1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-15 08:57:46

今日の京都は葵祭

テーマ:日本の未来 食と職

しぶとさとエコ精神のみで時々ブログをUPしている

U-sapです

 

おはようございます!!

 

 

本日は葵祭

ここ、京都の朝のお天気は少しどんよりしていますが、まあまあ晴れです

ラジオでは紫外線注意情報もありますよ

 

葵祭といえば葵の葉っぱ

二葉葵です

さあ 写真素材フォトライブラリーにUPしよう〜

したたかにやると思うでしょ?

 

ん?

いやいやそれがないんですよ!

このブログ・・・いやもっと前のブログかな 一度はケータイで撮ったもので葵祭ネタを書いた記憶はあるのですがもうどこへいったやら、、、

今はたぶんスマホで撮ったものでもストックフォトの登録もできるんやろなぁ・・・

ここ10年ほどの進化ですね

 

今朝は朝ごはんで1400年前の京都はどんなんやった?

わからないなりにも思いを馳せてみました

1400年の響きって最初はそんなにスゴい響きがなかったんですけど、

1400年前って歴史を勉強する教科書のはじめ、聖徳太子よりもっと前

その頃のお祭りを継承するって しぶといもしぶとい

奇跡的なこと ですよね

その後のいろいろな時代をワープしてみて実感しております

歴史好きがワクワクするのはそのへんなのかも

私は超現実でしか生きてませんから感覚にぶい目 笑

 

「御所はあった?」

「そんなんはない もっとあとからや!」

 

「もともとは下鴨神社?」

「・・・上賀茂神社が後かな・・・」

 

豊作祈願

風雨で飢饉に見舞われてはじまるとある

 

「あのお姫様はだれ?」

「天皇さんの娘」

 

「御所はないのに天皇さんはどこにどうして暮らしていたんや?」

「天皇さんは長岡京から引っ越してきた」

「ええーっ? もともとはどこ?」

「それは奈良やろ」

「あまてらすおおみかみ・・・・・か・・・」

まったくもって歴史音痴なわたくし トホホ・・・上手に歴史をワープできない申し訳ない、、、

 

「それじゃあ今の大河、井伊直虎みたいな殿様が領地を治めるみたいな時代 ?武士はいた?」

「いるわけない! それはもっともっと後!!」

 

戦国時代には中断もあったんですね

 

「桓武天皇あたりか」

このへんでちょっとピンとくる

「そや 平安建都1200年の年が1994年やった」

794年 平安京 平安時代か

きらびやかな貴族の祭りというイメージが強い

葵祭は大きく変わったんじゃないか

斎王代の衣装もとても贅沢で綺麗なもの

それを継承して今に至るということか

京都で華やかな衣装というのも理解できる

たしかにいろいろな時代が訪れた1400年という月日の重みはスゴい・・・

けど、はじまりは神様を鎮めるためということ

 

で、庶民は?

農民 商人はどんな風に暮らしていたんや?

貴族や偉い人よりもそこが知りたいんやけど・・・・・

畑を耕し、できたものを貴族におさめ、質素に生まれ質素に死んでいくだけの暮らしか

人間は二分していたとしか思えない

それでも、飢饉になればもっと死ぬ 死んだのか

だから、神頼み

そんなところに着地しました、、、

 

神頼みしかないのよ! 自然相手のことは

東日本大震災みたいな大きな地震も何百年に一度のように突然どこかで起こる

真田丸大河ドラマで秀吉の老後、ベッドに伏せっていた時に地震が起こるシーンがあった

いくら科学が発達したって人間がどうにかできるわけではないのが天災なの

 

そこから話は物騒な爆弾を飛ばす国のことにまで及び、

どこかで今また広島みたいな場所ができたらどうする?

娘は2回も広島を訪れたことがありますから十分いろんなことを考えられたと思います

無事食べられて平和な日々がやってくるだけで幸せ

でも、その些細な生活の平和に向けて、努力をしなければ維持することは難しい

それが人間の歴史ではないかと思います

継承の大切さではないでしょうか

 

久々に葵の葉っぱをさがしに出かけてみようかな

 

しぶとい町です 京都は

でも、私にとってはそこが一番の魅力なんだな・・・

 

さがしてみましたら ありました!

