先ほど、VOYAGE GROUPの2014年9月期の
通期決算の説明会を行ってきました。

期首に立てていた社内目標をも大きく上回り、
売上も営利も過去最高
での着地となり、
売上で150億円
営業利益で18.8億円
当期純利益11.1億円
となりました。増収増益に伴い、
営業利益率も5.4%から12.5%
へと大幅に向上しました。










セグメント別にみると、成長市場で勝負している
アドテクノロジー事業だけではなく、メディア事業や
その他のセグメント全てで大きく成長しており、
なぜ全セグメントで成長できたのか、という質問を
社外からだけではなく社内からも(!)よく受けます。


当社の事業としては、メディア事業もアドテクノロジー事業も
「ネット広告」を取り扱う事業となるため、広告主の動向には
大きな影響を受けやすいのですが、
特に2014年9月期の上期においては、アベノミクスによる
景気浮揚による広告主の広告出稿意欲の拡大したことや、
4月からの消費税増税前の広告主の駆け込み需要といった
特需要因により例年以上に上期の業績が良かった、
というのは大前提としてあります。


そのうえで、アドテクノロジー市場やスマートフォン広告市場といった
ネット全体の中でも新しい分野に
いち早く取り組み
、そこでの
地歩を固めることが出来たのは大きな要因だったと思います。


ただこれは裏を返すと、2009年から始まったソーシャル
ゲーム市場の盛り上がりの中で、当社もいち早くソーシャル
ゲーム事業への挑戦はしたもののうまく結果を出すことが
出来ず、早々に撤退を行ったこと。
「人の行く裏に道あり花の山」を信じ、
ソーシャルゲームの次の大きな波に向けての種まきを行って
きたことが2014年9月期に花開いたとも言えます。


業界全体がソーシャルゲーム業界に傾いている時は、
なかなか採用も進まず、事業としても成長が鈍化し、
かなり厳しい数年でした。
しかし、こういった苦しい状況の中で、それに耐え、
次の事業の種を植え、それを育ててこれたのは、
2009年に企業文化を強化/活性化させていくことを
ミッションとしたCCO(Chief Culture Officer)が中心となって
会社理念の見直し、浸透を進めてきたからだと思います。
結果として、変化に強く
逆境にも強い組織
へと
変わるきっかけにもなりました。


さらに2012年5月にサイバーエージェントからMBOしてから、
バックグラウンドが全く異なる金融出身のポラリスキャピタルの方と
一緒に中期経営計画を練り直す中で、雑多な事業の集合体として
「足し算型経営」から、
事業を戦略ユニット単位にくくり直し、KPIをシンプルにした
「掛け算型経営」へと
生まれ変わったことが、
不採算事業の撤退や組織体制の見直しに繋がり、
結果としてクルーの一人一人の力をよりダイレクトに
業績へ反映しやすくなってきたことも直接の要因として
あげることが出来ます。

定量的な業績面だけではなく、
組織力採用力、また経営力
いった定性的な面においても大きく成長した一年でした。



今期(2015年9月期)の業績予想ですが、
売上で176億円(前期150億円)、
営業利益で22億円(前期17.8億円)、
当期純利益13億円(前期11.1億円)

での増収増益での開示をおこないました。




2014年9月期は52%の増収でしたので、それと比較すると
売上成長が鈍化するのはなぜか、と思うかもしれません。

ひとつには、2014年9月期の業績には、上期において発生した特需が
含まれていること、また現状足元の景況感には不透明感が漂っており、
広告主の出稿意欲が前年度と比較すると若干落ちているというのが
外部要因として挙げられます。

次に内部要因として事業セグメントごとに見てみると
アドテクノロジー事業は引き続き、RTBを含むデジタル
広告在庫のオンライン上での自動取引の拡大に伴って、
アドテクノロジー市場の成長率と同程度に順調に
成長していくことは可能だろうと考えています。

