すべてに楽しさを。

テーマ:
この言葉は、当社の「CREED」といって大事にしたい

価値観として掲げている8つのワードのうちの1つ。







僕自身、楽しいことは大好きだし、毎日がとても

ハッピーな形で仕事が出来ていると実感していますが、

この言葉をほんとうに実践していこうとすると

これが意外に難しい。






というのも、誰かに用意してもらった楽しさを

受動的に楽しむというのは簡単であっても、

自分が回りを楽しませ、笑顔を作り出していくことは

とても難しいからです。






ちょうど先日、面談していてそんな話になったので、

備忘録までに書いておきます。
AD
昨年から仕込んでいた案件2つがようやく形になりました。

ひとつが、ドゥ・ハウス社との資本業務提携。

そしてもうひとつが、昨日リリースしたKauli社の100%子会社化です。






ドゥ・ハウス社は、もともとマーケティングリサーチ業界では

老舗の会社として知られており、特にメーカーとのチャネルを

活かしたリサーチやプロモーションに強みを持った会社です。

特にここ最近は、「モラタメ」「テンタメ」といった

サンプリングや販促メディアが伸びています。


ウェブサイト(http://www.dohouse.co.jp/info/)より。 





我々からみるとメーカーさんとのチャネルや

リアル店舗との連携が、O2O的なアプローチを今後

強化していこうと考えている中で非常に魅力的な企業でした。

そこで今回、既存の株主の方から22%程度の株式を取得し、

合わせて資本業務提携という形で協業を強化していく形と

なりました。

協業の効果も早速見えてきており、今後が楽しみです。






そして、もう一件がSSP事業を専業として行っている

Kauli社が100%子会社としてVOYAGE GROUPの仲間に

入りました。

当社のSSP「Fluct」よりも1か月ほど早く2010年10月に

リリースした日本初のSSP「Kauli」。正直悔しかった(笑)。

それでも一緒に日本のRTB広告市場を創り上げてきた

Kauliの方々と更に大きな仕掛けをしていくことが

出来るかと思うと、ワクワクしています。





ちなみに個人的には、「買収」という言葉は好きでは

ありません。

GMOの熊谷さんもIVSで似たようなことをおっしゃっていましたが、

僕にとっても、今回のKauli社については、

共に同じ山を上っていく新しい仲間が増えていく、

まさに「新しい仲間がジョインした」という認識が

一番ぴったりしています。





とは言え、たぶんKauli社の皆さんにとっては不安も

いっぱいあると思うのですが、大丈夫です!

私ももちろん、VOYAGE GROUPの社内においても

Kauli社が仲間入りすることについては、とても

ウェルカムな雰囲気です。

実際、今回のリリースを社内に告知した時にも、

「おぉー!!!」という驚きと、ともにみんな新しい

挑戦にとてもワクワクしていました。

アドテクのエンジニア達は、

「まずは早くajiting(ajitoで飲むこと)したいですねー」とも(笑)。





ちなみに当面、Kauli社とVOYAGE GROUPのオフィスを

行ったり、来たりになるのですが、今日は、初めての

Kauli社への出社。

新しいクルーの皆さんに会えるのが楽しみです。





さて、VOYAGE GROUPでは、自社での事業開発には今後も

積極的にもちろん取り組む一方で、資本業務提携やM&Aなどにより

新しい仲間となる会社を積極的に増やしていこうと思っています。

ご興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡ください!
AD