという目的も、

オーロラ観察のアドバンテージを残すしか思いつかない!

 

10:45(5:15) 高天原山荘

高天原山荘に到着!瀟洒な風情が微笑ましい山小屋は雰囲気抜群!

疲れた足を休めながら、カロリーメイトとコーヒーなど簡単な昼食を取る。

 

高天原温泉は小屋から15分ほど下っていく。清掃協力金として300円を

募金箱に入れる形式だ。善意に委ねるところが奥ゆかしい。いよいよ

目的の日本一遠い温泉へ向かうとしよう!

 

13:32(8:02) 高天原温泉からまつの湯 到着!

 

とうとうやって来た!日本一遠い温泉を完全に制覇した!

前日は11時間50分、ビバーク後の今日は8時間2分だから合計19時間52分

を掛けてようやく辿り着いたのだ! 本当に遠かったぁ~

 

浴槽は4か所。一番大きくてメジャーな“からまつの湯”がもっとも硫黄分が

濃い様子。かき回すと湯の花が舞い上がる!湯温も41℃ぐらいで丁度良い

感じ。大阪から来た人とずーっと話して過ごした。

 

本当に日本最奥の温泉に恥じない遠さだった。申し訳ないが、誰もが行ける

所ではない。山を知る健脚な人しか到達不可能な“アルピニスト限定温泉”で

ある!

 

川向うに2か所あるうちの下流側。こじんまりした浴槽だが、コバルトブルー

の湯は、この上ない気持ち良い湯であった。湯温39℃ぐらいで長湯向け。

 

そして上流側の湯。少し大き目だが硫黄は薄目。けれども、さっぱりした

感じで中々の湯だ。薬師岳のロケーションを望むワイルドさが堪らない!

 

こんな調子で、気が付くと15時を過ぎている!なんと1時間半も過ごしてしまった。

もう帰りたくないほど魅力的だが、帰りの日程を思うと急がねばならない。

気持ち良い湯ですっかりダレてしまったが、心を鬼にして帰途に就くのであった。

 

その5へつづく

 

AD