一方でメディア事業は、既存のポイントメディア事業は
踊り場を迎えつつあるため、より高い成長性が見込める
ポイントソリューション事業や新メディアへの取り組みを
強化することで、守りと攻めを両方同時に行うフェーズに
入りつつあります。
そのため、メディア事業としては一時的に成長は鈍化するものの、
通期でみるとインターネット広告市場全体の成長率程度での
成長は可能だろうと考えています。

結果として、トータルでみると全社としては上記程度の
成長になるのではと考えています。



このように既存事業の成長や新しい領域への事業開発を
継続的に行っていくためには、先行投資的な意味合いで
人材採用を今後も積極的に行っていくことが必要となります。
SoulやCreedといった当社の経営理念に共感しているのは
もちろんのこと、能力やスキルが高く、人間的にも
尊敬される人となるとなかなかハードルが高くなって
しまうのですが、それでもここにはこだわりを持って、
全力で採用を行い、40-60名ほど採用
していく予定です。
結果として、今期においては販管費が先行投資的意味合いで
増えるため営業利益率の向上には繋がりませんが、
この先行投資が継続的に、そして安定的に
成長し続けていくためには必要
だと考えています。


一方で課題もまだまだたくさんあります。
スマートフォンについては、アドテクノロジー事業においては、
比較的スムーズに対応してはいるものの、
ネイティブアプリへの対応はちょっと遅れており、
ここは成長を取り逃がしていますし、メディア事業では
スマホメディアへの対応が遅れているのが現状です。
ここは市場成長といった大きなチャンスでもあるので、
こういった新しい変化への対応をクイックに行って
いくことが必要だと思っています。

また、メディアにおける広告収益がRTBなどの
プログラマティックセリングが主流になっていく中で、
手売りによる純広告が売れにくくなり、より効果指標も
CPAベースになりつつあります。
アドテクノロジー事業は、こういったトレンドがイコール、
チャンスになる訳ですが、一方でメディア事業では、
メディア力をうまく広告価値に変えていく広告商品づくりや
チャネルの見直し、プライシングなどマーケティングに
おける4Pを見直すタイミングにも入りつつあります。

ただこういった課題はチャンスの裏返し
でもあるので、課題を次の成長機会だと捉えて、
より組織を強くさせつつ、高い成長を志向していきたいと思います。

最後に、2015年9月期についての総括ですが、
毎年の継続的な成長を前提として、2015年9月期は、
若干の景況感の不透明感はありつつも、主力事業である
アドテクノロジー事業やメディア事業での事業開発を行いつつ、
もちろんその他の領域での事業開発も進めつつ、
一方で将来への先行投資として人材採用を積極的に行い、
売上で176億円(前期150億円)、
営業利益で22億円(前期18.8億円)、
当期純利益13億円(前期11.1億円)

での増収増益を目指していきます。


もちろんこの数値に満足するものではありません。
当社にとって、創業時の想いである
「360°スゴイ」
比べたら、まだまだくらい。
360°まではまだまだ道のりは長いです(^_^;)

