まるちゃんとずっと一緒

愛うさまるちゃんは虹の橋在住です。
昔好きだった宝塚を最近になってまた観始めました。
花組が大好きです。
みりおさん、キキちゃんが大好きです。
最近のブログではうさぎさんの記事より花組記事が多くてすみません。


テーマ:
前記事でも書きましたが、関東は連日どこかで震度4の地震が続いています。
熊本地震があり・・・
教訓は活かしたいですね。
大きな災害が起きた時に自分のことより一緒に暮らすしっぽ達のことが気がかりです。
日本って活断層や○○プレートに乗っかっている島国。
「○○を持っていって」とか準備や計画を立てていてもいざとなったら・・・。

うさぎさんを含むしっぽ達の「命を守る」最低限のことを書きます。

★ペットと一緒に避難は動物愛護法でも決められており各自治体でもその時の受入れ体制は整っている頃でしょうか。
まず、お住まいの自治体へペット同行の避難について問合せておいて下さいね。

★避難が長引くことも考えられますので、うさぎさんを預けられる親戚やお友達、知り合いなどには「その時はお願い」と声をかけておき、ご自分の避難場所も伝えておきましょう。
避難所では原則、人とペットは避難する場所が別です。
避難所の中は人間。ペットたちは別の場所でケージ生活になります。


★とーっても大事なこと!!
以下、とっても重要です。
避難所では原則、人とペットは避難する場所が別です。
避難所の中は人間。ペットたちは別の場所でケージ生活になります。

忘れがちだけど大切なものは長引く避難に備えてペットたちの情報です。

災害時には自治体で獣医師と連携して「動物救護本部」が置かれます。
避難所でペットたちの対応を素早くするためにも基本的な情報を日ごろから小さなノーに書いて下さい。
疾患のある子・治療中の子・避難で怪我をした時や具合が悪くなった時など、その情報はイザというときに役に立ちますので避難所の指示を仰いでください。
名前
住所
飼い主さんの氏名と携帯番号
掛かりつけの病院情報
今飲んでいる薬
病歴や今かかっている病気
食事内容と量
サプリメントを飲んでいる子は種類
その子の性格や癖
など
飼育日誌を書いておくといいですね!

★日頃から躾も大事です。
ケージになれさせる躾
ワンちゃんは無駄吠えしない躾

★迷子札
迷子札はしっぽ達のケージに取り付けます。

★ペット同行避難、ペット同伴避難の違い
ペット同行避難→一緒に避難しても飼い主さんとペットは別の場所に置かれる。
ペット同伴避難→避難所でも飼い主さんとペットが同じ場所に避難

★同伴避難は難しいこと。
熊本地震ではかなり混乱を招いた同行と同伴の違いですが
避難所には動物嫌いな方やアレルギーを持っている方など色んな方が集まります。
よって同伴の避難は難しいです。
同行と同伴の区別を知ること、何が愛するペットに今大事なのかを考えて
トラブルは避けなければいけないことはどうかご周知下さい。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
熊本の地震から1日が経ちますが被害が拡大しています。
大きな揺れに驚き脱走から迷子になるペットもいるようです。
まだ余震が続いていますがペットたちも人間もどうか無事でありますように、被害が拡大しませんように祈るばかりです。

これから梅雨に入ると毎年どこかで洪水や土砂災害などが起こっています。

ペットと一緒に避難は動物愛後方でも決められており各自治体でもその時の受入れ体制は整っている頃でしょうか。
まず、お住まいの自治体へペット同伴の避難について問合せておいて下さいね。

大雨被害や地震など自然災害が多くて私は危機感を感じております。

避難が長引くことも考えられますので、うさぎさんを預けられる親戚やお友達、知り合いなどには「その時はお願い」と声をかけておき、ご自分の避難場所も伝えておきましょう。

そして避難所ではペットは飼い主さんと一緒ではありません。
ケージやキャリーでの生活になるでしょう。


・迷子札はケージやキャリーにつける
・最低限のフードやうさぎさんは牧草の準備
(いつも食べているペレットや牧草を小分けにし乾燥剤を入れて1週間分くらい)
・ティモシー固形フードは栄養価も高いので準備しておくと安心です。
・キャリーに固定できるフード入れと給水ボトル
・暑い時期は保冷剤・寒い時期はホッカイロなど保温剤
・闘病中、高齢、幼齢の子は体温調節が上手に出来なので夏でもホッカイロなども必要です。
・サプリを使用している子はサプリ
・お薬はすぐ持ち出せるように
・アクアコール(電解水です)
実際は慌ててしまい持ち出せないものも多いですが今ペットに必要なものは飼い主さんがよく知っていると思うのでできる限り準備しておいて下さい。

以下、とっても重要です。
忘れがちだけど大切なものは長引く避難に備えてペットたちの情報です。
避難所でペットたちの対応を素早くするためにも基本的な情報を日ごろから小さなノーに書いて下さい。
災害時は各自治体で獣医師と連携し「動物救護本部」が置かれます。
疾患のある子・治療中の子・避難で怪我をした時や具合が悪くなった時など、その情報はイザというときに役に立ちますので避難所の指示を仰いでください。
名前
住所
飼い主さんの氏名と携帯番号
掛かりつけの病院情報
今飲んでいる薬
病歴や今かかっている病気
食事内容と量
サプリメントを飲んでいる子は種類
その子の性格や癖
など

