セルフバランス

アレクサンダーテクニーク教師として、IMトレーニングをサポートしています。
お問い合わせ先:HPはセルフバランスhttp://selfbalance.jp/です。

海外では、動く瞑想法と呼ばれるアレクサンダーテクニ―ク♪
出会って良かった♪心も身体も楽になりました。

テーマ:
こども発達研究所の牧田先生のIMトレーニングをアレクサンダーテクニーク➕身体観察で手伝っています。
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
こどもの望みの第1位は縄跳び、第2位は速く走しれるようになりたいって所です。

望みを出せるこどもは意欲があるって事で、本人にやる気はある訳ですから、「縄跳び飛んでみて‼️」と頼めば即飛んでくれますから、アドバイスもしやすいですし、こどもからの信頼も厚いですから、嫌がらず、次々とこなしてくれて、伸びしろが高いです。

望みを出せないこどもについては、聞いても望みはでませんから、
親御さんに何ができて何が出来ないか?聞き取り 
動作検査を行って
出来る事と出来ない事を見つけ
橋渡し的な動作検査を瞬時に判断して行ってもらい
動作観察をしつつ
次々と動作検査を変えて行きます。

と書くと簡単そうですが、これが際限無く難しい。

出来ない事は、嫌がって絶対やらない。デス‼️

出来ないけど、出来そう
少し手伝えば出来るようになる。
って言う、境界ラインを見出す。

場当たり的にただの勘で探しても境界ラインは見つかる訳は無いのです。それが、わかったので、基礎解剖学生理学神経学等々を学び直すために鍼灸学校に3年間通い、今も身体観察を学び続けています。


親御さん達は、気づいたら、こんな事が出来るようになりました。あんな事が出来るようになりました。と事後報告も頂きますが、それは、境界ラインの動きを脳が習得したら、後は遊びの中で勝手に育つのです。

動作発達の境界ラインについてはまた後日に。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
IMトレーニングでは、最初に聞こえて来た音に対して、キチンと反応して正しいリズムで動作ができるのか?数十項目について検査があります。

この、検査がとっても重要です。
検査している間も、足で踏む板や手のカスタネットがコンピュータに繋がっているので、検査が終わった時には、コンピュータを見れば一目瞭然なので、親御さんもM先生の解説を聞いて納得の様子です。

コンピュータ上の検査結果と合わせて、M先生がIMトレーニングの指導をしていきます。
どの動作から始めるのか?どんなエクササイズが必要か?時間やスパンはどのぐらい必要なのか?などなど。当たり前ですが、1人として、同じ指導になる事が無いですね。

IMトレーニングをしている最中には、音とこども達の動作がズレていると、M先生は瞬時にコンピューターへ走り、遅くしたり早くしたり、難しさの幅を広げたり狭めたり、素早い対応です。私もリズムを聞いていますが、M先生の様には反応するには長年積み重ねた経験値が必要な様です。





 




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こども発達研究所のM先生は、日本にIMトレーニングが入って来た時からIMトレーニングに関わっているベテラン先生です。

IMトレーニングでは、こども達は、ヘッドホンから聞こえて来るリズムに合わせて、手を叩いたり、足踏みをしたりして、1/1000でリズムを合わせていきます。

私自身は、M先生に出会って始めてIMトレーニングに接したので、IMトレーニングに何の意味が有るのか?何に役立つのか?最初は良くわかりませんでした。

M先生の自閉症の息子さんについての効果は、おうむ返し言語からの脱却と、縄跳びが飛べるようになった事、と聞きました。その頃はIMトレーニングが日本に入ったばかりで、東京にしかなく、ホテルに泊まり込んで毎日毎日受けた様です。

当初は、IMトレーニングはM先生のお仕事。私のお仕事では無いと思っていましたが、M先生にIMトレーニング中のこども達の身体の使い方を見て欲しいと頼まれて、アレクサンダーテクニーク教師として、IMトレーニングを手伝う事になりました。

手伝い始めると、驚く程できない、こども達に出会いました。こんな簡単な事ができないなんて、、、何で?何が起こっているのかしら?と悩む日々が始まりました。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
M先生の自閉症の高校生のM君に新しい小さな店舗でアレクサンダーテクニックのテーブルワークをしていた時の事でした。

M君の頭に触れると、身体がざわめいていました。ざわめく感じとは、微振動している感じです。  

その時、M君にヘッドホンをかけました。すると、頭のざわめきが一瞬の内に消えたのです。

で、ヘッドホンを外すとざわめきが戻ってきます。

私の借りた小さな店舗は、駅から3分の国道に面した路面一階でした。常に車やトラックは走っていて、そのタイヤの低周波をM君は拾ってざわめいていたのです。

低周波を拾う問題に気づいてからは、車の少ない時間帯とトラックの多い時間帯では、確かに、M君のざわめき具合に変化がありました。

発達障がい児で聴覚過敏が酷い子たちは、カットするヘッドホンをしている事は知識としては、知っていました。しかしながら、低周波の洗礼を受けるだけで、頭や身体があんなにざわめくとは、予想を超えるものでした。

この借りて半年の小さな店舗をお引越しする決心をしたのです。

決心した途端に、自宅の駅の居住店舗物件があらわれ、なんと、居住スペースがないから、地価の半額で譲ってもらえました。誰かが、私を操っている人がいるのでは?と思う展開でした。

以前に働いていた店の税理士さんに相談したら、補助金申請をしたら良いとの事で、急遽補助金申請を出しました。補助金を頂く事は出来ませんでしたが、政策金融公庫にリフォームのお金を借りる事ができました。

やってみてわかりましたが、天然素材でのリフォームは、凄くお金がかかるのです。政策金融公庫と実家の母に借りて、今の店舗が2015年5月に完成しました。

まさか、多額の借り入れをして、仕事場を作るとは、思ってもいない展開でした。それも、鍼灸学校に通いながら、仕事もして、、、、

結果としては、一階の仕事場は天然素材で作ったので、とても居心地がよく私の身体が楽ですし。
発達障がい児の事を良く理解しているM先生が2階で認知やリズムトレーニングの仕事をしているので、1人のこどもの事を相談していけるのでとても安心なのです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2014年3月に地元に小さな店舗を借りまして、これからは、鍼灸学校も行くし、家賃を払える程度でノンビリと仕事をして行こうと考えていました。まだ、梅田のキネシオロジーやアレクサンダーテクニックの仕事も並行してありましたし、ノンビリとユックリとと思っていました。

それが、それが、なんと、借りてスグに、Sさんの紹介で、フォイヤーシュタインM先生に小さな店舗の片隅を貸す事になりました。

縁とは不思議なもので、M先生は自閉症の息子さんの高校入学のために、4月から私の借りた小さな店舗の駅に高知から引っ越してきたのです。

借りた私よりも、M先生の方が店舗に近いなんて不思議な事です。

結果的には、発達障がい児を育てた事の無い私には、M先生との出会いは大きな糧となり、M先生にとっても逆は真なりとってなりました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。