前回の「真田丸」もしっかり見てたんですけど、とあるニュースに心の動揺が激しく汗、結局スルーとなってしまいました。ちなみに、今回もけっこう心ここに非ず状態なんですが汗、やはり面白かったので触れることにします。

 

今回の目玉の一つが、稲姫の嫁入り

おこうさんのこと考えると、今回のことで真田家の人が反対する気持ちよくわかるんですけど…その責任を信幸にサラっと押し付けちゃう昌幸とうちゃん、イケズすぎ顔。我が家あれ見ながら、

「稲刈り草雄、ひどくね?」

とツッコミ入れまくってました(笑)。あ、稲刈り草雄って、家族に乾杯で草刈さんが自分で仰ってたもんでwwいひひ

それにしても、稲さんのお父ちゃん忠勝さん、娘への溺愛パないっすね汗顔

家臣に化けてまで一緒についてきちゃって挙句泣いてるよww。まぁ、これはさすがにフィクションでしょうけど。

ちなみにおこうさんは下働きとしてサプライズ残留しましたね。史実かもっていう資料だと、おこうさんは側室に格下げになったとかなんとからしいけど、こういう展開にするのも三谷さんらしいかもって思いました。

 

そしてメインとなった事件が聚楽第落首事件・・・つまり、聚楽第の壁に秀吉の悪口を落書きされちゃった事件。茶々が身ごもったことでそれを揶揄する内容だっただけに秀吉の怒り方がハンパない。あ~~~、小日向さんの秀吉、怖かったよ>エ<

その犯人が見つからないいらだちから門番に責任なすりつけて処刑…ひどすぎるよな。秀吉が狂っていく事件としてこれを大きく取り上げた三谷さん、すごいなと。

 

源次郎たちは犯人探しに躍起になるけどなかなか見当を付けられない。そんな時に、怪しいと目を付けたのが不良と評判の元僧侶・道休。この道級役に、なんと、蜷川演劇ではおなじみの横田栄司さんが!!

ピンポイント登場でありながらも、すごい存在感はさすがですkirakira*。横田さんくらい濃い役者さんだと、こういうワンポイント登場でもすごく活きますよね。

 

結局、道休は字が書けないらしいということで犯人じゃないことになりましたが、背中の怪我が原因でそのまま死んでしまった。「自分は役に立てない人間だ」と嘆いていた彼の哀れさを覚えていた源次郎はこれ以上秀吉が無駄な死人を増やさないように死んでしまった道休を犯人に仕立てることを思いつきます。

これ、考えようによっちゃ死人に罪をなすりつけるってことになるけど、あの場合は道休が罪をかぶることで他の死人を出さないようにするという意味にもなるので・・・結果、役に立ったということに。源次郎のせめてもの弔いの意味もあるんですね。

首を斬ることをためらう源次郎に代わって淡々と行うラブりん@吉継、安定のかっこよさおぉ!なんだろうね、愛之助さんのあの、安心感の芝居は。素晴らしいです。

 

しかしながら、道休が犯人だと秀吉に信じ込ませこれ以上死人を出さないようにした源次郎たちの思惑は通じなかった。怒りが収まらない秀吉は、道休の縁者をすべて処刑するよう言い渡します。こわっ!!!こわすぎる、秀吉真っ青

いつも秀吉の命には淡々と従ってきた三成も、ついに意見します。この時の三成がとても切なくて泣けたうるうる。秀吉に意見しようとした源次郎を一喝して黙らせたのは彼を守るため

暗黒世界に入り込んでいく秀吉に決死の意見を述べる三成の覚悟の中に悲しみも垣間見えてほんと切なかった泣。やっぱ、耕史くんは上手い役者だよなぁ。この回で三成に心動かされた視聴者、かなり多かったのでは?私もその一人。

危うく切腹させられそうになったとき、寸でのところで寧さんが収めてくれました。秀吉、ほんと寧さんには全幅の信頼寄せてるんだろうね。京香さんの名古屋弁は現地の人からすると微妙すぎるらしいのですがw、私は最近あのセリフ回しがクセになってきましたウッシッシ

 

ドラマでは丸く収まってましたが、史実だとどうやら道休の親族は殺され村も焼かれたらしいですね…。秀吉には信長とは違った不気味な怖さがあったのかもしれない。

 

次回から北条攻めへの物語にシフトしそうです。これから悲劇がどんどん続く豊臣家。源次郎や真田家はどう立ち回っていくのか気になります。

 

 

そしてわたくし、今週末、とあるところへ行ってきます。

5月は誕生月ということもあり、この無理をなんとか許してもらいました汗

戻ってきた後にまた報告します、たぶん。

あ~~なんか今からもう落ち着かないw。

冷静でいられるか、わたし゜∀゜;

 

 

AD

香川県・本島の猫たち

テーマ:

 先日丸亀港から訪れた本島

ダンナが猫がいるらしいという情報を得て行ってきた島です。猫関係の情報、けっこうこまめに調べてるんですよね、うちのダンナw。なんだかんだ言いながら好きなんだと思うんだニヤリ

 

けっこういるほうっていうことでしたが…

青島みたいにバァ~~っといる感じではなく、ところどころに散ってる感じ。あるお宅には10匹くらい固まっていましたが、それ以外はもう、自転車で回って探すしかない状況アセアセ。ねこがいると思われる範囲を何往復したかなぁ…。坂もあったりしてかなりの運動量になったと思うおーっ!あせる。前にも書いたけど、正味5時間近く自転車乗って探しまわってたので尾てい骨がかなり痛くなりましたww。