今期もクルーの仲間達と一緒に走り抜けていきたいと思います!
AD
この「boundary(境界線)+less(ない)」というこの言葉は、

ジャック・ウェルチが組織の垣根を越えて、ベストプラクティスを

共有していこうというスローガンに使ったキーワードなんだけど、

今のネット業界は、テクノロジーの進化に伴って、

「boundary(境界線)+less(ない)」な状況になりつつあるんじゃ

ないかと思っています。





例えば、Googleがやり始めたconsumersurveysのように

https://www.google.com/insights/consumersurveys/home

アドネットワーク広告配信とアンケート回答を絡めた

リバーサンプリングみたいな手法が出てきたり。

アドテク回りでは、「ビッグデータ」というキーワードが

バズワードになっていますが、ブランドリフト調査も

同じようにネット広告とリサーチを近づけつつあるもの

だとも思う。

また他にも、ネット広告市場においてアンケートを活用した

広告メニューが出てきて、広告とリサーチが一体化したような

プロモーション手法が出てきたり。






今までは全然別々の市場だったところが、テクノロジーの

発展に伴って、いつのまにかその市場を分け隔てていた壁が低く

なったり、無くなってしまうことが頻発してきています。






こうやって、どんどん境界線が曖昧になっていく中で、強いのは

両方の市場を知っていること。

そういう意味で、VOYAGE GROUPは、事業開発会社として、

「ネット広告」「ネットリサーチ」「ポイント」「アドテク」

「メディア」等のように様々な市場の勘所を知っていることは

大きなアドバンテージ。






もちろんそれは自社だけでやれる場合もあれば、

他の会社と協業して行っていくこともあると思います。

というわけで、VOYAGE GROUPとこのあたり一緒にやれるんじゃ

ないかと思う方はfacebookやtwitterなどでぜひご連絡ください!

よろしくお願いします!
AD

競合を意識すること

テーマ:
先日、今度上場する企業の社長との会食で

「競合ってどこなんですか?」と聞いたところ、

速攻で返答が帰ってきました。






僕が想像していた国内の会社ではなく、海外の企業を

名指ししたのはちょっとびっくりでした。





また、同様にスマホの人気アプリを作っている経営者の方に

同じ質問をしたところ、スマホの1ページ目に

入っているアプリ全部が競合、と話していました。






メタな意識を持っている経営者ほど、目の前の営業上の

競合ではなく、ビジネスモデル上の競合であったり、

ユーザー目線での競合を意識しているように思う。






ただ一方で、競合に勝つだけではなく、会社として

事業としてどこを目指していくのか、といったビジョンが

ないと単にお金を儲けるだけになってしまいがちでもある。






競合に勝つこととビジョン。

このバランスをうまく取りながら、スゴイことを

やっていきたいと思います!
AD

創業15年

テーマ:
15年前の昨日、つまり1999年10月8日にVOYAGE GROUPは

神泉の駅前のネットエイジのオフィスの片隅で

産声を上げました。





創業時は、ネット市場さえもまだまだ小さかったし、

会社としてそもそも何をやるかさえ、曖昧で。

でもそんな中、とにかくいろんなことをやろう、

やるからには世界を変えるようなスゴイことをやろう、と

懸賞サイトの「MyID」以外にも、「MyPromotion」や

「Christmas.ne.jp」「Valnentine.ne.jp」などの

サイト運営や、メールマーケティング、代理店事業など

とにかく手当たり次第にいろんな事業をやってきた。








こういったとにかく目の前のチャンスに対して

貪欲にチャレンジしてきた歴史があるからこそ、

今、VOYAGE GROUPは「事業開発会社」という

コンセプトでメディア事業やアドテク事業を

行うようになっています。







新しい事業を始めるときは、いつも不安。

こうやったらうまくいく、っていうミチが保証

されているわけでもないし、むしろ危険な罠や

迷路だらけ。






ただ、こうやって事業開発を続けていく中で、

事業そのものでの差別化を図ることも大事なんだけど

そういった事業を創りだす人や組織がより大事なんだ

ということに気付いた。

だからこそ、僕らは単なる「事業開発会社」ではなく、

「人を軸にした事業開発会社」でありたいと考えて

います。






創業15年で、売上は100億円を超え、営利は10億円を超え、

従業員数は300名を超え、拠点は日本以外に海外6拠点となり、

上場もしたけれど、でもまだまだこんなところで満足は

出来ないし、そもそもまだまだ全然スゴイことがやれてない。

世界を変えるようなことが出来ていないという焦りばかり。






でも一方で一緒に会社をもっとスゴイ会社にしていこう、という

想いを共有できるクルーがどんどん増えてきた。

また提供さいているサービスを通じてたくさんのユーザーや

お取引先、株主など応援してくれる人がどんどん増えてきた。

それに上場もして、戦略的なオプションも増え、創業時と

比較すると、本当に恵まれていると思う。

改めてこれらすべての人達に感謝したいと思います。

今までありがとうございました!






