上場以来、社員向けにストックオプションの発行をしていませんでしたが、
本日の取締役会にて「業績連動型有償ストックオプション」を発行することを

決議しました。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx
 

 

マザーズ上場以降、社員を対象としたストックオプションは発行しておらず、

給与以外のインセンティブ体系をつくりたいと思っていましたが、

一方でリスクを取らないとリターンはない訳で、

会社の中に個人としてリスクを取れる仕組みを作りたいと思っていました。

 


そういう状況の中、2020年度までの中期経営目標を策定し、

営業利益30億円の達成で100%行使可能な業績連動型

有償ストックオプションを2017年5月の時点で取締役/役員向けに

発行していましたが、この中期経営目標の達成を更に

社内全体に向けて動機づけるべく、

同様な業績連動型有償ストックオプションを社員向けにも

発行することにしました。

 


かつ、今回は会社が誰にどの程度配布するかを決めるのではなく、

希望者を募って、希望株数を自己申告してもらう形を取ることにしました。

もちろん応募数が多数の場合は最後は調整しますが、

自分でどれだけリスクを取るのかを選べるようにしているのが特徴です。
起業ではなく、社内にいてもリスクを負担することでリターンを得られる仕組みは、

従業員持ち株会も同様ですが、こういったストックを活用した形での

仕組みについて、今後も模索していきたいと思います。

AD