2009年6月11日に撮影した二葉葵の写真

あの頃のケータイでもネットならけっこう使える

写真の整理はだいじですよ〜

たぶん、この二葉葵が入手しづらくなっていて、小学校などで継いで育てているということを記事にしたと思います

たしかに趣のある葉っぱですね!

 

ではでは和食ハッシュタグですから、もう一枚 新作和食写真

料理食材写真のご利用はストックフォト販売

写真素材フォトライブラリー U-sap のページにおはいりくださいませ 天丼

 

ではまた 手

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-01 10:21:16

検索のフシギ U-sapの花束写真

テーマ:ストックフォト おもしろ話

ーっ

 

ゆうべ 写真素材フォトライブラリーの販売ページをクリックして

思わず涙がでそうになりました

 

ゴールデンウィーク

 

長い長い ロードのはじまりです 笑

連休は訪問者をあまり感じない

土日も感じない

 

"ネットの表示や購入はお休みはないですよーーー"

 

そんな言ったって、購入を仕事とするような方々は休んで遊びに行ってるわけやし、仕事仕事の働き方改革だってだいじなこと

きちんとお休みに区切りをつけることは、労働者にとっては本当にだいじですよ

なので、私としては販売がないのは寂しいですけど、あたりまえのことと了解して写真素材フォトライブラリーとはおつきあいしてます

 

それでも、販売カウンターが動いた

涙がでそうになったワケ

クリックもされないような奥の奥に入って素晴らしい写真の下敷きになってもう見てもらえる状況にないでしょう

写真が購入されたから

 

おおーっ あったんか

あったあったこの写真 そのような感激です

ああ これはユカちゃんが私の誕生日当日に北海道から届けてくれたサプライズ花束

誕生日を知ってくれてるなんて 驚きだった 女子から花束をもらうなんて後にも先にも一度きりの経験

たしかユカちゃんも近くに誕生日があった、高校の時、近いねと話していたことはあった

でも、私ときたら親友の誕生日をきちんと覚えてない なんてやつだ、、、

 

 

で、この検索されたフシギについて分析してみました

キーワード「花束」「ピンクのバラ」「カーネーション」

このようなのでいくと3000枚7000枚とか今の100枚表示でいくと

30、70ページをクリックしてさがすことになる

気が遠くなる

何ページくらいにでてくるのか見てみましたが、出会えませんでした

でてくる気がしない ↓

今はお気に入り順が一番目に表示されますから、ある程度はクリック数順でしょう

今回の花束写真はこのようなシステムになる前にすでに下敷きになってましたから昔から積み重なったクリック数も多いはずはありません

ちょっとだけ、マイページの手の内をお見せいたしましょう←ドキドキするのよ!

ほほう・・・「水仙」なんてクリック数0ですね

「花束」は今のところ・・ウフフ・・・

 

そこで、自分でいれてる あるキーワードで検索してみましたら

こんなかんじ

3枚の1枚

キーワードのヒットというのはそのようなものです

 

さがす人にとっても枚数少なく、まあまあなイメージがわく写真がでてくるとありがたいということもありそうです

あまりネットに真剣になるのも目も頭も疲れますもんね!

そのキーワードとは

 

「記念日のプレゼント」

もちろん、利用してくださった方がどのようにヒットしたのかはわかりませんよ

(聞いてみたい・・・)

 

でもね、もしかしたら・・・・・・・・・ここだいじ

いつもいつもしつこくブログで書いてる

 

ご利用は写真素材フォトライブラリー U-sapで

アーティスト内検索してもらえるまでになれたら・・・

この行動をしてくださったのなら、私はめったに料理食材以外の登録はしていませんから いまのところ

「花束」でオンリーワン Hit!! となります

 

検索のフシギ

だから、ネットって ホントにおもしろい

想像力をかきたてられる

 

だいじなのは想像力

想像力をかきたてて、ぜひいろいろにキーワード登録をしてみましょう

数の多さに途方にくれる必要なんてありません

写真素材フォトライブラリーはもっともっといろんな出逢い方をしてもらえるように様々な工夫をして進化を続けております

少し気がついてはいたのですが、花束で確信しました

 

4月私もがんばった

久しぶりにブログ7つも発信した 「和食」 「和食写真」でいくぞ!!

2014年並みですよ

始めた頃は毎日か1日置きに更新するって決めてたのに、つぶやきブームでブログ時代は終わる

なんて気持ちになってた

でも、ブログってやっぱりいいのかも・・・時間とられますけどね!

 

いろんなところから、きちんと自分を発信しましょう〜〜 キラキラ

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-27 18:33:17

リスク回避時代の大変さ

テーマ:日本の未来 食と職

私たちは日頃、ほとんどの時期は自分のことを自分で言い、決定して自由に生きている

 

けれど、いろんな事情で自分のことを言えなくなる時もあるし、たとえば、家族

おじいちゃんおばあちゃん、お父さん、お母さんがトシをとった時、代わりにその人のいろいろを決めなければならないことがある

 

私は思う

自分自身の時にはと考えれば、また自ずとどうすればいいかがわかってくるような気が今はしている

けれど、いつなんどきの認知症や事故と考えればそうも言ってはいられない

まあ、そんな時は自分がその判断もなにもかもわからんうちのことだから、

いいかっ・・・

でも、子がいるかぎりはやっぱりその判断を子がせまられるんやな・・・

最近やってきたいろんなことに、日々そんなことを考えて過ごしています

 

けど、老人で今考えているけれども、もっと大変なのはじつは

子育て時期だった

だいじな長い将来がある わが家にもあった

子どもが小さいうちのことは、それまで自由にやってきた老人とはちがうからもっと真剣

子どもたちが自分の力で意思決定を言えるまで、ある時期の人生の選択や決定をするのが親の大変な役目でもある

 

そうして、子育ても親介護も経験して、やっぱり思うのは

今はリスク回避時代やなぁ

昔とは大きくちがうなぁ

なにが一番ちがうかって

文書化してのやりとり

私はこれも機械化の流れだと思う

そうすると、人の顔、誠意が見えなくなってくる

すでにちょっとやりすぎかと思うような完全なるビッグデータ集めにすべてがのってしまっいてるような・・・

でも、働いて食べていくためにはそのやり方をだれもが拒否できない

職と食ですね!

 

子どもの学校卒業で

ああ 解放される と思った

そうしたら、義父母のいろいろが押し寄せてきた

 

なにが起こるかといえば、押し寄せるようにやってくる書類と説明

それが、リスク回避時代と思うところ

書類や説明をきっちりして署名、ハンコをもらうのが働く人の役目

それをしっかりやることが、仕事をしたという証拠

のちにリスクが発生した時にそれで立証する

なければ立証できないということでもある

 

制度を利用しようと思えば本当にしょうがない

幼稚園保育園、学校、病院、介護事業所

社会保険、奨学金や生活保護、臨時給付金などいろいろある

そのようなものやことに守られて暮らせている

日本は社会保障の豊かな国ということ

とにかく制度を知ることだと思い、わからない介護のことでは

ホームヘルパーもやってみた

いつしか制度を勉強することが好きにもなった

けれど、実際に利用する側にならなければわからないことはいっぱいで、

利用をはじめてはじめてわかる

大変すぎる

いったい どうしてこんな世の中になったんや

制度は完全なるサービス業か?

享受する側もされる側も ストレスまみれやないの

享受される側が誠意も感謝も感じられないものなら

ないと思うのもいいのかもしれない

けれど、困るからできていくのが制度だ

社会福祉とはいったいなんなのだろう?

 

最初にも書いたように人はほとんどの時期は福祉をそれほど近くに感じることもなく自由に過ごしている

生活に余裕がある時は妙にきれいごとを書いたりしているけれど、家族のなにかが変わっただけであっというまに余裕がなくなる

その大変な時期が長いか短いか

トントンと上手にいくかいかないか

それは運命の部分が大きい

人の人生のことだもの

人ひとりの命のことだもの

大変であたりまえか・・・

 

 

リハビリ病院から帰ってきた義母

一週間でまた骨折した。。

 

ゆっくりなゴールデンウィークは遠のく、、、、、


ではまた

 

 

 

本日の和食写真は今の旬

筍写真

 

 

若竹煮の完成です

 

和食の写真素材は

写真素材フォトライブラリー U-sapをクリックしてみてくださいネ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。