だからこそ、だからこそ、ここで満足するのではなく、

創業時の想いである「360°スゴイ」を忘れず、

今日からまた新たな歴史を刻んでいくべく頑張ろう!

良い会社とは。

テーマ:
何年か前に誘われて参加した断食合宿。

http://ameblo.jp/usami/entry-10527468324.html

すっかりリバウンドしてしまっている状況ではあるのですが(汗)、

この時に参加したメンバーの方が上場のお祝いをしてくださいました。









その時に参加していた中に、パソナで「良い会社プロジェクト」を

推進している関口さんも来ていたので、もっぱら食事中の話題は、

「良い会社」の特徴は何か?「良い会社」にするにはどうすればよいのか、

という話ばかりで、皆さん食事しながらもメモを取りまくりで、

とても勉強になりました!






良い会社の特徴を箇条書きにしてしまうと、とても簡単な言葉に

なってしまうのですが、

・理念共有
・朝礼
・そうじ

上記のようなことをいかに徹底して浸透させているかが、

結果として、「良い会社」として大きな差を生み出すようです。





主催してくれたパソナの渡辺さん、参加いただいた皆さん、

ありがとうございます!

また素敵なプレゼントまでありがとうございました!

また断食やりたくなりました(*^_^*)

グループ総会と新BOARD体制

テーマ:
先週の金曜日に半期の一度のグループ総会がありました。

一部では、半期の振り返りと新BOARD(役員)の発表、

そして二部では各種賞の発表を行いました。





VOYAGE GROUPでは、「BOARD制度」として、

・1年毎に
・BOARDメンバーを見直す


ことを行ってきました。




16期のBOARDメンバーは、マザーズ上場というひとつの節目を

ともに超えてきたこともあり、過去最高のメンバー構成だったと

言っても過言ではなく、

正直、発表の前々日まで17期の新BOARDメンバーをどう

するか、決めることが出来ていませんでした。





しかし、今回は、全社としてアドテク事業をより強化していくこと、

また取締役であってもBOARDから外れ、次の世代ともに

切磋琢磨し、組織を活性化させていきたい、という制度趣旨を

踏まえて、思い切って見直しを行いました。





これに伴い、取締役として海外事業を担当している佐野くんが

BOARDからは外れましたが、彼が担当している海外事業は

前年比でみても売上、粗利も順調に伸びており、また担当している

フィリピンでのRPA Phillipineは、VOYAGE GROUP Philippines に

社名を変更し、より大きなミッションを背負うようになった

ばかりです。

VOYAGE GROUPにとって、海外事業は引き続き挑戦していく

ものでありますし、佐野くんには、引き続き取締役として海外事業の

担当して事業成長に貢献してもらうことは変わりません。






一方、今回は、より全社としてアドテク事業を強化していくためにも

SSP事業の責任者である土井くんが新たにBOARDになってもらうと同時に

VOYAGE GROUPの執行役員にも就任することとなりました。

彼は過去にグループ総会でMVPを受賞するだけではなく、良きリーダー

としてチームメンバーからも慕われている人物です。

まだまだ経営メンバーとしてみると経験は浅い部分はありますが、

市場からも期待の大きいSSP事業の責任者としてだけではなく、

全社目線での経営への参画に期待しています。






17期は、土井君を加えたこの9名が新BOARDとした経営体制で

いくととなります。








また、表彰では、いつも以上に噛んでしまいましたが(^_^;)、

感動の連続でした。受賞者の皆さん、本当におめでとう!







そして、二部では、会場参加型という新しい形式での

イベントだけではなく、2015入社予定の内定者達の

頼もしい姿もお披露目となりました。



総会プロジェクトの皆さん、本当にお疲れ様でした!






17期は、引き続き波乱万丈な予感がしていますが、

それでもこの素晴らしい仲間たちとともに、創業の時の

想いである「360°スゴイ」を胸に頑張りたいと思います!