 

そんな感じで何とか見つけて少し交流できた猫ちゃんたちをご紹介。

 

 

たくさん猫が集まってたお宅のニャン。自転車の一つのかごの中に2匹丸まってたりもしてましたオッドアイ猫三毛猫

 

けっこう暑い日だったので日陰で固まってお昼寝中。ここの猫たちはあまりケンカしてる姿見なかったな(寝てること多かったからかもだけどw)ニコニコ

 

手前の茶色い猫ちゃん、何か見てるように思えますが…

実は爆睡してましたww爆 笑ラブラブラブラブ

 

海岸線にある小さな旅館のそばで見つけた黒白のニャン。きれいな顔してる音譜

 

この猫ちゃんは鼻のところに小さな黒い模様w。可愛い~爆 笑ドキドキ

 

旅館のおばあちゃんが定期的に餌をあげているそうで、比較的きれいなネコが多かったです。

 

見返り美人の三毛ちゃんキラキラ

 

この子は飼い猫だったみたい猫あたま

 

シャム猫っぽい子もいたオッドアイ猫

 

瀬戸大橋を望める美しい景観スポット。ここに一匹いるんですがわかりますか?

葉っぱの下で涼んでますウインク

この子はとにかくマイペースで私たちが近づいても全く動じませんでした。

 

さっきの寝てた子たちが目覚めだしました。大きなあくびしてますzzz

カメラのレンズに興味津々ウシシ

こちらはまどろみ中zzz

 

島猫っぽい雰囲気撮れましたニコニコ

彼らが眺めるのは…

こんな静かで美しい海の景色波キラキラ

 

以上、本島の猫レポでした。

探すの大変だったけど、見つけた子たちは可愛かったし癒されましたにやり

 

奇跡的に、こんな春の写真が撮れました。久々にモンシロチョウ見たかも目

 

 

 

ゴルフ、やったことある?

打ちっぱなしだけ。まっすぐ飛ばなかったのでそれ以来行ってませんぼけー

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGET

AD

4月からスタートしているNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」

 

たいていの朝ドラは子役時代から始まりますが、今までは子供時代はサラっと見て(あさが来たはおディーンさん登場でトキメいてましたが 爆)成人したところからドラマとして見るって感覚でした。まぁこれは、私が子役(最近の大人びたのは特に)苦手意識があるからというのもあるのですが…汗顔

 

で、今回の「とと姉ちゃん」の場合ですが…

 

子役時代が一番良かったと思っております

西島さん演じる「とと」が亡くなる寸前のお花見シーン、あれが私にとってのピークと言いますか…あれ以来見ていても全然心が動きません。

 

えっと、とと姉を演じてる高畑充希ちゃん…舞台中心の頃から知ってるしどちらかと言えば好きな女優さんでした。最初に出た朝ドラ「ごちそうさん」の芝居もとても好きだった。

けど、今回のはダメだ…個人的に・・・朝ドラ主人公って猪突猛進型が多いんだけど(特にAK)、彼女がその演技をするとなんか見ていて無性にイラっとくる。なんだろうあれ。「真田丸」で源次郎が言っていたセリフ「人を不快にさせる何かを持っている」のまさにそれかも。充希ちゃんがじゃなくて、彼女が演じる常子が。

 

あと、ストーリーがあまりにも停滞しすぎていて、つまらない青ざめ顔

 

これが脱落寸前になる一番大きな要因かも。好きな朝ドラだったら、一度見逃したら「あ~、見逃しちゃってモヤモヤする!」ってなるんですが、すでに2-3回見れなかった回があるにもかかわらず全くそう思えないという…顔。むしろ、もうこの先見なくてもいいかなくらいに思えてる(苦笑)。エピソード一つ一つにドラマでの必要性をほとんど感じないというか…時間の無駄とすら思えてる自分がいる。

この感覚、以前の朝ドラ「おひさま」後半の時に感じた虚無感とすごく似てる。

 

さらに、個性的なキャラがいるにもかかわらず…なぜかドラマの中で生きていないように感じてしまう。勿体ない。役者さんが…っていうんじゃなくて、ストーリー運びの中で魅力が生かされていないと思えて仕方ない。ほんと勿体ない

 

ということで、録画してたものは全部消しました。

 

大野君が演じてる清だけはまだちょっと気になるんで、見るときは見ると思うんですけど…たぶん今後もながら見。気持ち的にはほぼ脱落です。

 

わたしの朝ドラ黒歴史筆頭となった「まれ」に比べればまだマシですけど(あのドラマの後遺症からか、いまだに太凰ちゃんの作品進んで見られない)…これ以上出演者嫌いにならないためにも(苦笑)今回はリタイア決定かなぁがーん

西田さんの脚本、期待してたんだけど…。

でもこれ、視聴率がすこぶるいいんだよね。

 

うーーーん、私の感覚がおかしいのかもしれない。

 

戦中戦後の展開から好転するんだろうか。わずかな望みを持ちつつ…とは思うけど、それまで「とと姉ちゃん」にチャンネル合わせているかわかりません青ざめ顔

 

 

 

1964年の今日、日本で初めてキスシーンが登場する映画が公開されたんだって。

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGET

AD