8月11日朝に金花湯を出発。今日中に下山しなければならない。

何故なら、今夜23:30に小樽港発のフェリーに乗船する予定だから

だ。予備日ゼロというのも基地外じみてはいるが、最悪、函館まで

走って青森に渡れば陸続きなんて、呑気に構えていたりする。

 

昨日怪我をした沢を渡り、ドンドン下ってハイペースでバカ殿岩に到

着。今日も快晴で嬉しいが、あまりにも気温が高いのが気にかかる。

8:30(1:30)休憩10分

 

小金井沢橋に着くが、なんだか蒸し暑い。足はまだ大丈夫のようだ

が、この先は無理をせずこまめに休憩を取って行こう。

8:46(1:46)通過

 

茂みの中から突然橋が現れた。2本目の泊川大橋だ。

 

欄干のガードレールが雪の重みのせいか折れていた。

 

相変わらず足がすくむ高さから、絶景が見渡せる。

9:14(2:14)休憩10分

 

3本目は黄色いガードレールのコイの口橋だ。何だか妙な名前だ。

そう言えばロッテはお口の恋人だったな。

 

日向に出るとさすがに暑い。沢まで降りることは叶わないので、涼しげな

せせらぎの音も気休め程度にしかならない。

9:51(2:51)休憩5分

 

土砂崩れ現場付近を通過。暑さと足の疲労でだんだんと重くなる。

スタート時はあんなにハイペースで、帰りは楽勝なんて思ったら大

間違えの様相を呈してきた(泣)

10:18(3:18)通過

 

こんな崩れ方をされると一溜りもない。崩れた跡が見事な滝に

なっていた。このあたりから水の消費量と汗の噴出量が増加…

10:46(3:46)休憩5分

 

草木が繁茂する茂みの道を脱出。しかし、ここからが木陰の少ない

登りが延々と続く。さすがに息が上がってくる。

12:05(5:05)休憩10分

 

遠くに日本海が見える絶景がちらほらと。だが、景色で勇気付けられ

るほど甘い道ではない。。。

12:52(5:52)休憩10分

 

ひえぇ 苦し紛れに自撮りしてごまかすしか無い(笑)

目がか半開きw 少し歩いただけなのにもう休憩に。

かなり疲労の色が濃いんです。

13:14(6:14)休憩10分

 

次回 42(.195?)kmのフィニッシュへ!

AD