以上は必ず持って行って下さいね。
日頃から飼育日記をつけておくと役立ちますね。

災害がないことを祈るばかりです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
九州の皆様
大丈夫でしょうか?
余震が続いているようですし火災も発生しているようです。
どうか落ち着いて下さい。

ガスの元栓は閉めて下さい。
避難する際はブレーカーを落として下さい(復旧する際に火災が発生することがあります)

外は家屋の倒壊や電柱が倒れる、液状化の道路は歩けません(東日本大震災の時に経験あり)
避難する際は近隣の方とご一緒に避難して下さい。

そしてペットと一緒に避難するために以下のものは準備しておけますか?
・迷子札

・ペット情報(名前、病歴、癖、食べているペットフード、飲んでいるサプリ、治療中の子は飲んでいる薬、かかりつけの動物病院と獣医師との連絡先など)小さなノートにまとめておくと便利です。

・飼い主さんの個人情報(携帯番号や携帯のメアドなど)

災害時には各自治体で獣医師と連携し「動物救護本部」が置かれます。
疾患のある子・治療中の子・避難で怪我をした時や具合が悪くなった時など、その情報はイザというときに役に立ちますので避難所の指示を仰いでください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近は関東で地震が多いです。
一緒に暮らすペット(ライフパートナー)を守るために必要最低限のものは準備しておきましょう。

最低限準備したいの
・迷子札

・ペットの情報を書いたノート
ペット情報(名前、病歴、癖、食べているペットフード、飲んでいるサプリ、治療中の子は飲んでいる薬、かかりつけの動物病院と獣医師との連絡先など)小さなノートにまとめておくと便利です。

・飼い主さんの個人情報(携帯番号や携帯のメアドなど)

災害時には各自治体で獣医師と連携し「動物救護本部」が置かれます。
疾患のある子・治療中の子・避難で怪我をした時や具合が悪くなった時など、その情報はイザというときに役に立ちますので避難所の指示を仰いでください。


飼い主さんが留守の時に・・という場合もあります。
日頃からペットを飼っていることを周囲に知らせ、近隣の方には一緒に避難はお願いすることは出来ないかもしれませんが避難所でこのお家にペットが取り残されているなど伝えてもらうことはお願いしておきましょう。
ご自分の連絡先もお忘れなく!
避難が長引くことを考えて親戚やお友達などにペットの一時避難もお願いしておきましょう。

その他

動物愛護法改正でペット同行避難も明文化されて大分経っていますが
今一度お住まいの自治体に問い合わせをして情報収集はしておきましょう。
東日本大震災の教訓からペットとの同行避難はかなり理解は深まっておりますし
地域の獣医師会との連携もあるはずですのでもしもの時にペットたちのためにも地域の情報収集は必須です。

避難先ではキャリーやケージ生活で飼い主さんとは別になると思います。
日頃からキャリーやケージには慣らさせましょう。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ここ近年ほんとうに多いですね。
台風や大雨の自然災害や最近は火山活動が各地で活発になっています。
地震も本当に多い。
首都直下型や東海・東南海・南海連動型地震とか囁かれていますが
日本って活断層や○○プレートの真上にどっかり浮かんでいる島国なんですよね・・・。

動物愛護法改正でペット同行避難も明文化されて大分経っていますが
今一度お住まいの自治体に問い合わせをして情報収集はしておきましょう。
東日本大震災の教訓からペットとの同行避難はかなり理解は深まっておりますし
地域の獣医師会との連携もあるはずですのでもしもの時にペットたちのためにも地域の情報収集は必須です。

避難先ではキャリーやケージ生活で飼い主さんとは別になると思います。
日頃からキャリーやケージには慣らさせましょう。

人間の避難用具もペットたちの避難用具もすべてのものを持ち出すことは不可能かもしれませんが

最低限準備したいのが

・迷子札

・ペット情報(名前、病歴、癖、食べているペットフード、飲んでいるサプリ、治療中の子は飲んでいる薬、かかりつけの動物病院と獣医師との連絡先など)小さなノートにまとめておくと便利です。

・飼い主さんの個人情報(携帯番号や携帯のメアドなど)

災害時には各自治体で獣医師と連携し「動物救護本部」が置かれます。
疾患のある子・治療中の子・避難で怪我をした時や具合が悪くなった時など、その情報はイザというときに役に立ちますので避難所の指示を仰いでください。


飼い主さんが留守の時に・・という場合もあります。
日頃からペットを飼っていることを周囲に知らせ、近隣の方には一緒に避難はお願いすることは出来ないかもしれませんが避難所でこのお家にペットが取り残されているなど伝えてもらうことはお願いしておきましょう。
ご自分の連絡先もお忘れなく!
避難が長引くことを考えて親戚やお友達などにペットの一時避難もお願いしておきましょう。

続く自然災害
被害が最小に抑えられますように!





いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。