牛抱せん夏~千年之夢~

牛抱せん夏の千年の活動

最新情報
ツイッター youtube メルマガ Tシャツ 問合せ プロフィール


キャンドル怪談会キャンドル






牛抱せん夏の読む怪談


『せん夏怪読(かいどく)』~古典怪談朗読の夕べ~ 


日時:12月20日(土)
開場:18時30分 開演:19時15分(19時から本殿にてお祓い)
料金:前売/1200円・当日1500円
会場:亀有香取神社(東京都葛飾区亀有3丁目42-24)
 
ご予約・お問い合わせはこちらまでお願いします
(株)山口敏太郎タートルカンパニー
電話・FAX 050-1074-8983(土・日・祝日を除く)
メール info@bintarou.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





テレビ関西テレビ 「京都 本気で恐い怪談」シリーズテレビ
「京都 本気で恐い怪談」1 「京都 本気で恐い怪談」2 「京都 本気で恐い怪談」3 「京都 本気で恐い怪談」4
パソコンダウンロード作品パソコン
ダウンロード作品1 ダウンロード作品2 ダウンロード作品3 ダウンロード作品4 ダウンロード作品5 ダウンロード作品6



youtube ブログ妖怪王 キャラクター派遣 日本大好き 女優映像プロジェクト

※お問い合わせ、ご予約は以下までお願いします
(株)山口敏太郎タートルカンパニー
〒274-0814 千葉県船橋市新高根3-2-7
電話・FAX 050-1074-8983
メール 
tokushima5566@yahoo.co.jp







テーマ:

やっとお知らせができます。


来年1月9日にDVD「沖縄巡礼 知られざる霊場」のリリースが決まりました。


沖縄に実在する霊場や心霊スポットを訪れたドキュメンタリーで、初の単独DVDです。


そして、DVDの発売を記念し、イベントを開催いたします。


一緒に沖縄へ行った監督と、トークを行うほか、怪談ライブも行います。

DVDには収まりきらなかったことや、見てきたことなど、余すところなくお届けいたします。


イベントは、「沖縄巡礼 知られざる霊場」のDVD付きで、通常ご購入いただくDVDよりも、お安くなっております。


DVD、トークライブ、怪談ライブ込みのお得イベントです。


また、このイベントが終わったら、私は「ある物」を処分しなければなりません。当日は、その「ある物」も、会場へ持っていきたいと思います。



【2015年1月10日(土) 牛抱せん夏「沖縄巡礼」DVD発売記念怪談イベント】




2015年1月9日発売のDVD「沖縄巡礼 知られざる霊場」発売を記念して、DVDだけでは捉えられなかった恐怖体験を、牛抱せん夏が全て語る!


第二次大戦の激戦地となり、多くの命が散った地、沖縄。


実在する多くの霊場をカメラが訪れた。


霊感のある女流怪談師・牛抱せん夏が単独潜入!


DVD発売にあたって、カメラに収まりきらなかった心霊現象・霊体験を語り尽くす!


沖縄で何があり、何を見たのか!?


牛抱せん夏が、今、全てを明らかにする!


なんと!「沖縄巡礼」DVD付きの特別価格にてのご案内です!


イベント日程
2015年1月10日(土)
開場:15時30分
開演:16時
会場:アミューズミュージアム6Fイベントスペース(東京都台東区浅草2-34-3)
料金:前売り3,500円 当日4,000円(DVD「沖縄巡礼 知られざる霊場」+1ドリンク付き)


※イベント申し込みは
アミューズミュージアムまで

http://www.amusemuseum.com/blog/2014/12/-dvd.shtml?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
電話:03-5806-1181(10:00~18:00)


※DVDのみのお申し込み・お問い合わせは
(株)もりしま(03-3488-5648 平日10:00~18:00)
info@morishima-pro.com
(DVDの発送は1月9日以降となります)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:




昨夜は、「神山兄弟」の三味線ライブに行って来ました。



彼らの三味線を初めて生で聴いたのは地元のお祭りでゲスト出演されている時だったので、



「もっと聴きたい!」とずっとこの日を楽しみにしておりました。



三味線屋さんの2階にあるスタジオは、ぎゅうぎゅうの満員でした。



お客さんの年齢層は高く、地元の方々が応援されていることがわかります。



民謡と、オリジナル曲を交互に演奏する構成がとてもバランスよく、完全に世界に引き込まれました。



今回でお二人のライブを観るのは4度目ですが、


一番のびのびと楽しそうに演奏されていて、表情がとても柔らかかったのが印象的でした。



純粋に、演奏を楽しんでいる。


そしていざ演奏が始まると、お二人は、まるで何かにとりつかれたように弾いていました。



三味線本体が、生き物として、彼らと一緒に歌っているように見えてきます。



ストレートに、真っ直ぐに、純粋に伝わってくる音。



彼らそのものが音として表現されているのだと思います。


鳥肌全開でした。





聴いているうちに、


そもそも何で人は音を楽しむことに気がついたんだろうと思いはじめました。



今は言葉も音楽も当たり前のように存在しているけれど、


大昔、まだそういったものがなかった時代、


共通の言葉を発したり、歌ったり、踊ったりといったことを初めてやった人は、


さぞまわりから驚かれたでしょうし、喜びを感じたでしょう。





今回、新たに2曲のオリジナル曲「アップル・ウエスタン」と「隆盛」が披露されました。(字が違っていたらすみません。)



既にあった「Work Out」とはまるきり違うテイストで、脳内のスクリーンに映像が映し出されていくのを感じました。



音は一瞬で空中に消えていってしまうものですから、


今はもうどんな曲だったかははっきりとは思い出せないのが淋しい悔しい・・・。


だからCDが発売されますように(切実!)





また、神山兄弟の魅力のひとつは、演奏時とトークでの顔つきがまるきり違うところではないでしょうか。



演奏の合間のトークのふんわり感がたまらなく癒されますし、兄弟のバランスが絶妙です。



ナチュラルで言葉の使い方も丁寧。



まだ、20歳と、23歳なことに驚きです。



世間では、「癒し系」だとか、「肉食系」だとか、「草食系」だとか、色んなジャンルの男性がいますが、


私から見た神山兄弟の印象は、「シフォンケーキ系男子」です(笑)





このライブの為に、どれだけの稽古を重ねてきたのでしょう。



ライブが終わった今日もきっと三味線に触れているはずです。


芸に対するストイックさを尊敬しますし、


これからもっともっと飛躍されるお二人を、応援していきたいと思います。



そして、もっと若い世代の方々に、三味線の魅力に気がついてほしいと感じました。



卓也さん、英徳さん、お疲れ様でした。



曲と曲の合間の調弦の音色が非常に好きだなぁ。




牛抱せん夏

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
昨日の日中は、今夏お世話になったご挨拶を兼ねて圓朝師匠のお
墓参りへ。





お墓参りを完璧にこなしたと思い込んでいたのに、


墓前に
水桶を忘れて来てしまったことに気づき、


大慌てで「桶~
!」と、走って戻り、


誰もいない墓地のど真ん中で、豪快
にコケました・・・(@ー@)


思わず、「師匠~!すみませ~ん。違うんです~。」


と、叫んでしまったのですが、何が違うのか、自分でもよ
くわからず・・・。


「なにやってやんでい。」


そう師匠に言われた気がします・・・。


ほへぇ・・・。


修行はつづきます・・・。




牛抱せん夏
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード