今日の日経本紙でも紹介されましたが、

ECナビの子会社でポイント交換をやっているPeX から

ミクシィのアプリ開発事業者向けの小額決済サービス

payca(ペイカ) 」をリリースしました。



payca(ペイカ) 
http://payca.net/




-----------------------------------
PeX、ソーシャルアプリ向けの少額決済サービス「payca(ペイカ)」を開始
~ソーシャルアプリ事業者に特化、「PeXポイント」でもチャージ可能~
http://ecnavi.co.jp/news/press/details/219
-----------------------------------





実はこのサービスは前回の5月に札幌で開催されたIVSで

ミクシィ社長の笠原さんがミクシィのオープン化の発表をした際に

『ミクシィ自体が競合するサービスを提供することはないのですか?』と

質問したときに『ミクシィとしてはそういうことはやりません』という言葉を

もらってやる決心がついたともいえます。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20393485,00.htm






そういう意味で準備から約半年。

SNSのオープン化によってアプリ経済圏が拡大していくなかで

そういったアプリを開発する事業者を支援するサービスを開発して

いこうと開発チームを急遽結成してわけですが、途中での

度重なる仕様変更やトラブルがありながらもs-tannoを中心に

すごい速さで仕様を決め、開発し、パートナー開拓を行った

PeXのみんな。

本当にお疲れ様でした!






海外でも似たような会社は既に何社か出てきていますが

日本では、海外とは違って既にリアルな小売店でのポイントや、

ネットでのポイントといった部分が先に広がっており、そういう

ユーザーを抱え、ポイント流通の仕組みをもったPeXが、

ソーシャルアプリに特化した小額決済サービスをはじめることで

面白い動きになるんじゃないかと思います。





ちなみにpaycaによって何が可能になるかというと、まずユーザーの方に

とってみると既にPeXで貯めているポイントをミクシィアプリで

利用することが出来るようになります。

つまりミクシィアプリで有料アイテムを購入するときにまずは

ネットで貯めていたポイントを使って購入、みたいなことが

可能となり、最初の購入ハードルを下げることが出来る(はず)。

もちろんbitcashのような電子マネーからチャージすることも可能

なのでポイントがなくなっても大丈夫です。

またチャージ方法は今後どんどん増やしていく予定です。






ほかにもソーシャルアプリに特化した決済サービスなので

導入アプリについてはECナビなどの既存サービスからの誘導も

随時行いますし、機能面についても今後ほかの決済サービスには

ないデベロッパー向けの独自機能が随時追加していく予定です。







ミクシィアプリが成功するには、アプリ開発者の人が手軽に

収益化できる手段が必須。

もちろんミクシィさん本体でも広告や課金の部分で提供していますが、

僕らとしては単に決済手数料が安いといった部分だけではなく、

もっとアプリ開発者のプロモーションを支援したり、

決済部分APIの利便性をあげたりと独自性を作れる部分は

たくさんあると思っています。

こうやって少しでもそういったミクシィアプリ開発者の方の収益化を

お手伝いできればと思います。






ちなみにこの事業プランは、前回のじぎょつくで

@meijin が提案していたプランとほぼ同じ。

既にPeXで開発中ということもあり賞こそは出せませんでしたが、

こうやって考えたサービスが実際にサービスリリースまで

出来たってことで自信を持って欲しいなと思います。

とは言え、まだまだようやくスタートライン。

ここからどうやって広げていくか、という実行こそが重要。

気合入れてがんばりまーす。

うまくいったらランチおごるね(笑)。
AD

先ほど、ポイント交換のPeX からからANAマイルへの


交換を開始しました。





2007年2月にサービスをスタートして、2年経って


ようやくANAとの交換にまでこぎつけました。


僕自身、ANAマイラーなので嬉しい限り。






今後も引き続き、ユーザーの方にとって


使いやすくて便利、かつポイントの


知覚価値の高いサイトを目指して運営を


していきまーす。







担当のM口さん、関係者の皆さん、


ほんとお疲れ様でしたー。

AD

一昨年に立ち上げたネットポイント協議会がもうすぐ発足2年に


なろうとしています。


この2年間のなかで参加企業も20社以上に増え、


かつ協議会においても


・ネットポイント市場規模のリリース

・ポイントガイドラインのリリース

・不正撲滅キャンペーン

・各種勉強会


などの活動を行ってきました。





また事務局を中心に政府の関連省庁とも連携を取りながら


ネットポイントのあり方を議論していくなかで、いかに健全に


ネットポイント市場を拡大させ、発展させていくかを考えて


きました。





そういう意味で今朝のニュースは非常にうれしいものでした。


「新決裁手段への規制 「ポイントサービス」見送り 金融審報告」

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090109AT2C0801N08012009.html


金融審議会(首相の諮問機関)は9日、新しい決済手段への規制導入に関する最終報告書を了承する。ネット上でやり取りする「サーバー型電子マネー」を新たに規制する方向を打ち出す一方で、銀行に限定していた送金業務を他業種にも開放する規制緩和を盛った。焦点の「代金引換・収納代行」や「ポイントサービス」への規制導入は見送った。多様化する決済サービスを網羅的に規制対象とする法整備を目指したが、部分的な法改正にとどまる見通しだ。




まだまだ発展段階であるポイント市場においては、法整備による

規制導入よりも、それぞれの企業がモラルと誇りをもって


業界内での自主的なガイドラインによる発展を目指す段階だと思います。







今後もネットポイント協議会では、参加企業だけではなく


多くの方の意見を頂きながら、ポイント関連業界の健全な


発展のために、また消費者の更なる利便性のために


寄与していきたいと思います。






■今日の名言


「学ぶことをやめた人は誰でも老いている。


二十才であっても八十才であっても、学びつづける人は誰でも若い。


人生で最も偉大なことは、心を若く保つことだ」


(フォード)

AD

PeX、電通グループと資本提携 このエントリーを含むBuzzurlこのエントリーを含むBuzzurl

『買い物などで獲得したポイントを交換できるサービスを提供するPeX(東京・渋谷、宇佐美進典社長)は電通グループと資本提携する。5月末に19%の出資を受ける。』
仕込んでいたのがようやく実現しました。電通グループとの協業で更なる飛躍を目指します。

posted by Buzzurl[バザール]

リアルでもネット上でも様々な会社が自社サービスへの


顧客維持のためにポイントを活用している。


しかし、ユーザーの視点にたって考えてみると


その会社でしか使えないポイントって貯めるモチベーションが


わかなかったりして有効に活用されないことも多い。


そして使えないまま、有効期限が来てポイントが


なくなってしまうことが多いんじゃないでしょうか。





今までECナビにおいても毎月6000万円以上、


累計でも15億円以上の現金を


ユーザーにキャッシュバックしてきました。


そんなユーザーからの声として大きかったのが


現金以外にも他のポイントに交換できるように


して欲しいというもの。





サイバーエージェントグループとしてもECナビ以外にも


このアメーバでもそうだし、マイクロアドやライフマイルなど


様々なサービスで独自にポイントを発行してきました。


グループ内でキャッシュバックしている金額は実に


月間で1億円以上。





そこで今回、CAグループ内での各メディア及び


リアルやネット上のポイントの交換事業を主として行う


新会社を設立しました!





その名も。。。



株式会社PeX



はい。社名の由来は、


Point eXchange のそれぞれの


頭文字をとって PeXです。





ロゴはポイント交換という循環をイメージして


このような輪をイメージしたものに。



pex




新会社では単にポイントを交換するだけではなく


最終的には、様々なポイントの流通をもっともっと


促進させていき、


ポイント経済圏


とでも言うような新しい社会概念を創っていこうと


思います。





今回のプロジェクトは思えば8月のCAの役員合宿で


CAのグループ内のポイントは僕のほうで取りまとめていく


方針が決まって、9月には石川くんを中心としたプロジェクト


チームを結成し、チーム一丸となって進めてきました。


事業企画から実際に事業立ち上げまでの期間としても


かなり短期間で出来たのは、チームのメンバーが


お正月も土日もなく頑張って進めてきた結果だと思います。


関係者のみなさん、本当にお疲れ様でした。





なお、サービスインは明日、2/6の正午からとなります!


http://pex.jp


お楽しみに!